旅物語 海外 第1回 ベトナム/ホーチミンシティ (2013年 春)

2015年5月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)


ホーチミン人民委員会庁舎

ベトナム、ホーチミンを旅行しました。
ホーおじさんがどこにもいる社会主義国、他の東南アジアと一味違います。 でも、東洋のパリと言われコロニアル建築が随所に見られる素敵な街。 19世紀を感じさせる街です。

聖母マリア教会


中央郵便局・・・絶対に行きたい観光名所


 欧州の駅のような壮大なコロニアル建築、フランス政府によって、1886年に作られました。

 正面奥には大きなホーチミンの肖像画



ベトナム/ホーチミンシティ ②


ホーチミン(サイゴン) 夜景5景


市民劇場(元オペラハウス)


人民委員会庁舎


コンチネンタルホテル


(カトリーヌドヌーヴの映画「インドシナ」の舞台になった)



泊まっていたホテルの部屋(20F)からの眺め



ベトナム/ホーチミンシティ ③


 この街には殆ど信号がありません、雲霞のごとく走るオートバイの中を市民は悠然と道を渡ります。びっくりですがなかなかエキサイティングです。

 オートバイのマスクはお洒落ファッションです。多くの綺麗なマスクが売られています。

 仕事するアオザイ姿の女性、素敵です。道端や歩道で昔ながらに働く庶民の姿も素敵です。




ベトナム/ホーチミンシティ ④


 一番のお気に入りはコンデンスミルクたっぷりのベトナムコーヒー、甘党の僕ははまりました。 そしてやっぱり「フォー」も薄味がたまりません。




下2つは、泊まっていたカラベルホテルの「ハイティー」も綺麗で美味しかった、左は英国風、右がベトナム風。



ベトナム/ホーチミンシティ ⑤


 街の人たち


 街中見かけるガードマンと警察官?(もしかしたら軍人?)
 ヴィトンの前の歩道で食べ物を売るおばさん。



靴磨きの少年たち、明るかった。




ベトナム/ホーチミンシティ ⑥


 やっぱり又オートバイ


 この街の魅力はやはりオートバイです。
 皆なかっこいいい!
 シャワーが来るとお洒落なポンチョを着ます。




ベトナム/ホーチミンシティ ⑦

 

 色々


 サイゴン川ディナークルーズから見た夜景、圧倒的活気の市場。




中国人街で見つけた古いお寺と天主堂、教会では子供たちがマーチングバンドの練習をしていた、


ここでもスマホをいつも覗いている??


海外事情

 

6 10 日から 21 日までの 2 週間のオンライン旅行流通に関係する海外主要記 事です。
この号では、「3. OTA エアビーとレートパリティー」に注目したいと思います。 Airbnb がホームシェアに加えてホテルまで販売するとなると、
泊とホテルが 一つのプラットフォーム上で横並びにリストされることになり、タイプの異な る施設同士の価格比較が難しくなって、レートパリティーの維持が困難になる と言っている・・・と理解しました。しかし「(Airbnb では)、ゲストが施設の 真のコストを判断できない不明瞭なプライシングの環境が存在する」とはイマ イチ良く理解できませんでした。Airbnb が最近導入したホストオンリーのコミ ッションモデルであれば、OTA のモデルと近似するのですから、そんなことに はならない、のではないでしょうか?
 

 

Airbnb が上場して・・・顧客獲得コストが上昇・・・ホテルの直販志向を強 くさせることになるが・・・一方でパリティー破りの悪役である格安販売のホテ ルオンリーの業者が増加するデメリットも存在する」とも言っています。しか し、ホテルにとっては、Airbnb のホテル販売開始によってチャネルがそれだけ 増えるので(OTA の中抜きのチャンスが生じるので)良いことである、と考え るのは間違っているのでしょうか?ホテルオンリーのパリティー破りは、 Airbnb とは関係のない別の次元の話では。「Airbnb のコミッションが、将来値 上げされる可能性もある」と言っていますが、EXPEBKNG との対抗上、こ の大手 OTA2社を上回ることにはならないのではないでしょうか。Airbnb の 多角化戦略は、「焦点が合っておらず・・・会社(Airbnb)は衰退する可能性が ある」とも言っていますが、ホームシェアからホテル販売を開始して、OTAHotelTonight を買収し、OYO に投資し、そしてタビナカの Experiences プロダ クトを開発して EXPEBKNG に競争を挑むのは、まさに Airbnb総合旅行 会社になるという大いなる経営ビジョンであると考えるべきだと思います。 この記事の著者(OTA Insight, Chief Commercial Officer)は、Airbnb に対して かなり否定的であるようです。中小の独立ホテルにとっては、そもそもパリティ ーに縛られたくない筈ですから、Airbnb がパリティー維持を困難にしてくれる というのであれば、これは歓迎すべきことではないのでしょうか。最後に「ホテ ルは、ますます複雑化する流通を制御することができない。ゲストが他では取得 できない並外れたエクスペリエンスを提供することに最善を尽くし続ける必要 がある」については全く同感です。 

 

恒例のメアリー・ミーカーの「インターネット・トレンド 2019」が発表されま した。「12. メアリー・ミーカー、インターネット・トレンド発表」
この 333 枚のスライドでは、日本の企業は Sumitomo MitsuiLINEMIXI の たったの3社が言及されているに過ぎません。中国は独立した章(11China) で 30 ページ以上が割かれています。日本のインターネットテクノロジーの弱さ が見て取れて、とっても悲しいことです。(編集人)