成田国内線の施設利用料 負担の半分がJetstar-Japanに!

成田国内線の施設利用料

負担の半分がJetstar-Japanに!

(影響額試算)

 

 

成田空港会社は、来年3月から国内線にも「施設利用料」を導入する方針を固めたと報じられている。

 

それに関して、2013年度の旅客実績をもとに影響額を試算してみた。

 

 

成田国内線の施設利用料

負担の半分がJetstar-Japan旅客に!

(影響額試算)

 

 

成田空港会社は、来年3月から国内線にも「施設利用料」(運賃に上乗せ)を導入する方針を固めたと報じられている。

それに関して、2013年度の旅客実績をもとに影響額を試算してみた。

 

 (料金案)旅客当り800円程度(LCC)~900円弱(大手2社)いずれも往復で

 

(年間総額) 19億円 (LCC11億円、大手28億円)

Jetstar-Japan9億円、大手のLCC競合路線分は5.5億円

 

 

  LCC旅客全体での負担額が大きい

  中でも成田ベースの国内線が多いJetstar-Japanの旅客負担額が大きい

  運賃への相対的影響度もLCCが大きい

(国内線平均旅客単価/千㌔当り)ANA 17,520円 JAL 16,720

                               Jetstar-Japan 6,680

  席数密度が高く、搭乗率も高いLCCは、便当たりの金額も大きい

(成田線搭乗率)大手258% Jetstar-Japan 77

 

  

 

 

 2013年度の旅客実績と施設利用料の試算》

 

 

                                                         以上

Meet KLM Care-E