旅物語 第13回 アンコール世界遺産へ 後編 (2016年2月)

2016年5月2日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 

タ・プローム ②

 

 発見時のまま保存されているため、長い間、ジャングルに埋もれていたため、強大な榕樹(ガジュマルの1種)が遺跡に絡みつき、独特の神秘の世界を創り出してる。

 

 

 

タ・プローム ③

 

魅惑するデヴァター(女神)たち

 

 

小回りコース/タ・プローム ①

 

 アンコールトム近在の遺跡巡りコースを“小回りコース”と言われています。

 

 “タ・プローム”は、ジャヤヴァルマン7世が12世紀末に創建、東西1km南北600m周壁に囲まれた大乗仏教寺院、往時には、1万を超える僧侶が居住した。
 
 後にヒンズー寺院となり、レリーフから仏像が削り取られる。

西塔門の四面仏、観世音菩薩

上部にあった仏像が削取られている


アプサラス(天界の踊り子)のレリーフ

 

 

 

デヴァター(女神)


 

小回りコース/バンテアイクデイ(上智大学支援遺跡) ①

バンテアイクデイ遠景

 10世紀にラージェンドラヴァルマン2世が建てたヒンズー寺院跡を、12世紀末にジャヤヴァルマン2世が仏教寺院として再建したもの。東西700m、南北500mの外壁を持つ、タプロームに似る。

 

 上智大学が2001年に、大量の廃仏274体を発掘、隠れた歴史を明らかにした。
 上智大学は、日本がカンボジアと国交を結ぶ以前から、遺跡の保護に地道な活動を続けており、現地からの信頼も高い。

 

 静かで幻想的な雰囲気のある遺跡です。

 


 

バンテアイクデイ(上智大学支援遺跡) ②

 

 バンテアイクデイとは、「僧坊の砦」の意味。

 

 ヒンズー教 ⇒ 大乗仏教 ⇒ ヒンズー教
 ⇒ そして現在は「上座部仏教」と、宗教の変遷が観察できます。

 

 観光客も少なく、静寂の中、広い遺跡を歩くと、周囲からデバター(女神)や、獅子たちに見つめられ、幻想的な気分になります。

 

 

デヴァター(女神)たち

獅子たち


 

大回りコース/プリヤカン ①

 

見とれる程美しい色彩の王妃さま

 東バライ周辺に点在する12世紀末のジャヤヴァルマン7世時代の遺跡を中心に、900年代の古い遺跡などを巡るコースを“大回りコース”という。

 

 プリヤ・カンは、ジャヤヴァルマン7世が父王供養のため大乗仏教寺院を建立。
 東西800m、南北700mの環濠・外壁を持つ最大級の広さを持つ寺院都市。
 往時は僧侶を初め10万弱の住民が居住していた。 

 

プリヤカン ②

 

 アンコールの遺跡群でよく目にする「綱引き」は、インド神話の“天地創造神話”です。

 

 これは「乳海攪拌(にゅうかいかくはん)」の神話で、
神々と阿修羅(悪鬼)が長年の戦いを止め、共同で不老不死の薬(アムリタ)を手に入れるというヴィシュヌ神(ヒンズーの最高神)の提案により、共同で海を攪拌する話です。
 竜王ヴァースキ(大蛇)をマンダラ山に巻きつけ、尾側を神々が、頭側を阿修羅が、両方から千年以上も引っ張って海を攪拌、天地を創造しました。

 

プリヤカン ③

 

 左は、榕樹(ガジュマル)に覆われた遺跡
              ・・・神秘的な雰囲気です。

 

 下は、ギリシャ神殿を思わせる建物・・・一説では、図書館跡と。

 

 思わず、西洋の古代遺跡に紛れ込んだかと・・・びっくり、驚嘆!  見とれます!

 

プリヤカン ④

 

左は、削り取られた仏像跡と踊り子

 

下は、王妃のデヴァターなど。


卒塔婆

 

プリヤカン ⑤

神鳥ガルーダ

回廊


 

お世話になった“ツクツク”

 

風が涼しく、ゆったり感が最高です。

 

 観光客が遺跡の見学をしている間、ドライバーさんはのんびり昼寝して待っていてくれます。

 

 

初日のツクツク

地雷撤去済掲示板

近代的なシェムリアップ空港

 

削り取られた仏像跡

2日目のツクツク

 

体力のある欧米人の若者は自転車で走っています。

 左上は、ドイツの支援で地雷が撤去されたことを知らせる掲示板です。

 

 左下は、近代的で綺麗なシェムリアップ空港、到着ロビーへはのんびり歩きです。ハワイ諸島の空港のような雰囲気です。

 

 右下は、ロリュオス・ロレイで見かけた目に鮮やかな熱帯樹。目に鮮やかです! 

熱帯樹(ロリュオス・ロレイにて)


海外事情

 

今週号では、「7. アゴダの多角化戦略」、「8. ブッキング、民泊の新戦略」、「13.ブッキング、法人旅行テックプロバイダー買収」、「15. ブッキング、配車アプリのグラブと提携促進」と、BKNGの関連ニュースが4つもあった。BKNGの「Connected Travel」戦略の遂行が進んでいる。BKNGの場合は、Internet of Things (IoT)が、Internet of Travel (IoT)と読み替えているように感じられる? 

 

それよりも、3つの記事が印象深い。「10. 本当のディスラプション」、「22. ソーシャルメディアと旅行」、「24. 東南アジア市場の2つの問題、OYOとインスタ」の3つだ。

 

10. 本当のディスラプション」では、ディスラプティブのプロダクトは、必ずしも既存企業よりも良いわけではなく、今まで既存企業が不経済なために手を出さなかったサービスのニーズに取り組んだか、以前は特定できなかったニーズのいずれかであると説いている。そして、ディスラプティブを起こしているのは、テクノロジーでなくて、創造性を発揮したクリエイティブなモデルであることを再確認させてくれた。

 

22. ソーシャルメディアと旅行」は、旅行とソーシャルメディアの相性が抜群に良く、旅行業界がソーシャルメディアを誰よりもうまく使っていると言っている。ソーシャルメディは、人と人の繋がりをインターネットで補完するコミュニーケーションサービスなのだから、顧客とのエンゲージメントに優れているのは当たり前だ。これを上手に使っていないとすれば問題だ。

24. 東南アジアの2つの問題、OYOとインスタ」は、この地区における観光公害の実態を報告している。オンライン旅行ガイドTravelfishStuart McDonaldが、過去15年間で悪化している観光公害の実態を、歯に衣着せずのタッチで断罪している。(編集人)

海外事情12月9日号 

 

2つのIATA NDC標準に関する記事「4. NDC進捗状況」、「16. 航空会社の3つのテクノロジートレンド」が有った。4.の記事は、NDCは安定的に進展しているものの、乗り越えなければならないハードルがまだまだ存在すると述べている。その反対に16.の記事は、開発進展状況は計画通り順調だと述べている。後者は、IATAが主催した航空会社リテーリングシンポジウムに関する記事のため、多分にIATA寄りになっていると思われる。4.がより正確に実態を表しているのだろう。「技術的な問題よりも“人と金と政治”(people, money, politics)の問題が進展を阻んでいる」と言っている。NDC APIで接続して流通経費をできるだけ削減したい航空会社と、反対していたNDC に今では積極的に対応して、新たに登場したアグレゲータとの競争に勝利するためと、航空会社に“中抜き”させないための両方で頑張っているGDSとの、これからのせめぎわいが激しくなるだろう。 

 

グロバールOTAの第3四半期決算で、EXPE22%大幅減益となった「9. エクスペディア 3Q 減益」。その反対にBKNG10%増益した「15. ブッキング3Q、増収増益達成」。どちらもnet incomeベースだ。EXPEの減益は、GoogleSEOに関するアルゴリズム変更が影響しているという。BKNGは、このチャネル規模がそんなに大きくなく影響が軽微であったという。TRIP3Qも減収減益となった「12. トリアド、トリップ・コムと中国合弁設立」。TripAdvisorブランドホテル収入が、Google自身のホテルプロダクト検索増加が原因で14%減少したのだ。Googleの旅行領域参入がますます本格化しているようだ。

 

117日、3社の株価は、EXPE27%BKNG8%TRIP22%、と値を下げた。市場は、オンライン旅行市場におけるOTAの今後の競争力維持を懸念しているのだろうか。OTAは、サプライヤー直販拡大はもとより、Airbnbなどの新たな販売モデルの台頭やGoogleなどのグローバルプラットフォーマーとの競争激化に直面している。(編集人)