「JAMR研究員による2017年頭の小論文・随筆など」

国内線は「低価格ブランド」へのうねりが徐々に加速するだろ!

 

                       201714

                 航空経営研究所所長 赤井奉久

 

「低価格ブランド」とは「普通のサービス」と「低価格」の組み合わせである。

つまり「普通に安全運航」し、「普通に定時性が保たれ」、「不快感や違和感のない普通の取り扱い」を受けられれば(ここではそれらを「普通のサービス」とした)、飛行時間の短い国内線では、『低価格』が格段の威力を発揮することになるのは世界的潮流からみても明らかであろう。「おもてなし」を標榜する人手とお金をかけたサービスも、『低価格』の前には神通力を失っていくと思われるのだ。そして国内のLCC3社はその「普通のサービス」を着実に身につけてきている。2015年度には3社そろって80%超という高搭乗率と黒字化を達成した。

 

確かに漠然としたLCCへの‘不安感’が払拭されたわけではなかろう。

しかしその根拠となっているであろう「安全」と「定時運航」で、LCCでも「普通」のこととの認識が一般化してきている。サービスも「移動の流れがスムーズ」であれば、特別の不快感さえなければそれでよしとの考えがLCC利用者を拡げているし、LCC側も気持ちよい使い勝手に力をいれているのがうかがえる。

LCCの低価格は、安全や定時運航を犠牲にしたものではなく、「コスト効率の高い小型機」と「サービスの単純化」、そして「高い搭乗率を前提とした価格設定」というビジネスモデルから産み出されたものとの理解が浸透してきたともいえよう。

 

 

現在大手2社や既存の中堅会社は、レベルの高いサービスと低搭乗率を前提とした価格設定で利益をあげているといえるが、今後は「低価格ブランド」への大きな潮流に合わせてモデルを変えていくことになるだろう。ヒトの接し方だけでなく、ネットやスマホなどを活用し「流れ」が重視されるサービスの形、そして伸び悩む所得の中でいわば賢く生活していこうとする消費者の動向がそれを後押しすることになるであろう。

 

《図表1》国内線の旅客単価比較(千㌔当り;円)

 

2015年度国交省資料をもとに算出
LCC
はこれに付加収入(1020%)を上載せしたものが旅客当り実収単価と考えられる。

《図表2》国内線の搭乗率比較(%)

 

2015年度の各社公表資料をもとに算出

《図表3》国内線の旅客シェア(%)

2015年度国交省資料をもとに算出(リージョナル会社を除く)

            国内定期路線の総旅客数は95百万人

 

以上

注目した記事7.9

 

国際協力銀、JALANAの航空機向け融資保証

Aviation Wire 7/8
https://www.aviationwire.jp/archives/206199

注目した記事7.8

 エアアジア株が売買停止に 

マレーシアのLCCエアアジア・グループの2019年決算に、監査法人が起業継続の 

疑念を指摘(7日夜)したことから、8日に株式の売買が停止となった。 

但し午後2時半には解除される予定。 

78日ロイターhttps://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20200708-00000090-reut-bus_all

 

  

米航空10社は総額250億㌦規模の政府融資を受けるが、この都度UA5社はその主意書に署名した。 

77日ロイター 

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-usa-airlines-idJPL4N2EE39Q 

 

LHは有料PCR検査施設を空港運営会社

と共同で開設した。3時間以内の結果

通知で139ユーロ

77Traicy https://www.traicy.com/posts/20200707174841/

 

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座