ピーチ・エビエーションの黒字 =変わりゆく日本の市場でジェットスターとスカイマークの損失の影に隠れる



当分析は、CAPAが11月18日に発表した Peach Aviation profits overshadowed by Jetstar Japan & Skymark losses in Japan's changing marketを、JAMRが和訳したものです。



 

 

日本のピーチ・エビエーションは、開業以来2年で、初の利益を計上した。6.5%の営業利益率で、ピーチは、部分所有親会社のANAの営業利益率4.1%を凌いで居る。然し、ピーチの黒字は、部分所有者のJALが、12.7%の利益率だったのに比べて、マイナス36.8%と言う、ジェットスターの巨額の損失の影に隠れてしまった。因みにJALグループには、利益率最高と最低のエアラインが、存在する事になる。ジェットスターの業績は、スカイマークの赤字より悪く、より小さなスターフライヤーよりも悪い。

 

ジェットスター・ジャパンは、大阪関西空港にも基地を立ち上げて、一時はピーチの半分だった機材の生産性を押し上げてから、回復に向かって居た。ピーチの機材稼働率は、段々落ちて来て居るが、一方で春秋航空日本の、ひどく稼働の低い状態は続いて居る。ジェットスター・ジャパンは2014年第1四半期に利益率を伸ばした、たった2社のうちの1社でもある。ジェットスターは、ペースを緩める一方で、ピーチは創立以来の定評通り、保守的だが堅実な成長を続けようとして居る。

 

ピーチは初の黒字を計上、ジェットスター・ジャパンは、3年連続の赤字

 

ピーチ・エビエーションは20123月に、同社が最初に飛んで、日本で始まった新しいLCCの波の一番手だった。ジェットスター・ジャパンとエアアジア・ジャパン(のちにバニラエアになった)は、それぞれ20127月と8月にサービスを開始した。春秋航空日本は20148月に開業し、エアアジアは2015年に日本市場に再参入しようとして居る。


ピーチとジェットスターは、業績を公表している。  ピーチは2013年度(2014331日までの12か月)に20億円(1,940万ドル)の営業黒字を計上した。これは、ピーチにとって初の黒字で、2012年度(開業初年度)96千万円(960万ドル)の損失に続くものだった。ピーチによれば、営業利益は、計画より12.7%も高かったと言う。これは、収入が31.2%伸びた結果だが、日本円の為替値下がりの影響で、コストが上がり、目減りしてしまった。


ピーチのCEO井上慎一は、201410月、シンガポールで開かれたCAPAの最近のLCC会議で、講演し、ピーチは、開業からたった25ヶ月で黒字を実現したこと、そして、コストの高い日本で、LCCが黒字を出すなど誰も予想しなかったのだと誇らしげに語った。

 

ー続きはPDFからお読みくださいー

 

CAPA分析特別号⑪ 2014年11月18日PEACH.pdf
PDFファイル 502.1 KB

注目した記事8.3

JAL、新中期計画を20年度末までに策定へ 4-6月期は最終赤字937億円

https://www.aviationwire.jp/archives/208147

 

Aviationwire2020.8.3. 全文を読むためには会員登録が必要です。)

注目した記事7.31

世界の航空需要の回復、24年に遅れ IATA予測を1年先送り(日経7.29)

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62024070Z20C20A7000000/

 

お盆の航空各社予約率はほぼ半分。

お盆の国内線予約数、昨年の半分以下 新型コロナで伸び鈍化

(AVIATIONWIRE7.31) https://www.aviationwire.jp/archives/207800

注目した記事7.26

中国の運航は約8割、旅客数は7割近くまで回復とのこと。

7/26 AFP 中国民間航空の運航、コロナ前の約8割まで回復

https://www.afpbb.com/articles/-/3295591

 

 

注目した記事7.25

エミレーツ航空、新サービスで乗客の新型コロナ医療費を負担(AFP7.24)

 

https://www.afpbb.com/articles/-/3295482

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座