旅物語 第26回「千畳敷カール・伊吹山と高山植物」(2019年8月)

2019年9月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 炎暑のピークの8月上旬、涼を求め、山のハイキングツアーに参加し、中央アルプスの「千畳敷カール」(2600m)と岐阜・滋賀県境の「伊吹山」(1400m)を散策しました。 雄大な景色と可憐な高山植物に魅了されました。

 

1. 千畳敷カール

 

 「千畳敷カール」は、中央アルプスの「駒ヶ岳」(2956m)・「宝剣岳」(2931m)の直下に広がる氷河地形(圏谷、カール)です。険しい峰々の麓に氷河に削られた壮大な丸い谷の跡が広がっています。絶景です。

 カールへは、標高1650mにある「しらび平」駅から「駒ヶ岳ロープウェイ」に7分乗って、標高2612mの終点「千畳敷」駅に着きます。

 

 遊歩道をのんびり1時間ほど散策しながらカールを1周します。地上の34度に比べ、ここ天空は20度ほど、涼しく爽やかで天国です。

正面に見える真ん中の最高峰が「宝剣岳」(2931m)です。

 雲がやって来ると、雲の中は冷んやりと涼しいです。

 

 

 右は「登山道」、「宝剣岳」(2931m)・「駒ヶ岳」(2956m)を目指します。“登山届け”を出した完全装備の人達しか進めません。

 

 

曇った日だと、ここカールは標高が2600mもあるので、真夏でも15度前後だそうです。


千畳敷の高山植物たち

サクライウズ(桜井鳥頭)

(キンポウゲ科)

クルマユリ(車百合)

(ユリ科)


ヨツバシオガマ(四葉塩釜)(ゴマノハグサ科)

クロトウヒレン(黒唐飛廉) (キク科)

ミヤマアキノキリンソウ

(深山秋の麒麟草)

(キク科)


  コバイケイソウ(小梅惠草)

     (ユリ科)

  シナノキンバイ(信濃金梅)

    (キンポウゲ科)


ハクサンボウフ(白山防風)

(セリ科)

チングルマ(珍車、稚児車)の実(綿毛状)

(バラ科)


2. 伊吹山

 

 新幹線で大阪へ向かう途中、関ヶ原を通り過ぎるとき、右手に雄大で神秘的な山が現れます。それが、古代から“神の山”とされる「伊吹山」です。標高は1377mしかありませんが、周囲に山が無いため、富士山のように麓から頂きまで見える壮大な姿は見る者を魅了します。

  

 特に冬の雪を頂いた姿は神々しく、正に“霊峰”です。

 

 地勢的に、日本海(若狭湾)と太平洋(伊勢湾)の両方に臨み、両方の気候の影響を持つ日本では希有な山です。植物相は豊かで1700を超える種類の植物が分布しており、高山植物、お花畑のメッカです。(1700種類超は日本で2番目)

 

 織田信長はポルトガル宣教師に薬草を栽培するための土地を植物相の豊かな伊吹山に与えました。持ち込まれた西洋種の薬草は残っていませんが、一緒に紛れて入った西洋種の野草は今も残っています。

霊峰「伊吹山」

(関ヶ原通過中の新幹線から見た“伊吹山”、2016年3月の写真)

頂上付近の“お花畑”(“シモツケソウ”の群生)


 ヤマトタケルは東国征討の帰り、尾張で伊吹山に“荒ぶる神”がいると聞き、素手で討ち取ろうと、妻の美夜受比売に“草薙の剣”を預けたまま、山に向かったが、“伊吹の山の神”の返り討ちに遇い、ヤマトタケルは前後不覚で山を降り、いったん麓の泉で休み正気を取り戻したものの、その後、三重の里に至り、「私の足は三重に折れ、ひどく疲れてしまった」と言い、ヤマトを忍ぶ歌を詠んだ後、亡くなった。そして、白鳥となってヤマトへ飛んで行った・・・と言う伝説が古事記・日本書紀に記されています。 

 因みに、これが「三重県」の地名の由来になりました。

 

 

山頂(三角点)は、滋賀県米原市です。


山頂付近の景色と山頂からの眺め、爽やかです  奥に、琵琶湖と竹生島が見えます

 車は“伊吹山ドライブウェイ”で9合目駐車場まで行けます。

 

 9合目から頂上まで、残り150mを登山道でのんびり登ります。(40分)

 

九合目から山頂への登山道

 

頂上から9合目駐車場へは、2本の下山道があり、

 

 短いのは30分、尾根づたいの遠回りのやや厳しいコースは60分です。


伊吹山の高山植物たち   様々な野草が咲きほこっています、可愛く綺麗です

 

 

クガイウ(九蓋草)

(ゴマノハグサ科)

メタカラコウ(雌宝香)

  (キク科)

カワラナデシコ(河原撫子)

   (ナデシコ科)


クルマバナ(車花)

(シソ科)

ツリガネニンジン(釣鐘人参

 (キキョウ科)

キバナノレンリソウ(黄花の連理草)  (マメ科)


ルリトラノオ(瑠璃虎之尾)

  (ゴマノハグサ科)

シモツケソウ(下野草)

   (バラ科)

クサボタン(草牡丹)

 (キンウゲ科)


 

 冬、“関ヶ原”で新幹線から見る“伊吹山”は、いつも吹雪の中、頂上は雪雲に隠れて見えません。 

やっと見せる快晴の“伊吹山”は、神々しく、見る者の心を奪います。「神の山」です。

        冬の伊吹山 (2015年2月の写真)

海外事情

 

エアビーが上場を延期した「14. エアビー上場延期」。オフイスシェアの米デカコーンであるWeWorkの上場延期の直後の出来事である。918日付の日経は「事業モデルや企業統治への懸念が払拭できず、投資家からの評価が高まらなかった」と書いてある。1月には470億ドル(約5兆円)の想定時価総額を半値に落としたが投資家の懸念は払拭できなかったと言う。

 

5月に上場したカーシェアのUberの株価も何とか$40台をキープしていたが、最近では $30台前半におよそ▲25%も下がっている。3月上場のLyftの株価も冴えない。上場初値 $78は、920$4659%も値を下げた。加州ではUberの運転手のようなギグワーカーを従業員として雇用することを義務付ける法案が準備されている。この法案が施行されれば、Uberのコストは20%も増加すると言われているのだから、ここでも事業モデルそのものが懸念されてしまうことになる。エアビーの事業モデルに懸念はないのだろうか・・・。この会社は、WeWorkUberとは違って、少なくとも2017年と2018年にはEBITDA利益をちゃんと計上している。

 

5. トラベル マーケティング、ミッドファンネルへの注力必要」は、アトリビューションマーケティングが重要だと言っている。旅行流通モデルの進化と共に、新たなマーケティング手法が生まれている。そういえば、カンバセーションマーケティングも登場していたっけ。

 

8. 旅行計画 3.0」は、タビマエ → タビナカ → タビアトの全てをシムレスにカバーするソリューションが必要だと問うている。タビナカにおけるイレギュラリティー発生時には、ライブの自動旅程再予約が必要だと言っている。旅行流通モデルの進化が進んでいる。(編集人)

 

海外事情 中国特集

海外事情 中国特集

 

これは、PhocusWire Daily が今年の2月、中国正月である春節のタイミングで編集した4つの記事にまたがる中国特集である。中国市場は、その巨大な人口をバックに2019年に1,900万人が国際旅行すると予測している。その49%が中華圏の香港・マカオ・台湾行きの旅行で、残りの51%がその他の海外旅行となる。最近の香港の社会的混乱と台湾への個人観光旅行の実質的全面禁止により中国人の海外旅行比率はますます高まるだろう。海外旅行では、韓国への旅行が韓国THAAD配備による影響で減少を余儀なくされており、日本旅行が漁夫の利を得る形で大きく中国人の訪日需要を伸ばしている(1月〜8月前年同月比 13.6%増)。

 

中国は、巨大なアウトバウンドを外交上のカードに使い始めている。日本だって、日中関係が何らかの影響でこじれたりすれば、あっという間に中国人の日本旅行が減少することになるだろう。事実、日韓関係悪化で訪日韓国人需要は8月に48%減少した(1月〜8月前年同月比 9.3%減)。

 

訪日4,000万人への道のりは国際政治の問題も介在して厳しいものがある。

(編集人)

旅の写真カフェ

 

10月15日 NEW!

 

全国一宮 第28回 「美濃一宮 南宮大社」