JAMRコラム

■2019年1月6日

 

「誰もが客室乗務員・グランドスタッフになれる」 

2019年採用のCA・GS就職戦線

           主席研究員 光岡寿之

誰もが客室乗務員・グランドスタッフになれる2019年の採用戦線.pdf
PDFファイル 203.0 KB

■2018年6月26日

 

 

航空機に関する技術トピックス

大きく変貌する民間航空機 製造業界(1)(2)

           主席研究員 稲垣秀夫

大きく変貌する民間航空機 製造業界v1.0a.pdf
PDFファイル 523.0 KB
大きく変貌する民間航空機 製造業界②v1.0b.pdf
PDFファイル 485.1 KB

■2018年6月23日

 

パイロット不足は安全に影響を与えるか?

 

         主席研究員 風間秀樹

 

パイロット不足は安全に影響を与えるか.pdf
PDFファイル 389.3 KB

2017年6月25日

 

就活の錯覚2017年度版

 

         主席研究員 光岡寿之

就活の錯覚2017年度版.pdf
PDFファイル 223.2 KB

BJ 「航空業界の”眺め“」シリーズ

Business Journal 

航空経営研究所「航空業界の“眺め”」シリーズ

が始まりました。(2015年10月3日~)

   オリジナル寄稿文一覧をご覧いただけます。

   

 

■2019年7月19日

 

第21回

 

エアバス「単通路型」新旅客機に世界中から発注殺到…事故続出のボーイングに圧倒的な差 

 

          主席研究員 橋本安男


■2019年4月22日

 

第20回

 

737MAX事故と航空機開発

           主席研究員 稲垣秀夫

737MAX事故関連.pdf
PDFファイル 237.6 KB

■2018年8月10日

 

第19回

 

悩める巨人ボーイング ~新型旅客機B797を開発すべきか断念すべきか?~

 

   主席研究員  橋本安男

この原稿は、ビジネスジャーナル(10.3 https://biz-journal.jp/2018/10/post_24963.html)の下原稿となったものです。

悩めるボーイング-新型旅客機 B797開発.pdf
PDFファイル 366.9 KB

2018年6月21日

 

第18回

航空機に関する技術トピックス

 

         主席研究員 稲垣秀夫

 

この原稿は、ビジネスジャーナル(7.16 http://biz-journal.jp/2018/07/post_24068.html)の下原稿となったものです。

 

航空機に関する技術トピックス 777X折り畳み翼FAA認可.pdf
PDFファイル 489.1 KB

2017年11月30日

 

第17回

国内航空運賃、一気に値下がるかもしれない…まず名古屋=札幌間が4500円に

 

         主席研究員 稲垣 秀夫

 

この原稿は、ビジネスジャーナル(11.30http://biz-journal.jp/2017/11/post_21530.html)の下原稿となったものです。

第17回 国内航空運賃、一気に下がるかもしれない .pdf
PDFファイル 346.6 KB

2017年9月13日

 

第16回

巨象中東航空3社を待ち受けるのは過酷な運命、・・・欧米大手、容赦ない全面戦争発動か?

  

 

航空経営研究所 副所長 牛場 春夫

 

この原稿は、ビジネスジャーナル(9.13http://biz-journal.jp/2017/09/post_20557.html)の

下原稿となったものです。

第16回 巨象中東航空3社を待ち受けるのは過酷な運命、・・・欧米大手、容赦ない全
PDFファイル 336.5 KB

2017年8月14日

 

第15回

ヨーロッパ大手航空会社の憂鬱、長距離国際路線でもLCCとの必死の攻防

~将来は日本にも波及するのか?~

                              2017814

主席研究員 橋本 安男

 

 

 この原稿は、ビジネスジャーナル(8.1 4http://biz-journal.jp/2017/08/post_20176.html

米国便、JALとANAの牙城存続の危機か…LCC、長距離国際線参入で大手の脅威にの下原稿となったものです。

 

第15回 ヨーロッパ大手航空会社の憂鬱 .pdf
PDFファイル 610.5 KB

2017年7月3日

 

第14回

航空会社のオーバーブッキング

 

             副所長 牛場 春夫

 

この原稿は、ビジネスジャーナル

7.2

http://biz-journal.jp/2017/07/post_19643_3.html

 

7.3

 http://biz-journal.jp/2017/07/post_19647_3.html  )の下原稿となったものです。

 

服装やベビーカーまで理由航空機の搭乗拒否が多発!なぜオーバーブッキングは起こる?【前編】

最大で補償金100万以上?多発する航空機のオーバーブッキング、知られざる対応【後編】として掲載されています。

第14回 航空会社のオーバーブッキング.pdf
PDFファイル 644.0 KB

2017年6月2日

 

第13回

グローバル・アライアンス航空会社の“アライアンス破り”

副所長 牛場 春夫

 

この原稿は、ビジネスジャーナル6.2 ( http://biz-journal.jp/2017/06/post_19308.html)の下原稿となったものです。

 

第13回 グローバル・アライアンス航空会社の“アライアンス破り” .pdf
PDFファイル 577.7 KB

2017年4月21日

 

第12回

日本航空のNY線開設に思う〜横綱相撲が取れない全日空

              副所長 牛場 春夫

 

 この原稿は、ビジネスジャーナル4.21 (http://biz-journal.jp/2017/04/post_18798_2.html

 

「全日空、羽田発着枠優遇の「隠れた政府援助」で巨額利益でも日航との不公平を訴え」 

として掲載されています。

第12回 日本航空のNY線開設に思う〜横綱相撲が取れない全日空 .pdf
PDFファイル 360.1 KB

2017年2月23日

 

第11回

米国、今まで他国に航空自由化押し付け、今度は米国への参入規制の横暴

           副所長 牛場 春夫

 

この原稿は、ビジネスジャーナル12.23

http://biz-journal.jp/i/2017/02/post_18101.html

下原稿となったものです。

 

第11回 米国の身勝手なオープンスカイV-5.pdf
PDFファイル 459.8 KB

2016年度

2016年11月9日

 

第10回

 

LCCの大変貌

 

           副所長 牛場 春夫

 

この原稿は、ビジネスジャーナル11.7 (http://biz-journal.jp/2016/11/post_17106_3.html

 

)11.9http://biz-journal.jp/2016/11/post_17120_3.html
2回の下原稿となったものです。

第10回 LCCの大変貌.pdf
PDFファイル 351.0 KB

2016年7月18日

 

第9回

 

国産初ジェット旅客機MRJ90、米国内で「飛べない」可能性高まる…0.6トン重すぎる

 

       主席研究員 橋本 安男

 

「この原稿は、ビジネスジャーナル7.18

(http://biz-journal.jp/2016/07/post_15934_3.html

)の下原稿となったものです」

第9回 MRJは米国で飛べないFinal.pdf
PDFファイル 400.1 KB

2016年6月10日

 

第8回

 

「全日空国際線30周年」

 

       副所長 牛場 春夫

 

「この原稿は、ビジネスジャーナル6.10

( http://biz-ournal.jp/2016/06/post_15427_3.html )

の下原稿となったものです」

 

第8回 全日空国際線30周年に思う .pdf
PDFファイル 288.5 KB

2016年3月16日

 

第7回

 

「世界的に超異質…なぜ国内航空線でも大型機?羽田の制約、やっかいな整備・CA問題」

 

 

       主席研究員 稲垣 秀夫

 

 

第7回「シングルアイル機と燃料効率」
JAMRレポート1mar16【シングルアイル機と燃料効率】v1.1.pdf
PDFファイル 310.7 KB

2016年2月2日

 

第6回

 

「中国経済、不気味な様相…「空」の異変から浮かぶ実態」

 

       主席研究員 稲垣 秀夫

 

第6回 「中国経済と航空」jan16ver1.0.pdf
PDFファイル 321.1 KB

2016年1月19日

 

第5回

 

ANA、巨大航空機購入に業界騒然…デカすぎて空港も恐々?設備・スタッフ面の問題は? 

 

          主席研究員 森崎 和則 

 

第5回 遂にANAのA380導入の噂が表に.pdf
PDFファイル 344.0 KB

2015年度

12月19日

 

第4回

 

「中国ジェット機開発、米国社設計利用でも13年かけ米国認証取れず MRJの敵にならず」

 

 

           主席研究員:橋本 安男

 

第4回 中国ジェット機開発、米国社設計利用でも13年かけ米国認証取れず MRJの
PDFファイル 231.8 KB

11月10日 

 

第3回
 「
パイロット不足深刻化…給料はコンビニ店員並み、減便続出 さらなる規制強化の真相」

 

       主席研究員 風間 秀樹 

 

 

第3回 パイロット不足深刻化.pdf
PDFファイル 185.4 KB

10月15日

 

第2回

 「スゴすぎるぞ!MRJ、初の国産ジェット機の全貌 世界の「空」を変える巨大な衝撃」

 

            副所長 牛場 春夫

 

スゴすぎるぞ!MRJ、初の国産ジェット機の全貌 世界の「空」を変える巨大な衝撃 
第2回 MRJ .pdf
PDFファイル 206.3 KB

10月3日

 

第1回

「航空界から見える中国の景気動向は未だ晴れ」

 

       主席研究員 稲垣 秀夫

 

コラム_航空需要動向から見える中国経済動向2015_final3.pdf
PDFファイル 538.6 KB

海外事情

 

エアビーが上場を延期した「14. エアビー上場延期」。オフイスシェアの米デカコーンであるWeWorkの上場延期の直後の出来事である。918日付の日経は「事業モデルや企業統治への懸念が払拭できず、投資家からの評価が高まらなかった」と書いてある。1月には470億ドル(約5兆円)の想定時価総額を半値に落としたが投資家の懸念は払拭できなかったと言う。

 

5月に上場したカーシェアのUberの株価も何とか$40台をキープしていたが、最近では $30台前半におよそ▲25%も下がっている。3月上場のLyftの株価も冴えない。上場初値 $78は、920$4659%も値を下げた。加州ではUberの運転手のようなギグワーカーを従業員として雇用することを義務付ける法案が準備されている。この法案が施行されれば、Uberのコストは20%も増加すると言われているのだから、ここでも事業モデルそのものが懸念されてしまうことになる。エアビーの事業モデルに懸念はないのだろうか・・・。この会社は、WeWorkUberとは違って、少なくとも2017年と2018年にはEBITDA利益をちゃんと計上している。

 

5. トラベル マーケティング、ミッドファンネルへの注力必要」は、アトリビューションマーケティングが重要だと言っている。旅行流通モデルの進化と共に、新たなマーケティング手法が生まれている。そういえば、カンバセーションマーケティングも登場していたっけ。

 

8. 旅行計画 3.0」は、タビマエ → タビナカ → タビアトの全てをシムレスにカバーするソリューションが必要だと問うている。タビナカにおけるイレギュラリティー発生時には、ライブの自動旅程再予約が必要だと言っている。旅行流通モデルの進化が進んでいる。(編集人)

 

海外事情 中国特集

海外事情 中国特集

 

これは、PhocusWire Daily が今年の2月、中国正月である春節のタイミングで編集した4つの記事にまたがる中国特集である。中国市場は、その巨大な人口をバックに2019年に1,900万人が国際旅行すると予測している。その49%が中華圏の香港・マカオ・台湾行きの旅行で、残りの51%がその他の海外旅行となる。最近の香港の社会的混乱と台湾への個人観光旅行の実質的全面禁止により中国人の海外旅行比率はますます高まるだろう。海外旅行では、韓国への旅行が韓国THAAD配備による影響で減少を余儀なくされており、日本旅行が漁夫の利を得る形で大きく中国人の訪日需要を伸ばしている(1月〜8月前年同月比 13.6%増)。

 

中国は、巨大なアウトバウンドを外交上のカードに使い始めている。日本だって、日中関係が何らかの影響でこじれたりすれば、あっという間に中国人の日本旅行が減少することになるだろう。事実、日韓関係悪化で訪日韓国人需要は8月に48%減少した(1月〜8月前年同月比 9.3%減)。

 

訪日4,000万人への道のりは国際政治の問題も介在して厳しいものがある。

(編集人)

旅の写真カフェ

 

10月15日 NEW!

 

全国一宮 第28回 「美濃一宮 南宮大社」