旅物語 第16回 「京都・祇園祭り」(2016年7月)

2016年8月29日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 この7月、千年以上続く「祇園祭」を見てきました。 艶やかさと豪華さは日本一です。  
 重要文化財級の素晴らしいタペストリーは、シルクロードを通って伝えられた欧州・西域・中国の物、実物です、目を見張る美しさです。
 
 「祇園祭」は八坂神社(祇園さん)の祭礼で、貞観11年(869年)に全国に流行した疫病の退散を願い「牛頭天王(素戔嗚尊)」祀った「祇園御霊会」を起源としています。

 

 今のような豪華絢爛な形になったのは、室町時代以降、京都の町衆(豪商)達の心意気です。

 

 山鉾巡行の順番は「くじ」で決められますが、「長刀鉾」は「くじとらず」と呼ばれ、常に先頭にたちます、唯一、町衆の子弟から選ばれた「生稚児さん」が乗っています。

 

長刀鉾(なぎなたほこ)と華麗なタペストリー

 

 

 

 

 祭りは、7月の1ケ月間続きますが、最大の山場がこの前祭り宵山と山鉾巡行です。

 前祭りには23基、後祭りには10基の山鉾が巡行します。
 最大の鉾は12トン、高さは屋根まで8m、鉾頭まで25mと、壮大です。

長刀鉾と生稚児さん

音頭取り


放下鉾(ほうかほこ)と音頭取り

船鉾(ふなほこ)


 今年は連休と重なったため人出は、宵山は32万人、山鉾巡航は19万人と世界中からの観光客で賑わいました。
 梅雨の合間、宵山は曇り、巡行当日は朝、強い雨が降ったものの巡行時間には奇跡的に雨が上りました。

放下鉾(ほうかほこ)

岩戸山(いわとやま)

函谷鉾(かんこほこ)


芦刈山(あしかりやま)

放下鉾(ほうかほこ)

占出山(うらでやま)

 

 

宵山(前夜祭)

 

 宵々々山(前々々夜祭)、宵々山(前々夜祭)と、3日前から、段々に盛り上がって来ます。

 

 

月鉾(つきほこ)

 

 

 

 

 「コンコンチキチン」の祇園囃子が祭り情緒を醸し出します。

長刀鉾(なぎなたほこ)

 

 長刀鉾は粽(ちまき)の一番人気、いつも“即完売”です。

 京都の最大の幹線道路「四条通」と「烏丸通り」が、夕方からの“宵山”の時間、“歩行者天国”となり、世界中の観光客、無数の屋台でごったがえします。


 満員電車の中のような人混みです。


 町々をそぞろ歩きし、各々の「鉾」「山」を巡り、「祇園囃子」を聞き、「屏風祭」を見学するのが「宵山}の魅力です。

屏風祭 旧家が秘蔵の屏風や書画を飾ります。

「山伏山」の町会所


海外事情

海外事情 120日号

 

「アメニティ」という言葉が目立った。

 

1.(TJ) シェアアメニティー増加」「2.(TJ)宿泊サイトもアメニティー強化」

 

3.(TJ) 新興ガイドツアーに1.3億円」の3 つのニュースだ。1.のニュースでは、ゴルフやビーチなどのホストの会員権のシェアリングが開始すると予測。2.では、HotelByDayが、稼働率が40%と低く、余り使われていないホテルのアメニティ(スパ・プール・キャバナ、ジム・フィットネスルーム)を販売する。

 

3.の記事は、新興企業のDomioがアメニティーそのものを専門に販売する。ここでのアメニティーは、アパートのリビングルームにおける、ミレニアルやグループ旅行者向けにアピールするアメニティー(娯楽)が販売対象となる。E2E(エンドツーエンド)の様々な旅行パーツをシームレスに繋いで、トラベルジャーニーの全てのタッチポイントで、パーソナル旅行の提案をするわけなので、当然、アメニティー販売も強化されるというわけだ。 

 

今週号では、年の変わり目にあたるのか、2020年のトラベルの予想や期待の記事が多かった。「1.(TJ) シェアアメニティー増加」、「6. 2020年の旅行マーケティング進化」、「11. 2020年、エアビーの年」、「14. 2020年の空港」がそれらだ。いずれの記事も、トラベルテックのイノベーションの進化や進展に加え、新ビジネスモデルの誕生を予測している。旅行は、右肩上がりの持続的成長が約束されている数少ない産業の一つであるので、どの記事を読んでも将来の明るい展望と新たなイノベーションに期待をかけている。特に世界の人口の半分以上が集中するAPAC市場の期待は大きい。(編集人)

 

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500