航空機に関する技術トピックス                                                   (1)777Xの折り畳み翼がFAAの認可を受けた

                                       2018621

 

航空経営研究所 主席研究員 稲垣 秀夫

          

 

(1)777Xの折り畳み翼がFAAの認可を受けた 

ボーイング社は現在製造中の777型機の後継機種として2020年を目標に777X型機を開発しています。これまでと同じ777というコードを使っていますが、翼はカーボン製、胴体はアルミ製の新設計の機体であり、エンジンも新たに開発中のものを採用しており、777在来型と同じ長距離機マーケットにおける新設計の後継機ということができます。最近の報道の一つに777Xの折り畳み翼のデザインがFAAの認可を得たというものがありました。民間機では初めての試みですのでこれは目を引きます。

下記のアドレスにアクセスしますとボーイング社が公表している動画を見ることができます。これを見ますと、昔の艦載機(軍用)の折り畳み翼のように翼が根元の方で大胆に折れるというわけではなく、翼端で少し折れ曲がります。

 

 とはいえ、翼幅(左翼端から右翼端までの直線長さ)は折りたたまれた状態で64.8m、伸ばした状態で71.8mあり、その差は7mです。片翼で3.5m違いますから、折れ曲がり部の翼は間近に見るとけっこう大きなもののようです。

 

この設計を採用した目的は、燃費の向上をはかることにあります。翼の縦横比(翼幅[]÷平均翼弦長[])を専門用語でアスペクト比と言いますが、この比率を大きくすれば機体の抵抗は少なくなり、燃料消費も少なくなるという原理です。翼幅を伸ばしていくことで抵抗は確実に減少するのですが、現状では翼幅が65mを超えてしまうと乗り入れ空港や利用駐機場が超大型機A380のように大幅に制限されてしまいます。表は空港建設用に準備された様々な機体サイズ向けの駐機場を作るための規格を整理した表ですが、大型機も乗り入れる空港では航空機コード「C」と「E」が主流となっています。

 

このため777Xは駐機場では翼幅を65m以内に、飛行中は65mの制約にとらわれないという工夫です。米国航空局は設計認可にあたっていくつかの制約を設けたと言われています。ヒンジ部分から外側は燃料タンクを設けない。万が一にも飛行中に翼が折れ曲がることのないよう、翼を伸ばした時のヒンジ部の固定はかんぬき構造を2重にする(ラッチ&ロック構造)などの条件がつけられたそうです。

この設計を採用するとこれまでの設計よりも機体重量が増加します。重量増加による燃費悪化と翼幅増による燃費改善効果を天秤にかけてそのプラス部分を享受することになります。777X型機で燃費改善効果が顕著であれば、ボーイング社において今後開発が始まると思われる、797型機といわれている新中型機や737後継機においても、この折り畳み翼のデザインが採用される可能性があります。

以  上 

 

海外事情

海外事情 120日号

 

「アメニティ」という言葉が目立った。

 

1.(TJ) シェアアメニティー増加」「2.(TJ)宿泊サイトもアメニティー強化」

 

3.(TJ) 新興ガイドツアーに1.3億円」の3 つのニュースだ。1.のニュースでは、ゴルフやビーチなどのホストの会員権のシェアリングが開始すると予測。2.では、HotelByDayが、稼働率が40%と低く、余り使われていないホテルのアメニティ(スパ・プール・キャバナ、ジム・フィットネスルーム)を販売する。

 

3.の記事は、新興企業のDomioがアメニティーそのものを専門に販売する。ここでのアメニティーは、アパートのリビングルームにおける、ミレニアルやグループ旅行者向けにアピールするアメニティー(娯楽)が販売対象となる。E2E(エンドツーエンド)の様々な旅行パーツをシームレスに繋いで、トラベルジャーニーの全てのタッチポイントで、パーソナル旅行の提案をするわけなので、当然、アメニティー販売も強化されるというわけだ。

 

 

 

今週号では、年の変わり目にあたるのか、2020年のトラベルの予想や期待の記事が多かった。「1.(TJ) シェアアメニティー増加」、「6. 2020年の旅行マーケティング進化」、「11. 2020年、エアビーの年」、「14. 2020年の空港」がそれらだ。いずれの記事も、トラベルテックのイノベーションの進化や進展に加え、新ビジネスモデルの誕生を予測している。旅行は、右肩上がりの持続的成長が約束されている数少ない産業の一つであるので、どの記事を読んでも将来の明るい展望と新たなイノベーションに期待をかけている。特に世界の人口の半分以上が集中するAPAC市場の期待は大きい。(編集人)

 

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500