空港データベース、1,000空港を超える=成長率ではアジアとBRICの空港が席巻



当分析は、CAPAが10月9日に発表したCAPA Airport Traffic Database tops 1,000 airports. Asian/BRIC airports  dominate growth chartsを、JAMRが和訳したものです。



 

 

CAPAの空港輸送実績データベースは、空港データ・スイートを構成する8種類の機能の一つだが、世界の1,000を超える空港の情報を、月間、年間単位で保有して居る。

 

具体的には、それぞれ個別に集計された、月間で200、年間275の航空会社のデータ、15ヶ国の輸送データ、27ヶ国の観光統計に加え、月間で1,030空港、年間で1,265空港の利用実績を保有して居る。数字は毎日、CAPAの情報として増えて居り、新たな空港の統計も追加されて居る。

 

今回のレポートでは、CAPA空港輸送実績データベースの特長と利点を、実例を上げながら見てみたい。



ー これ以降の全文はPDFからご覧くださいー 


 

 

CAPA分析特別号⑨10月9日CAPA空港データ.pdf
PDFファイル 838.0 KB

注目した記事8.3

JAL、新中期計画を20年度末までに策定へ 4-6月期は最終赤字937億円

https://www.aviationwire.jp/archives/208147

 

Aviationwire2020.8.3. 全文を読むためには会員登録が必要です。)

注目した記事7.31

世界の航空需要の回復、24年に遅れ IATA予測を1年先送り(日経7.29)

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62024070Z20C20A7000000/

 

お盆の航空各社予約率はほぼ半分。

お盆の国内線予約数、昨年の半分以下 新型コロナで伸び鈍化

(AVIATIONWIRE7.31) https://www.aviationwire.jp/archives/207800

注目した記事7.26

中国の運航は約8割、旅客数は7割近くまで回復とのこと。

7/26 AFP 中国民間航空の運航、コロナ前の約8割まで回復

https://www.afpbb.com/articles/-/3295591

 

 

注目した記事7.25

エミレーツ航空、新サービスで乗客の新型コロナ医療費を負担(AFP7.24)

 

https://www.afpbb.com/articles/-/3295482

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座