CAPA分析:NEW HEADLINES  10月ー2020年

CAPAアナリストによる アジア・太平洋の航空業界のトピックスは

今・そしてこれからの展望を紐解く大変興味深く、そして貴重なレポートです。

 

毎週幾つかのレポートをピックアップし、その序章をご紹介致します。  

10月25日掲載

Premium Analysis
フライビー、飛ぶ、飛ぶ。然し英国の域内航空の蘇生は危険を孕む
25-Oct-2020

航空業界が、史上最悪の危機のぬかるみに陥って居る中で、タイムオプコ社が2021年に英国の域内航空フライビーを復活させると言うニュースが耳目を集めて居る。

このサイラスキャピタル(バージンアトランティックとストバートグループとともに、2019年フライビーを買収した)の関連会社がフライビーのブランド、知的所有権、株式、そして機材を、管財人から購入した。これには、航空機を含まないが、CAAの認可条件付き運航者免許を含むと理解されて居て、一方、フライビーの以前の発着枠の状況は不明である。

他方、英国の供給は欧州全体に比べ、域内航空会社にとっての主な焦点となる、国内市場を含め、より大きく落ち込んで居る。英国の域内航空分野には、今や旧フライビーのフランチャイジーたちが居て、彼ら同士で営業提携を結んで居る。ローガンエアが、支配的な地位に居て、イースタン航空、ブルーアイランド、そしてオーリニー・エアサービスもまた、かなりの供給席数占有率を持って居る。

フライビーは英国国内の域内市場で最大のエアラインだったが、戦略の焦点を欠いて居た事で損失を繰り返した。それを以前の形で蘇らせるのは誤りであり、タイムオプコはより小規模にスタートする計画である。

然し、フライビーのブランド(その価値は疑わしい)の他に、計画には全くの新規域内エアラインより優位な点は余り見られない。

 

Flybe, do fly, do. But reviving the UK regional airline is risky

emium Analysis

ACSAの危険な状態;空港投資を失う可能性あり 

25-Oct-2020 

最近のCAPAレポートにて2020年10月、南アフリカで国際線サービスが再開された事が、そしてウイルス感染者数の数字が極めて高い状態から落ちて来て居る事が報じられた。 

然し、この国営空港運用者は、南アフリカ航空そして他の困難な状況にあるエアラインの、絶望的な救済の試みが続く事で、大きな圧力に晒されて居る。ACSA(南アフリカ空港会社)は歴史的にインドに、もう15年以上も、投資をして居り、そしてより最近ではブラジルに投資をして居る。 

ACSAは、各空港への商業的投資と言う現在の悩みの種から抜け出す為に、多分、これを資本化する手助けにする方法として、2つの外国の空港に、資金を注ぎ込む事になりそうだ。然し、これは短期的な考え方の例なのだろうか?

ACSA's parlous state; prepared to lose airport investments

CAPA Live:COVID-19危機、アフリカに遅すぎた変化を促進する可能性あり

23-Oct-2020

2020年10月14日のCAPA-Liveにて、CAPAのアナリスト達は、世界の主な地区の一つ一つに於ける、現状の概観と航空業界にとっての見通しを発表した。

アフリカの見通しは、インフラの改善、航空便乗継可能性の向上、そしてビザ規則の緩和に支えられ、有望の様に見えたが、COVID-19への対応が期待以上であったにも関わらず、この大陸は、感染の拡大を抑える為に、幾つかの障害物が強化され、未だに有効であり、最終的に市場を旅行の潜在需要に対して完全に再開する計画を弱体化してしまう転換点に達して居る。

ある形の、通常に戻ることは、殆ど世界中の夢であるが、アフリカの場合、通常に戻る事は現実には一歩退くことを意味する。今年の前例の無い出来事は、航空便の乗り継ぎ可能性で言えば、今やアフリカがその他の世界に追いつく、理想的な舞台を用意して居る可能性がある。 

CAPA Live: COVID-19 crisis could prompt overdue change in Africa

Premium Analysis

北海道エアポート社:7空港の運用、第2弾始動

23-Oct-2020

日本の空港民営化のジャガノート(絶対的な力)は、どれも、他所の殆どの空港に比べて、それほど厳しくは無かった、パンデミックの衝撃とは無関係に続いて居る。

今回の例では、大規模で、複数のメンバーによる、日本企業のコンソーシアムが、北部の北海道の島で、7つのうちの第2番目の空港を運用開始した。2020年10月1日、北海道エアポート株式会社(HAC)は、旭川空港の完全民営化を開始したと発表した。

これには特定の価値がある:具体的に言えば、LCCによる交通量を、そしてそれに合わせて、この日本に於いては比較的に遠隔な地域の観光を支援すると言うものだ。

Hokkaido Airport Corp: operation of 2nd seven airports begun

CAPA Live:アメリカン航空-長期的楽観主義、短期の現実
23-Oct-2020

このレポートは2020年10月14日、最近のCAPA-Live2020年10月会議にて講演した、アメリカン航空CEOダグ・パーカーとの議論に基づいて居る。

米国のエアラインは、COVID-19パンデミックによって創られた冷たい現実が、彼ら運航会社に短期的な現実主義の、巨大な飲み薬を飲み込まざるを得なかったものの、次々と長期的楽観主義の見方を採ろうとして居る。

彼らが、今、直面して居る現実の中で、エアライン各社は、需要トレンドが、緩慢ながら、正しい方向に進んで居り、その結果を基本として収入の膨大な損失を回避すると言う、小さな勝利を祝って居る。

そして、社会の多くが一致するところでは、交通量がパンデミック前の水準に戻るには、2年かそれ以上かかりそうだというものであるにも拘らず、アメリカン航空は、需要が着実に伸び続ける限り、同社とその競争相手達は危機を生き残るのに充分な流動性を築き上げて居ると強気である。 

CAPA Live: American Air – long term optimism, short term realities

CAPA Live:東南アジアの航空旅行市場、失速

22-Oct-2020

CAPAは、エアラインと旅行業界が直面して居る、人々と問題を照らし出す、一連のオンライン催し物を開始した。月例のCAPA-Liveシリーズは、主要な業界人たちへのインタビューとともに、CAPAとアビエーションウイーク・グループ内の専門家による分析を含める予定である。

2020年10月の催しで提示された以下の分析は、東南アジア航空市場を、そしてそれがCOVIDパンデミックで如何に衝撃を受けて来たかを検証する。

東南アジア市場での最新の展開のアップデートと議論については、2020年11月のCAPA-Liveイベントの中で提起される予定だ。

CAPA Live: Southeast Asia’s air travel market stalls

CAPA Live:豪州の航空市場 最新情報

22-Oct-2020

CAPAは、エアラインと旅行業界が直面して居る、人々と問題を照らし出す、一連のオンライン催し物を開始した。

月例のCAPA-Liveシリーズは、主要な選手たちへのインタビューとともに、CAPAとアビエーションウイーク・グループ内の専門家による分析を含める予定である。

2020年10月の催しでの発表は、豪州市場の全体像を提示し、紹介の場をつくる。

それ以降の月例ブリーフィングにて、より具体的な市場展開が検証される予定だ。

CAPA Live: Australasian aviation market update

Premium Analysis

ヴァンシ・エアポーツ:パンデミックの衝撃について、運営企業の地球規模の概観
21-Oct-2020

世界最大の空港運営会社の一つ、そして三大陸を通じて代表する企業としてのヴァンシ・エアポーツ社による、同社のネットワーク上の、旅客数に関する如何なる議論も、肝要なものとして読むことを促す事は間違いない。

パンデミックは同社の全ての空港に於いて、交通量に悪い影響を与えて居る一方、国境の開いた所では、期待された様に、目に見えた増加があることは特筆される。更には、ヴァンシはブラジルでの回復の始まりを認識して居る。

然し、昨年ロンドン/ガトウイック空港で行った投資は、少なくとも今のところは、自社に戻って来て居る。 

VINCI Airports: operator’s global snapshot of pandemic impact

Premium Analysis

メキシコのインタージェット:エアラインの回復計画は実質を欠く

20-Oct-2020

COVID-19パンデミックの前は、メキシコの格安エアラインであるインタージェットは2020年を2019年により前向きな年にしようと努めて居た。

同エアラインが裏に隠そうと狙った挑戦には、スホーイ・スーパージェット100を手放し、自社の財務状況に信頼構築の努力をすることが含まれて居た。

明らかに、世界の公衆衛生の危機は、元の軌道に戻ろうとするインタージェットの努力をひっくり返し、COVID-19が引き起こした停滞期の間、同エアラインは他のメキシコの運航会社の様に急速には運航便を足し戻して居ない。インタージェットの経営のトップレベルにも変動があるようで、そしてその戦略は、若し現在それがあるとして、良くて霧の中である。

状況が更に展開するまで、インタージェットが、COVID-19が引き金となった現在進行中の衝撃に耐え得る財政的な原資を持って居るかどうか分からない;然し、その競争相手達は、パンデミックのさ中に、縮小しつつある、他のメキシコのエアラインを利用しつつあり、インタージェットは、自社の市場占有率を取り戻そうとする中で、問題に直面する可能性がある。 

Mexico’s Interjet: airline's recovery plan lacks substance

CAPA Live:ウエストジェット、COVID-19の規則がエアラインの市場占有率を変えると警告

20-Oct-2020

このレポートは、2020年10月14日CAPA-Liveにて、行われたウエストジェットCEOエド・シムズのインタビューに基づいたものである。次回の月例CAPA-Liveは2020年11月20日の予定である。

カナダ政府から、COVID-19ウイルスが、最初に世界的に急速な拡大し始めた、2020年3月以来、定められて居る、厳格な旅行規制を緩和や変更する兆候は余り無い。

航空業界の利害関係者は、これらの禁止事項が、カナダの空港とエアラインにかなりの不利益を創り出して居ることを強調し続けて居り、ウエストジェットは、今やカナダの航空各社が外国の競争相手に市場占有率を奪われて居ると警告して居る。
ウエストジェットはまた、何が、政府に規制について違った方法を取らせる事が出来るのか判断する難しさと言う現実に直面して居り、そして同社は、2020年末までに米国国境の再開すると予測して居る。

この様な背景の中で、シムズ氏は、テストとワクチンが、キャッシュ焼失をプラスマイナスゼロに到達させる、需要のジャンプスタートにとって肝心であると強調し続けて居る。

CAPA Live: WestJet warns COVID-19 rules shift airline share

Premium Analysis

ユーロスター=タリス、鉄道統合進む、欧州航空路線に挑戦する

19-Oct-2020

現在、航空輸送業界が抱える全ての問題、そして彼らが再び直面する環境問題ロビー活動からの問題があれば、もうこれ以上不要である。然し、北部欧州の代表的な2つの高速鉄道であり、昨年初めて協議したものの直ぐには結実しないだろうと考えられていた、ユーロスターとタリスが前に向かって推進して居る。

これは、南西イングランド、イルドフランス、オートドゥフランス、ベルギー、ダッチランドスタッド、そしてドイツのルールと言う、人口稠密な6つの地区全体を通じて、航空ビジネスの回復の見込みに、まさに脅威を与えようとして居るのだ。そして、更には、もし他の運営会社が、彼ら独自の調整区域を形成するために、提携会社として加わり、フランスとスペインの間の出国の実証実験は続くとしたら。

然し、鉄道は自分の思い通りには行かない。便数は、航空と同様に大量に消されて居り、幾つか乗り越えねばならない技術的な問題がある。 

にも拘らず、我々は、欧州で最も重要な地域で、ビジネスのための大変な戦争に備えようとして居る。

Eurostar-Thalys rail merger proceeds, challenges European air routes

CAPA Live:ブラジルは、ラテンアメリカが再開するのに合わせ、解決の糸口を提示できるか?

19-Oct-2020

このレポートは、2020年10月14日のCAPA-Liveにて提示された題材に基づいて居る。(次回月例CAPA-Liveは2020年11月11日の予定)

世界の多くは、COVID-19からの回復のシナリオを持って居るが、ラテンアメリカは違う。

この地区の可なりの部分が、2020年3月に始まって、未だに航空旅行に対して閉ざされたままであり、再開の工程が、過去数カ月の間に起ころうとして居る。向こう数週間がラテンアメリカの回復の道程を測るために重要だろう。

パンデミックの間、開かれたままだった一つの国は、ブラジルである。その旅客輸送の水準は、低水準だが、上昇し始めて居り、その2大運航会社は、確実な率で供給を足し戻して居る。

然し、交通量は依然として強く圧迫されて居り、ブラジルのエアラインとその他のラテンアメリカの運航会社は、需要の回復を加速させる手段として、世界中の同業者たちと一緒になって、テストの手順に取り組まねばならないかも知れない。

CAPA Live: can Brazil offer clues as Latin America opens

Premium Analysis

CAPA Live:欧州の航空業界、雪崩現象の勢いを押し返すために苦闘

19-Oct-2020

2020年10月14日のCAPA-Liveでは、CAPAのアナリストが世界の主要地区での航空業界の現状と見通しの概要を紹介した。

欧州については、課題は、如何に2020年8月以来の勢いの雪崩現象を押し返すかである。

欧州でのRPK(有償旅客キロ)の伸びは、2020年7月の対前年▲81.3%(それ以前はそれより悪かった)から2020年8月に▲73.0%に「回復」した。然し、2020年8月は、供給席数と旅客数で「回復の頂点」を記す事となった。

更には、欧州で運航に復帰する航空機がの数は、2020年8月から高原に到達して居る。LCC各社は、より高い率で航空機を運航に戻して居る(欧州の全エアラインが66%なのに対して74%)が、これはもはや上昇しては居ない。

現在では、COVID-19感染者数が増え続け、各国政府がバラバラな検疫必須要件を続ける中で、どのデータにも、欧州の航空業界の回復の兆しは少ない。 

欧州最大の航空市場である英国について、CAPAは、これからやって来る冬季を通して、供給席数は、2020年10月初旬より高くない、2019年水準の35%~40%と予測して居る。

CAPA Live: European aviation struggles to reverse slide in momentum

Premium Analysis

CAPA Live:米国エアライン運航各社、長い帰り道に身構える

19-Oct-2020

北米のそしてそれ以外の世界が、もう8カ月近くも、COVID-19パンデミックと戦い続けて居るのを想像するのは難しい。そして、世界の大半の運航会社にとって、回復は全く予測不能で、期待に比べずっと遅くなりそうだと言う現実が定着しつつある。

米国では、国内線市場での供給席数は、2020年末までに2019年水準のほぼ50%に到達するだろうと予測されて居るが、ビジネス需要が本質的に失速して居り、国際線旅行が、厳しく制限されて居ることから、収入の回復への道のりは長いものだろう。

エアライン各社が、COVID-19危機から回復するには長い道のりが待って居ると言う現実を受け入れながらも、彼らは、米国の運航会社そして、世界のエアラインが現在置かれて居る新たな現実の中で、比較として達成される、連続的な収入損失の改善や、毎日のキャッシュ焼失が減って行く方向に進んで居る。

CAPA Live: US airline operators brace for the long road back

10月18日掲載

欧州の航空業界、失速が続く=COVIDテストが緊急に必要

18-Oct-2020

 

欧州のエアライン、パイロット組合、そして各空港が全て合意したら、間違いなく事態は絶望的である印である。

英国の域内航空ローガンエアのCEOであるジョナサン・ヒンクルズは、空港でのテスト無しでは、英国の航空業界は「秋の嵐に渦を巻いて舞う葉っぱの様なものだろう」と訴えて居る。

イージージェットのCEOヨハン・るランドグレンは、「航空業界は、歴史上、最も厳しい脅威に直面し続ける。」と語る。

バージンアトランティックのCEOシャイ・ワイスは、「集団テスト無しでは」英国の経済的復活は「離陸しないだろう。」と警告して居る。

英国エアラインパイロット協会事務局長、ブライアン・ストラットンは「英国の航空業界は、死のスパイラルの中に居る。」と考えて居る。

パリの2つの空港の持ち主であるグループADPの会長兼CEO、オーギュスタン・ドゥ・ロマネは、「エアライン業界の全体が、ゆっくりと死にかけて居る。」と恐れて居る。

回復の頂点だった2020年8月以降、欧州は今や対前年供給の減少で8週間連続の悪化のさ中にある。供給席数は2020年10月12日の週に▲62.2%の下降だった。唯一、中東だけがこれより悪い▲63.2%で、アフリカ▲59.1%、ラテンアメリカ▲56.7%、北米▲51.6%、そしてアジア太平洋が▲39.0%である。

欧州航空業界は、緊急に、その息の根を止めようとする検疫制限の蜘蛛の巣に代わる、標準化され、信頼できるCOVID-19テストを必要として居る。

 

European aviation continues to stall – COVID testing urgently needed

英国航空のアレックス・クルス、失敗の責任を負う

17-Oct-2020

 

ウィリー・ウォルシュは15年程前に英国航空のCEOになった時、彼の使命はこのフラッグキャリアーを21世紀に引き連れて行くことだった。彼はこの翳り行くエアラインを、LCC各社がどんどん市場占有率を伸ばす、欧州の新たな世界で競争出来る能力に向かって、方向転換させるのに成功したのだ。

コストの重くのしかかるこのエアラインは、若し変化がなされなければ、避けようの無い下落をずっと見つめるだけだっただろう。彼の仕事は常に労働組合や、しばしば、未だに恰も政府の一部門であるかの様に扱う政治家の行動に付きまとわれて来た。

2020年9月になって漸く、IAGのCEOとして、ルイス・ガレゴがウォルシュ氏を引き継いだ。彼の最初にとった行動のひとつは、英国航空のCEOであるアレックス・クルスをエアリンガスのボスである、ショーン・ドイルに交代させる事だった。

クルス氏は、IAGのLCCブエリングの経営から、2016年、BAを率いるよう、ウォルシュ氏に取り立てられ、この英国のナショナルフラッグキャリアーの歴史上、最も収益を上げた時代を指揮した。然し、全てが順風満帆では無かった。彼がコストに焦点を当てた事、彼の指揮下での不幸な失敗(その内の幾つかは長年引き継がれて居た問題だったが、ITの不具合や顧客情報の漏洩、パイロットのスト、そして客室乗務員の不満など)が、恐らく、BAブランドそして労使関係を弱めただろう。

現在、BAの財務実績は、COVID-19危機のお陰で史上最低の状況に陥落して居る。これは何処のエアラインでも同じことだが、BAは危機により、特に打撃を受けた二つの主要な市場で大きな露出を持って居た:プレミアム分野と北大西洋である。再建するには、従業員そして顧客の信頼を取り戻す繊細な取り組みが必要になるだろう。

BAのトップの新たな顔であるドイル氏は、エアリンガスを率いた2年間の前に、実質20年間もエアラインの仕事に携わって居た。彼がこれらの課題に喜んで立ち向かう事が望まれる。BAに対する更なる、大がかりな手術は、望まれるだけでなく不可避である。

 

British Airways' Alex Cruz takes the fall

Premium Analysis

COVID-19ワクチンの地球規模航空貨物輸送;次の課題

17-Oct-2020

 

クリスマスがやって来る、彗星がやって来る、或は彼らがそう言って居る、そして最終的にはCOVID-19ワクチンが、必須のテスト過程を通過した、そうなるだろう。

それを開発することは、課題の半分に過ぎない。それを世界中に配分する事がロジスティック上、想像を絶する規模での課題である。

幸いにも、幾つかの組織が、ワクチンが認可される前に、考え得る最高のロジスティックが手配され、それからさほど遅れずに、ワクチンが発送される事を確実にすべく歩み出ようとして居る。それにはこのレポートで取り上げたWFS(世界フライトサービス)の様な、個別の企業も加わって居る。

然し、課題は巨大なものであり、我々は、これらを調整する地球規模の権威が介入するのを未だ待って居る。

結局、地球上に一つとして、ウイルスに影響を受けない国は存在しないのである。

 

Global air cargo shipments of COVID-19 vaccine: the next challenge

Premium Analysis

エアライン各社、有望な米国-メキシコ間国境越え市場に群らがる

13-Oct-2020

 

国際線旅行は概して圧迫されたままなのだが、エアライン各社は、旅行規制の緩和とともに、観光旅行への欲求が、更にレジャー需要を後押しすると願いつつ、米国-メキシコ間国境越え市場でのサービスを強化して居る。

そして、米国と他の国々の間の供給が可なり落ちたままである中で、メキシコ国境越え市場では減少がそれほど深刻でない。

新たな便が追加され、その他の便が復活する中で、国境越え市場は、鬱積した需要が実際の予約へと具体化するかを測る、可なり興味深い地域の一つになる可能性がある。

 

Airlines flock to promising US-Mexico transborder market

Premium Analysis

ナイジェリアの空港コンセッション計画、依然反対に遭い、進展せず

13-Oct-2020

 

ナイジェリアの空港が民営化される見通しは、この国の労働組合から広範な反対を招き、まだ少なくとも3年間はだららだと長引きそうである。

今や、インフラ改善に提供される中国からの融資で潤った政府は、コンセッションに限って、多分、返還する厳しい時間制限もつけ、民営化の手続きが進むよう、事実上、反対派に懇願して居る。

更に、彼らは「4大空港」同様のスキームに、その他の複数空港を追加する約束をしようとして居る。然し、反対派は実際には、恰も赤字空港であることが、投資家には魅力的であるかのように、これらの赤字空港をまず民営化したがって居る。

今回のレポートは、過去数年間の困難な出来事について検証しつつ、アフリカで、他所に比べ、より良いウイルスパンデミックへの対応と見られる点から、これが反対派にとってこの問題に何らかの根拠を与える時なのかを問うものである。

 

Nigeria's airport concession scheme still opposed, and drags on

ラテンアメリカ再開、エアライン各社は需要を推量しようとする

13-Oct-2020

 

ラテンアメリカは、現在ゆっくりと再開しようとして居り、この地域及び世界が、COVID-19は予見できる将来に亘って、日常生活の一部として居座ると言う現実に順応するにつれ、幾つかの国境規制は緩められようとして居る。

次の数週間は、彼ら自身が民間航空の運航を2020年10月中には再開しようとして居るペルー、コロンビア、そしてアルゼンチンなど、最近、再開したばかりの市場の需要を測る重要な目安になるだろう。

一方、これまで民間航空に空域を完全に閉鎖して居ないブラジルは、需要の順調な増加を続けて居る;然し、明らかに、この増加は歴史的に低い値からのものであり、この国が、平常の水準に戻るのは少なくとも、まだ1年先の事だろう。

 

Latin America reopens and airlines try to gauge demand

Premium Analysis

米国のエアライン:キャッシュ焼失を喰い止めるため、テストが需要を後押しするか?

12-Oct-2020

 

米国のエアラインは、業界の歴史の中で最悪の冬の一つになる可能性を秘めた何ものかに身構えて居る。この国のエアラインは、需要全体が、僅かながら改善を見せるものの、依然強く圧迫されて居る中で、供給を調節し続けて居る。

米国のエアラインと世界中の運航会社の短期的なゴールは、キャッシュ焼失の損益均衡であるが、IATAはそれは地球規模の水準としては2022年まで達成できるとは考えて居ない。一方で、エアライン各社は、旅行者の信頼を助けるCOVID-19のテスト実施を開始して、プラスのキャッシュフローを達成する鍵となる要素である、需要の押し上げを図ろうと努力して居る。

明らかに、需要に針を刺すのにテスト実施が、どの位効果があるのかを判断するには時間がかかるだろうが、鬱積した需要が存在すると言う論理を裏付ける兆候が浮かび上がって居る。

然し、問題なのは、旅行する欲求が堅固な予約に結実する保証はどこにも無い事だ。

 

US airlines: will tests jump-start demand to slash cash burn?

Premium Analysis

チューリッヒ空港インターナショナル、当面新しい投資は控える

12-Oct-2020

 

しばらく前から、発展途上国は、技術支援、管理の専門家、そして彼らの空港の拡充のための資金調達に、主として欧州だが、アジアとラテンアメリカでも、定評のある空港運用者を探して来た。これらの運用者達は、「地位」や「自慢の種」の為だけでなく、主に航空旅行がとても急速に成長して居るので、投資に対する健全な対価がほぼ保証されて居た為に、喜んでその要望に応えて来た。

COVID-19は、これに終止符を打ち、ネパールが古き良き時代が終わったことを知る、最初の国の一つとなった:この国が新しいナイガド国際空港の開発と運用の商談を提示した、*チューリッヒエアポート社は、現有の空港たちに集中し、この先暫くの間は、新たな投資を避けることを選び、この話を進めない予定だ。

問題は、これが単発の状況なのか、或は全ての発展途上国は、今や同様の運命なのだろうか?

 

*チューリッヒエアポート社:Zurich Airport/Flughafen Zürich AG=チューリッヒ以外にチリ、インドなど国外8つの空港の運営に関与。

 

Zurich Airport International declining new investments for now

10月11日掲載

Premium Analysis

ラテンアメリカのエアライン、チャプター11の下での資金確保で障害にぶつかる

08-Oct-2020

現在、チャプター11の下でリストラ中のラテンアメリカのエアライン各社が、夫々の融資パッケージを確保することへの障害に直面して居り、これまでのところ、LATAM航空グループが、融資を確定した唯一の運航会社であるのだが、これも破産裁判所の承認を得る為に同社のパッケージの再検討をしてからだ。

アエロメヒコもまた、融資の承認を得る為に作業を進めて居るが、つまらないいざこざが起こって居る様で、裁判所は計画の承認を延期したと報じられて居る。一方、アビアンカは、この国の法廷に支持された、コロンビア政府からの融資に対する差し止め命令に対して控訴して居る。

これら全ての運航会社の主な目的は、融資を確保して前進し、リストラから抜け出す事だが、ラテンアメリカのフルサービスエアラインには、短期、中期に亘り、需要が圧迫されたままの環境下に自社の事業規模を適正化しようとする中で、障害が次々と持ち上がって来て居る。 

Latin American airlines hit obstacles in securing Chapter 11 financing

Premium Analysis

米国LCCブリーズ航空:変わる風向きが開業と保有機群に衝撃

08-Oct-2020

COVID-19パンデミックは、観光そして旅行のあらゆる局面に影響を及ぼして居り、*ニールマンの支援するブリーズ航空の場合も、危機により同エアラインの開業日が二転三転し、最初のエアバスの機材納入を遅らせ、域内のコンパス航空の航空事業者証明を使う計画も取り止める、などの結果になって居る。

ブリーズ航空は、2020年10月の開業を2021年3月に延期し、チャーター運航で開業するのを変更して、定期飛行で就航する事を目指す予定だ。

驚くべきことではないが、同社は、当初の便は米国南東部の空港からの3便を含む事以外は如何なる具体的な路線網についても、公表して居ない。

然し、ブリーズはそのビジネスモデルの背後にある論理は依然として確固たるものと信じ、パンデミックは小規模な都市に便を飛ばす、更に多くの商機を産み出して居ると確信して居る。

*ニールマン:David Neeleman;ウエスト航空、ジェットブルーなどエアライン5社の創業者

Breeze Airways: changing winds impact its launch and its fleet

リトアニア空港投資:パンデミック後の回復を狙う

08-Oct-2020

*SEリトアニア・エアポーツ社は、ノルディック投資銀行と、ヴィリニュス(首都)、カウナス(第2の都市)そしてパランガ(リゾート都市)の空港の近代化のための、7,000万ユーロの融資合意に署名して居る。この15年間の融資はリトアニアの3つの主要空港のリノベーションの為の資金を提供する計画だ。

リトアニアの観光的な潜在能力は可なりのもので、2019年には、観光客は主としてドイツ、ポーランドそしてロシアからで、旅行者数をそれぞれ9%、11.4%そして7.1%増加させて居る。2019年のトップ30カ国の平均増加率は11.3%であった。

計画は、現存するカウナス国際空港ターミナルのリノベーション、ヴィリニュスの新たな出発ターミナル建設、そして現存の到着ターミナルのリノベーションを想定して居る。この計画はヴィリニュス国際空港の年間旅客収容数を350万人から780万人へと倍増させると期待されて居る。

*SEリトアニア・エアポーツ社:SE Lithuanian Airports;国営の投資コンソーシアム 

Lithuanian Airports investment: aiming for post-pandemic recovery

Premium Analysis

カナダ:カナダの航空業界、政府に対して恐ろしい警告を強める

07-Oct-2020

カナダの航空業界は、政府に対し、2020年3月以来、課されて居る厄介な代物と思われて居る、旅行制限を解除するように圧力をかけ続けて居る。

現在、同国の2大エアラインが、政府に検疫隔離の中止を説得するために、COVID-19テストの試行を実施中で、エアカナダはそのテストの初期の効果に気をよくして居る様だ。

一方で、制限が齎して居る恐ろしい結果に対し、業界の警告は強さを増して居る。そして政府が、この規制を続けることによるマイナスの効果を認識して居る様子であるにも関わらず、この国の航空業界をジャンプスタートさせる何ら具体的な計画は無い。

今や、労働組合もまた、カナダ政府に、他の地区で投入されたものに比べると、色褪せてしまった財政支援を約束するよう求めて、声を上げ始めて居る。 

Canada: Canadian aviation intensifies its dire warnings to government

Premium Analysis

ベルリン・ブランデンブルグ空港:多分、都市の縁起直しに

06-Oct-2020

リップ・ヴァン・ウインクルは、ベルリン・ブランデンブルグ空港がデザイン、建設そして(今月)稼働開始するのにかかったのと、ほぼ同じくらい眠った。優れたものを作り上げると言うドイツの評判には大変な努力が必要だというのは、誇張ではない。

然し、何か最終段階での障害が無ければ(全ての証明書が発行されて居るので、それは無さそうだ)、或は「スタート」ボタンが押される時に何か起こらなければ、2020年10月31日は、航空界のその他の首都に比べ、遥かに後れを取った空港と都市双方にとって、新たな始まりを意味する。

このレポートは、空港が直面した幾つかの問題について、また警鐘を鳴らすが、より純粋にはエアラインにとって「そして今は?」を問うものである。彼らは、特にドイツのエアラインは、依然としてCOVIDの刃が頭上に振り上げられて居る間に、この新たな挑戦に立ち上がる事が出来るのだろうか?

確かに、もうたくさん、もう遅すぎる、なのか?

Berlin Brandenburg Airport: maybe a change of fortune for the city

航空貨物の好況、エアラインの旅客収入の低迷を相殺できず

06-Oct-2020

CAPAとOAGの週間データに依れば、貨物搭載容量の供給は、COVID-19危機の最悪期に下落がより少なく、その後より急速に回復して居て、旅客席数の供給を上回って居る。

IATAの月間の交通量データは、更により大きな貨物輸送量の優勢を照らし出す。2020年の8カ月に、累計ACTK(有効貨物トンキロ)は対前年で24.8%下落して居るが、これに比べFTK(貨物トンキロ)は、14.0%の下落であり、貨物のロードファクター(L/F)を53.%と6.7ポイント押し上げた。これでも依然として、大きく圧迫された水準の旅客L/F(2020年の8カ月間では15.6ポイント下落して67.4%)よりずっと低いが、貨物の世界では高い。

貨物機で運航される供給量は、日ごとの稼働率が高い所為で上昇して居るけれども、旅客機のベリースペースは、旅客便の運航水準が圧迫されて居るため下落して居る。全体の貨物の供給量の減少と、加えて、航空旅客に対し、ずっと堅固な航空貨物便への需要が、貨物の実収単価とL/Fを押し上げて居る。これは、より少ない物量を埋め合わせる可能性があり、2020年の貨物収入をプラスの成長へと牽引する。

にも拘らず、エアライン業界には余り慰めにはならず、出血して居る旅客収入を埋め合わせはしないだろう。 

Air cargo upturn can't offset slumping airline passenger revenue

Premium Analysis

ブラジルのアズール、パンデミック危機の中で貨物の商機を収穫する

06-Oct-2020

ブラジルのアズール航空は、2020年末までに、多くのエンブラエル195を貨物運航に投入する準備を進め、その貨物事業の拡大に全速力で前進して居る。

貨物は、COVID-19危機の間、エアラインにとって何か緩衝材の様なものであり、アズールは、その分野の事業が成長するのに充分な滑走路があると考えて居る。同社は、貨物とロジスティクスに商機をつかもうと、可なりの時間をかけて来て居り、COVID-19パンデミックが齎した問題の後に、アズールは貨物のトレンドに前向きな動きを見出して居る。

貨物分野が拡大を続ける可能性は、旅客需要を改善するための、アズールの他の殆どのエアラインより前向きな見通しが、COVID-19パンデミックに起因する不確実性の大きな水準を漕ぎ渡り続けるため、同社を極めて確固たる立ち位置にさせて居る。

Brazil’s Azul reaps cargo opportunities in the pandemic crisis

10月4日掲載

Premium Analysis

LOTポーランド航空、ポーランド、チェコ、ハンガリーそしてスロバキアの新エアラインを主導か

03-Oct-2020

幾つかのメディアの情報によると、ポーランド、チェコ共和国、ハンガリーそしてスロバキアの各国政府は、中央欧州に就航する単一航空会社を創る可能性を協議して居る。この4つのEU加盟国は、また、ヴィセルグラード・グループ(V4)の一部である。この4カ国を合わせた人口は、英国、フランスそしてイタリアに匹敵する。

彼らの間では、V4が中欧各国の供給席数の半分を占めて居る。これに加えて、中欧の3大空港である、ワルシャワ/ショパン、プラハ、そしてブダペストはV4の中にある。更には、中欧域内供給で見た2大エアライングループ、LOTとスマートウイングズ・グループは、V4に本拠地を置いて居る(ハンガリーのウイズエアは、より多くの全欧州路線網を持つ)。

中欧は真にグローバルな規模のエアラインを持たず、その市場は、欧州全体と比較してより更に細分化されて居る。COVID-19危機のために、需要が崩壊し、エアラインは生き残りに苦闘して居る。

中欧でのV4エアラインをめぐる統合は、多分LOTが主導するのだろうが、確かにある種の魅力がある。しかし歴史は、これまで政府間で国境を越えたコングロマリットに優しくない傾向がある。

LOT Polish may lead new airline for Poland, Czech, Hungary, & Slovakia

Premium Analysis

ミュンヘン空港の第3滑走路、少なくとも2028年まで遅れる

02-Oct-2020

現下の環境の中で、他では意志を貫こうとして居るにも関わらず、幾つかの空港は、インフラを遅らせたり、取り消そうとして居る。また数か所では、このタイミングを利用して新たなスキームで商業的優位を獲得しようとさえして居る。

ドイツ第2の繁忙空港であるミュンヘンでの状況は、ドイツの空港を代表する組織のCEOの言葉では、「理解しがたい」ものである。

そこの第3滑走路は、早くとも2023年まで延期されて居たのだが、10年以上も論争の的になって居り、今度は、パンデミックの関連と言う曖昧な根拠で、2028年まで更に遅らせる事になって居る。若しパンデミックがそれほど長く続くとしたら、各空港の運営者達は、鍵を家主に返した方がましである。

更にもっと驚くのは、ミュンヘンを第2のハブとするルフトハンザのこれまでの、聞き分けの良い反応である。 

Munich Airport’s third runway delayed until at least 2028

Premium Analysis

欧州のエアラインの長く寒い冬が見えて来た

02-Oct-2020

欧州は、今、供給席数の対前年減少が、6週連続で深度を増して居る。2020年9月28日の週の▲60.3%の減少は、前週の▲60.1%に比べ僅かなのだが、他の全地区が前週に比べ減少幅を縮めて居るにも関わらず悪化して居る。

今秋の欧州の減少は、北米の▲54.9%とアジア太平洋の▲36.9%より大きかったが、ラテンアメリカの▲63.4%、中東の▲62.5%そしてアフリカの▲60.6%より僅かに小さかった。

OAGに登録された2020年10月のスケジュールから取り出した欧州の供給は、現在の所、2019年水準の41%だった9月と似たようなものだが、2020年8月に達した45%の水準には戻らず、42%の見通しである。更には、*ACI欧州によるデータは、交通量は、供給よりも10から12ポイント悪い結果になる事を示して居る。(*ACI:Airports Council International国際空港評議会)

欧州の航空交通の復活のピークは、2020年8月の半ばで、それ以来、供給席数と旅客数はともに、対前年比で落ちて来て居る。IATAによる世界の事前予約データは、2020年第4四半期は2020年第3四半期より悪くなる可能性がある。

欧州のエアラインは、長く寒い冬に直面しようとして居る。

European airlines' long cold winter in prospect

Premium Analysis

コロンビアのアビアンカ・ホールディングズ、財政支援獲得へ重要な動き

02-Oct-2020

この国最大のエアライン、アビアンカに対する、コロンビア政府の約束した融資が裁判所で棚上げになる中、そしてチャプター11リストラが続く中、同社はおよそ20億米ドルを資金調達で揃えて居る。

アビアンカは2020年5月、コロンビアが、2020年3月にその空域を閉鎖した後、チャプター11を申請し、そしてラテンアメリカの殆どの国からの政府支援は実現して居ない。

COVID-19危機はアビアンカが貸借対照表と路線網を作り直そうと懸命になって居る作業を、全く台無しにした。そのチャプター11に入って居る5カ月の間に、アビアンカは既に規模を落そうとして居たペルー線の運航を全廃し、保有機群を更に縮小しようとして居る。

アビアンカが、裁判所の政府資金を保留する決定に対する挑戦に成功するか否かは、依然として不明のままだが、チャプター11の下でリストラして居る、他のラテンアメリカのエアラインが、資金支援パッケージへの承認を受けて居ることから、約束の融資は、同社の回復過程にとって、重要な一歩である。

 

 

Avianca Holdings makes important moves in gaining financial support

 

米国エアラインに簡単な答えは無い、従業員一時帰休が大きく忍び寄る中で

29-Sep-2020

2020年10月1日、業界の大量の一時帰休を避けるため、米国のエアラインと労働者グループは、給料支援の延長を求めて強力なロビー活動を行って居るが、この国の議会がより多くの資金のために必要な法案を、実際に通す可能性は急速に消えようとして居る。

支援の延長には、避けられない事態を遅らせる、対、この国の経済に更なる足手まといを創り出す、米国の雇用人口の数を膨らませる事になる、と言う、賛成、反対両方の議論がある

然し、給料支援の追加への賛成反対の論争は、議会が動かない事で、議論が無意味になり、間も無く終わりを告げるだろう。

そして、給料支援の追加について、例えエアラインが更に時間を稼ぐ事が出来たとしても、この資金提供案の期限が切れる2021年3月に、この業界がどんな事になって居るか誰も予言できないだろう。 

No easy answers for US airlines as staff furloughs loom large

業務渡航。1/4入ったグラスはまだたっぷり

29-Sep-2020

我々はここから何処へ行くのだろう?

この中でジョニー・トールセンは1/4入ったグラスについて論じて居る。。。

あなたが数えたことがないとすれば、中国が遡る事2020年1月、20%の国内線の、そして幾らかの国際線の便で、最初の大規模な運航停止を発表して以来8カ月が経って居るのだ。そして我々は「旅行業界」と言う名の、終わりの無いオデュッセイアの新たな局面に入った事を受け入れるべき時が来た。

我々の知る2020年以前の旅は、いつ終わるか不明な期間に亘って戻って来ないだろうし、寧ろそれがいつ終わるかの議論を続けるより、私は「旅行は既に再開して居る」と言って、古いルールがいつの日か戻るまで生き残れると願うより、新たなルールに沿って自分のビジネスの位置づけをやり直すべき時期が来たと考える。 

Corporate travel. A glass quarter-full is still plenty

リマ空港=フラポートの海外事業の輝かしき功績?

29-Sep-2020

最近、CAPAレポートが繰り返し取り上げて来たテーマが、現下の状況に関わらず、インフラ開発を推進すると公に約束して居る空港の例である。幾つかの例では、その理由付けは戦略的な優位性を確保、或は獲得するため、その他の例では環境問題に関連したものだった。

*フラポートが80%所有する組織である、リマ空港パートナーズの場合は、そのどちらでも無い;即ち、単なる自身と親会社の双方の強さの、そして業界全体として生き残り、繁栄するための戦いの最中に、自社に資金を供給してくれる国際的金融機関を惹きつける、自社の能力の表明である。

*フラポート:Fraport AG ドイツの空港運営会社

Lima Airport – the jewel in Fraport’s overseas crown?

Premium Analysis

新たなNZのクイーンズタウン・タラス空港計画、「社会的免許証」が必要

28-Sep-2020

 

ニュージーランドのクイーンズタウン周辺の「観光の首都」地区の近くに、新たなグリーンフィールド空港を建設する意向がある。

その土地を購入したクライストチャーチ空港にとって、この提案の主たる理由のひとつは、滑走路が長いほど、排出ガスと騒音を大きく減少させると言うものだ。

数人のコメンテーターが、空港の設計と建設に関する限り、単なる現状維持の恒常化より、寧ろ、将来の、より少ない観光客数、より長い滞在期間(観光客の数の減少の見込みや電気仕掛けのドローンなどとともに)などに基づいた、新たな革新的な考え方が必要であると論じて居る。

一方で、現状維持を擁護する人々は、エアラインの旅客は、予想より早く、そしてより大量に戻って来ると強く主張して居る。

この様に、業界のリーダーたちが将来を熟考して居る間に、一地方の論争は世界規模のものになる。 

Proposed new Queenstown Tarras airport needs "social licence"

Premium Analysis

トップ10国際線・都市組合わせ、航空の変わりゆく容貌を照らし出す

28-Sep-2020

ASK(有効座席キロ)から言って、世界最大の国際線都市組合せはニューヨーク=ロンドンだと推理したら賞は貰えないー何故ならそうでないからだ。

一年前(2019年9月23日の週で)、世界の国際線都市組合せトップ10のリストは、見慣れたものだった。リスト上の殆ど全ての都市が大手ハブ空港を持ち、少なくとも1社の地球規模のエアラインが就航して居た。ニューヨーク=ロンドンは当時ランキング第1位だったが、ASKが第2位にランクされたドバイ=ロンドンより38%も大きかった。両方ともその高みから転がり落ちて居る。

トップ10国際線都市組合せは、今やより広く散らばり、2つのレジャー路線がリストのトップを飾り、歴史的に世界をリードする航空ハブとは見做されなかった都市を登場させて居る。

現在の最大は(2020年9月21日の週で)、モスクワ=アンタリアである。1年前は49位で当時のニューヨーク=ロンドンの35%のASKしか無かった。第2位にはパリとインド洋の仏領レユニオン島である。

COVID-19危機は航空業界の顔を縮小しただけではない。嘗て馴染みだった特徴も変えようとして居る。

Top 10 international city pairs highlight aviation's changing face

新宿ブックファースト店のセレンディピティを起こす150冊に選ばれました!

マラソン講座