CAPA分析 特別号③:中国発旅行者、2014年に1億人を超える =まず北東アジアのエアラインに恩恵

 

当分析は、CAPAが716日に発表した

 

Outbound Chinese tourists to surpass 100 million in 2014. Northeast Asian airlines first to benefit

 

を、JAMRが和訳したものです。

 

 

 

 

中国発旅行者、2014年に1億人を超える=まず北東アジアのエアラインに恩恵

16-Jul-2014 12:35 PM

 

中国旅行者数は2014年に、ドイツの人口をいて、日本の人口に迫る、1人を超えそうである。しかし、それでも一年に一回外国旅行をしたのは、中国の人口の10%以下ということになる。また重要なのは、成率がとても高いことだ。

 

これらは、明らかに、エアラインにとって、特に殆どの中国人の外国旅行の目的地である、北アジアのエアラインにとっては、市場を変革する様なチャンスである。しかし、短期的には、中国人旅行者の海外目的地の好みが変動するので、各国にとって、このチャンスは中々複雑である。

 

この2回シリーズのレポートの第1回では、ほぼ堅調に伸びている、中国人の北東アジア旅行の需要について見てみたい。日本は、2012年後半から2013年前半にかけて、政治的な緊張から、中国人訪日客数が劇的に落ちるという試練に見舞われた。日本はその後、元に戻っている。韓国は恩恵に預かっており、この勢いは今も続いていて、2014年の最初の5か月間に中国人訪問客の数は対前年57%の増となっている。

 

中国の旅行界レポート第2回では、観光の指標が最近弱まって居る、東南アジアに目を向ける。

 

 

 ー これ以降の全文はPDFからご覧くださいー

 

 

 

CAPA分析 特別号③:中国発旅行者、2014年に1億人を超える.pdf
PDFファイル 826.8 KB

注目した記事8.3

JAL、新中期計画を20年度末までに策定へ 4-6月期は最終赤字937億円

https://www.aviationwire.jp/archives/208147

 

Aviationwire2020.8.3. 全文を読むためには会員登録が必要です。)

注目した記事7.31

世界の航空需要の回復、24年に遅れ IATA予測を1年先送り(日経7.29)

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62024070Z20C20A7000000/

 

お盆の航空各社予約率はほぼ半分。

お盆の国内線予約数、昨年の半分以下 新型コロナで伸び鈍化

(AVIATIONWIRE7.31) https://www.aviationwire.jp/archives/207800

注目した記事7.26

中国の運航は約8割、旅客数は7割近くまで回復とのこと。

7/26 AFP 中国民間航空の運航、コロナ前の約8割まで回復

https://www.afpbb.com/articles/-/3295591

 

 

注目した記事7.25

エミレーツ航空、新サービスで乗客の新型コロナ医療費を負担(AFP7.24)

 

https://www.afpbb.com/articles/-/3295482

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座