「JAMR研究員による2014年頭の小論文・随筆など」

 

2014年度も航空業界は大量採用

 

客室乗務員・グランドスタッフ採用概況

 

主席研究員  光岡寿之

 

 

女子学生に人気の高い「客室乗務員」「グランドスタッフ」の採用は、JALグループの採用再開に伴って、ここ2年大量採用が続いています。

 

客室乗務員、グランドスタッフは女子学生にとって、従来は「憧れの手の届かない夢の仕事」でしたが、現在は真面目に努力すれば十分に「手の届く夢」になっています。

 

ここ2年のCA採用におけるJAL/ANA国内大手2社の募集数をみると、

 

客室乗務員募集数

JAL

ANA

合計

新卒

既卒

合計

新卒

既卒

合計

2012年度

200

400

600

400

 50

450

1050

2013年度

200

150

350

450

150

600

 950

 

この他に、国内中小航空会社/LCCの客室乗務員採用、外資系航空会社の日本人客室乗務員採用、そして、国内基幹空港(成田・羽田・関空・中部など)でのグランドスタッフ採用において約1000名を募集、更には重複合格者の内定辞退数を上乗せして各社が合格発表をするため、実際には、業界全体では年間2500名程度の大量の採用が行われています。

 

フジドリームアエラインズやJエアーなど中小の航空会社の客室乗務員採用においては、内定者がJAL/ANA大手に流れ必要数を確保できないため、年間何度も追加採用を行っています。

 

先日、12月に入って、航空関連の雑誌社が主催する「2014年度航空関連就職セミナー」に出席して来ました。参加企業は、JAL(客室)、IALエクスプレス(客室)、JALスカイ(成田・羽田のグランドスタッフなど)、ANA(客室)、ANA成田エアポートサービス(成田のグランドスタッフなど)、ANAエアポートサービス(羽田のグランドスタッフなど)の6社、女子学生が最も就職したい客室乗務員とグランドスタッフの会社です。

 

各社とも2013年度と同程度の採用を予定していると表明、つまり、2014年度も大量採用が見込めるとの朗報でした。

 

航空産業は「平和産業」です、世界が平和であれば仕事に観光に多くの方が旅をされます。2014年度も「世界の平和」と「航空業界の大量採用」を祈りたいと思います。

 

 

以上

 

■4月5日

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

海外事情

 

513日〜24日の主要ニュースを集めたこの号で目立った記事は、3.「アマゾンと旅行」、6.「アマゾンがインドで航空便予約開始」の2つです。前号3.の「アマゾン、異なる方法で旅行に参入?」の記事と合わせて、アマゾンの旅行領域への参入が何やら本格化している気配が感じられます。

 

世界の旅行業界が恐れているように、アマゾンが旅行業界に参入すれば、とてつもない大きな影響を既存のインターメディアリー(仲介業者)、特にOTAに与えることになるのでしょう。Googleが本格的にメタサーチに手をだして、今度はアマゾンが参入して来るようなことにでもなれば、GAFAの2強が入ってくるのですから大変なことなりそうです。

 

Googleは、あくまでオンライン広告ビジネスの一環としての旅行領域への間接的参入ですが、アマゾンの場合はどのようになるのでしょうか?Amazon Payのメニューを拡大するためなのか? 前号3.の記事に書いてあった通り、クラウドのAWSAmazon Web Services)の販売先として旅行業界を取り入れようとしているのか?はたまたパーソナルアシスタントAlexaのスキルの対象として旅行を取れて行くのか?は良くは分かりませんが、何れにしてもアマゾンのことなので間接的であれ直接的であれ、どのような方法であっても対応する能力を備えている、と考えるのが妥当なのでしょう。今後の動きから目が離せません。(編集人)