旅物語 第15回 金比羅山参拝旅(2016年4月)

2016年7月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 前から行きたかった“こんぴらさん”へ、765段の長い階段の登って「金刀比羅宮(ことひらぐう)(本殿)」に詣でて来ました。
 のんびりペースで、登りは1時間、降りは30分かかりました。
途中、お土産屋さん、旧跡などが随所にあるので、想像よりは辛くなく、楽しい往復でした。
 
 創建は不明、古代より、「大物主命(大国主命の別名)」を、ここ琴平では「海上交通の守り神」として祀っています。
 
 江戸時代には「金毘羅参り(こんぴらまいり)」として庶民に流行しました。
 
 全国の「金刀比羅神社」「琴平神社」「金比羅神社」の総本宮。

 階段手前の「表参道」には、たくさんのお土産屋さんとうどん屋さんが並びます。


門前町 参道の大鳥居

階段前で客待ちの「籠屋さん」、右奥が、“第1段”目の階段

「森の石松は、幕末、次郎長親分の名代で刀を奉納、参拝しました。

参道石碑

 

第1段目~364段目

 

「大門(山門)」に至る参道。
 
 いよいよ“階段”の始まりです。

 

 境内の外なので多くのお土産屋さんが両側に並びます。

参道前のお土産屋さん


大門(山門)

「大門」(山門)」です、この先は境内。
籠もタクシーもここまでです、中には入れません。 本殿まで、半分来ました。

「五人百姓」

 

365段~476段

境内で、唯一、商売が許されている
「5人百姓」、名物の「飴」を売ってます。

参道 「桜の馬場」


365段から431段目にかけては、「桜の馬場」と呼ばれ、春には綺麗な桜の花が咲き誇ります。

 

477段~628段

こんぴら狗

 

 

清々しい参道が続きます、 
 周囲の新緑が綺麗です。

 

 

 

 

 

地方の庶民の飼い主の代わりに長い旅をして参拝をした犬。


 

明治の「神仏分離令」以前の「松尾寺」の金堂。

 

 あまりの豪華さに参拝した森の石松は金刀毘羅宮本殿と間違い、旭社だけの参拝で帰ってしまったという。

旭社(重要文化財)

ここを登ると「旭社」です。


幕末に建てられた廻廊、ちょっと休憩に最高です。

旭社の前にある「廻廊」

 

 

 

 

 

六二八段~六五一段

「闇峠」の先にある「手水舎」

手水舎に至る両側は鬱蒼とした木々に囲まれた静寂の空間、「闇峠」と呼ばれます。

 門の名は、長宗我部元親が献納の際、1本の柱を逆さにつけてしまった由来によります。  華麗な門です。

賢木門(逆木門)

本殿まで「786段(ナヤム/悩む)」とならないように、調整する、下りの「マイナス1段」です。


 

652段~785段(本殿頂上)

 

 

 最後の急な133段を登りきると、やっと本宮のある頂上です。
 本宮にお参りした後、ほっと一息眺める「讃岐富士」「讃岐平野」は絶景です。

 

 ここから、「奥社」へは、更に「1368段」あるそうです。

最後の急な133段

お百度参り


金刀比羅宮 本宮拝殿

檜皮葺・入母屋造の「神楽殿」

讃岐富士

「三穂津姫社」

本宮の祭神「大物主神」の妃で、高天原の最高神「高皇産霊神」の娘「三穂津姫神」を祀ります。


 

下りです、お参りも済ませ清々しい気分で楽です。 門前町まで30分です。


客を運ぶ「籠屋さん」

参道の「うどん屋さん」

金刀比羅宮の御神紋「丸金」

 門前町大鳥居の近くにある27mの日本一高い灯篭。  幕末に瀬戸内海を航行する船の指標として建てられた。 壮麗です、必見です。

高灯篭

「うどん」が名前のタクシー

雰囲気のある「うどん屋さん」、美味しかった

資生堂パーラー「神椿」

500段目の広場の横に何故か「資生堂パーラー」がありました、境内の外だそうです。

金比羅歌舞伎の上演中で、“ノボリ”がたくさん立っていました。


海外事情

 

84~16日の主要ニュース19本のうち、いつもはPhocusWire Dailyにはほとんど表れない法人旅行に関する記事が7本(目次の下線箇所)もあった。取扱高ベースで米国市場のおよそ3割が法人旅行市場にあたり、そしてそれに加えておよそ2割程度のunmanaged business 旅行市場が存在すると言われている。つまり米旅行市場のほぼ半分あるいはそれ以上が、法人旅行で構成されていることになる。それだけ大きな市場にもかかわらず、業界ニュースが少ないのに驚かされる。(尤もこれにはPhocuswrightの親会社であるNorthstar Travel Mediaが、法人旅行市場専門誌であるBTN=Business Travel Newsを編集していることも影響している。)

 

7本の記事を読むと、この市場のセルフ予約ツールの使い勝手が極めて劣悪で、法人旅行管理会社(TMC)のサービスに対しても出張者の不満が多く、その上企業の出張規定のかなり厳しい遵守の要求のために、出張者のモラルと生産性の低下が発生している可能性がある、という何やら暗い話が連続する。要するに観光旅行市場の方が法人旅行市場よりも、旅行の計画や手配のプロセスで、テックを含めてずーっと先進洗練先行しているというのだ。

 

しかし、最近になって、この遅れた法人旅行市場に目をつけた新規参入者たちが参入しつつある。そして彼らは、企業のコスト削減最優先に変えて出張者ファースト、出張者セントリックの戦略を敷いている・・・というようなことが、これらの記事に書かれている。観光旅行のベストプラクティスを法人旅行が真似ようとしている。これはFSCLCCを真似て、FSCLCCの境界線がぼやけ始めている話と似ている。出張先で仕事の前後に休暇旅行までしてしまうブレイジャーの拡大も、法人旅行のセルフインベンションの一つのきっかけとなっているのだろうか。

 

11. OTA4つの神話」は、“高い手数料をふんだくっている悪者OTA”の評判(風評?)に対するOTA の恨み節が書いてあって面白い。(編集人)

 

 

海外事情 916日号B 

 

81923日のニュースに加え、法人旅行に関する特集シリーズ3部作の第1部を掲載する。(お盆休みのために、1週間のニュース配信となります。)

 

前々号の楽天キャピタルの都市エクスペリエンスプラットフォームFever(ロンドンとマドリッドベース)出資に引き続き、「3. 楽天、東南アジアのバジェットホテルに投資」した。

 

2. 電子IDと旅行」は、プライバシーの問題について何も触れていない。生体情報は、整形手術をしない限り究極的個人情報なのでプライバシー保護には細心の、最善の、最大限の注意が必要だ。

 

6. 米司法省、セーバーのフェアロジックス買収を否認」は、この買収が実現しない場合は、SabreNDC開発に遅れが生じる可能性がある。これは、FarelogixGDS代替システムの能力に、DOJが“お墨付き”を与えたということか。(編集人)