「JAMR研究員による2015年頭の小論文・随筆など」

事務局長 紀 和夫

 

今回も業界用語の話です。

電話で人の名前やキーワードを伝えるとき、「間違えないように」普通は、気を遣いますよね。自分の伝えたいことは正しく伝えなきゃいけません。航空会社の場合、それはそれは気を遣います。お客様の氏名を間違えることは大変失礼だし、航空管制とのやり取りの場合、事故に繋がる恐れすらありますから。

航空会社に限らず、コミユニケーションの重要さに対する感受性が乏しい人は社会での成功は覚束ないと言っていいでしょう。

航空会社ではアルファベットを電話で伝えるとき、言い間違え、聞き間違えがないように

Aは「エー」と言わずに「アルファー」と言い、Bのことは「ビー」ではなく「ブラボー」と言います。この「アルファー」「ブラボー」などという言い方は航空機運航の用語として世界中が同じ言い方を使うことになっているのです。正しく言うと、国際民間航空条約に基づき、法制化され使用が義務づけられているのです。航空機と管制とのやり取りや航空機同士のやり取りはもちろん、社内の運航関係の社員の間でもこの言い方を使います。

この運航用語としての言い方は航空級無線通信士資格をとるための必要知識であり、航空機の無線は聞き取りにくいという長年の状況がその背景にあると言えるでしょう。

 

ところが、です。予約関係の人々は「間違えなければよい」という考えのもとにAは「エイブル」Bは「ベイカー」・・・という言い方を使うのです。これは法的義務や資格とは何の関係もありませんから、わりと自由に作られています。航空会社によって異なっていることもあります。

ということは運航関係の人と予約関係の人が話をすると、面白いことになります。

例えば予約記録番号、例えば「KN34GTS」を伝えるとき、予約の人はこう言います。(もちろん社内での話)「ええとあなたの記録はキングナンシー数字のサン、数字のヨン、ジョージタイガーシュガーです。」「わかりました復唱しますね。ボクの記録番号はキングノーベンバー数字のサン数字のヨンゴルフ・タンゴ・シエラですね。」

ま、これでも会話は成り立っているのでしょうね。

 

ところが、ところが、です。空港のスタッフはさらに、面白い言い方をすることがあるのです。Aは「アメリカのエー」Bは「ブラジルのビー」・・・と国名を利用してコミニュケーションすることもあるので驚きです。ある意味こちらの方が分かり易いという人もいます。また、会社や土地柄の違いによって異なるという例では、ローマ空港のスタッフの使う用語ではAは「アンコーナのエー」Bは「ブリンディシュのビー」・・・全部イタリアの都市名で言い合うのです。いずれにせよ、正しく伝わればよいのですからあまり目くじら立てる必要はないのですが。

以下は参考までに運航関連の通話表(phonetic  code)です。

 

文字

使用する語

文字

使用する語

文字

使用する語

A

Alpha

M

Mike

Y

Yankee

B

Bravo

N

November

Z

Zulu

C

Charlie

O

Oscar

0

Zero

D

Delta

P

Papa

1

One

E

Echo

Q

Quebec

2

Two

F

Foxtrot

R

Romeo

3

Three

G

Golf

S

Sierra

4

Four

H

Hotel

T

Tango

5

Five

I

India

U

Uniform

6

Six

J

Juliet

V

Victor

7

Seven

K

Kilo

W

Whiskey

8

Eight

L

Lima

X

X-Ray

9

Nine

 

 

因みに予約担当者が普通使っている言い方は以下です。

A (able)  B (Baker)  C  (Charlie)  D (dog)  E (easy)  F (fox)  G(George)

H (how)  I (item)  J (Jack)  K (king)  L (love)  M (Mike)  N (Nancy)

O (Over)  P (Peter)  Q (queen)  R (Roger)  S (sugar)  T (tiger)  U (uncle)

V (victory)  W (whisky)  X (x-ray)  Y (York)  Z (zebra)

 

アメリカ、ブラジル、カナダ、デンマーク・・・・などは皆さん、考えてみてください。

物事は正確に伝えましょう。

 

以上

 

注目した記事6.30

 

ANAの株主総会

 

629日に開催されたANAホールディングスの株主総会の模様が短く紹介されている。

 

日経では資金について、時事通信では航空会社再編の観測について述べられている。

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60914750Z20C20A6000000/

 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062900433&g=eco

 

またYAHOOANA/JALを評した町田徹氏の現代ビジネスの記事を紹介している。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/de3ecd8f898fefe8e278e2613f088b3032642367?page=1

 

注目した記事6.30

 

英国の2WQ規制への業界の否定的反応とエアブリッジについての記事(上)をYAHOOで紹介している。

 

https://news.yahoo.co.jp/byline/masutanieiichi/20200629-00185713/

 

注目した記事6.30

 

仏、環境対策で多数の短距離航空路線を恒久廃止へ(6/29 Forbes

 

AFへの緊急援助に紐付け要請

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/7edce8187f25529bd5f0c5b272c91a1b7ef37093

 

注目した記事6.27

 

タイのLCCノックスクートが会社清算

 

多くのメディアがこれを報じています。

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60881550W0A620C2FFE000/

 

http://pattayalife.net/archives/32378

 

注目した記事6.21

JAL、第71回株主総会についての記事をいくつか紹介します。 

資金調達;5000億円のメドがたち、うち2000億円は調達済み。 

「日本の航空会社の一本化」は全く考えていない。期末配当は無配。など 

トラベルWatch6.19. https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1260204.html 

YAHOO!ニュース6.19. https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1260204.html 

乗りものニュース 6.19. https://trafficnews.jp/post/97344/3

注目した記事6.21

航空旅客需要の回復についてロイターがのべている。 

国内線は来年にも可能、国際線は3-4年かかるとの声。 

ロイター 6.18. 「焦点:国内航空大手、対策徹底で旅客の呼び戻し図る」 

https://jp.reuters.com/article/air-jp-covid-idJPKBN23P0X2

注目した記事6.20

コロナ後生まれた、新しいサービススタンダードが紹介されている。

 

マスク着用でCAに求められる「目の表情で伝える・感じ取る力」。JALの羽田~福岡線に乗って分かったコロナ後の新基準(トラベルWatch6.19)

https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/tabirepo/1259855.html

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座