「JAMR研究員による2014年頭の小論文・随筆など」

 

航空業界五七五

 

主席研究員  逆井幸江

 

 

大いなる富士の全景初飛行

 

 2014年の新年、皆様いかがお迎えでしょうか?

 

 景気はこのまま持続して良くなって行くのでしょうか。いずれにしろ航空業界の競争環境が増々厳しくなるのは確実。

 

 今回は俳句(川柳?)で昨年を振り返ってみました。

 

 

いじめられ羽田に行けば秋の風

 

 10月に発表された羽田国際線昼間帯発着枠のANA11枠、JAL5枠という傾斜配分には驚かされました。JAL経営破綻時の政府支援により二社に生じた体力差を是正するためとの説明でしたが、恒久的利権である発着枠配分のあり方に疑問を生じました。JALと国交省の間に秋風が吹き始めたのか。自民党と民主党との代理戦争との声も…..

 

 

セクシーもいつか清楚にバニラの香

 

 今や日本に就航するLCCは15社(外航12+日本3)。昨年12月、エアアジア・ジャパンから衣替えしたバニラ・エアが就航しました。従業員はそのままほとんど継続雇用のようですが、企業文化は相当違いそうです。赤いミニスカートの制服に濃いめのお化粧だった客室乗務員の御嬢さんたちは、今はどう変わったのでしょうか?

 

 

あれこれは言わぬが花よソーダ水

 

 10月、JALが長年の慣習を破り、ボーイングではなくエアバスのA35031機オーダーしたニュースは世界中を駆け巡りました。フラッグシップ・キャリアのJALはフリート選択にさいしても、日米関係や政治的圧力を受けて来たと言われます。ボーイング社における日本企業の共同開発率も年々高まっている中、JALの植木社長は「最良の飛行機を選んだだけです。」と語りました。運航上は一社の飛行機を使用するほうが効率は良いはずですが、航空機購入の観点からは、二社で競わせたほうが良い条件を引き出せるでしょう。ともあれ、JALの大きな決断でした。

 

 

キャプテンの社長に化して鶴帰る

 

 パイロット出身の植木義晴氏がJAL社長となって二年。JALを利益を生み出すグローバル・エアラインに変身させたとして、先ごろ「Orient Aviation」誌の「Person of the Year 2013」に選ばれました。日々起こる様々なトラブルに対処し決断していくという点で、パイロットも会社社長も本質的には同じだ、とどこかで語っておられました。キャプテン時代の機内アナウンスには定評があったという植木氏ですが、安心感のあるゆっくりとしたしゃべり方です。そういえば植木氏は大スター片岡千恵蔵の息子。千恵蔵のあの特徴あるしゃべり方を思いだしました。

 

鶴帰る:春になると越冬していた鶴は北方に帰っていく。大空を列をなして飛び帰るさま

 

 

返り花人に逢ふ日のハイヒール

 

 この頃はウォーキングシューズ愛用の私ですが、六本木ヒルズのグランド・ハイアット東京で行われた上記授賞パーティーには、さすがに久しぶりにハイヒールで出かけました。クリスマス・イルミネーションの六本木をハイヒールで歩いていると、何やら昔の恋人にでも逢いに行くような.....

 

 返り花:季節外れに咲く花、狂い咲き

 

                                                 

                                                   以上 

海外事情

 

Thomas Cook Groupが倒産した「3. トーマスクック倒産」。デジタル化への遅れが原因で、顧客のパッケージ離れが原因ではないとSkiftの記事「14. トーマスクック倒産後の欧州パッケージツアー」が述べている。アウトバウンド観光大国の英国とドイツでは、国際(海外)パッケージ旅行者がそれぞれ年間2,000万人存在して、国際旅行需要の40~43%を構成すると言う。観光庁統計によると2018年度の海外募集型企画旅行は191万人なのだから、日本と比べて欧州のパッケージ市場は10倍も、とてつもなく大きいことが分かる。尤も観光庁統計は、たったの50社程度の主要旅行業社の統計であり日本の市場の全体を表してはいない。その上欧州は、欧州連合域内を国内旅行とみなして把握するべきかもしれないので単順な比較は困難だ。日本の国内募集型企画旅行者は3,370万人だ。

 

規模の比較は別にして、このSkiftの記事では「OTAのダイナミックパッケージに対してパッケージの大きな利点の1つは、ツアーオペレーターがプロダクトとエクスペリエンスをエンドツーエンドでコントロールして、より高いレベルのサービスを提供できることである」と説く。そして「Ryanair会長のMichael O’Leary の発言『パッケージは終わった』は間違っている」と伝える。

 

この記事は、パッケージ離れが進んでいると言われている日本の旅行業界にとって、誠に参考になる話だ。 

 

4. DMOはグーグルに勝てるか」で登場する英DMOVisit Greenwichが、「自分たちが集めるローカルコンテンツは、Googleのお粗末な情報とは段違いだ」とえらい自信のほどを見せている。Googleより優れているとは俄かに信じがたい話ではあるが、DMOは本来、Visit Greenwichのようにならなければならないのだろう。日本では、GoogleDMOとも協力して地方の“町おこし”に積極的に取り組んでいる。

 

Visit GreenwichVR(仮想現実)やAR(拡張現実)のデバイスを旅行者誘致に活用すると言っている。そういえばFacebook925日、VR端末向けの新たなSNSHorizon」を2020年に始めると正式発表した。VRARが旅行にも広く使われるようになる時代がやってくるかもしれない。そうなれば、パーソナルなエクスペリエンスの旅行の新時代となる。(編集人)

 

海外事情 中国特集

海外事情 中国特集

 

これは、PhocusWire Daily が今年の2月、中国正月である春節のタイミングで編集した4つの記事にまたがる中国特集である。中国市場は、その巨大な人口をバックに2019年に1,900万人が国際旅行すると予測している。その49%が中華圏の香港・マカオ・台湾行きの旅行で、残りの51%がその他の海外旅行となる。最近の香港の社会的混乱と台湾への個人観光旅行の実質的全面禁止により中国人の海外旅行比率はますます高まるだろう。海外旅行では、韓国への旅行が韓国THAAD配備による影響で減少を余儀なくされており、日本旅行が漁夫の利を得る形で大きく中国人の訪日需要を伸ばしている(1月〜8月前年同月比 13.6%増)。

 

中国は、巨大なアウトバウンドを外交上のカードに使い始めている。日本だって、日中関係が何らかの影響でこじれたりすれば、あっという間に中国人の日本旅行が減少することになるだろう。事実、日韓関係悪化で訪日韓国人需要は8月に48%減少した(1月〜8月前年同月比 9.3%減)。

 

訪日4,000万人への道のりは国際政治の問題も介在して厳しいものがある。

(編集人)