旅物語 第27回「地中海クルーズ・前編(マルセイユ・ジェノバ・ポンペイ)」(2019年11月)

2020年1月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 “今年就航の世界最大5700人乗れる最新鋭のクルーズ船”という広告に惹かれ、2019年11月初旬、7泊8日の地中海クルーズを楽しんで来ました。飛行機でバルセロナに飛び、乗船、マルセイユ、ジェノバ、ナポリ、メッシーナ(シチリア島)、バレッタ(マルタ共和国)を巡り、出発したバルセロナに戻って下船、再度、バルセロナから飛行機で日本に帰国しました。

 船のスタッフ1500人を加えると総数7200人、船は18階建ての17万トン、中には、いくつものレストラン、24時間ビュッフェ、バー、映画館、劇場、ショッピング街、多くのプール、スポーツジム、カジノ、医院、保育所等があり、多くの機能を持った街そのものが動くイメージです。クルーズ船では食事代は船料金に含まれているため、何回食事をしても支払いは不要です(但し、お酒と一部高級レストランは有料)。また、寝ている間に次の寄港地に着くため、荷物を持ち飛行機や列車で移動する旅行に比べて格段に身体は楽、その上、船内はバリアフリーですから、車椅子や杖が必要なお客様には、船内の全ての施設を気軽に利用出来るので、最適の旅行形態と思いました。クルーズが高年齢層に人気があるのが良く分かりました。

 

今回前編では、前半の寄港地、マルセイユ、ジェノバ、ナポリ/遺跡“ポンペイ”をご紹介します。

乗船した世界最大のクルーズ船

航海ルート


1. マルセイユ(フランスで2番目に大きい都市です)

 

ノートルダム・ド・カルド寺院

 

 海に面した高い丘の上にそびえるローマ=ビザンチン様式の19世紀半ばに建てられた壮麗な聖堂です。

 鐘堂の上に立つ黄金のマリア像は教会のシンボルです。


 

 

「イフ島」

(ノートルダム寺院から見た海側の風景です)

 

 真ん中、手前の“イフ島”は、デュマの小説「モンテ・クリスト伯(巌窟王)」の舞台となった島、砦(監獄)です。

 

ノートルダム寺院から見たマルセイユ全景

 

 

旧港の繁華街にある観覧車

 

街角のパン屋さん

メインストリート「カヌピエール通り」にあった“メリーゴーランド”

旧港にあるマルセイユのお土産の名物「石鹸売り」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旧港(ヨットハーバー)


 

マルセイユ大聖堂(サントマリーマジョール大聖堂)

 

 新港に面し、19世紀後半に建てられたローマ=ビザンチン様式を取り入れた大きなドーム、そして、緑と白の大理石模様が美しい壮麗な教会です。

(正面は工事中でした)

 


2. ジェノバ(コロンブスの生まれた都市)

 

 中世、海洋都市国家として栄えた、イタリア最大の貿易港。

 

サン・ロレンツオ教会

 

 通称“ドウオ-モ”と呼ばれるゴシック様式のジェノバ最大の教会。内部は壮麗です。


「ドウカーレ宮殿」内部の壁画

「ドゥカーレ宮殿」

 

 現在は文化イベント施設、2001年には「先進国首脳会議」がここで開催されました。

 

 

 

 

 

 

 

 旅行中、唯一、雨の寒い日でした。

 

 ジェノバの人は親切で、街は重厚・シック、とっても素敵な街でした。

「白の宮殿」

「赤の宮殿」からの街の眺め

赤の宮殿(現在は美術館)

 

(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

 

 

周囲には、12~13紀に建てられたジェノバ名家・貴族ドーリア家の建物が並んでいます。

有名な「ガリバルディ通り」、左は「市庁舎」

「赤の宮殿」の絵画

古い石畳の小路


「フェツラ-リ広場」 噴水が素敵です

古い歴史のサン・マッテオ教会


 

3. ポンペイ(クルーズ船の寄港地は「ナポリ」でしたが、「ポンペイ・ツアー」に参加しました)

 

 紀元前6世紀より発展してきた「ポンペイ」は紀元79年当時人口1万人をようし、ローマ市民の別荘もある海辺の商業都市として栄えていたが、79年8月24日のヴェスビオス火山の大噴火による火砕流で一夜にして都市は埋没した。多くの者は避難したが逃げ遅れた2千人が犠牲となった。15世紀に一部発見、18世紀に再発見され、以降発掘が現在も続いている。 

 小さな町程度の遺跡と思って訪れた「ポンペイの遺跡」は、予想に反し、2000年もの昔なのに、極めて都市計画の行き届いた文化的な都市でした。ローマ帝国文化の影響を受け、石畳の大通り、水道設備は万全、更に碁盤状に張り巡らされた道路で区画された中に、商業施設地域、住宅地域、いくつもの神殿地域、広場、野外劇場、公衆浴場等が整然とあり、人々は現代とあまり変わらない文化的な生活を送っていたことが分り、びっくりです。

 今回は、時間の制約から一部しか見学していません。まだ多くの見ていない素晴らしい遺跡があるようです。

ポンペイの遺跡と背景は“ヴェスビオス火山

ポンペイの女神「ウエヌス神(ヴィーナス)」の他、ローマ神、ギリシャ神、エジプト神等が祀られている。

ギリシャ神/ケンタウロス

 石畳の道に所々“白い石”が埋め込まれています。

 これは、夜、“ダイアナの神殿”に馬車で向かうとき、月の光に反射して光る“白い石”を目印に走ったと言われています。

野外劇場

公衆浴場跡

 

 

キッチンのあるお店跡

石畳の大通り・両側は商業施設地域

神殿・フォロ(広場)址

 

様々な神話の“神様”たち

 

全ての彫像はレプリカ、本体はナポリ国立博物館で展示保存されている。

ローマ神/月の女神/ダイアナ

ローマ神/アポロ

 

水飲み場

 

かつては、上水道が通っていて、この口から水が出ました

竈のある家


 

発掘品

馬車の轍と下水道跡

馬車止め

発掘遺体の石膏レプリカ

屋敷内のモザイク床


 

ルパナーレ( 娼館)の「フレスコ画」

(注)

ナポリ国立博物館や、今回訪れなかった遺跡には、別荘・住宅の鮮明なフレスコ画が多く保存されています。

 

「ポンペイ遺跡」遠景

 

“ヴィーナス神殿”の丘に立つ巨人像

 

哀愁の漂う横顔に、“ポンペイの悲劇”が伝わってきます。


注目した記事6.2

欧州委員会の付帯条件に難色を示していたルフトハンザ監査役会は、その条件がより有利な形で受け入れられたとして、独政府の90億ユーロ救済策を承認。再建プロセスが一歩進んだ。

 

「独ルフトハンザ監査役会、独政府と合意の救済案を承認」2020.6.2 ロイター)

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-lufthansa-rescue-idJPKBN23831Q

注目した記事6.2

日経新聞は、コロナ禍の終息が見とおせない中で正常化に向けて動き出すLCCについて、JALが新設したZIPAIR Tokyoを中心にとりあげている。 

(全文を読むためには会員登録が必要です)

 

LCC、正常化遠く苦渋の一手 JAL系は貨物便で参入」(日経新聞2020.6.2 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59819220R00C20A6000000/

注目した記事6.2

 国交省が、空港が感染症対策に要した費用を施設利用料に加算することを認める方針を決めた、との同じ内容のNEWSが共同通信等多くのメディアから出ている。

対象は11空港※。いずれも航空会社が運賃に加算して旅客から徴収している。 

  羽田、成田、関西、伊丹、中部、新千歳、仙台、福岡、那覇、北九州、茨城 

11空港の感染対策、乗客負担に 利用料に上乗せ、値上げの可能性(2020.6.1共同通信47NEWS)」 

https://ovo.kyodo.co.jp/flash/a-1459523 

この時期での決定、発表となった経緯等には触れられていない。 

また朝日、読売、毎日、日経の各紙にはこの情報はみあたらない。

 

注目した記事6.1

ルフトハンザ90億ユーロ救済策のその後; ルフトハンザ取締役会は、欧州委員会の条件をより有利な形で受け入れたと発表したことをロイターが報じている。(2020.6.1

 

独ルフトハンザの政府救済が前進、最大24枠放棄で条件受け入れ(ロイター6.1) 

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-lufthansa-rescue-idJPKBN2370TL

 

注目した記事5.30

2015年に経営破綻ののち1年でみごと再建、以後高い収益性と運航品質を維持してきたスカイマークも、コロナの前には大手2社同様に苦しんでいる。

 

5.29の日経ビジネス(高尾記者等)の記事は、業界再編の可能性も含め幅広い見地からよくまとめられている。(全文を読むためには会員登録が必要です)

 

(日経ビジネス2020.5.29) 「高まる再編圧力 スカイマークは生き残れるか」 

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00165/052900003/

注目した記事 5.29

深刻な経営危機にあるルフトハンザ航空に対してドイツ政府は90億ユーロ規模の救済策を示したが、ルフトハンザ監査役会はこの受入れを拒否(保留)した。 

 

これに関して「現代ビジネス(講談社)」は下記で詳しく述べている。

 

倒産危機のルフトハンザが「ドイツ政府の救済案」を拒否した理由(2020.5.29 

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72923

 

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座