旅物語 第20回「京都祇園祭2017年」(2017年7月)

2017年8月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

長刀鉾(なぎなたほこ)①

 山鉾巡行の順番は「くじ」で決められますが、「長刀鉾」は「くじとらず」と呼ばれ、常に先頭にたちます、
 唯一、町衆の子弟から選ばれた「生稚児さん」が乗っています。

 

 今年も、7月中旬、京都祇園祭(前祭)を観てきました。梅雨の最中ですが、山鉾巡行の午前中は雨も降らず、豪華絢爛な行列を堪能しました。夕方からは土砂降りの雷雨、ラッキーでした。
 山鉾を飾る重要文化財級のゴージャスなタペストリーは、シルクロードを通って伝えられた欧州・西域・インド・中国・朝鮮の物、実物です。目を見張る美しさです。正に“動く美術館”です。
 今回は、前祭の山鉾23基の内、「鉾」の8基をご紹介します。
 因みに、7月下旬の後祭の山鉾は10基です。

 

長刀鉾と生稚児さん


 「祇園祭」は八坂神社(祇園さん)の祭礼で、貞観11年(869年)、全国に流行した疫病の退散を願い
「牛頭竜王(素戔嗚尊)」を祀った国家行事「祇園御霊会」を起源としています。
 
 現在の様な豪華絢爛なお祭りになったのは、室町時代以降、力を持った京都町衆(豪商)の心意気によるもので、都をあげての町衆・庶民の祭りとなってからです。
 応仁の乱、戦国時代、幕末の混乱の中、炎上した山鉾もありますが、その都度、再興、千年以上の時間を伝えてきました。
 後祭に登場する「大船鉾」は、幕末蛤御門の変で炎上しましたが、平成26年、150年ぶりに再興されました。

長刀鉾 ②

          前懸はペルシャ花文様絨毯、胴懸には中国玉取獅子図絨毯、中東連花葉文様インド絨毯な

          ど,16世紀~18世紀の稀少な絨毯が用いられていましたが、現在はその復元品を使用。

長刀鉾 音頭取り


函谷鉾(かんこほこ) ①

音頭取り

函谷鉾(かんこほこ) ②

 

 鉾の名前は、中国戦国時代の斉の孟嘗君の故事からつけられました。

 

 前懸は、旧約聖書創世紀の場面を描いた16世紀末の毛綴で重要文化財,平成18年復元新調されました。
 胴懸は梅に虎を織り出した17世紀李氏朝鮮絨毯、花文様インド絨毯、玉取獅子図中国絨毯の三枚です、平成8年復元新調されました。

屋根方

 

旧約聖書創世記を描いた前掛けは重要文化財

函谷鉾(かんこほこ)

お稚児さんは人形です


月鉾 ①

「月讀尊(つきよみのみこと)を祀っています、

屋根裏の草花図は丸山応挙の筆、

天井には源氏54帖扇面散図があり、

前懸のメダリオン絨毯は17世紀のインド製です、
左甚五郎作と言われる彫刻などもあり、
全てが豪華です。

稚児(人形)とお囃子方

月鉾 ②

前懸けの“メダリオン絨毯”は、17世紀のインド製です

音頭取り

月鉾 全景

屋根方


鷄鉾(にわとりほこ) ①

 

「史記」に記された古代中国の聖人、“堯”の太平だった治世の故事を題材とした鉾です。

お囃子方

菊水鉾 ②

 真木の天王座に放下僧の像を祀る鉾です。
 稚児舞の出来る稚児人形は「三光丸」と言います。
 新下水引は「華厳宗祖師絵伝」を下絵とした綴織です。

放下鉾 全景

 

操り稚児人形

 

屋根方

音頭取り

 

 

 

 

岩戸山 ①

 “天岩戸”の日本神話を題材としている“曳山”です。
 元来、“山”ですが“鉾”の形態をしています、江戸時代の洛中洛外図屏風にはすでに車輪が描かれています。
 屋根の上は、“山”なので、“鉾柱”の代わりに“真松”を立てています。

屋根方と“伊弉諾尊”

 

 屋根の上には、“天瓊矛”(アメノヌボコ)をつき出した“伊弉諾尊”(イザナギノミコト)を安置しています。

 

 

 

 日本神話の神功皇后の出陣を題材にした鉾です。

 

 舳先に想像上の瑞鳥“鷁”(げき)が飾られています。

音頭取り

 

船鉾 ②

 

船鉾の舵は黒漆塗青貝螺鈿細工です。

 

引き方

鷄鉾全景

鷄鉾(にわとりほこ) ②

トロイの王子と妻子の別れを描いた16世紀のベルギー製の“見送り幕”は、重要文化財です。

音頭取り

菊水鉾 ①

 町内にあった“菊水井”にちなんだ鉾です。
 稚児は、謡曲を題材とし、魏の文帝の勅使が霊水を求めて山に入った時会った、菊の露を飲んで700年生きた少年を体現しています。 唐破風造りの屋根が特徴です。

 

放下鉾 ①

操り稚児人形

 “前懸・胴懸”は花文様のインドやペルシャの絨毯です。
 “見送”(後ろの幕)は文政11年(1828)京都西陣で作られたものです。

放下鉾 ②

ふくろうの“見送り”は、「バグダッドで」と題する皆川泰蔵の麻にロウ染めの作(1982年)

放下鉾 ③

放下鉾、後ろ姿

 

前懸は玉取獅子図中国絨毯、胴懸は唐草文様インド絨毯です。

 

岩戸山 ②

音頭取り

船鉾 ①

船鉾全景

船鉾後ろ姿


海外事情

 

エアビーが上場を延期した「14. エアビー上場延期」。オフイスシェアの米デカコーンであるWeWorkの上場延期の直後の出来事である。918日付の日経は「事業モデルや企業統治への懸念が払拭できず、投資家からの評価が高まらなかった」と書いてある。1月には470億ドル(約5兆円)の想定時価総額を半値に落としたが投資家の懸念は払拭できなかったと言う。

 

5月に上場したカーシェアのUberの株価も何とか$40台をキープしていたが、最近では $30台前半におよそ▲25%も下がっている。3月上場のLyftの株価も冴えない。上場初値 $78は、920$4659%も値を下げた。加州ではUberの運転手のようなギグワーカーを従業員として雇用することを義務付ける法案が準備されている。この法案が施行されれば、Uberのコストは20%も増加すると言われているのだから、ここでも事業モデルそのものが懸念されてしまうことになる。エアビーの事業モデルに懸念はないのだろうか・・・。この会社は、WeWorkUberとは違って、少なくとも2017年と2018年にはEBITDA利益をちゃんと計上している。

 

5. トラベル マーケティング、ミッドファンネルへの注力必要」は、アトリビューションマーケティングが重要だと言っている。旅行流通モデルの進化と共に、新たなマーケティング手法が生まれている。そういえば、カンバセーションマーケティングも登場していたっけ。

 

8. 旅行計画 3.0」は、タビマエ → タビナカ → タビアトの全てをシムレスにカバーするソリューションが必要だと問うている。タビナカにおけるイレギュラリティー発生時には、ライブの自動旅程再予約が必要だと言っている。旅行流通モデルの進化が進んでいる。(編集人)

 

海外事情 中国特集

海外事情 中国特集

 

これは、PhocusWire Daily が今年の2月、中国正月である春節のタイミングで編集した4つの記事にまたがる中国特集である。中国市場は、その巨大な人口をバックに2019年に1,900万人が国際旅行すると予測している。その49%が中華圏の香港・マカオ・台湾行きの旅行で、残りの51%がその他の海外旅行となる。最近の香港の社会的混乱と台湾への個人観光旅行の実質的全面禁止により中国人の海外旅行比率はますます高まるだろう。海外旅行では、韓国への旅行が韓国THAAD配備による影響で減少を余儀なくされており、日本旅行が漁夫の利を得る形で大きく中国人の訪日需要を伸ばしている(1月〜8月前年同月比 13.6%増)。

 

中国は、巨大なアウトバウンドを外交上のカードに使い始めている。日本だって、日中関係が何らかの影響でこじれたりすれば、あっという間に中国人の日本旅行が減少することになるだろう。事実、日韓関係悪化で訪日韓国人需要は8月に48%減少した(1月〜8月前年同月比 9.3%減)。

 

訪日4,000万人への道のりは国際政治の問題も介在して厳しいものがある。

(編集人)

旅の写真カフェ

 

10月15日 NEW!

 

全国一宮 第28回 「美濃一宮 南宮大社」