旅物語 第13回 アンコール世界遺産へ 後編 (2016年2月)

2016年5月2日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 

タ・プローム ②

 

 発見時のまま保存されているため、長い間、ジャングルに埋もれていたため、強大な榕樹(ガジュマルの1種)が遺跡に絡みつき、独特の神秘の世界を創り出してる。

 

 

 

タ・プローム ③

 

魅惑するデヴァター(女神)たち

 

 

小回りコース/タ・プローム ①

 

 アンコールトム近在の遺跡巡りコースを“小回りコース”と言われています。

 

 “タ・プローム”は、ジャヤヴァルマン7世が12世紀末に創建、東西1km南北600m周壁に囲まれた大乗仏教寺院、往時には、1万を超える僧侶が居住した。
 
 後にヒンズー寺院となり、レリーフから仏像が削り取られる。

西塔門の四面仏、観世音菩薩

上部にあった仏像が削取られている


アプサラス(天界の踊り子)のレリーフ

 

 

 

デヴァター(女神)


 

小回りコース/バンテアイクデイ(上智大学支援遺跡) ①

バンテアイクデイ遠景

 10世紀にラージェンドラヴァルマン2世が建てたヒンズー寺院跡を、12世紀末にジャヤヴァルマン2世が仏教寺院として再建したもの。東西700m、南北500mの外壁を持つ、タプロームに似る。

 

 上智大学が2001年に、大量の廃仏274体を発掘、隠れた歴史を明らかにした。
 上智大学は、日本がカンボジアと国交を結ぶ以前から、遺跡の保護に地道な活動を続けており、現地からの信頼も高い。

 

 静かで幻想的な雰囲気のある遺跡です。

 


 

バンテアイクデイ(上智大学支援遺跡) ②

 

 バンテアイクデイとは、「僧坊の砦」の意味。

 

 ヒンズー教 ⇒ 大乗仏教 ⇒ ヒンズー教
 ⇒ そして現在は「上座部仏教」と、宗教の変遷が観察できます。

 

 観光客も少なく、静寂の中、広い遺跡を歩くと、周囲からデバター(女神)や、獅子たちに見つめられ、幻想的な気分になります。

 

 

デヴァター(女神)たち

獅子たち


 

大回りコース/プリヤカン ①

 

見とれる程美しい色彩の王妃さま

 東バライ周辺に点在する12世紀末のジャヤヴァルマン7世時代の遺跡を中心に、900年代の古い遺跡などを巡るコースを“大回りコース”という。

 

 プリヤ・カンは、ジャヤヴァルマン7世が父王供養のため大乗仏教寺院を建立。
 東西800m、南北700mの環濠・外壁を持つ最大級の広さを持つ寺院都市。
 往時は僧侶を初め10万弱の住民が居住していた。 

 

プリヤカン ②

 

 アンコールの遺跡群でよく目にする「綱引き」は、インド神話の“天地創造神話”です。

 

 これは「乳海攪拌(にゅうかいかくはん)」の神話で、
神々と阿修羅(悪鬼)が長年の戦いを止め、共同で不老不死の薬(アムリタ)を手に入れるというヴィシュヌ神(ヒンズーの最高神)の提案により、共同で海を攪拌する話です。
 竜王ヴァースキ(大蛇)をマンダラ山に巻きつけ、尾側を神々が、頭側を阿修羅が、両方から千年以上も引っ張って海を攪拌、天地を創造しました。

 

プリヤカン ③

 

 左は、榕樹(ガジュマル)に覆われた遺跡
              ・・・神秘的な雰囲気です。

 

 下は、ギリシャ神殿を思わせる建物・・・一説では、図書館跡と。

 

 思わず、西洋の古代遺跡に紛れ込んだかと・・・びっくり、驚嘆!  見とれます!

 

プリヤカン ④

 

左は、削り取られた仏像跡と踊り子

 

下は、王妃のデヴァターなど。


卒塔婆

 

プリヤカン ⑤

神鳥ガルーダ

回廊


 

お世話になった“ツクツク”

 

風が涼しく、ゆったり感が最高です。

 

 観光客が遺跡の見学をしている間、ドライバーさんはのんびり昼寝して待っていてくれます。

 

 

初日のツクツク

地雷撤去済掲示板

近代的なシェムリアップ空港

 

削り取られた仏像跡

2日目のツクツク

 

体力のある欧米人の若者は自転車で走っています。

 左上は、ドイツの支援で地雷が撤去されたことを知らせる掲示板です。

 

 左下は、近代的で綺麗なシェムリアップ空港、到着ロビーへはのんびり歩きです。ハワイ諸島の空港のような雰囲気です。

 

 右下は、ロリュオス・ロレイで見かけた目に鮮やかな熱帯樹。目に鮮やかです! 

熱帯樹(ロリュオス・ロレイにて)


海外事情

 

84~16日の主要ニュース19本のうち、いつもはPhocusWire Dailyにはほとんど表れない法人旅行に関する記事が7本(目次の下線箇所)もあった。取扱高ベースで米国市場のおよそ3割が法人旅行市場にあたり、そしてそれに加えておよそ2割程度のunmanaged business 旅行市場が存在すると言われている。つまり米旅行市場のほぼ半分あるいはそれ以上が、法人旅行で構成されていることになる。それだけ大きな市場にもかかわらず、業界ニュースが少ないのに驚かされる。(尤もこれにはPhocuswrightの親会社であるNorthstar Travel Mediaが、法人旅行市場専門誌であるBTN=Business Travel Newsを編集していることも影響している。)

 

7本の記事を読むと、この市場のセルフ予約ツールの使い勝手が極めて劣悪で、法人旅行管理会社(TMC)のサービスに対しても出張者の不満が多く、その上企業の出張規定のかなり厳しい遵守の要求のために、出張者のモラルと生産性の低下が発生している可能性がある、という何やら暗い話が連続する。要するに観光旅行市場の方が法人旅行市場よりも、旅行の計画や手配のプロセスで、テックを含めてずーっと先進洗練先行しているというのだ。

 

しかし、最近になって、この遅れた法人旅行市場に目をつけた新規参入者たちが参入しつつある。そして彼らは、企業のコスト削減最優先に変えて出張者ファースト、出張者セントリックの戦略を敷いている・・・というようなことが、これらの記事に書かれている。観光旅行のベストプラクティスを法人旅行が真似ようとしている。これはFSCLCCを真似て、FSCLCCの境界線がぼやけ始めている話と似ている。出張先で仕事の前後に休暇旅行までしてしまうブレイジャーの拡大も、法人旅行のセルフインベンションの一つのきっかけとなっているのだろうか。

 

11. OTA4つの神話」は、“高い手数料をふんだくっている悪者OTA”の評判(風評?)に対するOTA の恨み節が書いてあって面白い。(編集人)

 

 

海外事情 916日号B 

 

81923日のニュースに加え、法人旅行に関する特集シリーズ3部作の第1部を掲載する。(お盆休みのために、1週間のニュース配信となります。)

 

前々号の楽天キャピタルの都市エクスペリエンスプラットフォームFever(ロンドンとマドリッドベース)出資に引き続き、「3. 楽天、東南アジアのバジェットホテルに投資」した。

 

2. 電子IDと旅行」は、プライバシーの問題について何も触れていない。生体情報は、整形手術をしない限り究極的個人情報なのでプライバシー保護には細心の、最善の、最大限の注意が必要だ。

 

6. 米司法省、セーバーのフェアロジックス買収を否認」は、この買収が実現しない場合は、SabreNDC開発に遅れが生じる可能性がある。これは、FarelogixGDS代替システムの能力に、DOJが“お墨付き”を与えたということか。(編集人)