成田国内線の施設利用料 負担の半分がJetstar-Japanに!

成田国内線の施設利用料

負担の半分がJetstar-Japanに!

(影響額試算)

 

 

成田空港会社は、来年3月から国内線にも「施設利用料」を導入する方針を固めたと報じられている。

 

それに関して、2013年度の旅客実績をもとに影響額を試算してみた。

 

 

成田国内線の施設利用料

負担の半分がJetstar-Japan旅客に!

(影響額試算)

 

 

成田空港会社は、来年3月から国内線にも「施設利用料」(運賃に上乗せ)を導入する方針を固めたと報じられている。

それに関して、2013年度の旅客実績をもとに影響額を試算してみた。

 

 (料金案)旅客当り800円程度(LCC)~900円弱(大手2社)いずれも往復で

 

(年間総額) 19億円 (LCC11億円、大手28億円)

Jetstar-Japan9億円、大手のLCC競合路線分は5.5億円

 

 

  LCC旅客全体での負担額が大きい

  中でも成田ベースの国内線が多いJetstar-Japanの旅客負担額が大きい

  運賃への相対的影響度もLCCが大きい

(国内線平均旅客単価/千㌔当り)ANA 17,520円 JAL 16,720

                               Jetstar-Japan 6,680

  席数密度が高く、搭乗率も高いLCCは、便当たりの金額も大きい

(成田線搭乗率)大手258% Jetstar-Japan 77

 

  

 

 

 2013年度の旅客実績と施設利用料の試算》

 

 

                                                         以上

海外事情

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500