CAPA分析 特別号② エティハド航空、2014年上期業績:ビジネスモデルの急速な進化が目覚ましい =28%の収入増よりも

 

当分析は、CAPAが710日に発表した

 

Etihad 1H2014 results: The model's rapid evolution even more remarkable than a 28% revenue increase

 

を、JAMRが和訳したものです。

CAPA分析

 

エティハド航空、2014年上期業績:ビジネスモデルの急速な化が目ましい=28%よりも

10-Jul-2014 2:30 PM

 

エティハド航空は、2014年上期の業績として、収入を伸ばしたと報告するだろうかという質問はあり得なかった。あるとすれば、伸び率は2桁だが、正確にはいくらになるのかという質問だけだった。そしてエティハドはグループとして収入を28%伸ばしたと報告した。急ペースの湾岸の標準に照らしても素晴らしい数字で、殆どの見出しを独り占めしてしまった。しかし、エティハドが地上サービスの事業を買収したことも総収入にプラスのインパクトを与えているのだ。

 

旅客収入の伸びは「より緩やか」で14%ASKの伸び19%を下回る)、短期間とすれば多分この程度の伸び率はそれほど素晴らしいとは言えないかもしれないが。

 

利益率、搭乗率、RPKは(利益の数値に加えて)公表されなかった。この拡大のスピードを緩めさせるものがあるとすれば、エアフランス-KLMとルフトハンザグループが、欧州委員会に提出した書面で「すべての湾岸エアラインの拡大は過剰である」と糾弾した事から発するのだろう。

 

エティハドが地上サービス事業を取得したことは、明らかに、ビジネスモデルに多様性を加える助けになって、今や、グループ総収入に占める旅客収入の割合が64%と、エミレーツやルフトハンザよりも低くなって居る。提携先からの収入は、2014年度に10億米ドルを超えようとして居るが、より意味のある数字は2014年上期に提携先収入が旅客総収入の23%を占めたことである。ジェットエアウエイズそしてアリタリアとの大型提携など新たな提携が定着するに連れて、これもまた拡大すると見られる。「飛行機を飛ばす事は比較的易しい。しかし、その席を売る事は難しい。」のだ。

 

 

論議はさておいて、エティハドは、中傷する人々が、とにかく変化を止めさせようと躍起になるよりも、寧ろそれに集中した方が賢明と思わせる様なやり方で、多次元に成長し続ける、素晴らしい新ビジネスモデルを創り出して居る。

 

 

 ー これ以降の全文はPDFからご覧くださいー

エティハド航空、2014年上期業績:ビジネスモデルの急速な進化が目覚ましい=28%の収入増よりも
CAPA分析 特別号②:ETHIHAD.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 549.1 KB

世界の航空及びツーリズム最新ニュース

     好評発売中!

日本のオンライン旅行市場調査
       第3版