シリーズ:日本のLCC3社の実績(2013年度)  

 

 

 

当研究所で、日本のLCC3社の実績(2013年度)についてとりまとめました。

そのダイジェスト(抜粋)を5回シリーズで紹介します。

 

・第1回 旅客実績

・第2回 国内線運航品質と収入単価

・第3回 国内線各路線でのLCCシェア

・第4回 収支と財務の状況

・第5回 収益性の指標

 

 対象会社と就航路線は以下のとおりです。

 (注)Vanilla  Air201310月まではAirAsia-Japanとして運航。
11月に社名をVanilla Airに変更して1220日から運航再開。

 

 

 

(留意事項)

1)実績数値の多くは、各社が発表したデータや国交省が公表した数値をもとに、

当方で加工して算出した推定値です。

2) 末尾処理等の関係で、数表間に微細なズレがありますが、大きな傾向や流れに影響はありません。

3) 搭乗率は主として発着ベース(発着旅客数÷座席数)で算出しています。

但し収益性指標をみるにあたっては、距離ベース(旅客㌔÷座席㌔)での数値も

併記しました。両社には若干の差があります。

 

 

以上

JAMRレポート  8月18日

 

第1回:旅客実績

 

 

日本のLCC3社の実績  その1.pdf
PDFファイル 222.1 KB

JAMRレポート  8月19日

 

第2回:国内線運航品質と収入単価

 

 

日本のLCC3社の実績 その2.pdf
PDFファイル 217.0 KB

JAMRレポート  8月20日

 

第3回:国内線各路線でのLCCシェア

 

 

日本のLCC3社の実績 その3.pdf
PDFファイル 257.4 KB

JAMRレポート  8月21日

 

第4回:収支と財務の状況

 

 

日本のLCC3社の実績 その4.pdf
PDFファイル 211.0 KB

JAMRレポート  8月22日

 

第5回:収益性の指標

 

 

日本のLCC3社の実績 その5.pdf
PDFファイル 207.1 KB

海外事情

 

2. OYO、欧州で1,000人採用」、「5. OYO データサイエンスのダナミカ買収」と、インドのユニコーンOYO2013年設立)の威勢が良い。201810月には日本にも進出、20194月には、ソフトバンクと組んで合弁会社「OYO Hotels Japan合同会社」を立ち上げた。ソフトバンク・ビジョンファンドも、作9月に数億ドルを投資している。OYOは、Airbnbに次いで宿泊施設オンライン販売のグローバル プラットフォームになりつつある。“売り”(セールスポイント)はテクノロジーのサポート。 

 

10. グーグル、バケーションレンタルにVacasa追加」、「13. グーグルのホテル最低価格保証はあるのか?」を読んでみても、Google Tripの勢いも止まらない印象だ。Googleは、自身の事業のコアコンピタンスは、あくまでオンライン広告事業であり、旅行領域の拡大は、単にそれを保管するものだと言っているのだが・・・、タビマエ・タビナカ・タビアトのエンドツーエンドの旅行サービスをこれだけ多くシームレスに一気通貫に提供するとなれば、最早 立派な総合旅行会社となっていると言われても間違いない。(編集人)