旅物語 海外 第1回 ベトナム/ホーチミンシティ (2013年 春)

2015年5月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)


ホーチミン人民委員会庁舎

ベトナム、ホーチミンを旅行しました。
ホーおじさんがどこにもいる社会主義国、他の東南アジアと一味違います。 でも、東洋のパリと言われコロニアル建築が随所に見られる素敵な街。 19世紀を感じさせる街です。

聖母マリア教会


中央郵便局・・・絶対に行きたい観光名所


 欧州の駅のような壮大なコロニアル建築、フランス政府によって、1886年に作られました。

 正面奥には大きなホーチミンの肖像画



ベトナム/ホーチミンシティ ②


ホーチミン(サイゴン) 夜景5景


市民劇場(元オペラハウス)


人民委員会庁舎


コンチネンタルホテル


(カトリーヌドヌーヴの映画「インドシナ」の舞台になった)



泊まっていたホテルの部屋(20F)からの眺め



ベトナム/ホーチミンシティ ③


 この街には殆ど信号がありません、雲霞のごとく走るオートバイの中を市民は悠然と道を渡ります。びっくりですがなかなかエキサイティングです。

 オートバイのマスクはお洒落ファッションです。多くの綺麗なマスクが売られています。

 仕事するアオザイ姿の女性、素敵です。道端や歩道で昔ながらに働く庶民の姿も素敵です。




ベトナム/ホーチミンシティ ④


 一番のお気に入りはコンデンスミルクたっぷりのベトナムコーヒー、甘党の僕ははまりました。 そしてやっぱり「フォー」も薄味がたまりません。




下2つは、泊まっていたカラベルホテルの「ハイティー」も綺麗で美味しかった、左は英国風、右がベトナム風。



ベトナム/ホーチミンシティ ⑤


 街の人たち


 街中見かけるガードマンと警察官?(もしかしたら軍人?)
 ヴィトンの前の歩道で食べ物を売るおばさん。



靴磨きの少年たち、明るかった。




ベトナム/ホーチミンシティ ⑥


 やっぱり又オートバイ


 この街の魅力はやはりオートバイです。
 皆なかっこいいい!
 シャワーが来るとお洒落なポンチョを着ます。




ベトナム/ホーチミンシティ ⑦

 

 色々


 サイゴン川ディナークルーズから見た夜景、圧倒的活気の市場。




中国人街で見つけた古いお寺と天主堂、教会では子供たちがマーチングバンドの練習をしていた、


ここでもスマホをいつも覗いている??


海外事情

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500