「JAMR研究員による2014年頭の小論文・随筆など」

 

2014年度も航空業界は大量採用

 

客室乗務員・グランドスタッフ採用概況

 

主席研究員  光岡寿之

 

 

女子学生に人気の高い「客室乗務員」「グランドスタッフ」の採用は、JALグループの採用再開に伴って、ここ2年大量採用が続いています。

 

客室乗務員、グランドスタッフは女子学生にとって、従来は「憧れの手の届かない夢の仕事」でしたが、現在は真面目に努力すれば十分に「手の届く夢」になっています。

 

ここ2年のCA採用におけるJAL/ANA国内大手2社の募集数をみると、

 

客室乗務員募集数

JAL

ANA

合計

新卒

既卒

合計

新卒

既卒

合計

2012年度

200

400

600

400

 50

450

1050

2013年度

200

150

350

450

150

600

 950

 

この他に、国内中小航空会社/LCCの客室乗務員採用、外資系航空会社の日本人客室乗務員採用、そして、国内基幹空港(成田・羽田・関空・中部など)でのグランドスタッフ採用において約1000名を募集、更には重複合格者の内定辞退数を上乗せして各社が合格発表をするため、実際には、業界全体では年間2500名程度の大量の採用が行われています。

 

フジドリームアエラインズやJエアーなど中小の航空会社の客室乗務員採用においては、内定者がJAL/ANA大手に流れ必要数を確保できないため、年間何度も追加採用を行っています。

 

先日、12月に入って、航空関連の雑誌社が主催する「2014年度航空関連就職セミナー」に出席して来ました。参加企業は、JAL(客室)、IALエクスプレス(客室)、JALスカイ(成田・羽田のグランドスタッフなど)、ANA(客室)、ANA成田エアポートサービス(成田のグランドスタッフなど)、ANAエアポートサービス(羽田のグランドスタッフなど)の6社、女子学生が最も就職したい客室乗務員とグランドスタッフの会社です。

 

各社とも2013年度と同程度の採用を予定していると表明、つまり、2014年度も大量採用が見込めるとの朗報でした。

 

航空産業は「平和産業」です、世界が平和であれば仕事に観光に多くの方が旅をされます。2014年度も「世界の平和」と「航空業界の大量採用」を祈りたいと思います。

 

 

以上

 

海外事情

毎日、外国の旅行流通ニュースを読んでいると、トラベルテックの急速な変化 に驚かせられると同時に、それが達成する能力や機能のレベルの高さにワクワ クする高揚感を禁じ得ない。 OTA の市場における勢力が勢いを増し始めた 2010 年頃に、伝統的オフライン の旅行会社は無くなってしまうと喧伝されたが、それから20 年近くたった今で もそうなっていない。TTA のヒューマンタッチのサービスは、オンライン専業 のOTA には真似られないというのがその理由だ。しかし近のトラベルテック の凄まじい進化と発展を見ると、この理由は根拠を失いつつあるようだ。旅行 ではパーソナルなエクスペリエンスを提供できた者が勝利者となる。AI(人工 知能)を駆使してビッグデータを分析すれば、パーソナルなエクスペリエンス の提供が可能なると想像するのは間違いではないかもしれない。 すでに、「もの」の世界で Amazon がこれを実現して大きな成功を収めている。 「こと」の世界でも同じようなことが起きるだろう。事実、旅行者のポケット に収まる24/7のパーソナルアシスタントが実用化し始めている。こんなことを、 「12. ホスピタリティー教祖Dave Berks とのQ&A」を読んで考えた。(編集人)