海外事情・旅行流通

 

フォーカスライトJapanでは、PhocusWire Daily (phocuswire.com) の毎日のニュース

意訳して、毎週 月曜日更新の「海外事情」に掲載しています。

この「海外事情」は、この他に TD 勉強会( www.e-tdb.com )と、その一部を 

トラベルジャーナル(TJ)の隔週コラム「FROM THE WORLD / 海外事情」にも

掲載しています。 

 

2020年以前の「海外事情」は、TD 勉強会 www.e-tdb.com のアーカイブにて 

ご覧になれます。TD = Travel Distributionの略です。)

 

 

TD海外事情 712日号

 

気になったニュースは、「3. (TJ) エアアジア、Gojekタイ事業買収」 と 「4. (TJ) ブッキング、フィンテック立ち上げ」の二つ。

 

AirAsiaは、インドネシアのデカコーンGojekのタイの事業を買収し、東南アジアにおけるスパーアプリの展開に弾みをつける。Gojekは、シンガポールのGrabと競争関係にある。そのGrabは、4月に米Altimeter Growth CorpSPAC=特別買収目的会社)との合併による過去最大級の空箱上場を発表、年内のNASDAQ上場を目指す。

(注)4月時点では、第3四半期上場を予定していたが、米証券取引委員会の空箱上場に対する厳しい審査により、第4四半期以降に3ヶ月間の遅れを余儀なくさせられている。

今までに、ソフトバンクグループなどから100億ドル(11千億円)の資金を調達。一時は、SBG孫正義会長の仲介で両社(Grab Gojek)の合併協議が継続されていたが、結局『Gojekは、517日、同国eコマースのリーダーであるこれもデカコーンのTokopediaとの180億米ドルの合併を発表、GoTo Groupを設立した。このグループは、ジャカルタと米国で300億ドルから400億ドルと推定される市場評価で公開することを目指している。』

(注)TokopediaはこれまでにソフトバンクグループやAlibaba Group、シンガポールの政府系投資会社Temasek Holdingsなどから総額28億ドル(約3,100億円)を調達。企業評価額は100億ドル(約11,000億円)を超える。

 

Booking Holdingsは、フィンテックを立ち上げ、これを同社の“コネクテッドトリップ 戦略”の基盤にすると言う。Booking Holdingsは、2021年に優先すべき3つの戦略目標を発表している。 (1)コネクテッドトリップの促進、(2) Booking.comペイメントサービスの展開拡大、(3) 米国市場シェアの拡大である。2020年のBooking.comの総予約の22%は、統合された支払いプラットフォームで処理され、2019年の15%から増加、その数は今後も増えると予想している。そして、コネクテッドトリップの促進では、いよいよエアーの予約開始を準備する。

 

一方、Booking Holdings最大のライバルであるエクスペディアは、Peter Kern CEOに就任させて主要な大改革を発表してから1年間2ヶ月が経った。その間、2月には、短期レンタルVrboのホストのためのFast Truckプログラムを立ち上げ、4月には、リブランドし、高級バケーションの卸売業者であるClassic Vacationsを民間投資会社のNajafi Companiesに売却、5月には、法人旅行サイトEgenciaAMEX GBTに売却、同社との戦略提携を締結、アップルとベライゾンから幹部を引き抜き、6月にはExpedia Cruiseを立ち上げるなど・・・連続して経営の強化に励んでいる。同社は、20113月にAirAsiaとの合弁会社AAE Travelを立ち上げたが、20188月にExpediaがこのJVAirAsia保有株式25%6千万ドルで買収した。

 

世界で、ポスト・パンデミック後の市場の熾烈な覇権争いが開始されている・・・。

(編集人)

 

 

目次

1. (TJ) LH、旅行持続可能性マーケットプレイスSquake立上げ

2. (TJ) TravelPerkClick Travel買収で法人旅行強化

3. (TJ) エアアジア、Gojekタイ事業買収

4. (TJ) ブッキング、フィンテック立ち上げ

   (TJ) = トラベルジャーナル 89日号 参照ください

5. VIDEO: PCW欧州Summitピッチ優勝Indie Campers

6. SITA、自動化が航空会社回復問題の唯一の方法

7. VIDEO: 旅行サブスクとロイヤルティーの価格                     閲覧第2

8. VIDEO: PCW欧州Launchピッチ参加Table4One

9. TUI、デジタル地上輸送トランスファー拡張

10. 旅行者データ、旅行再突入(reentry)に必要               閲覧第5

11. VIDEO: PCW欧州Summitピッチ参加Troop

12. AA、不公平ディスプレイでSabreを訴える

13. ツアーの強い将来、準備できているか?                          閲覧第3

14. VIDEO: PCW欧州Launchピッチ参加Data Appeal Company

15. エアビー、騒音監視強化

16. VIDEO:回復と持続可能性両立できるか?                   閲覧第1

17. VIDEO: PCW欧州Summitピッチ参加Zytlyn

18. 社説: 旅客は安心を求めている

19. 旅行業界のダイバーシティー

20. 旅行とホスピタリティのテック投資優先順位付け                  閲覧第4

21. 75日の週の資金調達記事

 

 

5. VIDEO: PCW欧州Summitピッチ優勝Indie Campers

Indie Campersはロードトリップのマーケットプレイスです。2,000台以上の車両に加えて、キャンピングカー、モーターホーム、その他の数え切れないほどの個人および専門家のRV車を集め、ドイツ、フランス、英国、アイルランド、スペイン、イタリア、スイス、オーストリア、オランダを含むヨーロッパの14ヶ国で運営されている。同社の使命は、世界中の何百万人もの旅行者の旅行体験を向上させ、価格を下げることにより、ロードトリップを民主化することである。プラットフォームを通じて50万泊以上のレンタルがあり、Indie Campers130か国以上から10万人以上の旅行者を獲得してきた。Indie Campersは、Phocuswright Europe 2021のサミットコンペティションでInnovator of the Year賞を受賞した。(7/5 https://bit.ly/2SQEYcL)

 

6. SITA、自動化が航空会社回復問題の唯一の方法

空港の容量はCOVIDの制限により大幅に減少しており、パンデミック前のレベルの4分の1から40%の間にあるとの報告がある。航空ITスペシャリストのSITAよると、この問題は航空輸送業界が現在取り組んでいる5つの課題の1つである。同社は、交通量が2019年のレベルの75%に戻ると、空港での待ち時間が5時間に達し、通常の交通量では8時間に達する可能性があることを示唆するEuro controlの調査を指摘している。SITAのヨーロッパ担当プレジデントであるSergio Colellaは、これを容認できない状況として説明し、ソリューションはデジタル化であると付け加えている。

彼は、主に南ヨーロッパでの成長のため、6月の第4週のトラフィックは2019年のレベルの53%であったと言う。健康要件を管理するという課題に加えて、SITAは、Your Runway to Successレポートで、地上および空中のモバイルを介した乗客の移動を自動化することをさらなる課題として特定した。また、空港でのコラボレーションとコスト効率の向上、および航空機の効率と持続可能性の向上が必要であるとも述べている。

Colellaは、「より少ない、より多くのコラボレーション、より多くのコスト効率で、より多くのことを行う必要がある。効率を高めるという共通の意図があるため、事前に提供することは不可能と考えられていたことが、今では可能であると考えられている」と述べている。SITAはまた、よりシームレスな乗客の旅のためにバイオメトリクスを使用するスマートパステクノロジーを含む、レポートの課題に対する多くのソリューションを強調している。同社は、モバイルを介した旅客サービスが航空会社のトップになって、今年初めに航空業界のテクノロジー支出が優先事項担っていることを強調している

* Your Runway to Successレポートはhttps://bit.ly/3jSjAyZ からダウンロードできる。(7/5 https://bit.ly/3wntf2S )

 

7. VIDEO: 旅行サブスクとロイヤルティーの価格

旅行会社が新しいオプションを模索したり、旅行者やビジネスパートナーのために自らを改革したりする中で、サブスクリプションが脚光を浴びている。

しかし、サブスクリプションモデルはどの程度持続可能であり、旅行者は本当にサブスク料金を支払いたいのだろうか。Tripadvisorなどの企業は、このモデルに大きな信頼を寄せており 、最近1週間でTripadvisor Plusサービスを完全に開始し、 2021年初頭にベータテストを実施した。オンライン旅行代理店のeDreamsも、Primeメンバーシッププログラムの開発に懸命に取り組んでおり、20229月までに200万人の加入者を獲得することを目標としている。 サブスクリプションへの意欲がパンデミックによるものであり、その後の購入パターンの変化によるものかどうかはまだ比較的不明だが、業界の一部の地域では、サブスクリプションが、旅行者が購入する概念であるというかなりの熱意が明らかに存在する − 文字通り。

このようなプログラムの開発は、明らかに消費者とブランド間のロイヤルティを新しい方法で促進することに結びついているが、企業が新しい顧客を旅行に呼び戻し、既存のゲストと乗客のビジネスを確保するために取ることができるアプローチは明らかにそれだけではない。Tripadvisorの最高商務責任者であるKanika SoniCitizenM Hotelsの最高商務責任者であるLennert De Jongは、Phocuswright Europe 2021PhocuswrightLorraine Sileoと、サブスクリプションへのそれぞれのアプローチと、より幅広い業界の課題と機会について話し合った。完全なインタビューYouTube https://bit.ly/2TFt9X1に含まれている。

(7/5 https://bit.ly/3xmi6AT )

 

8. VIDEO: PCW欧州Launchピッチ参加Table4One

Table4Oneは、世界中の志を同じくするビジネス旅行者をつなぐ、新しく革新的なソーシャルプラットフォームである。出張では、Table4Oneは、ビジネスチャンスを強化しながら、孤立と孤独に代わるものを提供する。ホスピタリティパートナーは、ゲストエクスペリエンスとレビューを同時に向上させながら、収益と使用率を向上させることができる。ホテルは、ビジネスのゲストをルームサービスからレストランに誘い込み、志を同じくする興味深い人々に会わせる。

Table4Oneは、Phocuswright Europe 2021Launchコンペティションに参加した。YouTubehttps://bit.ly/3hiaNV4がそのピッチである・・・

(7/6 https://bit.ly/2SRTNvD)

 

9. TUI、デジタル地上輸送トランスファー拡張

陸上輸送プロバイダーのMozioとの合意に基づき、125,000を超えるトランスファーのオプションがWebサイトのTUIポートフォリオに追加される。このツアーオペレーターの巨人のデジタル戦略は、125か国で、さまざまなブランドの顧客に中央ハブを提供し、コアサイトに自家用車、バス、電車、ヘリコプター、その他のサービスを提供することである。特に、この動きは、旅行が回復し始めると、従来TUIによって提供されていた既存のグループのトランスファーから提供されていたプライベートプロダクトに対する顧客の需要の大きさを物語っている。パンデミック前のTUIは、顧客のパッケージと独自の旅行の一環として、約3,100万回のトランスファーを販売した。同社によれば、この合意は、Mozioが提供する単一のサービスにトランスファー事業全体を統合するというより広範な戦略的決定の第一歩である。(7/6 https://bit.ly/3xifuUu )

 

10. 旅行者データ、旅行再突入(reentry)に必要

人々は、「通常の」パンデミック後の生活への再突入(reentry)は難しいかもしれないと感じているようだ。米国で人気のコメディスケッチショーであるSaturday Night LiveSNL)は、検疫後の最初の会話の潜在的な厄介さをパロディ化した 。それは、パーティーで小話をするなど、単純なことに戻る方法が分からないかもしれないという集合的な恐怖を明らかにする。旅行にも同じことが言える。簡単な旅行でも、ビジネス旅行者は「どうすればこれをやり直すことができるのか」と疑問に思うかもしれない。 

社会的再突入(social reentry)のように、私たちは旅行の再突入から厄介さと恐れを取り除く方法を見つける必要がある。旅行マネージャーがCOVID時代の旅行に簡単に戻れるように、一連のリスニングセッションを実施した。私たちが見つけたのは、SNLスキットを彷彿とさせる。旅行者の大多数と経営幹部は再び旅行したいと思っているが、これが何を意味するのか不安かもしれない。彼らはこれまで以上に安心を必要とし、より高いレベルの信頼を必要としている。

昔(2019年頃)、私たちは旅行プログラムを構築して最適化するためのデータに焦点を合わせていた。それは今日でも当てはまる。ただし、新しい信頼性の要求を満たすには、新しい種類の「データ」が必要だ。「旅行者の旅のデータ」が新しい旅行エクスペリエンスのポートレートを描き、旅行マネージャーが今日の旅行プログラムに正しい選択をするのにどのように役立つかを我々は調べている。

予測可能なものから予測不可能なものへ

From predictable to unpredictable

旅行者は、以前は予測可能である必要があった。旅行マネージャーの目標は、旅行者をポイントAからBに移動させ、注意義務(duty of care)を確保し、旅行への投資を最適化することであった。それはほとんどすべての旅行者、すべての目的地で同じであった。早期予約、オンラインの採用、およびポリシーコンプライアンスに関する統計は、旅行マネージャーが旅行者を満足させ、予算を管理するために行った選択に情報を提供した。

しかし、旅行の環境は今ではもっと不均一になっている。たとえば、分散した労働力は、新しいタイプの旅行ニーズである会議スペース、ハイブリッド会議、または長期滞在のためのホテルの部屋の需要を生み出している。予算は異なる方法で割り当てられ、直接会うために旅行することの利点と旅行の複雑さを比較検討する新しい承認ワークフローが必要になる。すべての旅行は今やイベントであり、より綿密に管理する必要がある。旅行者がこの新しい環境に足を踏み入れるとき、適切な情報を適切なタイミングで提供し、彼らのエクスペリエンスに関するフィードバックを得ることが重要になる。これが旅行者の旅のデータのすべてである。

新しい旅行のニーズは新しいデータのニーズを生み出す

New travel needs create new data needs

旅行に関する複雑で変化する制限に直面して、私たちのクライアントは、旅行に自信を持つために信頼できる唯一の情報源が必要であると私たちに言った。これが、GBTTravel Vitalsを作成した理由である。クライアントのフィードバックの新しい分析は、特定の旅行のコンテキスト内で、より積極的に情報を配信する必要があることも示している。現在、必要なときに適切な情報を提供している。旅行の24時間前か、それとも48時間前か。そして、あなたがあなたの旅から戻ってくる準備をするときにあなたが必要とする情報は何か?我々は、これも同様に重要であることが分かった。しかし、予約する前に、旅行者は自信を持っている必要があり、旅行マネージャーはこれをサポートするデータを探している。これは、旅行に必要な書類やテストを見つけるだけではない。旅行者のエクスペリエンスそのものからのみ収集できる、より定性的なデータが必要である。「旅行はどうだったか?」、「どこに行ったか?」、「安全で清潔であったか?」、「ビジネス目標を達成したか?」などの簡単な質問への回答が、旅行者の旅のデータセットを構成する。

旅行者の旅のデータを使用して自信を刺激する

Using traveler journey data to inspire confidence

何千もの旅行からの旅行者の旅のデータは、旅行が始まったときに安全で快適に行くことができる場所をビジネス旅行者やマネージャーに示すのに役立つ。今後の方法は、旅行者からの旅行後の情報を使用して、旅行マネージャーが意思決定に使用するデータセットを継続的に更新することである。現在、私たちが見ているデータは、旅行者の88%がサプライヤーのCOVID対策に満足していることを示している。その情報を使用して、旅行マネージャーは旅行者を安心させ、旅行者に必要なものを提供するプログラムを設計できる。実際の旅行者のエクスペリエンスからのデータに基づいてサプライヤーを選択することは、旅行者の信頼を刺激する予約プロセスに自信の層を追加する。また、サプライヤが、改善が必要な領域を特定するのにも役立つ。旅行者がどこに行くのかを知ることも役に立つ。

より多くの旅行者が冒険に出かけるにつれて、目的地で感じる安全性と快適さのレベルは、エクスペリエンスのより微妙なイメージを与えることができる。都市に夜間外出禁止令があるからといって、旅行が不可能であるとは限らない。反対に、ルールが一般的に無視されている場合、マスクマンデートのある状態は最も快適な場所ではないかもしれない。頻繁に訪れる目的地のヒートマップを表示すると、旅行者に安全に行くことができると安心させることができる。

旅行が戻ってきて、準備をする時が来た

Travel is coming back and it’s time to get ready

違いはあるかもしれないが、私たちは出張の将来に圧倒的に自信を持っている。American Expressによる最近の調査によると、出張者の大多数がそれを楽しみにしており、意思決定者の5人に4人以上が、出張がより高い利益と収益につながると感じている。ビデオ会議は私たちを通り抜けるかもしれないが、成長するために私たちは旅行する必要がある。数か月の封鎖の後、再び冒険するのは難しい場合があり、業界全体で私たちは世界が道に戻るのを助けるために取り組んでいる。旅行者にその最初の旅行をする自信を与えるために、旅行マネージャーは新しいデータと新しい洞察を必要とする。旅行者のエクスペリエンスを綿密に追跡し、彼らのエクスペリエンスから学ぶことは、出張の管理方法を形作るのに役立つ。小さな出張であろうとパーティーでの世間話であろうと、私たちはアプローチを再考する必要がある ― 古い質問は当てはまらないかもしれない。「お元気ですか?」の代わりに 「これが、私が学んだことです」は会話を始めるためのはるかに良い方法だ。

著者:Mark McSpaddenは、American Express Global Business Travelのプロダクト戦略担当副社長。(7/6 https://bit.ly/3xlVUql )

 

11. VIDEO: PCW欧州Summitピッチ参加Troop

会議やイベントの計画はますます複雑になっている。Troopは、チームにとって最も効果的なグローバル会議およびイベント戦略を設計するための科学的、アルゴリズム的、およびデータ駆動型のアプローチを提供し、二酸化炭素排出量を大幅に削減しながら時間とお金を節約する。ビッグデータ分析に基づく同社のシステムは、会議の細部をすべて考慮に入れている。場所、フライト、従業員の移動時間、セキュリティ、リスク、およびその間のすべてを徹底的に分析する。Troopは、世界で最も進歩的なFortune 500企業のいくつかから信頼されている。あらゆるタイプのビジネスグループの旅行、会議、イベントを計画および予約する際に、より多くの情報に基づいた意思決定を行うために、関連するすべてのセクターの企業プランナーを積極的に支援してきた。

TroopPhocuswright Europe 2021Summit Pitchに出場した。

https://bit.ly/3k0eLUi がそのピッチである。(7/7 https://bit.ly/3hpUuWk )

 

12. AA、不公平ディスプレイでSabreを訴える

American航空はテキサス州の裁判所に、SabreGDS検索結果でNew Airline StorefrontNAS)ディスプレイを使用することをブロックするよう要請した。

Americanは、SabreDeltaの支援を受けて設計した新しいディスプレイインターフェースが、SabreAmericanとの契約に違反して、検索結果をDeltaに偏らせていると主張している。

American航空はまた、AAの高価値プロダクトを販売するエージェントに支払うインセンティブよりも大きい高価値Deltaチケットを販売する旅行代理店にSabreがインセンティブを支払うことを阻止するよう裁判所に求めている。

Americanは繰り返し不平を言い、Sabreは完全に認識しているので、Sabreの新しいフォーマットは、Sabreの流通サービスを契約している旅行代理店に、プロダクト、サービス、運賃、スケジュール、在庫など、Americanの旅行情報の不正確で誤解を招く表示を提供することによって、Americanに不利益をもたらす」、「さらに、Sabreは、新しい価値ベースの予約料金モデルの下で、Deltaでハイエンドのチケットを予約する旅行代理店に追加のインセンティブを支払うつもりであるとAmericanに語った。これにより、旅行代理店はAmerican以外の他の航空会社で重要なビジネス旅行者を予約することになる」と、American629日にテキサス州タラント郡で起こした訴訟で述べている。

Americanは、SabreNASをさらに使用することを防ぐために、裁判が継続されている間、一時的な差し止め命令を発行するよう裁判所に要請した。Sabreは訴訟についてコメントすることを拒否した。Sabre4月にNASをデビューさせ、新しいディスプレイシステムをSabre 360 Redプラットフォームでの公正な問い合わせに対するデフォルトのアプローチにする計画を立てた。 NASは、航空券の比較ショッピングを容易にする方法として、運賃照会の結果を仮想棚(virtual shelves)に表示する。各棚の運賃は、類似したプロダクト属性のためにグループ化されている。Deltaは、GDSがプロダクトの完全な補完物をより目立つように商品化することを奨励するためのより広範な戦略の一環として、NASの開発においてSabreを支援した。また、その取り組みの一環として、Delta航空はSabreとの契約を刷新し、航空会社のGDS商用モデルで標準となっているフラットセグメント料金を放棄した。代わりに、71日以降、Deltaは、予約の価値に基づいて、予約に対してSabreに支払う金額をスケーリングしている。Sabreは、新しいモデルが旅行アドバイザーに「強化された価値」をもたらすと述べている。American航空は訴訟の中で、新しいSabre-Deltaの取り決めが、旅行アドバイザーに自社のプレミアムプロダクトよりもハイエンドのDeltaプロダクトを販売するよう動機付けすることにより、Sabreとの独自の契約に違反していると主張した。Americanはまた、NASの表示形式がDelta支持に偏っていて、AmericanSabreの最大のクライアントであるにもかかわらず、SabreNAS設計についてAmericanと相談しなかったと主張している。

訴訟には、Americanが主張する表示バイアスのさまざまな例が含まれている。たとえば、大陸横断便のAmericanFlagship Firstシートは、DeltaUnitedのビジネスクラスのプロダクトと同じ棚に表示される。ディスプレイはまた、American独自のビジネスクラスのプロダクトを除外している、旅行代理店は、Deltaのプロダクト、サービス、運賃に匹敵するAmericanのプロダクト、サービス、運賃を見つけるために追加の手順を踏む必要があるとAmericanは言う。

Americanは陪審裁判(jury trial)を要求した。

*この記事はもともとTravel Weeklyに掲載された。(7/7 https://bit.ly/3jYqK4D )

 

13. ツアーの強い将来、準備できているか?

複数日にわたるツアーは15か月間大変で、多くのオペレーターはまだ予約が入って来るのを見ていない。世界観光機関によると、2020年の海外からの到着客は74%減少したが、新しいレポートによると、複数日ツアープロバイダーは予約が84%減少し、不釣り合いに苦しんでいた可能性がある。Arivalの調査では、数日間のツアー市場に関する洞察が明らかになり、小規模で若い企業で構成されているものの、テクノロジーが洗練されていないことが明らかになっている。

ただし、このセグメントには多くのメリットがあり、レポートでは2019年の総売上高が6,900万ドルであり、さらなる成長の可能性があることが明らかになっている。

サイズと形

Size and shape

Arivalは、市場は10,000人のプレーヤーで構成されていると推定しており、そのうちの約60%は、オーダーメイドでスケジュールされた少数の添乗員付きツアーを提供する中小企業だ。企業の約60%は、過去6年間に設立された。これは、多くの場合、古い企業よりもデジタルに精通しており、消費者に直接販売するのに適した立場にあることを意味する。これは、ツアーがしばしば小グループであるという事実とツアー自体のエクスペリエンス的な性質に加えて、パンデミックが彼らの強みを発揮するかもしれない理由の1つである。消費者はパンデミックの最中にオンラインに駆り立てられ、逃げ道としてバーチャルツアーやエクスペリエンスを取り入れることが多いだけでなく、エクスペリエンスへの傾向はこの1年で高まっている。 多くの消費者は現在、家から出ることを望んでおり、文化的で幸福な旅行、そしてより持続可能な旅行を一般的に求めている。多くの企業の情熱は、数日間のツアーオペレーターが戦うことを決意していることからも楽観的な見方をすることができる。72%は、事業を向上させるためにここ数か月でテクノロジーとマーケティングに投資していると述べている。すでに多くの予約が戻ってきており、2021年にはまだ予約がない四半期があるが、2020年と比較して51%予約が増加している。

技術的な取り上げ

Tech take-up

Arivalによると、このセグメントはテクノロジーの使用が遅れており、プロバイダーの半数強がツアー予約システムを使用しており、多くは単にスプレッドシートと電子メールに依存して旅程をまとめている。さらに、約90%が、サプライヤーの予約を手動で処理していると答えている。複数日にわたるツアープロバイダーは、テクノロジーのコストと価値について懸念を表明し、現在使用しているプロセスは「今のところ十分間に合っている」と感じている。システムを使用している人のうち、約20%が今後2年間でテクノロジーを変更する予定であり、約3分の1がシステムを採用する予定であると述べている。

流通に関しては、オンライン旅行代理店などのオンラインチャネルに徐々に移行しているが、すべての予約のほぼ半分が直販で行われ、約25%がOTAからのものである。

楽観的な理由

Cause for optimism

複数日ツアーセグメントがパンデミックからどのように浮上するかを観察することは興味深い。Tourlane2020年後半に2,000万ドルの投資引き付けたことで、投資家はまだこのセグメントに可能性を見出している。大手プレーヤーもこのセグメントに注目しており、TUIは最近Nezasaとの複数日ツアープラットフォームの開発に取り組んでいることを発表した。

* 850人以上の回答者がArivalレポートに参加し。このレポートはhttps://bit.ly/3jWRNgy からダウンロードできる。

(7/7 https://bit.ly/2UzbOiG )

 

14. VIDEO: PCW欧州Launchピッチ参加Data Appeal Company

包括的で正確なデータ、洞察、旅行インテリジェンスツールを活用して、目的地の成長戦略を導くData Apealソリューションは、世界中の旅行専門家によって慎重に設計されており、目的地のマネージャー、観光組織、およびオペレーターをより適切に支援する。海辺の目的地、山間の町、芸術と文化の都市は、常に最も戦略的な決定を下そうとしている。適切なタイプの訪問者を引き付け、旅行体験(エクスペリエンス)の認識を理解し、新しい市場を征服することがこれまで以上に重要になっている。Data Appeal Studioは、目的地向けに設計された最初で唯一のオールインワンの地域分析プラットフォームである。シームレスなプラットフォームにより、ユーザーは需要を予測し、最新のトレンドを常に把握し、リソースの投資方法と使用方法を、自信を持って決定できる。Data Appeal Companyは、Phocuswright Europe 2021Launchコンペティションに参加した。https://bit.ly/3yEEHsI がそのピッチです... (7/8 https://bit.ly/2SZfvhl )

 

15. エアビー、騒音監視強化

不動産ソフトウェアプロバイダーのRealPageは、Airbnbとのパートナーシップを通じて先月開始されたホームシェアソリューションMigoの独占的なノイズ監視サービスであるNoiseAwareを利用している。Migoを使用すると、長期のアパート居住者は、賃貸や建築規制に違反するリスクなしに、短期的にアパートを借りることができる。居住者は、Airbnbで独占的にホームシェアを共有する頻度に応じて、月額家賃の一部を取り戻すことができる。Migoは、NoiseAwareとの新しいパートナーシップを通じて、スマートアクセス制御、クリーニングサービス、およびノイズ監視を可能にする一連の統合サービスをプロパティマネージャーに提供する。4にシリーズAの資金800万ドルを調達したNoiseAwareは、屋内と屋外のセンサーを使用して騒音レベルと持続時間を測定し、データを不動産管理者に送信できる「騒音リスクスコア」として計算する。

パートナーシップの一環として、MigoNoiseAwareサービスの優先居住者と所有者の価格を交渉した。MigoRealPageEntrataYardiMRIと互換性があり、2021年の第3四半期に業界全体で利用できるようになる。

(7/8 https://bit.ly/2Uxwxnc )

 

16. VIDEO:回復と持続可能性両立できるか?

地球の癒しをより重視することは、旅行の目的地と決定に本当に影響を与えるのだろうか?そして、旅行会社が自らとその提供物を再配置する際の役割と責任は何か?多くの旅行ブランドにとって、読みづらいと思われるこの2つの質問がある。これは、オペレーションの通常状態に戻ることが最優先事項である一部の旅行ブランドにとってそうなる。COVID-19のパンデミックにより、業界は暗い場所に追いやられ、顧客はほぼゼロになり、スタッフは解雇または一時解雇され、ビジネスが正常に戻る可能性があるときに従業員不足の不安を感じている。COVID-19発生の前の年に、スウェーデンのティーンエイジャーのGreta Thunberg のような活動家は、持続可能性の問題を真剣に議題に戻すことに成功した。旅行ブランドは、「企業の社会的責任」戦略を通じて、しばしば弱いリップサービスまたは二酸化炭素排出量を削減するためのいくつかの対策の開始を通じて、業界の環境への影響を認識していた。ブランドは、2020年の世界的な封鎖中に延長されたダウンタイムを集合的または個別に使用して、自社を検討し、受け入れて、セクターをより環境に優しいものにするための自身の役割を認識し行動した。多くの人が示唆しているように、他に選択肢は存在しない。

Travalystは、世界中の持続可能な観光プロジェクトを奨励し、ブランドを結集して、セクターが現在および確実に将来直面する問題のいくつかに対処するため2019 作られた。Booking.com  Skyscanner  Ctrip    TripAdvisor、決済大手のVisaがプロジェクトの創設パートナーであり、CEOSally Daveyがこの組織を率いる。彼女は、Phocuswright Europe 2021PhocuswrightアナリストのMark Blutsteinに加わり、プロジェクトについて話し合い、業界ができることとすべきことの概要を説明した。完全なインタビューはhttps://bit.ly/3yFf2jm に含まれている。 (7/8 https://bit.ly/3hsnLjm )

 

17. VIDEO: PCW欧州Summitピッチ参加Zytlyn

Zytlynは、企業が最も緊急の問題と機会に、きめ細かく、適格で実用的なデータ、予測、洞察を提供して対処するのを支援する。このプラットフォームにより、顧客は意思決定を最適化し、需要、競合他社、消費者、市場の洞察からベンチマークパフォーマンスまで最も難しい質問に答えることができる。スイスを拠点とするZytlynは、重要な可能性のあるすべての信号をキャプチャし、AIを使用して相関関係を見つけ、予測モデルをトレーニングし、最先端のPrediction as-a-Serviceプラットフォームを強化する。Zytlynは、Phocuswright Europe 2021のサミット大会に出場した。https://bit.ly/3yIJ4D6 がそのピッチです...

(7/9 https://bit.ly/3hrWa1F )

 

18. 社説: 旅客は安心を求めている

あなたが今世界のどこにいるかによって、旅行の見かけの回復は非常に異なった感じになる。これは、今週のPhocusWireの記事で、American Express Global Business Travelの製品戦略担当副社長であるMark McSpaddenから、旅行が回復するにつれての顧客の信頼についての引用だ。米国は数ヶ月間徐々に開放されており、再び飛ぶ乗客の数が増え、多くの場合、COVID-19がバックミラーに入れられている。ヨーロッパでは、国が一部の国の市民に門戸を開いているが、他の国には門戸を開いていないため、状況ははるかに複雑である。アジア全体でも、国境の開閉、封鎖、その他の社会的措置の同様のパターンが存在する。

英国は、かつてないほど一人で行くのに頑固であり、感染率が再び急上昇しているにも関わらず、コミュニティと旅行の制限を終わらせている。そのような決定を下した国は非常に少なく、航空における重要なハブの地位を考えると、確かにこのセクターにそのような影響力を持っている国はない。世界と業界がコロナウイルスのパンデミックで18か月を迎えるこの複雑で、時には不安な状況が、想定される「再突入(reentry)」(Mark McSpaddenの言葉で)の問題が考慮すべき重要な問題である理由だ。メディアは、読者と視聴者に、鬱積需要が広まっていると信じさせている。旅行者は、道路をドライブしたり、空中で飛んだり、家ではない場所で寝たりするのを待つことができない。もちろん、そうすることを切望している何百万もの人々がいる。しかし、そうでない人、旅行に神経質になっている人、正常に戻ることを心配している人は他にもたくさんいる。

これは、おそらく広範囲にわたる軍事紛争の終結以来、社会がこれまでに見たことのない状況の真の副産物である。いわゆる「ロングCOVID」は、ウイルスの長期にわたる物理的影響を中心に構成されていることがよくあるが、考慮すべき精神的影響もある。旅行ブランドは、ロックダウンが人々に与えた心理的影響を認識していることを確認し、回復への熱中したアプローチが彼らを疎外しないことを認識し、顧客を安心させる必要がある。彼らの顧客は、細部への注意が示されていることと、誰もが再開することに満足しているわけではないことの認識を要求している。(7/9 https://bit.ly/3e3pIAy )

 

19. 旅行業界のダイバーシティー

コロナウイルスのパンデミックによってもたらされた課題にもかかわらず、ホスピタリティ、旅行、レジャーの企業は、過去1年間で多様性と包括性の取り組みをめぐって進歩を遂げてきたが、さらに多くの作業を行う必要がある。

MBSグループと提携したWomen in HospitalityTravelLeisureからの新しいレポートによると、2021年に、取締役会および実行委員会レベルで女性の代表が増加したが、直属の部下レベルでの女性の割合は以前よりも低くなっている。昨年は、セクターの多様性に長期的な影響を与える可能性がある。「回復の核となる包括性:WiHTL 2021年次報告書」というタイトルのレポートには、120以上のホスピタリティ、トラベルアンドレジャー(HTL)ビジネス、および100以上の議長、CEOHRディレクターとの会話からのデータが含まれている。

このセクターは過去3年間で女性と少数民族の代表として着実に進歩しており、DI戦略を実施しているHTLビジネスの数は2020年以降80%から86%に増加していることがわかる。性別の多様性については、取締役会レベルでの女性の割合は2020年の28.9%から29.9%に増加し、執行委員会の女性の割合は2020年の27.2%から31.4%に増加している。FTSE 100およびFTSE 250の事業と比較して、HTLセクターでは、直属の部下および執行委員会レベルで女性の割合が高くなっている。民族の多様性についても進歩がある。経営層での少数民族の代表は、2020年の3.4%から4%に増加した。企業の70%は、民族データを収集するか(37%)、収集中(33%)と回答、2020年の56%から増加している。

Black Lives Matter運動の影響により、民族の多様性を改善するために設計された戦略の数と成熟度に大きな進歩があり、組織の87%が、2020年の25%と比較して民族の多様性に専念する戦略を持っていると述べている。

改善が必要

Improvement needed

直属の部下レベルでは、女性の割合は2020年の37.7%から34.5%に低下した。経営層レベルでは、性別の多様性は2019年以降わずか10%から7%に低下したが、取締役会に女性がいない企業の数は今年15%から21%に増加した。

「私たちは、有能で経験豊富な女性の労働力の供給をこれまでになく多く所有している。才能のパイプラインは溢れかえっているが、私たちはそれを本来あるべき方法で使用していない」、「一般的に言って、多様性の価値とそれが上級チームにもたらすメリットについて、私たちのリーダーシップには知識が不足している」と、Hampton-Alexander ReviewCEOであるDenise Wilsonは述べている。少数民族の代表についても改善の余地がある。報告書によると、取締役会レベルの少数民族の代表は6%で、2020年の6.4%から減少している。直属の部下レベルでは、少数民族の代表は2020年の4.8%から4.7%に減少している。

一方、経営層の4分の3から5分の4には、依然として最上級レベルで過小評価されているマイノリティがなく、HTL企業のほぼ半数が直属の部下レベルで人種的または民族的多様性を持っていない。IHGCEOWiHTL諮問委員会のメンバーであるKeith Barrによると、今後の戦略は、セクターが競争するのではなく、協力することである必要がある。 「これは増幅効果である。私たち全員がそれに焦点を合わせれば[DI]、業界はより速く動くだろう。そのコミットされた連帯がなければ、セクター全体が、私たちが必要とする非常に多様な才能にとって魅力的ではなくなる。私たち全員がソリューションの一部を持っているが、その勢いを維持するために、お互いにオープンに共有する必要がある。女性をこれらのトップの役割に就かせることにリソースを集中させると、男女間の賃金格差は縮まる。民族の多様性に関してはより大きなギャップがあるが、今や社会は私たちが正しいことをするのをこれまで以上に監視し、待っている」とBarrは語る。完全なレポートのダウンロードはhttps://www.wihtl.com/research から入手できる。(7/9 https://bit.ly/3k6kR5o )

 

20. 旅行とホスピタリティのテック優先順位

2020年に旅行およびホスピタリティ業界ほど、深刻なCOVID-19のビジネスへの影響を被った業界はほとんど存在しない。業界自体は、ウイルスの初期に一連の実存的危機に直面していた。飛行機とホテルはもはや脱出として機能しなかった。むしろ、人々は搭乗してホテルに行くことを恐れていた。親切なコンシェルジュはもはや歓迎すべき光景ではなかった。代わりに、非接触チェックインがテーブルに置く手持ちのチップ(掛け金)になった。長い列と動きの遅いチェックポイントは、もはや必要悪とは感じられなくなった。今、彼らは不必要で望まれない。今、私たちは反対側にたどり着いた。旅行は回復しつつあり、ワクチンの流通は大規模であり、人々は再び世界を体験する準備ができている。そして、物事はオン/オフスイッチよりも調整可能なライトスイッチのようにはるかにオンになっているように見えるかもしれないが、旅行およびホスピタリティ業界への焦点は間違いなく明るくなっている。であるから、質問は単純な「業界の人々は、COVID-19が何であったか、何でなかったかについて見ているか?」の一つだ。 何故ならば、COVID-19は、物事のあり方を単に混乱させるだけではなかったからだ。それは物事のあり方、そしてそれが今後も続く方法への目覚めであったのだ。

グレートアクセラレーション

The great acceleration

正確にはどういう意味なのか?パンデミックの影響について、革命を引き起こしたかのように話すことがある。しかし、それが実際に扇動したのは加速であった。顧客は、エクスペリエンスの向上、利便性、パーソナライズなどを介して、長い間変化を望んでいた。 2020年の出来事は、まさにその欲求を必要に変えた。好例: 200以上のプロバイダーを対象とした最近の調査によると、ホスピタリティプロバイダーの86%が、今後3年間でオペレーションの自動化を最優先事項として認識している。そのこの投資はさまざまな方法で実を結ぶ可能性があるが、確かなことが1つある。技術的に変革することが今ほど重要になったことはないと言うことだ。

カスタマーエクスペリエンスを盛り上げる

Charging up the customer experience

消費者は、主にマスマーケットの代替手段がなかったために、旅行体験における摩擦を長い間受け入れてきた。それはもはやそうではない。AirbnbVrboのような企業は、2020年以前にすでに成長していたが、健康と安全の突然の文化的優先順位は、バケーションレンタルが両方をサポートすることが多いという現実を大胆に強調するのに役立った。全体として、技術的イニシアチブは、ブランドおよび旅行およびホスピタリティ業界全体に対する消費者の信頼を再構築することを目的としている必要がある。企業は、モバイルチェックインとチェックアウト、セルフサービスの顧客とのやり取り、デジタルキューイング、デジタルキーの生成、アプリまたはWebベースのルームコントロールへのアクセスなどのオプションを提供して、柔軟性、カスタマイズ、およびパーソナライズを受け入れることができなければならない。プロセスを簡素化し、ゲストを安心させることは、私たちの「ニューノーマル」において最も重要である。

お客様への私たちのあり方を変える

Changing what we are to customers

世界の進化する現実は、旅行中に顧客が求めるものも変えた。長期滞在型ホテル(extended-stay hotel)は、従来のホテルを上回っている。リモートワークとリモートラーニングにより、人々の「休暇」スケジュールの柔軟性が劇的に拡大した。短い地元の旅行は、長くて高価な旅行よりも簡単で受け入れやすくなった。

旅行およびホスピタリティ業界の人々は、調整するためにバリュープロポジションを拡大する準備ができているか?顧客が信頼するブランドと、データを共有することをこれまで以上に望んでいる ― 最近のSAPの調査によると、ミレニアル世代の83%は、よりパーソナライズされたエクスペリエンスを意味する場合、喜んで旅行ブランドにデジタルパターンを追跡させている ― 企業は、より大きな信頼と忠誠を奨励するプログラムと製品を構築するために、顧客データからの洞察を利用する時が来た。高度なクラウドテクノロジーは、彼らに将来の可能性を示し、そこに到達するのに役立つ。

持続可能な未来を描く

Charting a sustainable future

2020年に私たちが耐え、採用した封鎖と制限された旅行習慣は、地球環境に関して影響を及ぼした。最近のデータによると、世界の二酸化炭素排出量は、前年比6.4%、つまり約23億トン減少した。しかし、専門家によると、気候変動の最悪の影響を防ぎ始めるにはまだ十分ではなく、特に今年は数が急増すると予想されている。そのため、航空会社が最近2050年までに業界全体のカーボンニュートラルに取り組んだのは偶然ではない。考えてみて欲しい。旅行やホスピタリティよりも持続可能で再生可能な気候が重要な業界はない。地球の温暖化を遅らせることで、私たちは地元の文化を保護し、そもそも観光をとても有意義で美しいものにする天然資源を保護することができる。

実際にそれを実現する方法

How to actually make it happen

では、上で概説した未来を実現するために、私たちは何をしなければならないのか。テクノロジーを習得しょう。たとえば、ホテルには常に資産管理システムが必要である。最近の調査によると、ホテル経営者の49%が、2021年に収益関連ソフトウェア(30%)と運用強化ソフトウェア(19%)へのアップグレードを優先していることが分かった。これは、彼らが現在、レガシーのサーバーベースのシステムから逃れ、デジタル変換を可能にする革新的で柔軟なシステムを支持していることを示している。そして、「データ」を流行語というよりも資産として真に見始めている。本質的に、クラウドオペレーションは、旅行およびホスピタリティ業界全体のITの複雑さを取り除き、スタッフが主にゲストに集中できるようにし、システムで作業するときにシステムの効率を高めることができる。また、旅行会社やホスピタリティ会社は、飲食店、宿泊施設、イベントスペース、ゴルフコースなど、ビジネスのすべてのタッチポイントで何が起こっているかをすばやく直感的に確認できる。データが無数の異種システムに分散しているため、このタスクははるかに困難になる。最新のソリューションはシームレスな体験を提供し、変化する市場の状況やゲストのニーズに迅速に適応することができる。これらのプラットフォームをトップダウンで再考することで、データと高度なアルゴリズムをクラウドに統合することもできる。このデータを統合することで、企業は顧客の好みや行動についてより深い洞察を得ることができ、顧客エンゲージメントと全体的な顧客体験の向上に役立つ。もちろん、サイバーセキュリティはこの旅で覚えておくことが重要だ。非準拠のシステムや急いで実装された場合の影響が現実の世界ですぐに明らかになるからだ。データ保護、支払いゲートウェイ、およびサードパーティのソリューションおよびアプリケーションプロバイダーによる情報アクセスの監視(SAPの新しいbusiness-transformation-as-a-service オファリング、RISE with SAP、単一契約の単一オファリングなど)が安全で成功する未来のために不可欠になる。

著者:John Tullyは、SAP North America South Regionのマネージングディレクター。(7/9 https://bit.ly/3hTWFR1 )

 

21. 75日の週の資金調達記事

·        Transreport

鉄道の乗客支援アプリであるTransreportは、英国運輸省(DfT)から追加の資金を調達した。同社は、鉄道をよりクリーンで環境に優しくし、顧客ekusupwを向上させるためのFirst Of A Kindイニシアチブ(FOAK)の一環として、410,000ポンドを授与された。Transreportは、30のプロジェクトに授与された900万ポンドのFOAK投資を共有し、この賞により、スタートアップへのDfTの投資は100万ポンドを超えた。この資金により、Transreportは乗客支援アプリを開発できるようになる。このアプリは、障害を持つ乗客が鉄道網を利用する旅の支援を要求できるようにする。このアプリは5月に英国全土でリリースされ、同社は予約時にユーザー補助機器のアベイラビリティをリアルタイムで検証できる機能に取り組んでいる。

Transreportはまた、FOAKイニシアチブの一部であるさらなるプロジェクトに取り組んでおり、鉄道会社が清掃を監視および管理するのを支援することにより、鉄道の清潔さを改善している。最新の投資は、今年3月に発表された250万ポンドの資金調達に加えて行われる。その他の受賞プロジェクトには、駅のオペレーターがボトルネックに取り組むことを可能にする人の流れを監視するシステムや、地理的に配置されたオーディオストーリーを通じて乗客と外にいるものをつなぐプロジェクトが含まれる。(7/5 https://bit.ly/36glgKE )

 

·        Stayfolio

Stayfolioは、TBT PartnersQuadから450万ドルの投資ラウンドを獲得した。韓国を拠点とするビジネスは、シリーズA資本を使用して、地理的にも、宿泊施設プラットフォームに在庫を追加することによってもビジネスを拡大する。同社は2015年に設立され、高級バケーションレンタル物件とブティックホテルの客室を組み合わせて提供している。Stayfolioによると、ある物件での平均滞在日数は、200のポートフォリオ全体で、1泊あたり約320ドルから440ドルである。当初の成長軌道は韓国周辺での事業拡大でしたあったが、現在は他の市場での立ち上げが見込まれている。コロナウイルスのパンデミックが発生したにもかかわらず、2020年には約300%の収益成長を遂げたと言われている。2021年のこれまでのところ、同社は月に8,000件の予約を確保しており、これまでに合計20万件に達したとのことである。特に成功した戦略は、インフルエンサーや有名人をそのプロパティに引き付け、かなりのInstagramの存在感を与え、その後会社を制作撮影に使用したテレビ会社の注目を集めることであった。(7/6 https://bit.ly/3jOZuWj)

 

 

+++++