「JAMR研究員による2017年頭の小論文・随筆など」

ここもパワースポットかも?

 

 

 201719

 

主席研究員 森﨑 和則

 

 

 

 Tobi-Fudo知ってる?」、台湾の航空会社でパイロットをやっている友人から、こんなタイトルのメールが突然送られてきました。何を言っているのかと思いながら、メールの内容を読み進めると、「Tobi-Fudo」とは東京にある「飛不動」と言われるお寺のこと。

 

彼は、その「飛不動」で販売している千社札風のスティッカーをフライト・バッグに貼るのがパイロット仲間で流行っているので、私にそのスティッカーを買い求めて欲しいという内容。頼まれると断れない性格の私は、ネットの情報を頼りに足を運んでみました。

(質素な造りの本堂)

 既にご存じの方も多いかと思いますが、「飛不動」を簡単に紹介しましょう。場所は台東区の浅草と三ノ輪の中間にあり、寺号を龍光山 三高寺 正寶院、ご本尊を飛不動明王とする天台宗のお寺です。飛不動尊の由来はパンフレットによると、1530年の創建後まもなく、住職がご本尊を背負って修行に出たある日、ご本尊が留守中の江戸のお寺に人々が集まり、一心にお不動様に祈願をして江戸に飛び帰って、人々の願をかなえたとのことです。1700年代には既に飛不動尊と呼ばれていたようですが、「空を飛び来て衆生を守りたもうお不動様…飛不動尊」となったとか。

 

 近代に入って、航空機と空飛ぶお不動様が結びつき、航空関連の仕事に携わる人たちや、

海外旅行をはじめ海外転勤など飛行機を利用する人まで、航空安全や道中安泰を願う参拝者が訪れています。境内の絵馬かけ所には「海外旅行に行く友人の無事を祈っています」、「航空管制官試験合格報告」の他に「パイロットになれますように」や「CA受験合格祈願」などの絵馬が多くかけられています。更には明らかに外国人の人たちが書いた絵馬もチラホラと見られます

(日本語の他に英語で書かれた絵馬が)

 全国に航空に纏わる神社仏閣がありますが、前述の通り台湾からのメールがなければ

 

ここを知ることはなかったでしょう。昨年の訪日外国人数が2400万人を記録しそうだとのニュースもありましたが、ひと頃の爆買いブームが落ち着いて、リピーターを中心に私たち日本人が考えもしない所を訪問する人たちが増えているようです。もしかすると航空関係者を中心のパワースポットとして国籍を超えて訪れる人が増えるかもしれませんね。

(友人が欲しがったスティッカー) 

(絵馬の中央にはジャンボらしき飛行機が
飛んでいる)


 

(飛不動:東京都台東区竜泉3丁目1111号 http://tobifudo.jp )

 

 

 *本原稿は、筆者が一般社団法人日本ビジネス航空協会の会報に寄稿したものを書き換えたものです。

注目した記事7.9

 

国際協力銀、JALANAの航空機向け融資保証

Aviation Wire 7/8
https://www.aviationwire.jp/archives/206199

注目した記事7.8

 エアアジア株が売買停止に 

マレーシアのLCCエアアジア・グループの2019年決算に、監査法人が起業継続の 

疑念を指摘(7日夜)したことから、8日に株式の売買が停止となった。 

但し午後2時半には解除される予定。 

78日ロイターhttps://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20200708-00000090-reut-bus_all

 

  

米航空10社は総額250億㌦規模の政府融資を受けるが、この都度UA5社はその主意書に署名した。 

77日ロイター 

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-usa-airlines-idJPL4N2EE39Q 

 

LHは有料PCR検査施設を空港運営会社

と共同で開設した。3時間以内の結果

通知で139ユーロ

77Traicy https://www.traicy.com/posts/20200707174841/

 

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座