JAMRレポート

 

  JAMRレポートは、当研究所主席研究員による航空業界の
  今の情報を、JAMR独自の分析を行い、わかり易く解説しています。

 

  また、これらの分析のより詳しいレポートを必要とされる方は
  当研究所までご連絡下さい。


    お問い合わせはこちらから

 

2013年 レポート

JAMRレポート  2013年12月20日

 

 

ソラシドエア(SNA)の上期決算&収益性分析

 

先般発表されたSNA(ソラシドエア)の上期決算について、国交省報道発表資料等も加味しながら、簡単に分析した。

 

SNAの上期決算分析.pdf
PDFファイル 228.1 KB

JAMRレポート  2013年12月16日

 

ADOの上期決算&収支分析

 

先般発表されたADO の上期決算について、国交省報道発表資料等も加味しながら、簡単に分析した。

ADOの上期決算分析.pdf
PDFファイル 229.9 KB

JAMRレポート  2013年12月15日

 

国内各社年末年始の予約状況

 

1213日に各社が公表した年末年始の予約状況

を取りまとめた結果は下のとおり。

※ 年末年始期間;1220日~15日 計17日間

 

 

JAMRレポート:国内各社の年末年始予約状況.pdf
PDFファイル 227.1 KB

JAMRレポート  2013年11月15日

 

 

新関西空港㈱の上期決算を概観すると

 

大阪国際空港(伊丹)と統合(20127月)してできた新関西空港㈱の2013年度上期決算について、公表資料をもとに概観した。

新関西空港 上期決算概観.pdf
PDFファイル 198.5 KB

JAMRレポート  2013年11月4日

 

スターフライヤー上期決算概観

 

111日に発表されたスターフライヤー(SFJ)の2013年度上期決算における収支を概観した。

 

スターフライヤーの上期決算概観.pdf
PDFファイル 163.1 KB

JAMRレポート  2013年11月4日

 

スカイマーク2013上期決算をみる

 

スカイマーク(SKY)の上期決算についての分析です。

 

 

 

 

スカイマークの上期決算をみる.pdf
PDFファイル 219.9 KB

JAMRレポート  2013年11月3日

 

ANA/JAL 2013上期決算の簡易比較

 

この度発表されたANAとJALの決算を簡単に比較した。

 

 

 

 

JALANA2013上期決算簡易比較.pdf
PDFファイル 243.4 KB

JAMRレポート 2013年10月5日

 

羽田空港関係の3社概観

 

羽田の空港関係事業3社を概観した。

 

空港施設㈱(AFC)、日本空港ビルディング㈱(JAT)、およびJATの系列会社である
東京国際空港ターミナル㈱(TIAT)である。

 

 

 

羽田空港関係の3社概観.pdf
PDFファイル 254.9 KB

JAMRレポート  2013年9月29日

 

国管理空港の収支を分析する(その3)

 

国交省は、平成23 年度における国管理26 空港(※1)の収支試算を公表した。

その収支を、それに続いて公表した国内空港の実績(着陸回数、乗降旅客数、給油量など)とも組み合わせて、当研究所で分析した結果をシリーズで掲載します。

 

  最終回です。

国管理空港の収支を分析する(その3R).pdf
PDFファイル 321.8 KB

JAMRレポート  2013年9月27日

 

国管理空港の収支を分析する(その1)

 

国交省は、平成23 年度における国管理26 空港(※1)の収支試算を公表した。

その収支を、それに続いて公表した国内空港の実績(着陸回数、乗降旅客数、給油量など)とも組み合わせて、当研究所で分析した結果をシリーズで掲載します。

 

  3回シリーズでお届けします。

国管理空港の収支を分析する(その1).pdf
PDFファイル 351.6 KB

JAMRレポート  2013年9月28日

 

国管理空港の収支を分析する(その2)

 

国交省は、平成23 年度における国管理26 空港(※1)の収支試算を公表した。

その収支を、それに続いて公表した国内空港の実績(着陸回数、乗降旅客数、給油量など)とも組み合わせて、当研究所で分析した結果をシリーズで掲載します。

 

  3回シリーズでお届けします。

国管理空港の収支を分析する(その2).pdf
PDFファイル 233.0 KB

JAMRレポート  2013年9月21日

 

 50 分の残燃料は少ないか?

 

9 月18 日福岡空港で燃料不足を理由に緊急着陸したジェットスター-ジャパンの運航についてパイロットの視点から考察してみたい。

 

50分の残燃料は少ないか?.pdf
PDFファイル 181.2 KB

JAMRレポート  2013年9月13日

 

図表で見る日本のLCC46月国内線実績より)-4-

 

日本のLCC3社を含む46月国内線の状況が国交省(報道発表資料)から公表されたが、これに各社発表データなどを絡ませて、LCCの現在の状況を試算・分析した。

 

  4回シリーズでお届けします。

図表で見るLCC④.pdf
PDFファイル 184.1 KB

JAMRレポート  2013年9月13日

 

図表で見る日本のLCC46月国内線実績より)-3-

 

日本のLCC3社を含む46月国内線の状況が国交省(報道発表資料)から公表されたが、これに各社発表データなどを絡ませて、LCCの現在の状況を試算・分析した。

 

  4回シリーズでお届けします。

図表で見るLCC③.pdf
PDFファイル 211.8 KB

JAMRレポート  2013年9月9日

 

図表で見る日本のLCC46月国内線実績より)-2-

 

日本のLCC3社を含む46月国内線の状況が国交省(報道発表資料)から公表されたが、これに各社発表データなどを絡ませて、LCCの現在の状況を試算・分析した。

 

  4回シリーズでお届けします。

図表で見るLCC②.pdf
PDFファイル 208.0 KB

JAMRレポート  2013年9月9日

 

図表で見る日本のLCC46月国内線実績より)-1

 

日本のLCC3社を含む46月国内線の状況が国交省(報道発表資料)から公表されたが、これに各社発表データなどを絡ませて、LCCの現在の状況を試算・分析した。

 

  4回シリーズでお届けします。

図表で見るLCC ①.pdf
PDFファイル 271.3 KB

JAMRレポート 2013年8月22日

2013年 お盆期間中の旅客実績

 

 

 

JAMRレポート 2013年8月3日

 スカイマークの第1四半期決算をみる

 

スカイマーク(SKY)の第1四半期決算について、最近4年間の推移を分析したので、その一部を紹介します。(SKYの公表値をもとにJAMRにて加工分析)

JAMRレポート 2013年8月2日

1四半期ANA/JAL決算の簡易比較

 

この度発表されたANAJALの決算を簡単に比較した。

 

 

JAMRレポート  2013年7月18日

消費者保護機関がLCCに注目している

 

国民生活センターが74日に「LCC相談4倍に急増_目立つネット予約のトラブル」というレポートをホームページ上に掲載した。以下は 国民生活センターが公表したレポートの内容の紹介、および、そのレポートに対する筆者のコメントである

JAMRレポート  2013年6月3日

日本トランスオーシャン航空(JTA)の収益性推移を概観する

 

JALグループで沖縄をベースとするJTAは、2012年度決算で過去最高の営業利益を計上した。

JAL破綻前の2005年度から8ヵ年の推移を眺めると、JAL再生の縮図の一部がみえるようだ。

JAMRレポート  2013年6月2日

航空機ー安全運航確保のためのトラブル事例

  

左右双方のエンジンのカバーが外れ、
エアバス319型機(320 型機の単胴型)が緊急着陸
 

 

JAMRレポート  2013年5月31日

ソラシド エア(スカイネットアジア航空株式会社)の決算概観(収支)

 

530日に発表されたスカイネットアジア航空(SNA)の20133月期決算の

収支を概観した。

新機材(B737-800)効果で過去最高益を達成!

 

JAMRレポート 2013年5月27日

使い勝手の良いLCCターミナルについて一言 

20101028日に共用開始をした関西空港(以下KIX)第2ターミナルビルは今年1月に、国際会議運営会社テラピン社(英国)から「Low Cost Airport of The Year 2013」に選ばれた。
日本の空港で低コスト化を積極的に具現化したLow Cost Terminalの第1号となったことが受賞の理由だ。

JAMRレポート  2013年5月21日

機材構成でみるJALANAの機材戦略

 事業環境の変化に対応して、各社は機材戦略も変え

 ていく。

 JALANAの機材構成について、JAL破綻前の2009
 3月末と、
至近年度である20133月末を比較した。

 

 

JAMRレポート 2013年5月21日

関西3空港の将来について

このレポートでは、利用者の視点から近畿地方航空ネットワークの中心にあるこれら3空港の経営統合の意味と、今後望まれる施策にて、基礎的なスタディーを踏まえて整理している。 

2013お盆期間中の旅客実績R.pdf
PDFファイル 180.6 KB
スカイマークのQ1決算をみる.pdf
PDFファイル 244.3 KB
JALANA2013Q1決算簡易比較.pdf
PDFファイル 310.7 KB
JAMRレポート:LCC相談4倍に急増.pdf
PDFファイル 277.7 KB
日本トランスオーシャン航空R.pdf
PDFファイル 226.6 KB
JAMRレポート【BAケース】.pdf
PDFファイル 259.9 KB
SNAの決算概観.pdf
PDFファイル 184.7 KB
使い勝手の良いLCCターミナルについて一言.pdf
PDFファイル 386.5 KB
JAL&ANA機材比較.pdf
PDFファイル 238.8 KB
JAMRレポート【関西3空港(要約版)】.pdf
PDFファイル 697.6 KB

JAMRレポート 

スターフライヤーの決算を概観する

1.減益ながら営業利益は確保

2.減益ながら営業利益は確保

 

2013年5月11日


JAMRレポート 

スカイマークの決算を概観する

 

2013年5月10日

 

スカイマークの決算概観.pdf
PDFファイル 219.3 KB

JAMRレポート

2013年GW期間中の旅客実績

LCC4.7%の座席を供給し、5.8%の旅客を獲得した。

 

2013年5月8日

2013GW期間中の旅客実績.pdf
PDFファイル 190.3 KB

JAMRレポート

2013.3月期 ANA/JAL決算を比較する

 

 

JALANA2013決算比較 (2).pdf
PDFファイル 230.1 KB

JAMRレポート
GWの各社予約状況 -LCCの国内線座席は4.8%に

2013年4月20日 12:35  

JAMRレポート  有料販売


【シリーズ解説】日本のLCCはここまできた
全7回シリーズ解説レポートを販売いたします!
2013年3月31日 12:07

JAMRレポート

日本のLCCは今どこまできているか?
2013年2月27日 17:10 

指標の比較-2-(世界の航空会社;コストの比較)
2013年2月18日 16:35 

指標の比較-1-(世界の航空会社
2013年2月11日 16:29 

 

 

GW各社予約状況.pdf
PDFファイル 169.2 KB
価格は 1000円(税・振込料含む)
 大変お求めやすい価格にしております。

お申し込みはこちらから
日本のLCCは今どこまできているか.pdf
PDFファイル 293.8 KB
世界の航空会社 指標比較②.pdf
PDFファイル 318.4 KB
世界の航空会社 指標比較①.pdf
PDFファイル 277.5 KB



海外事情

毎日、外国の旅行流通ニュースを読んでいると、トラベルテックの急速な変化 に驚かせられると同時に、それが達成する能力や機能のレベルの高さにワクワ クする高揚感を禁じ得ない。 OTA の市場における勢力が勢いを増し始めた 2010 年頃に、伝統的オフライン の旅行会社は無くなってしまうと喧伝されたが、それから20 年近くたった今で もそうなっていない。TTA のヒューマンタッチのサービスは、オンライン専業 のOTA には真似られないというのがその理由だ。しかし近のトラベルテック の凄まじい進化と発展を見ると、この理由は根拠を失いつつあるようだ。旅行 ではパーソナルなエクスペリエンスを提供できた者が勝利者となる。AI(人工 知能)を駆使してビッグデータを分析すれば、パーソナルなエクスペリエンス の提供が可能なると想像するのは間違いではないかもしれない。 すでに、「もの」の世界で Amazon がこれを実現して大きな成功を収めている。 「こと」の世界でも同じようなことが起きるだろう。事実、旅行者のポケット に収まる24/7のパーソナルアシスタントが実用化し始めている。こんなことを、 「12. ホスピタリティー教祖Dave Berks とのQ&A」を読んで考えた。(編集人)