海外事情・旅行流通

 

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) の毎日のニュース

意訳して、毎週 月曜日更新の「海外事情」に掲載しています。

「海外事情」は、この他に TD 勉強会( www.e-tdb.com )と、その一部を 

トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD / 海外事情」にも

掲載しています。 

 

2020年以前の「海外事情」は、TD 勉強会 www.e-tdb.com のアーカイブにて 

ご覧になれます。TD = Travel Distributionの略です。)

 

 

TD海外事情 1018日号 NEW

 

9. パンデミックの法人旅行、消滅でなく変化」が、法人旅行は必ず回復するだろうと予測する。 増加しているリモートワーカーたちの定期的な同僚とのつながりのための新たなスタイルの法人旅行需要が作り出され、それに加えてビジネスとレジャーの旅行を結合したブレィジャーも増えると言うのだ。

 

COVID-19が旅行に世界的に影響を与えているにもかかわらず、予約と収益の面でパンデミック前のレベルを超えていると言う「2. (TJ) 法人旅行のTripActions拡大」の記事は、上記の「9.」を裏付ける。

TripActionsは、1年足らずで、2回目の大規模な資金調達ラウンドを確保した。今回はシリーズF27,500万ドル成長資金のための調達である。 投資家たちも法人需要の回復に賭けている。

 

12. 元英国航空CEO、デジタルナイーブ航空会社批判」が、航空会社の遅れているDXを批判している。 それに対して「13. 社説:航空会社批判容易、彼らの変化は難題」は、この元CEOが、現職の時の実績を不問にして言うべきことなのか?と彼の発言を『ひどいものだ』非難する。 この社説は『航空会社はフリートとチームを空中に戻す方法を考えている。 それは簡単な作業ではない。 したがって、最初のステップ(および重要なステップ)は、セクターの基本的なインフラストラクチャーの修復が必要である。 そして、タイムラインを設定して、中期的にこれらのITシステムの変更にコミットする必要がある』と言っている。 正論だ。

 

7. 女性リーダーたちの苦しい経験」と「11. 何故旅行業界女性リーダーはそんなに珍しい?」は、米国旅行業界の女性登用が遅れていることを糾弾する。

 

男性優位社会の問題は、世界共通の問題だ。 日経1013日朝刊「新政権に問う⑥ 女性活躍をやり直そう」は『女性活躍の通知表ともいえるジェンダーギャップ指数で日本は先進国で最も低い120位にいる。 どうしたら女性が働かせやすいかではなく、どうしたら女性が働きやすいかを考えるべきだ』と主張する。

 

永井荷風が「あめりか物語」(19088月)で、米国家庭の家族円満と日本の亭主関白(男尊女卑)を比較し、自分の父親(内務官僚)の母親に対する毎日のひどい仕打ちを嘆く。 それから約半世紀の19464月、女性が初めて参政権を行使した。 それから約80年がもう立ってしまっている・・・。 先進国120位も頷ける。

 

その他、「16. 1011日の資金調達記事 ・デジタルSIMカードAiralo」の540万ドルの資金調達ラウンドを楽天ベンチャーズがリードしたと言う記事があった。(編集人)

 

 

目次

1. (TJ) 旅行者の大部分、予約の柔軟性を選択

2. (TJ) 法人旅行のTripActions拡大                            閲覧第2位

3. (TJ) 豪華ホテル新予約プラットフォーム、迅速高額支払約束

  (TJ) = トラベルジャーナル 11 8日号参照ください

 

4. ホテルの回復に貢献するものは何か?

5. Lolaチーム、Capital One

6. VIDEO:短期レンタルの新興企業たち

7. 女性リーダーたちの苦しい経験                           閲覧第4位

8. VIDEO:レンタルの新世界                                        閲覧第3位

9. パンデミックの法人旅行、消滅でなく変化

10. VIDEO:代替宿泊施設のビッグピクチャ

11. 何故旅行業界女性リーダーはそんなに珍しい?

12. 元英国航空CEO、デジタルナイーブ航空会社批判  閲覧第1位

13. 社説:航空会社批判容易、彼らの変化は難題

14. DL航空、第3四半期利益計上、楽観的将来予測

15. 将来のホテルためのマイクロサービステック、Part 1               閲覧第5

16. 1011日の資金調達記事

 

 

4. ホテルの回復に貢献するものは何か?

COVID-19が最初に検出されてから約2年後、ホスピタリティ業界はまだ完全に回復していない。 ホテルの宿泊率と旅行への関心は季節ごと、国ごとに変動しており、すべて政府の規制、ワクチンの入手可能性、消費者の信頼に影響されている。 2019年のレベルではないが、良いニュースは、すべての地域で今年はプラス成長が見られたことである。 AmadeusDemand360データによると、世界のホテル稼働率は20217月に60%でピークに達し、同じ月の2020年のパフォーマンスをほぼ2倍にした。 強い夏の後、予約は多くの地域で着実に秋に向かって進んでおり、ヨーロッパと中国では9月に需要が増加している。

では、ホテル経営者は、今後数か月に向かうレジャー旅行を刺激するために何ができるか。 COVID-19は来年、ゲストの購入行動と宿泊施設の好みをどのように進化させ続けるのか? 新しい調査と業界の洞察に基づいて、ホスピタリティプロフェッショナルが、販売、マーケティング、収益管理、運用の4つの主要な機能領域にわたって復旧計画を作成および実行するための具体的な実用的な方法をまとめた。 2022年に向けての最も重要な傾向と考慮事項は次のとおりである。

主要な市場指標に基づいて需要を取り込むためにマーケティング計画を適応させる

Adapt marketing plans to capture demand based on key market indicators

毎年ビジネス戦略を立てるのは通常のプロセスだったかもしれないが、パンデミックは旅行のダイナミクスを大きく変えており、長期的に関連性を保つという決定を下すことができない。 ホテル経営者は、主要な市場指標(予約のリードタイムや優先チャネルなど)を定期的に評価することで、長期的なロイヤルティを促進する方法でゲストといつどのようにコミュニケーションをとるかを理解できる。 たとえば、ほとんどのゲストは、宿泊施設のチェックインの数日または数時間前に予約しているか? 彼らは間際のオファーやプロモーションにエンゲージしているのだろうか? 短いリードタイムはCOVID-19全体で持続する傾向であり、世界中のほぼすべての予約が旅行日から07日以内に行われている。

この購買行動では、ホテル経営者が地元の市場の状況を注意深く監視し、幅広い戦略を展開する準備ができている必要がある。 これには、世界的なホテル経営者の調査でパンデミック時に最も有用なテクノロジーとしてランク付けされたデジタルメディアと広告が含まれる。 積極的なメールマーケティングキャンペーンと、有料検索、ディスプレイ、ソーシャル、SEO、メタサーチ、GDSでのカスタマイズされた広告やプロモーションを組み合わせることで、旅行者や旅行代理店が探したり予約したりするチャネルでホテルを目立たせることができる。

予約のチャネルシフトをリアルタイムで把握し、収益戦略をピボットする準備をする

Keep a real-time pulse on booking channel shifts and be prepared to pivot revenue strategies

昨年のパンデミックの最中に、利用可能なアメニティから消毒プロトコルに至るまで、旅行者が宿泊施設から直接詳細情報を知りたいと考えたため、直接予約が急増した。 現在、旅行は多くの市場で再構築され続け、消費者の信頼が戻ってきているため、予約は再びBrand.comOTAGDSなどの他のチャネルにシフトしている。

ホテル経営者は、収益戦略が現状の予約と将来を見据えたデータに基づいており、旅行者の目を引き、チャネル全体で予約を誘うために必要なときにピボットするのに十分な機敏性を備えていることを確認する必要がある。 流通戦略の変化をめぐる競争に注意を払い、プロパティを差別化するためにプロモーションや付加価値オファーをどこに導入できるかを確認することを勧める。 旅行代理店がGDSを検索することを忘れないで欲しい。 このチャネルは、レジャー旅行者と企業旅行者の両方にエクスペリエンスをアップセルすることが多い主要なオーディエンスに在庫を強調するもう1つの絶好の機会であり、全体的な予約の価値が高くなる。 世界的なホテル経営者の95%が、市場のパフォーマンスデータを活用してトレンドをモニターしているので、ホテル経営者のための鍵は、先見性に富んだビジネスインテリジェンスのデータを探して、魅力的なパッケージやアメニティの競争力のある料金を設定し、より多くのビジネスを獲得するために柔軟なキャンセルポリシーを提供することである。

自動化と非接触技術がホテル運営の標準になる

Automation and contactless technology will become standard in hotel operations

旅行が戻ってくると、ゲストの期待と優先順位が変わったため、運用効率を改善する必要もある。 世界中のホテルは、高いサービス基準を備えた清潔で滅菌された環境を提供することが期待されている。 しかし、労働力不足がホスピタリティ業界に影響を与えている地域では、これは必ずしも容易ではない。

稼働率が増加するにつれて、ホテル経営者は、満足度スコアに影響を与える長い待ち時間なしに、ゲストの要求を満たすための創造的な方法を見つける必要がある。 これを行う1つの方法は、自動オプトアウトクリーニングプログラムを導入して、人員配置の課題や毎日の部屋のクリーニングを回避することである。 これを実施した世界のホテル経営者の20%は、長期的にそれを維持することを計画していると述べている。 プロパティのブランドの約束や星の評価を維持するために毎日の部屋の掃除が必須である場合、運用を合理化し、スタッフの生産性を向上させる自動化テクノロジーが、掃除やメンテナンスのタスクに迅速に対処するための鍵となる。 いずれにせよ、大小のプロパティにとって、サービス最適化ソリューションは、予見可能な将来に“より少ないリソースでより多くのことを行う”ことを余儀なくされるホテル経営者にとって重要である。 COVID-19によって変化したホスピタリティ業務の多くの側面の中には、社会的距離がある。 人と人とのつながりを中心とする業界でも、ホテル経営者は、強化された清掃対策とゲストとの長期的な接触の削減の両方がしっかり存在していることに同意する。 私たちのグローバル調査のホテル経営者の30%は、パンデミックから抜け出したときにゲストエクスペリエンスを向上させるための新しい非接触技術の加速に最も注目している。 入室時の温度チェックからモバイルチェックイン、デジタルキーまで、ホテルは非接触型ゲストエンゲージメントの新時代をさらにサポートするテクノロジーを検討する必要がある。

これらのテクノロジーはゲストに便利さを提供するだけでなく5人に4以上の旅行者が旅行への自信を高めると感じている。

販売とグループ事業は、過去数年とは根本的に異なって見えるだろう

Sales and group business will look fundamentally different than in years past

旅行はレジャーとビジネスの両方のセグメントで再構築されるため、営業チームは収益の創出と顧客の変化するニーズとの間のリンクとして果たすべき独自の役割を担っている。 従来の法人旅行はまだパンデミック前の数字に戻っていないため、営業チームは、企業アカウントやボリューム契約の調査に重点を置くのではなく、新しい創造的な機会を探すという戦略を軸にしている。 代替オフィスとリモートワークが勢いを増しているため、営業チームは、リモートチームや、オフィススペースを閉鎖しているが、クライアントに会うために物理的な場所が必要な地元企業の交流会を開催するのに適した場所として、プロパティを配置する方法を検討する必要がある。 同様のアプローチは、どこからでも作業できる柔軟性を備えた“ブレィジャー”旅行者やデジタル遊牧民にも有効だ。 彼らは気まぐれで新しい都市や地域を探索するためのホームベースとしてホテルを積極的に探して予約しているので、彼らとつながるメッセージやプロモーションを構築することが重要である。 グループビジネスを販売するためのもう1つの重要な原動力は、レジャーグループまたは企業グループが対面イベントを快適に主催できるかどうかを判断することである。 ホテル経営者はコンタクト先に連絡して、2021年から2022年にかけての会議やイベントの予約に対する関心のレベルを測定できる。 さらに、販売資料をCOVID-19プロトコルで更新して、参加者の安全対策を強調することができる。 新しいテクノロジーへの投資は、大規模なイベントが再発するまで短期的な収益を獲得するために、社会的距離を保ったハイブリッドイベントをホストする機能をサポートする。 ホテル経営者にとっては日々の課題がたくさん残っているが、良いニュースは業界が着実に回復を遂げていることである。 世界的なホテル経営者の意識はこれを反映しており、調査回答者の53%がパンデミック前のレベルの稼働率が2022年に戻ると予想している。 現在の状況を最大限に活用するために、ホテル経営者は、対象となるオーディエンスとつながり、COVID-19プロトコルと利用可能な設備に関して絶え間ないコミュニケーションと安心を提供し、スタッフ、ビジネスインテリジェンスデータまたはテクノロジーへの投資することを勧める。 これらの3つの要素は、ホテル経営者が現在を管理し、将来成長する能力にとって最も重要な要素であり、プロパティがこれまで以上に強力に再構築される準備ができていることを確実にする。

詳細・・・

完全な回復ガイドをダウンロードしたり、ホテルの最新のパフォーマンスに関する洞察を表示したりするには、Rebuild Travelライブラリにアクセスして欲しい。(10/11 https://bit.ly/3DqZbY0 )

 

5. Lolaチーム、Capital One

チームがCapital Oneに参加するというニュースとともに、旅行管理プラットフォームLolaの終焉から何かがまだ来るかもしれないという兆候がある。

同社のLinked Inの投稿では、Capital Oneを「旅を続けるためのアイデアの場所」と説明しており、スタッフは「革新的なデジタルソリューション」に焦点を当てた既存のチームに参加していると付け加えている。 Lolaは、9月下旬に操業を停止すると発表したが、「次の段階についてのエキサイティングなニュース」が来ると述べた。 Capital OneLolaのチームと資産を買収したと地元メディアは述べているが、合意の詳細は明らかにされていない。 Capital One Commercial BankEVPであるKonrad Schwarzは、「Lolaチームの顧客中心の焦点と、進化する市場で必要とされる速度でソフトウェアを迅速に構築する能力と、Capital Oneの顧客、ブランド、テクノロジーの規模を組み合わせることで、ビジネス決済業界を変革するのに適した立場になる」と述べている。 LolaCEOであるMike VolpeCTOおよび創設者のPaul Englishが共同署名したLinked Inの投稿によると、Capital Oneに参加することで、Lolaは「採用を大幅に強化し、ボストンの技術コミュニティとの関係をさらに深めることができる」と述べている。 2015年に設立されたLolaは、過去2ラウンドにわたった4,470万ドルの以前の投資に続き、2019年初頭に3,700万ドルの資金を調達している。 Capital Oneは他の旅行会社にも興味を持っている。 同社は、3月のHopperのシリーズFラウンド17,000万ドルの主要投資家であった。 この投資には、Capital One Travelを強化するためのウェブベースのポータルの作成により、Hopperがモバイルを超えて拡大する計画も含まれていた。 昨年航空券の再予約サービスであるFreebirdCapital Oneに買収されCEO兼共同創設者のEthan BernsteinCapital One旅行のシニアビジネスディレクターになっている。(10/11 https://bit.ly/3oWULEn )

 

6. VIDEO:短期レンタルの新興企業たち

代替宿泊施設は、他の場所では見られない回復レベルでパンデミックから出現したため、2020年後半に注目し賞賛するセクターであった可能性がある。

しかし、旅行、観光、ホスピタリティ業界のこのコーナー(短期レンタル)は、COVID-19危機のずっと前にすでにスタートアップが検討するのに人気のあるコーナーであった。 Airbnbのような企業は、2010年代の間に市場で独自の考えを出すために、無数の新しいビジネスに影響を与えた - さらに、業界の他の大手企業からの動き(Booking.com自身の努力とExpedia GroupによるHomeAwayの買収)は、市場には他の人のための十分な余地があった。 COVID-19は何に影響を及ぼしたか? 初心者が検討する機会はまだあるか? そしてパンデミックの間、投資は継続して行われているか? 最近の PhocusWire PulseRentals On The Rise オンラインイベントで、PhocuswrightのマネージングディレクターであるPete Comeauが、短期レンタルのスタートアップシーンに関する最新のデータポイントについて概説した。

完全なプレゼンテーションはhttps://bit.ly/3FyUuxv に含まれている。

(10/11 https://bit.ly/3oS7RCR )

 

7. 女性リーダーたちの苦しい経験

COVID-19のパンデミックは、旅行、観光、ホスピタリティなど、アメリカの企業で働く多くの女性に壊滅的な結果をもたらした。 過去1年半の間、女性は代表と上級管理職に登用されてきたが、女性はこれまで以上に燃え尽きており、それは男性のほぼ2倍のレベルとなっている。 実際、女性の3人に1人は、昨年同じことを表明した4人に1人と比較して、今年は労働力のシフトダウンまたは退職を検討したと述べている。 女性の10人に4人は、会社を辞めるか転職することも検討しており、その結果、従業員の離職率が高くなっている。

それにもかかわらず、女性は職場内での多様性、公平性、包括性(diversity, equity and inclusion)を促進するための努力をしており、同盟関係を実践する可能性が高くなっている。 しかし、McKinsey & CompanyLeanIn.orgWomen in the Workplace 2021の調査によると、その重要な仕事はほとんどの企業に認識されず、報われず、企業は現在最も必要なリーダーを失うリスクにさらされている。 これらの組織が2015年から作成しているWomen in the Workplace調査は、1,200万人を雇用し、65,000人以上の職場での経験について調査した423の参加組織からの貢献を反映している。 このレポートには、有色の女性、LGBTQ +の女性、障害のある女性など、さまざまなアイデンティティの女性への詳細なインタビューも組み込まれている。

“壊れた階級の段階”は残っている

The “broken rung” remains

報告書によると、アメリカの企業における女性の代表(representation)の周りには有望な兆候があるが、パイプラインにはまだギャップがある。マネージャーへの最初のステップでの“壊れた階級の段階” は、2016年以来のそのままのトレンドが継続している。 女性は男性よりもはるかに低い割合でマネージャーに昇進し、企業がより上級レベルで持続的な進歩の基盤を築くことはほぼ不可能である。 その間、有色の女性はあらゆるレベルで表現の立場を失い続けている。 エントリーレベルとCスイートの間で、色の女性の代表は75%以上減少する。 そのため、有色の女性はCスイートリーダーのわずか4%を占めている。 調査によると、2020年末に第1レベルのマネージャーに昇進した男性100人ごとに、86人の女性が昇進した。 男性100人ごとのうち、89人が白人女性で、85人が有色の女性だった。 今年は、有色の女性が全体の女性とほぼ同じ割合で昇進したのは初めてだが、男性は依然としてマネージャーレベルで女性を大幅に上回っている。

女性の仕事

Women’s work

2020年の出来事は、ジェンダーと人種の不平等にスポットライトを当て、多くの企業が多様性、公平性、包括性を重要な焦点分野と宣言するように導いた。

しかし、女性リーダーはその瞬間に対応し、それに続く追加の仕事を引き受けるものであると、Women in the Workplaceレポートは見つけている。

同じレベルの男性と比較して、女性マネージャーはチームのワークロードと幸福(well-being)を管理するためにより多くの行動をとっている。 シニアレベルの女性は、シニアレベルの男性の2倍の時間を、正式な職務の範囲外の多様性、公平性、包括性に関する作業に取り組んでいる。 また、女性リーダーは男性よりも有色の女性の同盟者である可能性が高く、有色の女性が職場で直面する課題について自分自身を教育する可能性が高くなる。 報告書によると、多様性、公平性、包括性を優先する企業は、より幸せで燃え尽き症候群の少ない従業員につながるが、これらの分野を超えた従業員を正式に認めている企業は比較的少数である。 多様性、公平性、包括性に関する取り組みを見落とすことは深刻な影響を及ぼし、これらの優先事項に不釣り合いな時間とエネルギーを投資している女性を傷つける。 同様に、過小評価されている取り組みが進展することはめったにないため、すべての従業員が影響を受ける。 「企業が従業員の幸福をサポートし、多様性、公平性、包括性を促進するリーダーの努力を認識して報いることができない場合、この重要な仕事は“オフィスの家事(housework)”に追いやられるリスクがある。 パフォーマンスレビューで考慮されず、進歩につながることはなく、補償もされない」とレポートは述べている。

"オンリー“ ワン

Onlyones

女性が指導的役割に移行するにつれて、女性の日々の経験はしばしばより困難になると、この調査は続ける。 エントリーレベルの女性と比較して、彼らは“唯一(Onlys)”であると言う可能性が2倍以上ある。 多くの場合、唯一の女性または職場の部屋にいる唯一の女性の1人である。 彼らはまた、彼らの能力に挑戦するマイクロアグレッション(自覚なき差別)に直面する可能性が高くなる。

有色の女性は、時々二次元でOnlysであることに対して戦わなければならない:部屋の唯一の女性として、そして部屋の唯一の有色人種の人として。 これらの“ダブルオンリー”は、実行するためのさらに多くの偏見、差別、およびプレッシャーに直面し、燃え尽き症候群を経験する可能性が高くなる。 “Onlys”であることはまた、働く母親であるという課題を増幅する可能性がある。 母親はすでに父親や女性よりも全体的に多くの偏見や障壁に直面している。

(10/11 https://bit.ly/3DwSX9f )

 

8. VIDEO:レンタルの新世界

AnyPlaceは、レンタルの長期契約に煩わされるCEOと創設者(founder)の不満から生まれた。 これは、30日以上の滞在を探している旅行者が必要とする家具、ユーティリティ、その他の要素を手配する必要性によってさらに複雑化している。 デジタル遊牧民をめぐる新たな傾向と、仕事とレジャー旅行の組み合わせにより、特にCOVID-19の大流行以来、多くの企業が新しい要件で顧客にサービスを提供する方法を出現または再考することを余儀なくされている。 この需要を捉えるために、特に流通やマーケティング、および旅行管理会社などのビジネス旅行者にすでにサービスを提供している業界のプレーヤーとのパートナーシップを構築するために、舞台裏で行うべき多くの作業が存在する。 最近のPhocusWire PulseRentals On The Rise オンラインイベントで、AnyPlaceNaitoは、新しいタイプの旅行者と旅行体験のために会社がどのように位置付けられているかを説明した。 PhocusWireKevin Mayとの完全なインタビューはhttps://bit.ly/2YLiD2X に含まれている。

(10/13 https://bit.ly/3lEglLL )

 

9. パンデミックの法人旅行、消滅でなく変化

出張の訃報(Obituaries)が再びニュースになっている。 ホテル航空会社では、数十億ドルの出血が続いている。 企業は、COVID-19パンデミック後の出張予算削減を計画していると言っている。 Global Business Travel Association2025年まで完全な回復を期待していない。 この不吉なデータにもかかわらず、私は出張が死んでいるのではなく、異なってきていると主張する。 旅行の量がリバウンドするかどうかにかかわらず、出張はこれまで以上に価値があり、戦略的であり、高く評価される可能性がある。

新しい雇用市場、新しい旅行者

New job marketnew traveler

パンデミックにおける知識人材の雇用市場は、リモートワークと大量の辞任という2つの傾向によって定義されている。 Glassdoor報告によると、遠隔地(remote)における採用ポジションの検索は20196月から20216月の間に460%増加し、増加を続けている。 在宅勤務は、各地の雇用主に地元の雇用市場を開放することで、才能(talent)をめぐる競争を激化させ転職を容易にした。 したがって、“大辞任(Great Resignation)”となる。 しかし直感に反して、出張は雇用の維持への答えかもしれない。 誰が辞任するのか、そしてその理由を考えて欲しい。4,000社の900万人の労働者を対象とした調査では、HR分析プラットフォームVisierの研究者は、3045歳の中途採用の従業員(主にミレニアル世代)が辞任する可能性が最も高いことを発見した。 Glassdoorによると、米国の遠隔地ポジションのほぼ4分の1を占めているテクノロジーセクターの辞任率が最も上昇した。 遠隔地のミレニアル世代の間での辞任は増える可能性がある。 Best Place to WorkFortune誌に代わって33万人のミレニアル世代の従業員を調査したところ、同僚とのつながりが定着率の最大の予測因子であることがわかった。 リモートの従業員は、同僚と直接会うことなく、これらの接続を構築できるのか?

Zoomを介して関係を維持することは1つのことだが、自分の顔のビデオを見ないようにしながら、時間制限のある、進行遅れの多い会議で絆を結ぶことはまったく別のことである。 コネクションを構築するには、少なくとも四半期ごとにリモートの従業員を集めることが不可欠な場合がある。 私の会社TopiaのパートナーであるBCD Travel738件のビジネス旅行者の調査によると73%は対面チームの編成は非常にまたは極度に重要であると考えている。 ちなみに、私たちは最近、マネージャーの1人をダブリンに派遣して、最終的に彼女のチームメートに会い、直接協力し合う機会をつくった。 生産性と貴重な絆の両方に関する彼らの熱烈なフィードバックを考慮して、私たちはより多くのこの種の出張のために予算を組むことを計画している。

特典としてのBleisure旅行

Bleisure travel as a perk

リモートワーカーは、接続だけでなく、新規性にも熱心である。 多くの場合、子供やルームメイトとの狭い場所で、何ヶ月も家で立ち往生していたが、遠隔地の労働者は、おそらくレジャー旅行へのカムバックを促進するのに役立った。

多くのコメンテーターや企業は、ビジネスとレジャーを組み合わせた旅行(別名“ブレィジャー” 旅行)が遠隔地の従業員にとって魅力的な特典になる可能性があると考えている。 元AirbnbのエグゼクティブStanley Fourteauは、“キュレーションアパートメント(curated apartments)”のプロバイダ Ukioに賭けている。 彼は、Ukioの国際的な施設での長期のリモートワークが、高いパフォーマンスに貢献すると信じている。 同様に、ユタを拠点とする新興企業であるDóndeは、旅行をベネフィット(福利)として売り込む それは、会社に合った旅行貯蓄口座と経験を予約するためのプラットフォームを提供することによって、クライアントがタレントを募集し、彼らを維持するのを助けたいと思っている。 旅行熱は、従業員の関与と維持のためのほとんど未開発のリソースだ。 したがって、社内会議、トレーニング、および技術サポートのための出張が減少しても、ブレィジャーは拡大する可能性がある。 そして、ブレィジャー旅行は、遠隔地の労働者間のつながりを育むのに理想的である。

静かに準備する

Preparing quietly

企業はオフィスの再開と義務的な出張を遅らせているが、パンデミック後の通常の状況に向けて準備を進めている。 絆とブレィジャー旅行を活用するために、人事リーダーと旅行マネージャーは次のことを考慮する必要がある。

(1). COVID-19ポリシー: COVID-19旅行ポリシーを慎重に定義する。 従業員は旅行に予防接種の証明を提示する必要があるか? どのような感染率または入院率で旅行をキャンセルする必要があるか? ワクチン接種を受けるには若すぎる子供を持つ従業員は、旅行についての自由を与えられるべきか?

(2). コンプライアンス: 移民法および税法に準拠して従業員が旅行するために必要なテクノロジーを検討する。 たとえば、カリフォルニアやニューヨークへの休暇旅行中に賃金を支払った従業員は、非居住者の所得税申告書を提出することが期待される。 COVIDによって税収が減額されたため、これらの管轄区域は、旅行帳簿、経費データ、およびコンプライアンス違反の給与レポートの監査に積極的になっている。

(3). 期待: ショウアップ(show up)するかどうかについて、クライアントやパートナーとの厄介な会話をする。 クライアントの契約が更新されるため、訪問することを勧めるが、とにかく彼らはオフィスにいない可能性がある。 彼らの快適さのレベルを測定する。 たぶん、コーヒー、ディナー、ゴルフ、またはウォーキングミーティングのために屋外で会うことを勧める。

少ないが多い

Less but more

今後数年間、出張は2019年以前のようにはならない可能性がある。 しかし、出張が少ないほど多くなる可能性がある。 企業は、従来の出張スタイルを要求するのではなく、目新しさと人間関係を切望する遠隔地の従業員に旅行を拡大することができる。 Zoomから解放されたこれらのビジネス旅行者は、直接協力して絆を深める機会を味わうことができる。 いくつかのブレィジャーを加えると、旅行は才能をめぐるグローバル化された競争の優位になるかもしれない。

出張は異なる形となるが、死んではいない。 雇用主は準備しろ。

著者:Steve BlackTopiaの最高戦略責任者。(10/13 https://bit.ly/3p5D5GV )

 

10. VIDEO:代替宿泊施設のビッグピクチャ

代替宿泊施設セクターの急成長の目撃者は、その成長が明らかな機会とともに多くの課題に直面し続けることを知っているだろう。 たとえば、いわゆる業界の巨人が顧客からの需要を獲得するためにマーケティング費用を準備しているため、コンテンツの流通全体に疑問符が存在する。 さらに流通には、在庫の供給と、新規および既存の顧客への最大の露出のために最善の広告をどこに打つかに関する問題がある。 また、このセクターは、ホテルと代替宿泊施設の間のますます曖昧な境界線をどのように解読するのか。 これには、両方にサービスを提供するプラットフォームがビジネスとして成長する方法をどのように理解するかが含まれる。 最近のPhocusWire PulseRentals On The Riseオンラインイベントの締めくくりとしてTransparentエグゼクティブチェアマンDrew Pattersonが、このセクターに残っている主要な問題について語る。 PhocusWireKevin Mayとの完全なインタビューはhttps://bit.ly/3DXew39 に含まれている。(10/14 https://bit.ly/3aHzKW1 )

 

11. 何故旅行業界女性リーダーはそんなに珍しい?

「何らかの手法で成果が測れるものは、必ず成し遂げることができる(what gets measured gets done”)」という諺はどのようになるのか? これが意味することは、測定するという行為が、私たちが私たちの望ましい結果に到達するのを助けることができるということである。 旅行業界の目標が多様性を達成することであり、人々が自分に似た形で採用する傾向があることがわかっている場合(たとえば、HarverHBRの例を参照)、多様性の目標を設定し、それらに対するパフォーマンスを測定することは、賢明で重要な指標である。 ほとんどの上級管理職、経営幹部、取締役会の取締役およびメンバーが依然として主に白人である世界では、ターゲットが果たす役割があると私は信じている。 Clink Hostelsの共同創設者として、そして女性として、私が魅力的だと思うのは、取締役会/上級管理職の多様性が公正であるだけでなく、収益性にもつながるということである。 2018年のMcKinsey & Companyの論文によると、「エグゼクティブチームの性別の多様性で上位25%にある企業は、収益性を21%上回る可能性が高く、優れた価値創造を行う可能性が27%高い」とのことである。 さらに、女性はすべての購入決定の70 ~ 80%の背後にある原動力である、とBridget Brennan2015年のForbes記事で述べてい。 Brennanが言うように、「消費者経済に性別があったとしたら、それは女性だろう」。 これに加えて、女性は世界中の旅行者の54%を占めている。 しかし、この業界の一般的な管理職の20%未満と取締役の8%未満しか女性が占めていない。 それは疑問を投げかける:なぜ旅行業界で指導的立場にある女性はそれほど珍しいのか? 90年代後半、姉と私はロンドンに170床のバックパッカー向けのホステルを開く機会があり、旅行業界、特にバジェットセクターに夢中になった。 私にとって、ホステルは私たちが互いに支え合うコミュニティを表している。 すべてに公平な意味がある。 ホステルは、あらゆる予算の人々にとって素晴らしい都市を手頃な価格で提供する。 同様に、Clinkは職場として、すべての人が機会を利用できるコミュニティでもあると思う。 では、どうすれば私たちの業界はより良くなることができるか? 上級管理職チームや役員室で女性の多様性と役割をさらに推進するために、私たちは何ができるか。 私はこの分野の学術専門家ではないが、Clinkでは経営陣と取締役会レベルで50:50の比率を保っており、これを積極的に維持していることを非常に誇りに思っている。 ここでは、これをどのように実行するか、そしてそれがビジネスにもたらすメリットについて説明する。

現状に挑戦

Challenge the status quo

Clinkでは、採用時に男女平等を積極的に追求しており、ダイバーシティ・インクルージョンの方針が策定される前からこれを行ってきた。 ある部門が1つの性別に重くのしかかっていることがわかったら、立ち止まって「これのバランスを取るために何ができるか」と尋ねる。 重要なのは、多様性の思想的リーダーが経験ではなく可能性に基づいて採用を奨励していることを認識している。

私たちが採用したもう1つのアプローチは、私たちと一緒にキャリアの旅を始めているすべてのチームメンバーに、コーチ、ガイド、メンターを務めるエグゼクティブチームを探すように促すことである。 これが女性のエンパワーメントに貢献していると信じており、エグゼクティブレベルで50:50のチームを擁し、私たちも前向きなロールモデルとして行動していると思う。 私たちは現状に疑問を呈することを恐れない。 最近、私たちのオペレーションディレクターは、私たちがサプライヤーとして使用することを検討している会社が、取締役会に白人男性しかいないと指摘した。 私の回答は、私たちのopsディレクターに、彼らの多様性方針について会社に尋ねるように勧めることであった。 私はホステル業界の仲間に正直になりたい。 彼らの経営陣と取締役会が主に男性のままであることがわかったら、多様性による生産性のメリットを考慮して、彼らがどのような未来を作りたいのか、そしてどのようにそこにたどり着くつもりなのかを尋ねる。 現在、「性別の多様性が増すと、企業はより適応性が高く、生産性が高く、顧客の話に敏感になる」ことを示す豊富な証拠がある。 Clinkでは、チームの多様性が“グループ思考”の減少と革新性の向上につながることを学んだ。 私たちは、エンドツーエンドの仮想チェックイン体験を導入したヨーロッパで最初のホステルである。 そして、YES、お客様のニーズに対応することは私たちにとって重要である。 昨年、CEOMark Fenelonが、「Shut Up and Listen」というキャンペーンの責任者を務めた。 宿泊意客を調査した結果、1839歳の旅行者の86%が、企業は現在の社会的、政治的、環境問題にもっと挑戦すべきだと考えていることがわかった。 顧客が自分たちの価値観を反映した企業を見守り、注目していることにますます気づき、Certified B Corporationステータスを獲得した最初のホステルブランドになるための旅を始めた。 私たちは完璧ではないかもしれないが、Clinkでは男女平等に非常に優れていると自信を持って言える。 私たちの経験と学んだ教訓は他の人にとって価値があるかもしれない。 とはいえ、BAME(黒人、アジア人、少数民族)とLGTBQ +のコミュニティを障害者と一緒に代表することに関して、多様性を実現するという点では、まだ改善の余地がある。 ここでも、目標が役立つことを繰り返す。 これに対する一般的な反応は、「自分のメリットで誰かを雇うべきだ」ということだと私は知っている。 ただし、多様性の目標を設定することは、メリットベースの雇用の障害にはならない。 むしろ、それは私たちに伝統的な雇用プロセスと私たちの無意識の偏見に疑問を投げかけることを要求する。 それは“メリット”を却下することではなく、まったく逆である。

目標は人材プールを拡大するのに役立ち、業界が他の方法では見逃していたかもしれない人材と“メリット”を見つけることができる。 そして、あなたが私に同意しない場合は、Castell Projectの議長であるPeggy Bergがホスピタリティ業界の将来について「新しいパンデミック後の市場で最高のパフォーマンスを発揮する企業は、多様なリーダーシップを持つ企業になる」と言っていることを考えてみて欲しい。 それは、すべての面でお互いにWin-Winであり、多様性のための勝利であり、持続可能な収益性のための勝利である。

著者:Anne Dolanは、Clink Hostelsの共同創設者。

(10/14 https://bit.ly/3AHJXfM )

 

12. 元英国航空CEO、デジタルナイーブ航空会社批判

航空会社は、アナログ時代に設計されたルールとプロセスを使用して、デジタル世界で生き残るために戦っている。 航空会社は、ますますオンライン小売業者からの新しいレベルのサービスを期待するように訓練されているデジタルに精通した顧客の裁量的支出(discretionary spend)を失う立場にある。 これは、英奥航空元CEOであるAlex Cruzの結論であり、顧客はこれらの航空会社の古いルールとプロセスをますます拒否すると考えている。 今週のCAPA Liveイベントで、Cruzは、PNRデータベース、予約および在庫システム、一部のフライト運用システムなど、航空会社のオペレーションの中心となるシステムはますます信頼性が低くなり、老朽化が原因で頻繁に機能しなくなると付け加えている。 「航空会社のITプラットフォームは基本的に非常に古いものである。 航空会社の中心にあるのは、せいぜい1015年前で、最悪の場合50年以上前である。 例外はほとんどない。 私たちは、運賃クラス、6桁のPNR、およびこれらの航空会社間の複雑な接続スレッドの世界に住んでいる。 何千ものソフトウェア絆創膏、バンドエイドが時間の経過とともに追加されてきた。 これらは、内部パートナーと外部パートナーの複雑な組み合わせによって管理されている。 軽いサイバー攻撃がそれらのソフトウェアをひざまずかせることは不思議ではない。 パンデミックはターボチャージし、またはデジタル化して、我々プロバイダーへの期待を高めたものの、航空会社はデジタルの期待に応えることができないでいる。 私たちは単に準備ができていない。 テクノロジーと考え方の障壁がある」と彼は説明する。

ファンダメンタルズに焦点を当てる

Focus on the fundamentals

彼によると、ほとんどの航空会社の経営者の考え方は、テクノロジープロバイダーに、より良い取引や競争力を高める方法を求めることに基づいている。

「業界は現在、NDCOne OrderGDS契約の再交渉、非常に古い収益管理システムの微調整、および顧客に関するこのすべてのデータの使用に気を取られている。 つまり、旅行以外の小売業者が、すべて同じ裁量支出の奪い合いとなるため、小売ウォレットの大部分を占めてしまうことになる」と言う。 Cruzは、これは業界がNDCなどのイニシアチブを放棄する必要があるという意味ではなく、システムを最新化する必要性に対処しながら、小売業をよりデジタル化する必要があると付け加える。 彼は、新しいシステムを開発した業界の実績が乏しいため、航空会社にとっては巨大な作業になるが、顧客を失い、時代遅れになるという脅威とバランスを取る必要があることを認めている。 消費者に関する膨大なデータを保持しているAmazonGoogleなどの巨人が航空業界に積極的に参入していない理由についての質問に答えて、Cruzは、「ボリュームや混乱の機会の魅力がより多く目立つ他のバーティカルの存在、あるいは、既存のプレーヤーが簡単に挑戦できたためかもしれない」と述べている。 しかし、Googleのような企業は“フライト情報を支配する”ことを望んでおり、アクセスできるすべてのデータがあるため、将来的には価格設定でより良い仕事をすることができると彼は信じている。 「Googleは、ほぼすべてのフライトの価格曲線にアクセスし、在庫にアクセスできる。 各フライトが1日の分単位の時間にいくらで価格設定されているかを把握している。 搭乗率を知っている、または少なくとも推定できると言う人さえ居る。 すべてのフライトの価格曲線と搭乗率を把握することを考えれば、どの航空会社の収益ラインにもアクセスできる」 この思考プロセスについて詳しく説明したCruzは、Googleがすでに持っている消費者情報にフライト情報を追加すると、価格が改善され、マージンが向上し、航空業界が“真の問題”に陥る可能性があると述べている。 彼は、「それは短期的な脅威ではないと思うが、これらの企業が旅行バーティカルに大きく踏み出す時が来れば、そうなるだろう」と語る。

* 20215月のHow I Got Hereポッドキャストで録音されたCruzのインタビューhttps://bit.ly/3AIgvpT をご覧ください。(10/14 https://bit.ly/3mYPQQP )

 

13. 社説:航空会社批判容易、彼らの変化は難題

「航空会社のITプラットフォームは基本的に非常に古いものである。 航空会社の中心にあるもののほとんどは、せいぜい1015年前、最悪の場合50年以上前のものである。 その例外はほとんどない」 今週のデジタル知らず(digital naïve)の航空セクターに関するPhocusWireの記事で、元英国航空のCEOであるAlex Cruzからの引用である。 今週の航空セクターの技術提供の状況についてのCruzのコメントはひどいものである。

彼らは、乗客とオペレーションの利益のために自由にしようとする熱意がほとんどなく、独自のインフラストラクチャ内に閉じ込められている業界の絵を描く。 辞任した政治家のように、突然以前の欲求不満について自由に話すことができるようになったように、Cruzはもはや世界で最も有名な航空会社のブランドの1つを運営していないことを考えると、そのようなことを言うのは簡単だ。

しかし、今年初めのHow I Got Hereに関する彼へのインタビューが示したように、彼はIAGが所有するキャリアのトップでの在職中にブランドを近代化しようとした。 英国航空が批判から免除されていると彼によって特定されていないので、明らかにそれは十分ではないように思われる。 では、Cruzやこのセクターの他の無数の人々の懸念に対処するために何ができるのだろうか。

もちろん沢山あるが、それは通常のオペレーションができなかったほぼ20か月間から戻ってきている航空業界が現在直面している状況を無視している。 多くの航空会社は、まだ多くの地域に残っている制限の範囲内で、フリートとチームを空中に戻す方法を考えている。 それは簡単な作業ではない。 Cruzらによると、航空会社が必要なITシステムの大規模なオーバーホールを実施することを考えている可能性も低いとのことである。 したがって、最初のステップ(および重要なステップ)は、セクターの基本的なインフラストラクチャーのルートおよび支店(branch)の修復が必要であることを受け入れることである。 そして、タイムラインを設定して、中期的にこれらの変更にコミットする必要がある。(10/15 https://bit.ly/3j7Y0VN )

 

14. DL航空、第3四半期利益計上、楽観的将来予測

デルタ航空は、今年の最後の3か月の供給が2019年のレベルの約80%になると予想している。 これは、この航空会社が2019年の供給の71%を飛行した第3四半期からのジャンプとなる。 ただし、デルタ航空は、大西洋横断飛行シーズンが通常ピークになる来年の春と夏まで、ヨーロッパの能力を大幅に再構築することを期待していない。 Biden政権は来月、外国人観光客に米国を再開する予定だ。 水曜日のキャリアの決算発表で、CEOEd Bastianは、デルタ航空は11月と12月の収益が2019年の65%であるのに対し、今月の収益は2019年のレベルの75%に達すると予測していると語った。 同社の楽観的な見方は、11月に米国が海外旅行者に再開することと、新しいCOVID-19デルタバリアントの症例数が減少するにつれて出張予約が増加したことによるものである。

Bastianによると、先週、出張の予約は2019年のレベルの約50%であり、パンデミックの開始以来最高の結果であり、ビジネスの予約が2019年の約40%であった過去数か月の結果から10パーセントポイント増加した。

「当社には明確な底から抜け出る勢いがあり、2022年に向けて楽観的な見方をしている」とCEOは語った。

パンデミックの開始以来のデルタの最初の利益

Delta's first profit since start of pandemic

Delta航空は、連邦政府の給与補助金が収益ラインから除外されている場合でも、パンデミックの開始以来の最初の四半期利益を報告しながら、第3四半期に12億ドルの純利益を報告した。 Delta航空の第3四半期の調整後純利益は19,400万ドルであった。 Deltaは、燃料費が第3四半期と比較して1ガロンあたり40セント以上増加すると予想しているため、第4四半期にわずかの損失を予測している。 投資ウェブサイトSeeking Alphaによると、Deltaは第3四半期の営業収益が91.5億ドルで、アナリストの予想を69,000万ドル上回っている。 Bastianが国内旅行の完全な回復と呼んだものの強さ、および2019年の第3四半期の合計を1%上回ったクレジットカードパートナーのAmerican Expressからの10億ドル以上の報奨金により、収益は2019年のレベルの63%であった。 しかし、国際および事業の収益が低迷したため、さらなる回復が妨げられた。 Southwest航空の週末の運航崩壊により、同社の航空便は4日間で約2,500便がキャンセルされ、最近の航空業界のヘッドラインを独占していたため、BastianDelta航空の夏の強力な運航実績を強調した。

8月、Delta航空とそのDelta Connectionが販売するリージョナルパートナーは、定期便の就航率99.7%を達成した。 今年のこれまでのところ、Deltaネットワークには116日間の欠航無しの日が存在する。

従業員の90%の予防接種率

A 90% vaccination rate for employees

Deltaはまた、従業員の90%がCOVID-19の予防接種を受けていると報告した。 Deltaは現在、ワクチンの義務を実施していない唯一の主要な米国の運送業者であり、代わりに政府請負業者のBiden政権の要件に準拠するためのテストに依存し、摂取を拒否した人のための月額200ドルの健康保険追加料金を通じてワクチン接種を促進している。Bastianは、Delta11月までに95%の予防接種率に達すると予想していると述べた。

*この記事はもともとTravel Weeklyに掲載された

(10/14 https://bit.ly/3FLf51D )

 

15. 将来のホテルためのマイクロサービステック、Part 1

旅行テクノロジーの過去数十年にわたって、クライアントサーバーアーキテクチャが世界中のIT標準であった。 この方法は、長年にわたって業界の基本的なニーズに対応していたが、今日のペースの速い旅行環境で必要とされる敏捷性に欠ける、非効率的で拡張が難しいシステムの原因でもあった。 消費者レベルと企業レベルの両方の残りの他のテクノロジーが変化し進化している一方で、インフラストラクチャテクノロジーは過去10年間立ち往生しており、起業家が正しいビジネス上の決定を下すことが困難になっている。 この伝統的な形式のアーキテクチャは、“モノリシック(完全に統一されて変わりにくい)”アーキテクチャとして知られている。 ありがたいことに、前進する方法がある。 “マイクロサービス”ホテルのPMSアーキテクチャだ。 それは、スケーラビリティ、持続可能性、セキュリティを提供し、旅行技術インフラストラクチャの未来になる準備ができている。

ただし、最初に、マイクロサービスを理解するために、それがクライアントサーバーアーキテクチャと何の違いがあるかを理解しよう。

クライアントサーバーアーキテクチャとは何か?

What is client-server architecture?

現在、ホテルの90%以上がレガシーアプリケーションインフラストラクチャを備えていると推定されている。 これは、現在、10のプロパティのうち9つが、80年代と90年代に構築および考案され、当時の標準であるクライアントサーバーアーキテクチャに基づいたシステムを使用していることを意味する。

ホテルは、当初意図されたキャパシティで引き続き機能するため、引き続きクライアントサーバーアーキテクチャを使用する。 さらに、新しいテクノロジーへの移行は困難な場合があり、長い間、多くの選択肢は存在しなかった。 実際、これはホスピタリティの問題だけではない。 事実上すべての企業が過去40年間に使用したテクノロジースタックを見ると、同じアーキテクチャにぶつかるのが一般的である。

·        サーバー:データベースを格納する複雑で高価な物理デバイス(つまり、OracleMicrosoft、サイトベース、ファイル共有など)

·        複数のクライアント:ユーザーPC(通常はWindowsで実行されているか、それ以前はDOSおよびGDSなどの端末ベースの入力)

·        アプリケーション:クライアントに物理的にインストールされ、サーバーのデータベースと通信するソフトウェア

クライアントサーバーアーキテクチャでは、一方の側に、物理サーバーに保存された中央データベース(通常はSQLなどのリレーショナルデータベース)にデータストレージがあり、もう一方の側に、サーバーに通信する複数のUIWindows / DOSベースのアプリケーションがある。

このアーキテクチャの主な問題は、ビジネスロジックが両方の場所に分散していることである。 たとえば、データベースでは、データストレージだけでなく、コーディングさえも見つけるのが一般的である。 90年代後半まで、サーバーはデータベースストレージといくつかのビジネスロジックの実行の両方を担当していた。 これは些細な意味論的(semantic)な問題のように聞こえるかもしれないが、多くの否定的な影響がある。 たとえば、特定のビジネスプロセスがクライアントよりもデータベースで高速に実行された場合、開発者は、クライアント間を行き来する従来の手順に従うのではなく、ビジネスロジックの一部をデータベースまたはUIレイヤーに直接配置する。 そしてデータベースは、バグの多いミックスとマッチを作成し、エラーが発生しやすくなる。

新しいプラットフォーム、古いアーキテクチャ

New platforms, old architecture

ソフトウェアは、クライアントサーバーインフラストラクチャに基づいて何年にもわたって作成および開発されてきたが、2000年代初頭までに、インターネットの出現と顧客および企業の期待の高まりのおかげで、より良いソリューションを見つけるというプレッシャーが高まり始めた。 しかし、HTMLフロントエンドWebアプリケーションがより一般的になり始めたときでさえ、一部の開発者は同じ廃止されたプロセスを介してソフトウェアを構築し続け、まったく同じクライアントサーバーアーキテクチャを舞台裏でそのまま維持しながら、アプリケーションの表示方法を変更するだけであった。 インターネット接続とそのユーザー数の両方が増加している2000年代後半までに、開発の世界は、アプリケーションが(データ量の点で)非常に大きくなり、クライアントサーバーアーキテクチャがそれらを処理できなくなったことに気づいた。 さらに、すべて異なる仕様の新しい異なるブラウザやデバイスの急増により、開発者は1つではなく多数のインターフェイスを処理する必要があることに気づいた。

GoogleAmazonNetflixなどの業界リーダーは、この変化をすぐに理解し、安定性とスケーラビリティを維持するために、データの処理、使用、管理のプロセス全体を分析し始め、プレゼンテーション層とビジネスロジックがそれぞれから明確に分離されていることを確認した。 これは、これらの企業のビジネスを成功に導く多くの先見の明のある動きの1つである。

3層アーキテクチャとクライアントサーバーアーキテクチャ

Three-tier vs. client-server architecture

Googleや他の業界リーダーのソリューションは、シンプルでありながら優れていた。 これは、最初に、純粋にデータストレージに集中するサーバーの責任を軽減することで構成されていた。 次に、サーバーのデータ処理能力を向上させる(事実上リアルタイムでテラバイトのデータを収集および分析するため)。 そして最後に、サーバーのビジネスロジックの責任を軽減する。 この新しい概念は、3つの独立した部分で構成される3層アーキテクチャとして現在知られているものを誕生させた:完全なフォローエンドデータストレージ/取得システム(透過的、高速かつ安定的)と、ビジネスロジック(指定されたものを通じてその機能を公開する特定API)、およびプレゼンテーション層(フロントエンドユーザーインターフェイス)の3つである。 別々のプラットフォーム上で独立したモジュールとしてソフトウェアを構築および維持することは、1980年代および90年代の標準アーキテクチャから数光年離れた、革新的でありながら必要な概念であった。 システムのすべての機能を、複合機能を備えた複数のパッケージに分割すると、すべてを1つの大きな分厚いプラットフォームで開発するのではなく、ソフトウェア開発をスケーラブルで保守しやすくなる。 この新しい方法は“マイクロサービスアーキテクチャ”と呼ばれ、古い方法は“モノリシックアーキテクチャ”と呼ばれる。 モノリシックアーキテクチャの主な問題は、テクノロジープロバイダーとエンドユーザーの両方にとって、スケーリングが事実上不可能であるということである。 既存のアプリケーションに新しいシンプルな機能を追加すると、最悪のシナリオではシステム全体がクラッシュするか、最良のシナリオでは開発に多くの時間がかかり、関連するすべての部分のコストが高くなる可能性がある。

*この記事は、もともとShiji GroupInsightsブログに掲載されていた。 パート21018日月曜日に公開される。

著者:Anthony Huntは、Shijiのグローバルビジネスチームの製品および戦略担当副社長。(10/15 https://bit.ly/3DM9dTT )

 

16. 1011日の資金調達記事

·          デジタルSIMカードAiralo

旅行者が世界中のモバイルネットワークに接続し続けることができるようにデジタルSIMカードを提供するAiralo、シリーズAの資金で540万ドルを調達した。 このラウンドは、Sequoia Capital India Surge program, Antler, Plug and Play Ventures, LG Technology Ventures, Go Venturesなどが参加した楽天ベンチャーズが主導した。Phocuswright会議2019で旅行イノベーション(スタートアップ部門)賞を受賞したAiraloは、物理的なSIMカードを交換することなく、ローカル料金でモバイル接続を可能にする190以上の国のESI-MSへのユーザーアクセスを提供する。 同社の創設者であるAbraham BurakBahadir Ozdemirは、彼らの使命は「世界中のインスタント旅行接続へのゲートウェイを作成することである・・・eSIMは、従来のローミングシステムや物理的なSIMカードを必要としないスムーズでシームレスなソリューションを可能にする」と述べている。 新しい資金提供により、Airaloはグローバルなカバレッジとアプリ内サービスを拡大し、トロント、イスタンブール、シンガポールのチームを加え、通信会社や旅行会社とのパートナーシップをさらに発展させることを計画している。 Airaloの取締役会に加わる楽天ベンチャーズのパートナーであるAdit Swarupは、「世界中の電話会社は、顧客獲得の高コストに苦しんでいる。 これらの重要なインフラストラクチャプロバイダーが製品を流通してユーザーを獲得するための、非常にスケーラブルな新しいレールを構築するというAiraloの使命をサポートできることを誇りに思う」と述べている。 Airaloの最後の資金は、201910月の190万ドルのシードラウンドであった。(10/11 https://bit.ly/3at7uWV )

 

·          レンタカー配車Kyte

サンフランシスコを拠点とするスタートアップで、レンタカー会社やその他のフリートプロバイダーと顧客をつなぐKyteは、シリーズAの資金で3,000万ドルを調達した。 ラウンドはPark West Asset ManagementSterling Roadが主導し、FlixbusDN CapitalAmpol1984 VenturesFundersClubMoving Capitalなどの創設者を含む新規および既存の投資家が参加した。 同社は、この資金を使って全米および国際的に拡大し、現在は全米10都市で事業を展開しており、主要大都市圏でのテレオペレーションおよび自動運転車の配送を可能にする機能の開発を継続すると述べている。 Kyteによると、オンデマンドのカー配車により、従来のレンタカーサービスの不便さ、カーシェアリング市場の不整合、従来のカーリースの柔軟性の欠如が解消される。 「私たちは、都市に住む人々が車を所有せず、通りが駐車中の車で詰まらない世界を想像している。 スペースはより良い目的のために使用され、個人の移動の自由はKyteによって可能になる。 私たちは、車がフリートハブから必要なときに必要な場所に移動する自律的な未来のためのインフラストラクチャを構築している」とKyteの共同創設者であるNikolaus Volkは言う。 Kyteのアプリまたはウェブサイトを使用して、顧客は2時間以内に配車するために車を予約し、好きなだけ使用することができる。Kyteは、“Kyte Surfer”と呼ばれるドライバーを派遣して、顧客の場所に車を配車する。 レンタルの終了時に、顧客は会社のサービスエリア内の任意の住所に車を返却できる。 「Kyteは、従来のレンタカーと比較して魔法のような体験だ。 私の家族はそれに依存しており、それが、私がこの投資に最初にとても興奮した理由だ」とSterling RoadのマネージングパートナーであるAsh Rustは言う。 UberMcKinsey & CompanyBMWの同窓生によって設立された同社は、2019年の立ち上げ以来、現在4,000万ドル以上を調達している。(10/8 https://bit.ly/3lv3LON )

 

·        OTACuddlyNest

オーランドを拠点とするオンライン旅行代理店のCuddlyNestは、エンジェル投資家から350万ドルを調達した。2017年に設立されたこの会社の総資金は、すべて個人投資家からで、その合計は1,400万ドルになる。 CuddlyNestは現在、高級ホテルからホステル、さまざまなバケーションレンタルに至るまで、200を超える国と地域で400万件のリスティングの予約を提供していると述べている。 同社はこの資金を使ってチームを成長させ、新製品の機能を追加する。 CuddlyNestの共同創設者兼COOであるRitesh Rajは、「私はこのマイルストーンにわくわくしている。 投資家のサポートは、私たちのビジョンへのコミットメントの重要な兆候であり、私たちのビジネスモデルをより良くし、より大きくするための新しい方法を提供する。 旅行の習慣が変化するにつれて、新たなニーズと新たに発見された問題点に合わせてキュレーションされた検索オプションの必要性が高まっている。 私たちの主な焦点は、究極で最も直感的な検索結果ページを設計し、在庫が常に検索意図と一致するようにすることである」と語る。 同社は、過去6か月間の予約が大部分を占めていたため、柔軟なキャンセルポリシーを備えた宿泊施設の提供に重点を置いていると述べている。

また、ユーザーが省エネで環境に優しい戦略を実装しているプロパティを識別するのに役立つフィルターを追加する。 CuddlyNestは、他のグローバルOTAと比較して“最低の総手数料” を提供すると主張しており、プロパティ所有者がCuddlyNestの手数料とゲストの支払い額をカスタマイズできる料金共有モデル(fee-sharing model)を使用している。 同社は12月から18ヶ月間、「CuddlyNest Care Program」を提供し、不動産管理会社ではなく、個人の不動産所有者の手数料を掲載施設の最大2件まで免除する。 Rajは、その目的は「個々の所有者に権限を与え、次の18か月間それらをサポートすることであり、はるかに速いペースで在庫を追加することでもある」と述べている。 この資金調達ラウンドの前に、CuddlyNest202010月に600万ドルを調達した。

·        20219月のPhocusWire PulseRentals On The Riseイベントで録音されたCuddlyNestRajとのこのインタビューhttps://bit.ly/3BMRj2T をチェックしてください。

(10/14 https://bit.ly/3AETqEB )

 

 

+++++

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ