旅の写真カフェ

 

『この度、ホームページの中に、「旅の写真カフェ」欄を開店しました。 これは、研究員たちが、国内や海外を旅行した際に撮った写真と随筆を掲載しています。 ホームページ閲覧のついでに、ちょっと一息休憩、旅の写真と小文を楽しんで頂ければ幸いです。』

 

「お休みしていました「旅の写真カフェ」を再開いたします。また、旅の写真をご愛顧ください」

[京都ミステリースポット]  バックナンバーの一覧を表示します

7月1日

 

京都ミステリースポット 28回  「平安京・北の守護玄武の船岡山」    (2014年新春)

 

「船岡山」は、現在の京都の碁盤の目の北西角近く、“一休和尚”のいらした大徳寺の向かいにある、標高112mの小山で、清少納言の「枕草子」の中で「岡は船岡・・・」と賞賛された都一番の趣のある“丘”です。 

[全国一の宮]  バックナンバーの一覧を表示します

6月1日

 

全国一宮 第27回 「備前国一宮 吉備津彦神社」 (2019年 3月)

 

備前一宮「吉備津彦神社」は、歌枕でも有名な神体山“吉備の中山”の北東麓に鎮座し、祭神は、“吉備の中山”の西麓に鎮座する備中一宮「吉備津神社」と同じ「大吉備津彦命(オオキビツヒコノミコト)」を祀ります。

[国内・海外旅物語]  バックナンバーの一覧を表示します

4月1日

 

旅物語 第25回 「国東半島 臼杵石仏(磨崖仏)」 201812月)

 

大分県は不思議な所です。古代史の中心地、ヤマト・出雲・北九州から離れた地に、「伊勢神宮」に次ぐ高い格の「宇佐神宮」があったり、日本では類を見ない壮麗な石仏群が、仏教の中心地、奈良・京都・鎌倉とは程遠い国東半島の臼杵に忽然と姿を残しているからです。

■4月5日

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

海外事情

 

513日〜24日の主要ニュースを集めたこの号で目立った記事は、3.「アマゾンと旅行」、6.「アマゾンがインドで航空便予約開始」の2つです。前号3.の「アマゾン、異なる方法で旅行に参入?」の記事と合わせて、アマゾンの旅行領域への参入が何やら本格化している気配が感じられます。

 

世界の旅行業界が恐れているように、アマゾンが旅行業界に参入すれば、とてつもない大きな影響を既存のインターメディアリー(仲介業者)、特にOTAに与えることになるのでしょう。Googleが本格的にメタサーチに手をだして、今度はアマゾンが参入して来るようなことにでもなれば、GAFAの2強が入ってくるのですから大変なことなりそうです。

 

Googleは、あくまでオンライン広告ビジネスの一環としての旅行領域への間接的参入ですが、アマゾンの場合はどのようになるのでしょうか?Amazon Payのメニューを拡大するためなのか? 前号3.の記事に書いてあった通り、クラウドのAWSAmazon Web Services)の販売先として旅行業界を取り入れようとしているのか?はたまたパーソナルアシスタントAlexaのスキルの対象として旅行を取れて行くのか?は良くは分かりませんが、何れにしてもアマゾンのことなので間接的であれ直接的であれ、どのような方法であっても対応する能力を備えている、と考えるのが妥当なのでしょう。今後の動きから目が離せません。(編集人)