空港データベース、1,000空港を超える=成長率ではアジアとBRICの空港が席巻



当分析は、CAPAが10月9日に発表したCAPA Airport Traffic Database tops 1,000 airports. Asian/BRIC airports  dominate growth chartsを、JAMRが和訳したものです。



 

 

CAPAの空港輸送実績データベースは、空港データ・スイートを構成する8種類の機能の一つだが、世界の1,000を超える空港の情報を、月間、年間単位で保有して居る。

 

具体的には、それぞれ個別に集計された、月間で200、年間275の航空会社のデータ、15ヶ国の輸送データ、27ヶ国の観光統計に加え、月間で1,030空港、年間で1,265空港の利用実績を保有して居る。数字は毎日、CAPAの情報として増えて居り、新たな空港の統計も追加されて居る。

 

今回のレポートでは、CAPA空港輸送実績データベースの特長と利点を、実例を上げながら見てみたい。



ー これ以降の全文はPDFからご覧くださいー 


 

 

CAPA分析特別号⑨10月9日CAPA空港データ.pdf
PDFファイル 838.0 KB

注目した記事7.9

 

国際協力銀、JALANAの航空機向け融資保証

Aviation Wire 7/8
https://www.aviationwire.jp/archives/206199

注目した記事7.8

 エアアジア株が売買停止に 

マレーシアのLCCエアアジア・グループの2019年決算に、監査法人が起業継続の 

疑念を指摘(7日夜)したことから、8日に株式の売買が停止となった。 

但し午後2時半には解除される予定。 

78日ロイターhttps://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20200708-00000090-reut-bus_all

 

  

米航空10社は総額250億㌦規模の政府融資を受けるが、この都度UA5社はその主意書に署名した。 

77日ロイター 

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-usa-airlines-idJPL4N2EE39Q 

 

LHは有料PCR検査施設を空港運営会社

と共同で開設した。3時間以内の結果

通知で139ユーロ

77Traicy https://www.traicy.com/posts/20200707174841/

 

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座