旅物語 国内 第7回 長崎の旅(2015年 秋)             (前篇)その① 長崎くんち

2015年11月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 10月9日、450年の伝統のお祭り「長崎くんち」を見物して来ました。
 諏訪神社の境内の桟敷席から、各町内あげて大人子供一致団結し一生懸命演じられる勇壮で心温まる秋祭りを堪能しました。
 龍踊り、勇壮な山車回し、日本舞踊、詩吟舞、阿蘭陀万歳などなど、バライティーに富み、毎年見に来たいと思わせる”興奮”のお祭りでした。
 「モッテコーイ、モッテコイ」(「もう一度」の意味)の会場一体となった大声の掛け声と共に、何度も熱狂歓喜のアンコール、3時間の予定が4時間となりました。
 市内4ケ所で演舞した後、各山車は「庭先回り」・・・氏子の家々に街中に繰り出します。
 この3日間(7~9日)、長崎市内はお祭り一色です。 日本のお祭りの原型を見ました。
 「ヨイヤー!」(良い哉、良いぞ!)

諏訪町 龍踊(じゃおどり)(青龍)


子供たちが一生懸命で可愛かった、
上手でした。 大きな拍手声援でした。



諏訪町 子龍、孫龍の踊り

諏訪町 龍踊(じゃおどり)(白龍)

新橋町 阿蘭陀(オランダ)万歳


異国情緒たっぷりですが、花柳流の舞踊です。



 「長崎くんち」は、旧暦9月9日重陽の節句に収穫を感謝するため行われた秋のお祭です、
その9日(くにち)がなまって、「くんち」となりました。


新大工町 曳壇尻


榎津町 川船




2つの壇尻、川船の引き回しは迫力満点、勇壮で興奮します。



金谷町 本踊




「諏訪詣金谷傾城綾錦」の踊り

新大工町 詩舞





あでやかで優雅です。




諏訪舞晒三番叟



新大工町 笠鉾


重い鉾を町内の若者が一人でぐるぐる回します、拍手喝采です。



賑町 大漁万祝恵美須船




西古川町 本踊





西古川町は江戸時代より相撲と縁が深い町、弓取り式を見ました。






西古川町 櫓太鼓


賑町の子供総出演、とっても可愛いです。


  もう一度、

  「ヨイヤー!」(良い哉、良いぞ!)


諏訪神社境内 「長崎くんち」全景


その② 長崎散歩

 長崎散歩です。
 観光客でいっぱいの大浦天主堂、ブラバー園から見た長崎港、港に見えるのは三菱造船所、向かいの山は長崎市内の夜景が綺麗に見える稲佐山です。

大浦天主堂

旧グラバー住宅と長崎港




オランダ坂の素敵なカフェ(東山手甲十三番館)、




オランダ坂のカフェ

オランダ坂


オランダ坂・・・長崎は坂だらけ、


眼鏡橋     夜景が素敵な眼鏡橋


思案橋

橋の無い「思案橋」





出島跡



今は埋立地の中で海のない「出島跡」




海の眺めの素晴らしいチャンポン発祥の店「四海楼」 ・・正午回ると長蛇の列です。








小ちゃな長崎新地中華街、
歴史を感じさせてくれる「孔子廟」、
異国情緒たっぷりです。

長崎新地中華街

元祖トルコライス    長崎名物

四海楼

孔子廟

食べるミルクセーキ


   元祖トルコライス・・・カツカレーにナポリタン
キャベツの千切りが入った食べ物でした、
 食べるミルクセーキ・・・これは美味しい。


幕末から続く茶碗むしと蒸寿司の老舗「吉宗」
・・・とっても大きな茶碗むしは初めて、美味しい。


茶碗蒸しの吉宗


海外事情

 

84~16日の主要ニュース19本のうち、いつもはPhocusWire Dailyにはほとんど表れない法人旅行に関する記事が7本(目次の下線箇所)もあった。取扱高ベースで米国市場のおよそ3割が法人旅行市場にあたり、そしてそれに加えておよそ2割程度のunmanaged business 旅行市場が存在すると言われている。つまり米旅行市場のほぼ半分あるいはそれ以上が、法人旅行で構成されていることになる。それだけ大きな市場にもかかわらず、業界ニュースが少ないのに驚かされる。(尤もこれにはPhocuswrightの親会社であるNorthstar Travel Mediaが、法人旅行市場専門誌であるBTN=Business Travel Newsを編集していることも影響している。)

 

7本の記事を読むと、この市場のセルフ予約ツールの使い勝手が極めて劣悪で、法人旅行管理会社(TMC)のサービスに対しても出張者の不満が多く、その上企業の出張規定のかなり厳しい遵守の要求のために、出張者のモラルと生産性の低下が発生している可能性がある、という何やら暗い話が連続する。要するに観光旅行市場の方が法人旅行市場よりも、旅行の計画や手配のプロセスで、テックを含めてずーっと先進洗練先行しているというのだ。

 

しかし、最近になって、この遅れた法人旅行市場に目をつけた新規参入者たちが参入しつつある。そして彼らは、企業のコスト削減最優先に変えて出張者ファースト、出張者セントリックの戦略を敷いている・・・というようなことが、これらの記事に書かれている。観光旅行のベストプラクティスを法人旅行が真似ようとしている。これはFSCLCCを真似て、FSCLCCの境界線がぼやけ始めている話と似ている。出張先で仕事の前後に休暇旅行までしてしまうブレイジャーの拡大も、法人旅行のセルフインベンションの一つのきっかけとなっているのだろうか。

 

11. OTA4つの神話」は、“高い手数料をふんだくっている悪者OTA”の評判(風評?)に対するOTA の恨み節が書いてあって面白い。(編集人)

 

 

海外事情 916日号B 

 

81923日のニュースに加え、法人旅行に関する特集シリーズ3部作の第1部を掲載する。(お盆休みのために、1週間のニュース配信となります。)

 

前々号の楽天キャピタルの都市エクスペリエンスプラットフォームFever(ロンドンとマドリッドベース)出資に引き続き、「3. 楽天、東南アジアのバジェットホテルに投資」した。

 

2. 電子IDと旅行」は、プライバシーの問題について何も触れていない。生体情報は、整形手術をしない限り究極的個人情報なのでプライバシー保護には細心の、最善の、最大限の注意が必要だ。

 

6. 米司法省、セーバーのフェアロジックス買収を否認」は、この買収が実現しない場合は、SabreNDC開発に遅れが生じる可能性がある。これは、FarelogixGDS代替システムの能力に、DOJが“お墨付き”を与えたということか。(編集人)