「JAMR研究員による2014年頭の小論文・随筆など」

 

2014年度も航空業界は大量採用

 

客室乗務員・グランドスタッフ採用概況

 

主席研究員  光岡寿之

 

 

女子学生に人気の高い「客室乗務員」「グランドスタッフ」の採用は、JALグループの採用再開に伴って、ここ2年大量採用が続いています。

 

客室乗務員、グランドスタッフは女子学生にとって、従来は「憧れの手の届かない夢の仕事」でしたが、現在は真面目に努力すれば十分に「手の届く夢」になっています。

 

ここ2年のCA採用におけるJAL/ANA国内大手2社の募集数をみると、

 

客室乗務員募集数

JAL

ANA

合計

新卒

既卒

合計

新卒

既卒

合計

2012年度

200

400

600

400

 50

450

1050

2013年度

200

150

350

450

150

600

 950

 

この他に、国内中小航空会社/LCCの客室乗務員採用、外資系航空会社の日本人客室乗務員採用、そして、国内基幹空港(成田・羽田・関空・中部など)でのグランドスタッフ採用において約1000名を募集、更には重複合格者の内定辞退数を上乗せして各社が合格発表をするため、実際には、業界全体では年間2500名程度の大量の採用が行われています。

 

フジドリームアエラインズやJエアーなど中小の航空会社の客室乗務員採用においては、内定者がJAL/ANA大手に流れ必要数を確保できないため、年間何度も追加採用を行っています。

 

先日、12月に入って、航空関連の雑誌社が主催する「2014年度航空関連就職セミナー」に出席して来ました。参加企業は、JAL(客室)、IALエクスプレス(客室)、JALスカイ(成田・羽田のグランドスタッフなど)、ANA(客室)、ANA成田エアポートサービス(成田のグランドスタッフなど)、ANAエアポートサービス(羽田のグランドスタッフなど)の6社、女子学生が最も就職したい客室乗務員とグランドスタッフの会社です。

 

各社とも2013年度と同程度の採用を予定していると表明、つまり、2014年度も大量採用が見込めるとの朗報でした。

 

航空産業は「平和産業」です、世界が平和であれば仕事に観光に多くの方が旅をされます。2014年度も「世界の平和」と「航空業界の大量採用」を祈りたいと思います。

 

 

以上

 

海外事情

海外事情 120日号

 

「アメニティ」という言葉が目立った。

 

1.(TJ) シェアアメニティー増加」「2.(TJ)宿泊サイトもアメニティー強化」

 

3.(TJ) 新興ガイドツアーに1.3億円」の3 つのニュースだ。1.のニュースでは、ゴルフやビーチなどのホストの会員権のシェアリングが開始すると予測。2.では、HotelByDayが、稼働率が40%と低く、余り使われていないホテルのアメニティ(スパ・プール・キャバナ、ジム・フィットネスルーム)を販売する。

 

3.の記事は、新興企業のDomioがアメニティーそのものを専門に販売する。ここでのアメニティーは、アパートのリビングルームにおける、ミレニアルやグループ旅行者向けにアピールするアメニティー(娯楽)が販売対象となる。E2E(エンドツーエンド)の様々な旅行パーツをシームレスに繋いで、トラベルジャーニーの全てのタッチポイントで、パーソナル旅行の提案をするわけなので、当然、アメニティー販売も強化されるというわけだ。

 

 

 

今週号では、年の変わり目にあたるのか、2020年のトラベルの予想や期待の記事が多かった。「1.(TJ) シェアアメニティー増加」、「6. 2020年の旅行マーケティング進化」、「11. 2020年、エアビーの年」、「14. 2020年の空港」がそれらだ。いずれの記事も、トラベルテックのイノベーションの進化や進展に加え、新ビジネスモデルの誕生を予測している。旅行は、右肩上がりの持続的成長が約束されている数少ない産業の一つであるので、どの記事を読んでも将来の明るい展望と新たなイノベーションに期待をかけている。特に世界の人口の半分以上が集中するAPAC市場の期待は大きい。(編集人)

 

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500