CAPA分析 特別号④:東南アジアのエアライン、観光市場に痛手 =中国人旅行者が北東アジアに移行して〜中国発旅行者 【第2回】 

 

 

当分析は、CAPAが718日に発表した

 

Airlines and tourism markets hurt as Chinese tourists divert from Southeast to Northeast Asia

 

を、JAMRが翻訳したものです。(TA

 

 

CAPA分析

 

東南アジアのエアライン、観光市場に痛手
  
=中国人旅行者が北東アジアに移行して中国発旅行者 【第2回】 

 

事実関係の一致する所は、近距離旅行をする中国人が、東南アジアを避けて、北東アジアを好んでいるという事だ。東南アジアの主要中国人旅行者市場である、マレーシア、シンガポールそしてタイの入国統計では、中国人が2013年より減って居り、北アジアの市場ではしばしば2013年の伸びより大きく増えているのである。このため、東南アジアのエアラインは利益と搭乗率の低下に悩んでいる。

 

タイでは政情不安が入国者数の低下に影響して居り、マレーシアではMH370事故により、激減していて、これは多くの中国人が陰謀説を信じて居り、それ以外の人々は事実上の抗議の印としてマレーシアを避けているからだ。これらが積もり積もった影響は、入手出来る最新のデータである20144月の入国者数で20%の減となっている。

 

シンガポールは、ずっと、この反東南アジア感覚の、とばっちりを食っていて、20144月には39%の減、今年に入って現在までで17%の減と、マレーシアよりも大きな減少になっている。20145月、ベトナム=中国間の緊張状態が燃え上がったが、2014年に入って、5月までの伸びが43%増だったことを考えると遥かに下がっているとは言え、20146月の入国者数で中国人旅行者の数は未だに6%の伸びを見せている。

 

 

これは、全2回レポートの後編。第1回は中国発旅行者の、北アジアの市場への流入について見た。

 

 

 

ー これ以降の全文はPDFからご覧くださいー

 

 

 

CAPA分析 特別号④中国発旅行者第2回(全文訳).pdf
PDFファイル 869.5 KB

注目した記事7.9

 

国際協力銀、JALANAの航空機向け融資保証

Aviation Wire 7/8
https://www.aviationwire.jp/archives/206199

注目した記事7.8

 エアアジア株が売買停止に 

マレーシアのLCCエアアジア・グループの2019年決算に、監査法人が起業継続の 

疑念を指摘(7日夜)したことから、8日に株式の売買が停止となった。 

但し午後2時半には解除される予定。 

78日ロイターhttps://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20200708-00000090-reut-bus_all

 

  

米航空10社は総額250億㌦規模の政府融資を受けるが、この都度UA5社はその主意書に署名した。 

77日ロイター 

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-usa-airlines-idJPL4N2EE39Q 

 

LHは有料PCR検査施設を空港運営会社

と共同で開設した。3時間以内の結果

通知で139ユーロ

77Traicy https://www.traicy.com/posts/20200707174841/

 

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座