旅物語 海外 第12回 アンコール世界遺跡へ 中編(2016年2月)

2016年4月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 旅行から帰国後、古代インドの叙事詩「ラーマーヤナ」を読みました。その本の序文(1971)で作者/故・河田清史先生は述べています。
 『今、日本で「古事記」「日本書記」といえば、誰でも”あの物語か“と、すぐ分かります。また、「イリアス」「オデッセイア」といっても、”あのギリシャの物語か“と、分かる人も多いでしょう。
 ところが、「ラーマーヤナ」というと、何のことかと、殆どの人が首をかしげます。
      (略)
 アジア人である日本人は、欧米のことは知っていても、アジアのこととなると、あまりにも知らなすぎました。  
 従って、アジア人の心などは、さっぱり分からないで何百年も過ぎて来ました。これは悲しいことです。
 何千年の昔からある古典物語というものは、その民族の心を語っているものなのです。まして、「ラーマーヤナ」という歌物語は、大昔から現代に至るまで、なお生きているだけに、この物語を知ることは、インドや東南アジアの何億という人々の心を、なつかしく知ることであります。
   (略)
 アジアの最も古い、美しい面白い物語くらい知らなければ、アジアを理解したとは言えないでありましょう。』


アンコールワットから東40kmの地の密林の中にひっそりと佇む「ベンメリア遺跡」

光も差し込まない謎の部屋

 

ベンメリア(「蓮の池」の意味)

 

 僕は、遺跡群の中で、ここが、1番好きで。

 

 11世紀末、アンコールワットの直前に造られたヒンズー寺院遺跡。

 

 世界遺産にまだ認定されていないため、崩壊が進んでいます。

 発見されたままの密林に覆われた姿が“ものの哀れ”を感じさせ、その寂しさが限りなく美しい。

 

 

ベンメリア(続き)

 

 宮崎駿の「天空の城ラピュタ」のモデルとの噂があります。

 

 崩壊し時間が止まり密林に覆われて封印された城・・・全くその雰囲気です。 


レリーフ

歩道に転がる石柱と
ヒンズー神話のレリーフ

 

バルス!(閉じよ!)

 

(「天空の城ラピュタ」の“滅び”の呪文)

 

 

 

 

ベンメリア(続き)

 

奇跡的に保存状態が

良い「ナーガ」(蛇神)

 

 

ここから真っ暗な回廊に入ります


バコン全景

 

ロリュオス・バコン

 

 アンコール王朝最初の都の中心ヒンズー寺院。
 伽藍の周囲に環濠が造られた最初のピラミッド型寺院。

ロリュオス遺跡群

 

 シェムリアップから南西25kmにあり、アンコール遺跡群の中で最も古い。
 初代王ジャヤヴァルマン2世が790年頃建築、インドラヴァルマン1世が王都として整備した。

 

 日本の平安時代初期の遺跡が千年を超えて残っているのです、
感激です!

バコンへの参道


 

 

ロリュオス・バコン(続き)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レリーフ・デヴァター(女神)


バコン遺跡の上から見た景色


ブリアコー全景

ブリアコー・獅子像

ブリアコー・レリーフ

 

 

ロリュオス・ブリアコー
(“ブリアコー”は、「聖なる牛」の意味)

 

 インドラヴァルマン1世が父/ジャヤヴァルマン2世と
祖先を祀るために879年に建立。

 

 

 

 

 

 

 

ロリュオス・ブリアコー(続き)

 

 


ブリアコー・聖なる牛「ナンディン」

ロレイ・碑文

 

 

 

 

 

ロレイ全景

ブリアコー碑文

 

 

ロリュオス・ロレイ

 

 ヤショヴァルマン1世が、
父/インドラヴァルマン1世と祖先のために893年に建てたヒンズー寺院。

 

 創建当時は巨大な溜池の中の小島の上に立っていたという。

ブリアコー・デヴァター(女神)

ロレイ・デヴァター(女神)


ロレイ・仏教遺跡・金剛力士像


 

次回後編に続く

注目した記事6.30

 

ANAの株主総会

 

629日に開催されたANAホールディングスの株主総会の模様が短く紹介されている。

 

日経では資金について、時事通信では航空会社再編の観測について述べられている。

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60914750Z20C20A6000000/

 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062900433&g=eco

 

またYAHOOANA/JALを評した町田徹氏の現代ビジネスの記事を紹介している。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/de3ecd8f898fefe8e278e2613f088b3032642367?page=1

 

注目した記事6.30

 

英国の2WQ規制への業界の否定的反応とエアブリッジについての記事(上)をYAHOOで紹介している。

 

https://news.yahoo.co.jp/byline/masutanieiichi/20200629-00185713/

 

注目した記事6.30

 

仏、環境対策で多数の短距離航空路線を恒久廃止へ(6/29 Forbes

 

AFへの緊急援助に紐付け要請

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/7edce8187f25529bd5f0c5b272c91a1b7ef37093

 

注目した記事6.27

 

タイのLCCノックスクートが会社清算

 

多くのメディアがこれを報じています。

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60881550W0A620C2FFE000/

 

http://pattayalife.net/archives/32378

 

注目した記事6.21

JAL、第71回株主総会についての記事をいくつか紹介します。 

資金調達;5000億円のメドがたち、うち2000億円は調達済み。 

「日本の航空会社の一本化」は全く考えていない。期末配当は無配。など 

トラベルWatch6.19. https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1260204.html 

YAHOO!ニュース6.19. https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1260204.html 

乗りものニュース 6.19. https://trafficnews.jp/post/97344/3

注目した記事6.21

航空旅客需要の回復についてロイターがのべている。 

国内線は来年にも可能、国際線は3-4年かかるとの声。 

ロイター 6.18. 「焦点:国内航空大手、対策徹底で旅客の呼び戻し図る」 

https://jp.reuters.com/article/air-jp-covid-idJPKBN23P0X2

注目した記事6.20

コロナ後生まれた、新しいサービススタンダードが紹介されている。

 

マスク着用でCAに求められる「目の表情で伝える・感じ取る力」。JALの羽田~福岡線に乗って分かったコロナ後の新基準(トラベルWatch6.19)

https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/tabirepo/1259855.html

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座