「JAMR研究員による2016年頭の小論文・随筆など」

 

「先人の知恵」

 

主席研究員  風間秀樹

 

 

昨年の暮れも押し迫った12月30日の朝、米国シカゴのオヘア空港で、ユナイテッド航空のB737が着陸後滑走路から誘導路に出ようとしたが、滑って芝生に突っ込んでしまう事故があった。幸いケガ人もなく大事に至らなかったこともあり、日本では全く報道されていない。

 

当日はシカゴ空港周辺では早朝から雪が降り始め、滑走路にも雪が積もり始めており、空港当局はいつ滑走路の除雪を開始しようかという状況のようであった。

 

飛行機は空を飛ぶために作られているので地上走行が最も苦手である。機体は3点で支えられており、いわば3輪車。直進している時はさほど問題とはならないが曲がり始めると急に不安定になる特徴がある。特に今回のように路面に雪が積もっていて滑りやすい状況であれば、よほど慎重に地上旋回を開始しないと一時的にコントロールが効かなくなってしまう。

 

筆者も現役時代に何度か同じような経験しており、他人事とは思えないのである。

 

今年は例年にも増して年末年始は暖かく、東京では雪の降る気配は感じられないが、日本列島は南北に長く東北、北海道地方ではこれから春先まで雪との格闘が続いていく。

 

飛行機の運航は気象と密接な関係がある。運航に障害となる気象は季節ごとに変化し、「春の嵐」「夏の雲」「秋の霧」「冬の雪」と言われている。

 

現在は気象解析の精度が格段に高まり、しかもリアルタイムにその情報をパイロットが入手できる時代になって来てはいるが、その情報を如何に活用し、時々刻々変化する運航環境に適用していくかはパイロット自身の力量にかかっている。

 

絶対に安全などというものは目標であっても現実にはない。如何にそのリスクを軽減しコントロールするかが問われているわけで、そのためには過去の経験を共有し、生かしていくことが大事な要素に違いない。

今回のユナイテッド航空のインシデントに接し、同じことが繰り返されているなぁ、という印象を強く抱いた次第である。

 

 

以上

海外事情

海外事情 2月17日号 

気候温暖化問題に関するニュースが6つもあった。 

5. グリーン法人旅行」、「6. 航空のカーボンオフセットは有効か」、「8. クルーズの環境問題 取組み強化」、「18. ホッパーのカーボンオフセット」、「19. 飛び控え」、「1.(TJ) 法人旅行、温暖化対策に本腰」の6つだ。

 

昨年の“グレタ効果”もあって、航空機の撒き散らす炭酸ガス削減対策が今まで以上に強く求められている。航空機の排ガスは3%程度で少ないなどとは言っておられない。高高度での排ガスは、地上の計測よりも倍以上も環境に与えるインパクトは大きくなると言う。既に欧州では短距離航空便の「飛び控え」(flight less)が始まっている。IATA2037年航空旅客82億人への倍増予測も見直しを迫られるかもしれない。短距離便は自動車旅行(自動運転)へ、長距離便は電話会議やTV会議へシフトする。企業は、“カーボン予算”を新設して炭酸ガス排出量削減に神経を尖らす。航空便利用の出張旅行を削減して炭酸ガス排気量をXX kgも減少したと宣伝するだろう。 

 

18. 2020年のトラベルテック トレンド」や「30. 2020年のトラベルマーケティング」を読むと、キーワードは“モバイルと“パーソナル なトラベルエクスペリエンスにあると見た。だからマーケターたちは、ソーシャルメディアに30%近くも広告予算を割くのだろう。モバイルによって、タビマエ・タビナカ・タビアトの全ての瞬間が顧客と常時接続できるタッチポイントになってしまった。旅行者は、タビマエ・タビナカ・タビアトの全てで、パーソナルなエクスペリエンスを追求している。だから、GoogleGoogle Travelを作り「14. ブッキング、タビナカアプリをテスト」し、「26. ロンリープラネット、エクスペリエンス立上げ」ている。 

 

16. アムトラックCEOインタビュー」では、元デルタ航空CEORichard Andersonが、サービス産業の生産はマネジメントの監視下で実施されるわけではないと言っている。飛行中の航空機の客室サービスは、フライトアテンダント自らがその場その場の現場の状況に応じてサービスする(サービスを生産する)ことになる。サービスマーケティングで言う「生産と消費の同時進行性」の財だからだ。いささか古い話になるが、スカンジナビア航空CEOヤン・カールソンの「真実の瞬間」(1990)によれば、フロントラインの従業員の顧客と初めて接するたった15秒で、企業イメージや顧客満足が決められてしまう。

 

そこでSASは従業員教育を徹底、この15秒の顧客応対品質を飛躍的に向上させ、わずか1年で会社を再建させた。サービス産業のフロントラインの従業員は、会社の命運を左右するほど重要な役割と大きな責任を担っている。TUICEOが、ハイストリートの路面店のカウンターのスタッフに、「貴女達が売っているのは、TUIのパッケージ旅行ではなく、TUIの顧客が一生忘れることができないエクスペリエンスを売っているのだ」と教育したと言う話が忘れられない。(編集人)

 

 

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500