旅物語 第15回 金比羅山参拝旅(2016年4月)

2016年7月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 前から行きたかった“こんぴらさん”へ、765段の長い階段の登って「金刀比羅宮(ことひらぐう)(本殿)」に詣でて来ました。
 のんびりペースで、登りは1時間、降りは30分かかりました。
途中、お土産屋さん、旧跡などが随所にあるので、想像よりは辛くなく、楽しい往復でした。
 
 創建は不明、古代より、「大物主命(大国主命の別名)」を、ここ琴平では「海上交通の守り神」として祀っています。
 
 江戸時代には「金毘羅参り(こんぴらまいり)」として庶民に流行しました。
 
 全国の「金刀比羅神社」「琴平神社」「金比羅神社」の総本宮。

 階段手前の「表参道」には、たくさんのお土産屋さんとうどん屋さんが並びます。


門前町 参道の大鳥居

階段前で客待ちの「籠屋さん」、右奥が、“第1段”目の階段

「森の石松は、幕末、次郎長親分の名代で刀を奉納、参拝しました。

参道石碑

 

第1段目~364段目

 

「大門(山門)」に至る参道。
 
 いよいよ“階段”の始まりです。

 

 境内の外なので多くのお土産屋さんが両側に並びます。

参道前のお土産屋さん


大門(山門)

「大門」(山門)」です、この先は境内。
籠もタクシーもここまでです、中には入れません。 本殿まで、半分来ました。

「五人百姓」

 

365段~476段

境内で、唯一、商売が許されている
「5人百姓」、名物の「飴」を売ってます。

参道 「桜の馬場」


365段から431段目にかけては、「桜の馬場」と呼ばれ、春には綺麗な桜の花が咲き誇ります。

 

477段~628段

こんぴら狗

 

 

清々しい参道が続きます、 
 周囲の新緑が綺麗です。

 

 

 

 

 

地方の庶民の飼い主の代わりに長い旅をして参拝をした犬。


 

明治の「神仏分離令」以前の「松尾寺」の金堂。

 

 あまりの豪華さに参拝した森の石松は金刀毘羅宮本殿と間違い、旭社だけの参拝で帰ってしまったという。

旭社(重要文化財)

ここを登ると「旭社」です。


幕末に建てられた廻廊、ちょっと休憩に最高です。

旭社の前にある「廻廊」

 

 

 

 

 

六二八段~六五一段

「闇峠」の先にある「手水舎」

手水舎に至る両側は鬱蒼とした木々に囲まれた静寂の空間、「闇峠」と呼ばれます。

 門の名は、長宗我部元親が献納の際、1本の柱を逆さにつけてしまった由来によります。  華麗な門です。

賢木門(逆木門)

本殿まで「786段(ナヤム/悩む)」とならないように、調整する、下りの「マイナス1段」です。


 

652段~785段(本殿頂上)

 

 

 最後の急な133段を登りきると、やっと本宮のある頂上です。
 本宮にお参りした後、ほっと一息眺める「讃岐富士」「讃岐平野」は絶景です。

 

 ここから、「奥社」へは、更に「1368段」あるそうです。

最後の急な133段

お百度参り


金刀比羅宮 本宮拝殿

檜皮葺・入母屋造の「神楽殿」

讃岐富士

「三穂津姫社」

本宮の祭神「大物主神」の妃で、高天原の最高神「高皇産霊神」の娘「三穂津姫神」を祀ります。


 

下りです、お参りも済ませ清々しい気分で楽です。 門前町まで30分です。


客を運ぶ「籠屋さん」

参道の「うどん屋さん」

金刀比羅宮の御神紋「丸金」

 門前町大鳥居の近くにある27mの日本一高い灯篭。  幕末に瀬戸内海を航行する船の指標として建てられた。 壮麗です、必見です。

高灯篭

「うどん」が名前のタクシー

雰囲気のある「うどん屋さん」、美味しかった

資生堂パーラー「神椿」

500段目の広場の横に何故か「資生堂パーラー」がありました、境内の外だそうです。

金比羅歌舞伎の上演中で、“ノボリ”がたくさん立っていました。


世界の航空及びツーリズム最新ニュース

 最新ニュースはこちらからご覧

 頂けます。

 

 

     好評発売中!

日本のオンライン旅行市場調査
       第3版