航空用語事典 日本語 [ゆ]

油圧システム (ゆあつしすてむ)【技術】
(hdraulic system) パスカルの原理により液体を使って力の伝達や力の増幅を行う装置。脚の上げ下げやフラップの出し入れの他、大きな力が必要な機体システムで多く使われる。
ユァンダ空港 (ゆあんだくうこう)【空港名】
(Juanda Airport) (地域:東南アジア, 国:インドネシア), 都市名:Surabaya(スラバヤ)。ジャワ島東部の都市。IATA City Code:SUB, IATA Airport Code:SUB。出発便総座席数の世界順位(2016.4):50位。東京からの大圏距離:5540km。
有効座席キロ (ゆうこうざせききろ)【一般】
(available seat kilometers) ASK参照
有償トンキロ (ゆうしょうとんきろ)【一般】
(revenue ton kilometers) RTK参照。
有償旅客キロ (ゆうしょうりょかくきろ)【一般】
(revenue passenger kilometers) RPK参照。
遊星歯車機構 (ゆうせいはぐるまきこう)【技術】
(planetary gear ) 同軸上で回転数を減速させる歯車。ギヤードターボファンエンジンは2スプールのバイパスファンエンジンの低圧コンプレーッサーとファンの間に遊星歯車機構を置き、ファンの回転速度を減じている。
優先ゲート (優先ゲート)【一般】
(fast truck) 空港における混みあう出入国管理ゲートのサービス改善のために、特定の空港の出入国管理当局が始めた有償の出入国管理ゲート。一般的には、契約した航空会社のファーストクラス、ビジネスクラス旅客が利用している。
誘導路 (ゆうどうろ)【一般】
(taxi way) 空港において出発・到着時に停留場所と滑走路の間を移動するための航空機の通行路。
誘導路 (ゆうどうろ)【技術】
(taxiway) 空港内で航空機が移動するための通路。
交通量 (ゆそう)【一般】
(traffic) 人や貨物が行き来すること。航空機の航行。交通、運輸量、往来。 
輸送 (ゆそう)【一般】
(transport) 人や物を運ぶこと。
ユナイテッド航空 (ゆないてっどこうくう)【航空会社】
(United Airlines) IATA航空会社コード: UA, 米国, FSC, スターアライアンス, 第1ハブ:シカゴ, 2015末供給席数世界ランク:4位。
ユニットコスト (ゆにっとこすと)【一般】
(unit cost) 単位コスト。一般に使われる言葉であるが、航空会社に用いられた場合、単位ASK(*)あたりの輸送コスト(*)を指すのが一般的。航空会社間のベンチマーキングに用いる。その場合、コストを計る通貨、距離を計る単位に注意する。

 

Copyright©2016 H.Inagaki of JAMR All Rights Reserved.

 

世界の航空及びツーリズム最新ニュース

 最新ニュースはこちらからご覧

 頂けます。

 

 

     好評発売中!

日本のオンライン旅行市場調査
       第3版