旅物語 第13回 アンコール世界遺産へ 後編 (2016年2月)

2016年5月2日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 

タ・プローム ②

 

 発見時のまま保存されているため、長い間、ジャングルに埋もれていたため、強大な榕樹(ガジュマルの1種)が遺跡に絡みつき、独特の神秘の世界を創り出してる。

 

 

 

タ・プローム ③

 

魅惑するデヴァター(女神)たち

 

 

小回りコース/タ・プローム ①

 

 アンコールトム近在の遺跡巡りコースを“小回りコース”と言われています。

 

 “タ・プローム”は、ジャヤヴァルマン7世が12世紀末に創建、東西1km南北600m周壁に囲まれた大乗仏教寺院、往時には、1万を超える僧侶が居住した。
 
 後にヒンズー寺院となり、レリーフから仏像が削り取られる。

西塔門の四面仏、観世音菩薩

上部にあった仏像が削取られている


アプサラス(天界の踊り子)のレリーフ

 

 

 

デヴァター(女神)


 

小回りコース/バンテアイクデイ(上智大学支援遺跡) ①

バンテアイクデイ遠景

 10世紀にラージェンドラヴァルマン2世が建てたヒンズー寺院跡を、12世紀末にジャヤヴァルマン2世が仏教寺院として再建したもの。東西700m、南北500mの外壁を持つ、タプロームに似る。

 

 上智大学が2001年に、大量の廃仏274体を発掘、隠れた歴史を明らかにした。
 上智大学は、日本がカンボジアと国交を結ぶ以前から、遺跡の保護に地道な活動を続けており、現地からの信頼も高い。

 

 静かで幻想的な雰囲気のある遺跡です。

 


 

バンテアイクデイ(上智大学支援遺跡) ②

 

 バンテアイクデイとは、「僧坊の砦」の意味。

 

 ヒンズー教 ⇒ 大乗仏教 ⇒ ヒンズー教
 ⇒ そして現在は「上座部仏教」と、宗教の変遷が観察できます。

 

 観光客も少なく、静寂の中、広い遺跡を歩くと、周囲からデバター(女神)や、獅子たちに見つめられ、幻想的な気分になります。

 

 

デヴァター(女神)たち

獅子たち


 

大回りコース/プリヤカン ①

 

見とれる程美しい色彩の王妃さま

 東バライ周辺に点在する12世紀末のジャヤヴァルマン7世時代の遺跡を中心に、900年代の古い遺跡などを巡るコースを“大回りコース”という。

 

 プリヤ・カンは、ジャヤヴァルマン7世が父王供養のため大乗仏教寺院を建立。
 東西800m、南北700mの環濠・外壁を持つ最大級の広さを持つ寺院都市。
 往時は僧侶を初め10万弱の住民が居住していた。 

 

プリヤカン ②

 

 アンコールの遺跡群でよく目にする「綱引き」は、インド神話の“天地創造神話”です。

 

 これは「乳海攪拌(にゅうかいかくはん)」の神話で、
神々と阿修羅(悪鬼)が長年の戦いを止め、共同で不老不死の薬(アムリタ)を手に入れるというヴィシュヌ神(ヒンズーの最高神)の提案により、共同で海を攪拌する話です。
 竜王ヴァースキ(大蛇)をマンダラ山に巻きつけ、尾側を神々が、頭側を阿修羅が、両方から千年以上も引っ張って海を攪拌、天地を創造しました。

 

プリヤカン ③

 

 左は、榕樹(ガジュマル)に覆われた遺跡
              ・・・神秘的な雰囲気です。

 

 下は、ギリシャ神殿を思わせる建物・・・一説では、図書館跡と。

 

 思わず、西洋の古代遺跡に紛れ込んだかと・・・びっくり、驚嘆!  見とれます!

 

プリヤカン ④

 

左は、削り取られた仏像跡と踊り子

 

下は、王妃のデヴァターなど。


卒塔婆

 

プリヤカン ⑤

神鳥ガルーダ

回廊


 

お世話になった“ツクツク”

 

風が涼しく、ゆったり感が最高です。

 

 観光客が遺跡の見学をしている間、ドライバーさんはのんびり昼寝して待っていてくれます。

 

 

初日のツクツク

地雷撤去済掲示板

近代的なシェムリアップ空港

 

削り取られた仏像跡

2日目のツクツク

 

体力のある欧米人の若者は自転車で走っています。

 左上は、ドイツの支援で地雷が撤去されたことを知らせる掲示板です。

 

 左下は、近代的で綺麗なシェムリアップ空港、到着ロビーへはのんびり歩きです。ハワイ諸島の空港のような雰囲気です。

 

 右下は、ロリュオス・ロレイで見かけた目に鮮やかな熱帯樹。目に鮮やかです! 

熱帯樹(ロリュオス・ロレイにて)


海外事情

 

6 10 日から 21 日までの 2 週間のオンライン旅行流通に関係する海外主要記 事です。
この号では、「3. OTA エアビーとレートパリティー」に注目したいと思います。 Airbnb がホームシェアに加えてホテルまで販売するとなると、
泊とホテルが 一つのプラットフォーム上で横並びにリストされることになり、タイプの異な る施設同士の価格比較が難しくなって、レートパリティーの維持が困難になる と言っている・・・と理解しました。しかし「(Airbnb では)、ゲストが施設の 真のコストを判断できない不明瞭なプライシングの環境が存在する」とはイマ イチ良く理解できませんでした。Airbnb が最近導入したホストオンリーのコミ ッションモデルであれば、OTA のモデルと近似するのですから、そんなことに はならない、のではないでしょうか?
 

 

Airbnb が上場して・・・顧客獲得コストが上昇・・・ホテルの直販志向を強 くさせることになるが・・・一方でパリティー破りの悪役である格安販売のホテ ルオンリーの業者が増加するデメリットも存在する」とも言っています。しか し、ホテルにとっては、Airbnb のホテル販売開始によってチャネルがそれだけ 増えるので(OTA の中抜きのチャンスが生じるので)良いことである、と考え るのは間違っているのでしょうか?ホテルオンリーのパリティー破りは、 Airbnb とは関係のない別の次元の話では。「Airbnb のコミッションが、将来値 上げされる可能性もある」と言っていますが、EXPEBKNG との対抗上、こ の大手 OTA2社を上回ることにはならないのではないでしょうか。Airbnb の 多角化戦略は、「焦点が合っておらず・・・会社(Airbnb)は衰退する可能性が ある」とも言っていますが、ホームシェアからホテル販売を開始して、OTAHotelTonight を買収し、OYO に投資し、そしてタビナカの Experiences プロダ クトを開発して EXPEBKNG に競争を挑むのは、まさに Airbnb総合旅行 会社になるという大いなる経営ビジョンであると考えるべきだと思います。 この記事の著者(OTA Insight, Chief Commercial Officer)は、Airbnb に対して かなり否定的であるようです。中小の独立ホテルにとっては、そもそもパリティ ーに縛られたくない筈ですから、Airbnb がパリティー維持を困難にしてくれる というのであれば、これは歓迎すべきことではないのでしょうか。最後に「ホテ ルは、ますます複雑化する流通を制御することができない。ゲストが他では取得 できない並外れたエクスペリエンスを提供することに最善を尽くし続ける必要 がある」については全く同感です。 

 

恒例のメアリー・ミーカーの「インターネット・トレンド 2019」が発表されま した。「12. メアリー・ミーカー、インターネット・トレンド発表」
この 333 枚のスライドでは、日本の企業は Sumitomo MitsuiLINEMIXI の たったの3社が言及されているに過ぎません。中国は独立した章(11China) で 30 ページ以上が割かれています。日本のインターネットテクノロジーの弱さ が見て取れて、とっても悲しいことです。(編集人)