航空用語事典 日本語 [き]

器材 (きざい)【一般】
(equipment (A)) 航空業界では空港で使用する地上器材のこと。「機材」は航空機を意味する。
機材 (きざいかどう)【一般】
(ship) 航空業界では航空機の通称。ちなみに「器材」は地上器材を意味する。
機材稼働 (きざいかどう)【一般】
(aircraft utilization) 航空機の1日あたりの平均飛行時間。航空機は高額で、航空会社にとって収入を得るための唯一に近い重要な設備であるため、メーカーが工場の設備稼働を管理するのと同じように、航空機の稼働時間を重要な指標の一つとして管理している。
機体 (きたい)【技術】
(aircraft body) 航空機からエンジン、装備品を分離した残りの部分。
機体重整備 (きたいじゅうせいび)【技術】
(heavy maintenance visit) HMV。航空機の整備機会の内、実施頻度が最も希で、単位仕事量が多いもの。格納庫内の固定設備(ドック)で整備する。(類)C整備。
機体整備工場 (きたいせいびこうじょう)【技術】
(aircraft maintenance center) 航空機の詳細点検(HMV,C整備)を行う工場。ドック(航空機にアクセスする専用作業台)装備の格納庫で仕事をする。
機体番号(記号) (きたいばんごう)【技術】
(aircraft identification) aircraft registration参照
北九州 (きたきゅうしゅう)【都市】
(Kitakyushu) (地域:東アジア, 国:日本)北九州空港(Kitakyushu Airport), 福岡県東部の工業都市。IATA City Code:KKJ, IATA Airport Code:KKJ。世界の都市圏別GDP順位(2014):301位以下。人口(2014):調査対象外。1人あたりGDP(2014):調査対象外。出発便総座席数の世界順位(2016.4):201位以下。東京からの大圏距離:860km。
北九州空港 (きたきゅうしゅうくうこう)【空港名】
(Kitakyushu Airport) (地域:東アジア, 国:日本), 都市名:Kitakyushu(北九州)。福岡県東部の工業都市。IATA City Code:KKJ, IATA Airport Code:KKJ。出発便総座席数の世界順位(2016.4):201位以下。東京からの大圏距離:860km。
機長 (きちょう)【一般】
(captain) 1機の航空機を操縦する際の責任者。もしくはその資格を有する者。Captainは船長に由来。
吉祥航空 (きっしょうこうくう)【航空会社】
(Juneyao Airlines) IATA航空会社コード: HO, 中国, FSC, , 第1ハブ:上海, 2015末供給席数世界ランク:82位。 同アジア太平洋地域ランク:36位。
機内エンターテインメント (きないえんたーていんめんと)【客室】
(passenger entertainment) 映画、音楽、ショッピングなどの電子媒体を使った機内で提供されるサービス。機内インターネットサービスの提供に伴い、インターネットサービスも含まれるようになった。
機内サービス (きないさーびす)【客室】
(in flight service) on board service。食事や飲み物の提供、エンターテインメントサービス、物品販売など
機内食 (きないしょく)【客室】
(in flight meal) ケータリング。機内で供される食事を指す。機内での調理工程を最低限にするために、ファーストクラスであっても冷蔵された食事を航空機に搭載し、機内のオーブンで温めて出している。この独特のプロセスが機内食の文化を生んでいる。一般には中長距離路線で提供される。広義には機内で提供される飲料も含む。ハラルミール。
機内清掃用トラック (きないせいそうようとらっく)【一般】
(cleaning car) 機内清掃用具を対象航空機まで運搬し、清掃時に回収されたごみを空港のごみ処理場まで運搬するためのトラック。ハイリフトカーの一種。
機内持込制限品 (きないもちこみせいげんひん)【一般】
(restricted items) (略号)R/I。コクピット侵入や機内爆発の予防のために、ターミナルのセキュリティーゲートで旅客の所有するナイフ、爆発物類の機内持ち込みを防止している。(参考)機内食のナイフ・フォークが特殊形状なのはこの理由から。
機内持込手荷物 (きないもちこみてにもつ)【客室】
(unchecked baggage) 旅客が航空機に持ち込む手荷物。航空会社は持ち込み手荷物に一定の制限を設けるが、航空会社や搭乗クラスによって持ち込み荷物の個数や重量の制限は異なる。
機内用品 (きないようひん)【客室】
(amenity goods) 路線運航中の機内で旅客に提供される無償のサービス物品。事後回収される枕、毛布など就寝グッズから、非回収の洗面用品、スリッパ、アイマスク、耳栓、はがき、ボールペン類まで多岐に亘る。
義務付けられた (ぎむづけられた)【技術】
(mandatory) (一般用語)義務付けられた
金海国際空港 (きめこくさいくうこう)【空港名】
(Gimhae International Airport ) (地域:東アジア, 国:大韓民国), 都市名:Busan(プサン)。朝鮮半島南東端にある都市。経済規模、人口ともにソウルに次ぐ第2の規模。IATA City Code:PUS, IATA Airport Code:PUS。出発便総座席数の世界順位(2016.4):149位。東京からの大圏距離:970km。
客室 (きゃくしつ)【客室】
(cabin interior) 航空機のドアを入り、一般の人が立ち入る場所。乗客が使用し、航空会社が売り物とするエリア。
客室 (きゃくしつ)【客室】
(interior) 機内におけるコクピット以外のエリア。(類)exterior
客室高度 (きゃくしつこうど)【客室】
(Cabin Altitude) 航空機が巡航する10,000m程度の高度では気圧が低いため、航空機に装備されているエアコンを使って、機内の温度をあげると同時に、機内の圧力を高めている。ただ、機体の構造強度の関係から地上のレベルまでは気圧を高めてはいない。その気圧を外界の高度で表したものが客室高度である。
キャセイ・パシフィック航空 (きゃせいぱしふぃっく)【航空会社】
(Cathay Pacific) IATA航空会社コード: CX, 香港, FSC, ワンワールド, 第1ハブ:香港, 2015末供給席数世界ランク:38位。 同アジア太平洋地域ランク:16位。
キャビン (きゃびん)【客室】
(Cabin) 航空機の客室のこと。
キャビンアテンダント (きゃびんあてんだんと)【客室】
(cabin attendant) CA。Cabin crew参照
キャビンクルー (きゃびんくるー)【客室】
(cabin crew) キャビンクルー:客室乗務員(社内的な用語としてのニュアンスが強い)。キャビンアテンダントと同じ意味。航空機に乗務し客室サービスに従事するスタッフ。客室の安全業務も受け持つ。航空会社は緊急時に備えて、国が定める基準に沿った人数を機内に配置する必要がある。
キャビンスコーク (きゃびんすこーく)【客室】
(cabin squawk) 航空機の客室内の故障のこと。キャビンクルーと整備員が提起する。
ギャレー (ぎゃれー)【客室】
(galley) 航空機内の厨房(ちゅうぼう)。機内食や飲み物類を提供するための作業場所。水が使えるウエットギャレーと使えないドライギャレーがある。
九元航空 (きゅうげんこうくう)【航空会社】
(9 Air) IATA航空会社コード: AQ, 中国, LCC, , 第1ハブ:広州, 2015末供給席数世界ランク:>100位。 同アジア太平洋地域ランク:>100位。
90秒ルール (きゅーじゅーびょうるーる)【一般】
(90 seconds rule) 旅客機では、機体が地上にある状態で90秒以内に満員の客室からすべての乗客、乗員が左右いずれかのドアから脱出できることが国の検査で確認されている。
救命筏 (きゅうめいいかだ)【客室】
(life raft) 緊急時に使う、通常は機体に格納されている大きなゴムボート。
給油車 (きゅうゆしゃ)【一般】
(fuel cart) 航空機に燃料を搭載する専門作業車両。大型機が乗り入れる空港では航空機の停留場所の地下に埋められた燃料パイプラインから車両のポンプを使って燃料をくみ上げ、航空機の翼の下部にある給油ポートから燃料を機体に注ぎ入れる。大型の機体で長距離を飛行する場合には左右の翼に2台の車両を使って給油する。小さな空港ではパイプラインを使う代わりに、タンクのついた給油車を使う。毎分あたりの燃料流量で給油性能を表す。
救命胴衣 (きゅめいどうい)【客室】
(life best) 緊急時に使う、水中で溺れないための空気の入ったベスト。
教官 (きょうかん)【技術】
(instructor) ものを教える人。主に専門分野の実務教育担当スタッフを指す。
共用空港 (きょうようくうこう)【一般】
(military civilian airport ) 国の空港定義の一つ。防衛省の自衛隊機と共同で使用している空港。新千歳、小松など。那覇は国管理空港に分類。
許可 (きょか)【技術】
(permission) (航空当局から得る)許可。(例)flight permission飛行許可。
許容搭載重量 (きょようとうさいりょう)【技術】
(allowable cabin load) ACL。航空機に搭載可能な重量。航空機の性能で決まる。
記録 (きろく)【技術】
(log ) (一般用語)過去の事柄を記録する物。
緊急脱出 (きんきゅうだっしゅつ)【一般】
(emergency evacuation) 航空機事故で非常スライドを使うなどして急いで機内から脱出し、機体から離れること。乗客の機体火災による被災を予防することが目的。規定によれば90秒以内に脱出する必要がある。
緊急着陸 (きんきゅうちゃくりく)【技術】
(emergency landing) 航空機が通常の状態にないため、機長が航空管制に宣言し、急ぎいずれかの空港に着陸を行うこと。航空機の故障、残燃料の不足など航空機の飛行のトラブルだけではなく、機内における急病人の発生など人に関わるトラブルもある。
キングスフォード・スミス空港 (きんぐすふぉーどすみすくうこう)【空港名】
(Kingsford Smith Airport) (地域:オセアニア, 国:オーストラリア), 都市名:Sydney (シドニー)。東海岸部にある国内最大の都市。IATA City Code:SYD, IATA Airport Code:SYD。出発便総座席数の世界順位(2016.4):109位。東京からの大圏距離:7840km。
キング・ハーリド国際空港 (きんぐはりーどこくさいくうこう)【空港名】
(King Khalid International Airport) (地域:中東, 国:サウジアラビア), 都市名:Riyadh(リヤド)。首都。IATA City Code:RUH, IATA Airport Code:RUH。出発便総座席数の世界順位(2016.4):113位。東京からの大圏距離:8630km。
金属疲労 (きんぞくひろう)【技術】
(fatigue ) 繰り返し力を加えることによる金属に蓄積される破壊に至る変化。一度に力を加えて破壊するときよりも小さな力で破壊に至る。
金浦国際空港 (きんぼくうこう)【空港名】
(Gimpo International Airport ) (地域:東アジア, 国:大韓民国), 都市名:Seoul(ソウル)。(複数空港都市)2主要空港の一つ。市内にある。旧空港。IATA City Code:SEL, IATA Airport Code:GMP。出発便総座席数の世界順位(2016.4):82位。東京からの大圏距離:1170km。

 

Copyright©2016 H.Inagaki of JAMR All Rights Reserved.

 

世界の航空及びツーリズム最新ニュース

 最新ニュースはこちらからご覧

 頂けます。

 

■8月17日

Airberlin files for bankruptcy as Etihad stops funds

 

 

■8月13日

 

International travel to the US slumps for first time since 2009

 

     好評発売中!

日本のオンライン旅行市場調査
       第3版      

 

ニュージーランド航空 - A Fantastical Journey of New Zealand - New Zealand flights - Where we fly - Plan

New In-flight Safety Video | Singapore Airlines