「JAMR研究員による2017年頭の小論文・随筆など」

ここもパワースポットかも?

 

 

 201719

 

主席研究員 森﨑 和則

 

 

 

 Tobi-Fudo知ってる?」、台湾の航空会社でパイロットをやっている友人から、こんなタイトルのメールが突然送られてきました。何を言っているのかと思いながら、メールの内容を読み進めると、「Tobi-Fudo」とは東京にある「飛不動」と言われるお寺のこと。

 

彼は、その「飛不動」で販売している千社札風のスティッカーをフライト・バッグに貼るのがパイロット仲間で流行っているので、私にそのスティッカーを買い求めて欲しいという内容。頼まれると断れない性格の私は、ネットの情報を頼りに足を運んでみました。

(質素な造りの本堂)

 既にご存じの方も多いかと思いますが、「飛不動」を簡単に紹介しましょう。場所は台東区の浅草と三ノ輪の中間にあり、寺号を龍光山 三高寺 正寶院、ご本尊を飛不動明王とする天台宗のお寺です。飛不動尊の由来はパンフレットによると、1530年の創建後まもなく、住職がご本尊を背負って修行に出たある日、ご本尊が留守中の江戸のお寺に人々が集まり、一心にお不動様に祈願をして江戸に飛び帰って、人々の願をかなえたとのことです。1700年代には既に飛不動尊と呼ばれていたようですが、「空を飛び来て衆生を守りたもうお不動様…飛不動尊」となったとか。

 

 近代に入って、航空機と空飛ぶお不動様が結びつき、航空関連の仕事に携わる人たちや、

海外旅行をはじめ海外転勤など飛行機を利用する人まで、航空安全や道中安泰を願う参拝者が訪れています。境内の絵馬かけ所には「海外旅行に行く友人の無事を祈っています」、「航空管制官試験合格報告」の他に「パイロットになれますように」や「CA受験合格祈願」などの絵馬が多くかけられています。更には明らかに外国人の人たちが書いた絵馬もチラホラと見られます

(日本語の他に英語で書かれた絵馬が)

 全国に航空に纏わる神社仏閣がありますが、前述の通り台湾からのメールがなければ

 

ここを知ることはなかったでしょう。昨年の訪日外国人数が2400万人を記録しそうだとのニュースもありましたが、ひと頃の爆買いブームが落ち着いて、リピーターを中心に私たち日本人が考えもしない所を訪問する人たちが増えているようです。もしかすると航空関係者を中心のパワースポットとして国籍を超えて訪れる人が増えるかもしれませんね。

(友人が欲しがったスティッカー) 

(絵馬の中央にはジャンボらしき飛行機が
飛んでいる)


 

(飛不動:東京都台東区竜泉3丁目1111号 http://tobifudo.jp )

 

 

 *本原稿は、筆者が一般社団法人日本ビジネス航空協会の会報に寄稿したものを書き換えたものです。

海外事情

 

6 10 日から 21 日までの 2 週間のオンライン旅行流通に関係する海外主要記 事です。
この号では、「3. OTA エアビーとレートパリティー」に注目したいと思います。 Airbnb がホームシェアに加えてホテルまで販売するとなると、
泊とホテルが 一つのプラットフォーム上で横並びにリストされることになり、タイプの異な る施設同士の価格比較が難しくなって、レートパリティーの維持が困難になる と言っている・・・と理解しました。しかし「(Airbnb では)、ゲストが施設の 真のコストを判断できない不明瞭なプライシングの環境が存在する」とはイマ イチ良く理解できませんでした。Airbnb が最近導入したホストオンリーのコミ ッションモデルであれば、OTA のモデルと近似するのですから、そんなことに はならない、のではないでしょうか?
 

 

Airbnb が上場して・・・顧客獲得コストが上昇・・・ホテルの直販志向を強 くさせることになるが・・・一方でパリティー破りの悪役である格安販売のホテ ルオンリーの業者が増加するデメリットも存在する」とも言っています。しか し、ホテルにとっては、Airbnb のホテル販売開始によってチャネルがそれだけ 増えるので(OTA の中抜きのチャンスが生じるので)良いことである、と考え るのは間違っているのでしょうか?ホテルオンリーのパリティー破りは、 Airbnb とは関係のない別の次元の話では。「Airbnb のコミッションが、将来値 上げされる可能性もある」と言っていますが、EXPEBKNG との対抗上、こ の大手 OTA2社を上回ることにはならないのではないでしょうか。Airbnb の 多角化戦略は、「焦点が合っておらず・・・会社(Airbnb)は衰退する可能性が ある」とも言っていますが、ホームシェアからホテル販売を開始して、OTAHotelTonight を買収し、OYO に投資し、そしてタビナカの Experiences プロダ クトを開発して EXPEBKNG に競争を挑むのは、まさに Airbnb総合旅行 会社になるという大いなる経営ビジョンであると考えるべきだと思います。 この記事の著者(OTA Insight, Chief Commercial Officer)は、Airbnb に対して かなり否定的であるようです。中小の独立ホテルにとっては、そもそもパリティ ーに縛られたくない筈ですから、Airbnb がパリティー維持を困難にしてくれる というのであれば、これは歓迎すべきことではないのでしょうか。最後に「ホテ ルは、ますます複雑化する流通を制御することができない。ゲストが他では取得 できない並外れたエクスペリエンスを提供することに最善を尽くし続ける必要 がある」については全く同感です。 

 

恒例のメアリー・ミーカーの「インターネット・トレンド 2019」が発表されま した。「12. メアリー・ミーカー、インターネット・トレンド発表」
この 333 枚のスライドでは、日本の企業は Sumitomo MitsuiLINEMIXI の たったの3社が言及されているに過ぎません。中国は独立した章(11China) で 30 ページ以上が割かれています。日本のインターネットテクノロジーの弱さ が見て取れて、とっても悲しいことです。(編集人)