「JAMR研究員による2014年頭の小論文・随筆など」

 

RYOMA'S BOOTS –TRACING THEIR ORIGIN 

 

 

                         Principal Analyst   GEOFFREY TUDOR

 

One of the  most interesting characters of the Bakumatsu period is Sakamoto Ryoma who was not only a top ranking swordsman but also carried a revolver. My interest in him, as an amateur historian , is his signature footwear.

All Ryoma fans know that he wore boots. The evidence is clear in the famous photograph of the great activist and reformer taken in Nagasaki.

The boots are also immortalised in Nagasaki. In Irabayashi no Ichi, near the Wakamiya Inari Jinja and adjacent to the site of the Kameyama Shachu, Ryoma's first commercial maritime undertaking, a giant pair of bronze boots stands by a replica ship's wheel, in memory of this great hero of 19th century Japan and his signature footwear.

The questions that have puzzled me for some time are:

(1)   When did Ryoma acquire his famous footgear?

(2)   Where?

(3)   Why?

There is no hard evidence, but the general opinion is that he acquired the boots when he established his presence in Nagasaki. The boots he is wearing in the photograph are clearly Western style boots and are either imports or the product of a locally based foreign bookmaker.

 

It is of course possible that he acquired them in Kobe, when he was involved from 1863 in Katsu Kaishu's naval training establishment. In the mid 1860's foreign traders were established in the Hyogo port town and boots and shoes were available. But there is no evidence that Ryoma acquired his boots in Kobe.

We know Ryoma was in Nagasaki on and off from about May 1865, when he established the Kameyama Shachu, his first shipping and trading enterprise. The photograph of the booted samurai, taken at the Ueno Hikoma studio - probably by Ueno's assistant and Ryoma's fellow Tosa-han member Inoue Shunzo - was taken in 1866, although the exact date is unknown. So if Ryoma obtained his boots in Nagasaki, it must have been between May 1865 and whenever the photograph was taken in 1866.

 

Nagasaki is also a likely place for the boots because there was a well-established foreign settlement. This was in the Oura district, specifically labelled Higashi and Minami Yamate. Here there were ships' chandlers, merchants, hoteliers, bar owners, butchers, and bakers. Today we can visit the famous Glover Garden, where some of the old settlement houses have been preserved, so named after a well-known British merchant and Nagasaki personality, Thomas Glover,

The case for Nagasaki becomes more compelling after examination of an 1867 map of the foreign settlement, which lists the owners or renters of the sites. This valuable document produces an interesting candidate for the possible source of Ryoma's boots. Plot 42B, rented by G.J.Colthrup and G. Curtis, appears to be sub-let to two other tradespeople: W. Nelson, a watchmaker, and a Pieters Thompson, shoemaker.

 

Could Mr. Thompson be the source of Ryoma's boots? We have no concrete proof, but the possibility is strong - indeed one might say, very strong. Mr. Thompson is the only Western shoemaker listed in the directory. His shop was close to the Glover residence and near other foreign merchants who Ryoma would have known through his Kameyama Shachu activities.

Mr. Thompson appears to have moved away from Nagasaki at some later date. There is no record of a Pieters Thompson in the burial records of Nagasaki's foreign cemeteries. International trade in Nagasaki was in decline at this period and many foreigners moved away to Kobe, Yokohama and Shanghai. Lack of customers may have persuaded Mr. Thompson to move his cobbler's last and seek new opportunities in other ports.

 

Nagasaki foreign settlement Plot 42B (in area, 267 "tsuboo") lay by the western side of the Oura River. The Matsugae bus terminal and car park now cover the site. In 1867 it was next to the Nagasaki Port tax Office. A famous Chinese restaurant, "Shikairo", stands close by.

 

Obviously, more research needs to be done on the provenance of the boots, but the Thompson theory seems reasonable.

 

Why did Ryoma wear boots?

Were boots his way of making a fashion statement? Western clothing and footwear were beginning to be popular among the upper and military classes. The young Emperor Meiji wore western-style shoes (and did not take them off when standing on tatami).

Personal appearance doesn't seem to have been important for Ryoma. His portraits show him to be rather unkempt in appearance, so I think we can rule out fashion.

 

Ryoma was a great traveller. Boots would be practical kit for a man constantly on the move, especially when travelling at sea. Good strong boots would be useful to a sailor and were more suitable than native Japanese footwear, either on deck or in the engine room. By all accounts, Ryoma was a very practical man and would not have worn boots unless they were useful.

 

 

 

 龍馬のブーツ~その起源を探る~

 

 幕末で最も興味深い人物像の一つが坂本龍馬だろう、彼は剣術に優れていただけでなく、拳銃を持ち歩いていた。アマチュア歴史家である私にとって興味深いのは、彼の有名な履物である。

龍馬ファンなら誰でも、彼がブーツを履いていたのを知っている。長崎で撮影された、この幕末の活動家であり改革者の有名な肖像写真が明らかな証拠だ。

このブーツは長崎で「不滅の物」となっている。伊良林の市に、若宮稲荷神社の近く、龍馬の最初の海運商社である亀山社中のあった場所に接して、19世紀の日本の偉大な英雄とその有名な履物を偲ぶために、船の舵の模型とその傍らに巨大な銅製の一足のブーツが置かれているのだ。

暫くの間、私の思いを巡らせた疑問は、

(1)龍馬は一体いつその有名な靴を手に入れたか?

(2)何処で?

(3)何故?

確かな証拠は無い、が、多くの人々の意見では彼がこのブーツを手に入れたのは、長崎に居を構えた時である。彼の履いているブーツは明らかに西洋のスタイルであり、輸入品か、或いはこの地に定住した外国の靴職人が作ったものだろう。

 

勿論、1863年に彼が勝海舟の勝塾や海軍操練所に身を置いた際に、このブーツを神戸で入手したことも考えられる。1860年代の中ごろには、この兵庫の港町に外国人商人街が立ち上げられており、靴やブーツは確かに手に入った。但し龍馬がそのブーツを神戸で手に入れたという確かな証拠は無い。

龍馬は、最初の海運及び貿易の会社である亀山社中を創設した18655月頃から何度か出入したものの長崎に居た事が知られている。このブーツを履いた侍の写真は上野彦馬の写真館で、多分上野の助手と龍馬の土佐藩同士である井上信三の手により、正確な日付はわかっていないが、1866年に撮影されたものである。と言うことは、龍馬がもしブーツを長崎で手に入れたとすると、それは、18655月から1866年のこの写真の撮られた日の間という事になる。

 

長崎もブーツがあっておかしくない場所である、何故なら外国人の居住地が既に確立されていたからだ。それは、大浦地区にあり、特に東および南山手と呼ばれる地域である。ここには、船舶用の雑貨屋、商店、ホテル、バー、肉屋、そしてパン屋などがあった。今日、当時の外人居住地の家などが保存されている有名なグラバー庭園を訪れる事が出来るが、ここには良く知られた英国商人で長崎で名を為したトーマス・グラバーの名が付けられている。

 

「長崎説」は1867年の外国人居住地地図を検証するうちに、より有力になってきた。それには区画ごとの持ち主や賃借人がリストアップされているのだ。

この貴重な文書が興味深い龍馬のブーツの提供者候補を浮かび上がらせているのだ。区画42BGJゴルスラップとGカーティスが借りているが二人の商人に、又貸しされている、それは時計職人のWネルソンと靴職人のピータース・トンプソンである。

 

トンプソン氏が、龍馬のブーツの源だろうか?確たる証拠は無い。しかし可能性は高い、確かに非常に高いと言えるかもしれない。トンプソン氏はこの住人台帳に載っている、唯一の西洋靴職人である。彼の店はグラバー邸のすぐそばで、龍馬が亀山社中の仕事で知って居ただろうその他の外国人商人たちもすぐそばに住んで居た。

 

トンプソン氏はその後、長崎を去って居る。長崎の外人墓地の埋葬録にピーターズ・トンプソンの名は無いのだ。この時期、長崎の国際貿易は衰退し、多くの外国商人が神戸や横浜、そして上海に移って居る。顧客が減って、トンプソン氏も他の港町に商機を求めたのだろう。

長崎外人居住地42B区画は(267坪尾地区だが)大浦川の西岸にある。現在の松が枝バスターミナルと駐車場がある場所だ。1867年当時は、長崎税関事務所の隣だった。そばには有名な中華料理店「四海楼」がある。

勿論、ブーツの由来の特定には更に詳細な調査検証が必要だか、トンプソン説には説得力がある。

 

何故、龍馬はブーツを履いたのか?

彼一流のファッション表現だったのだろうか?当時、西洋の衣料や履物は上流階級や軍人達に次第に流行り始めて居た。若き日の明治天皇も西洋の靴を履いて居る。(彼は、畳の上でも脱がなかったそうだ)

龍馬にとって、自分の見てくれが重要だったとは思えない。彼の肖像写真からすると、彼は寧ろだらしのない風に見える。よって、ファッションは除外出来ると思う。

 

龍馬は頻繁に旅をした。ブーツは常に動き回る活動的な人間には、特に船旅をする時には実用的な履物だったろう。よく出来た堅牢なブーツは船乗りにはぴったりで、甲板でも機関室でも、昔ながらの履物に比べ、遥かに優れていただろう。

何れにせよ、龍馬は実用を貴ぶ人であり、役に立たなければ履くことも無かった筈である。

 

 

■4月5日 NEW!

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

TD(旅行流通)勉強会

旅行流通に関する世界のニュース

 

■4月16日  NEW!

 

 

「オフラインの世界に戻る Part 4(最終回)ハイテック対ハイタッチ ホテル」が、H.I.S.の「変なホテル」とForbes 5つ「Boston Harbor Hotel」の極端な2つのケースを比較していて面白い。宿泊業界は、ハイテックで割安なホテルと、高価であるがそれに見合う人的サービスを提供するホテルの2つのセグメントに別れるのだろう。航空業界におけるLCCFSAの違いと似通った話なのかもしれない。それにしても、Boston Harborの徹底したCRMは物凄い。

 

しかし宿泊施設では、これにホームシェアー(private lodgingとかalternative lodging facilityとも呼ばれている)の新経済が加わる。

 

 

Google 民泊拡大」は、GoogleHotel Searchにバケーションレンタル施設を加えたと報じている。

 

Expedia Groupなどの提携サイトの掲載施設をリストすると言う。これはバケーションレンタルのメタサーチ?Googleの旅行市場への参入はとどまるところを知らない。そのGoogleが、先々週、欧州委員会から独禁違反で14.9億ユーロの制裁金支払いを命じられた。これでGoogleの独禁違反は3回目となる。中核事業(特に個人情報集約)の先行きを案じて旅行業を含む事業の多角化を目指していると勘ぐる。

 

 

「エアビー5億人利用」によれば、民泊本家のAirbnbが累計で5億人の利用者獲得を達成し、600万軒の代替宿泊施設をリストしている。Booking.com570万軒を上回ったと言っているが、即予約(インスタント・ブッキング)できる施設数ではBooking.comが追い抜いていると理解している。Airbnbは、OTAHotelTonightを買収したと思ったら、今度はインドのOYO$150M~$200Mを投資したらしい。年内上場を睨んで、Airbnbの事業拡大戦略が継続している。

            (編集人)