全国一宮 第9回「大和国一宮 大神(おおみわ)神社」(2015年2月)

2016年1月3日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 奈良県桜井市に鎮座する大和一宮の「大神神社(おおみわじんじゃ)です。
 御神体は拝殿の後ろに控える”三輪山”、自然信仰を残す最も古い神社形態です。

 ここは、伊勢神宮・出雲大社よりも古く
また最高の格式を持つ、
 言わば、日本国一宮とも言えるお社です。

 

 

 

 古事記によれば大神神社の祭神/大物主大神(おおものぬしのおおかみ)が大国主命(おおくにぬしのみこと)の前に現れ、国作りを成就させるために「私を三輪山に祀れ」と希望され、三輪山に鎮まれました。

 

 日本書記にも同様の伝承があり、その中で、大物主大神は大国主命の「幸魂(さきみたま)」であると名乗られています。

 

 つまり、2つの神は同一神です。

左から、大和三山の畝傍山 耳成山、そして 大鳥居

 

 

大神神社 大鳥居(32m)

 

 

鳥居(三輪大神)

参道


 

 崇神天皇の御代(300年前後)疫病が流行した際、皇祖神/天照大神を祀ったものの流行は収まらず、
 倭迹迹日百襲媛命が神懸かりして、「大国主命の後裔/太田田根子命を探し出し祭主とし大物主大神を祀れば疫病は収まる」と神託、
 その通りに祀ると疫病は鎮まりました。

 

 

 

 

 

 大神神社が大物主大神の幸魂(さきみたま)をお祀りしているのに対し、 
 摂社/狭井(さい)神社は、大物主大神の荒魂(あらみたま)をお祀りしています。

大神神社 注連縄

 

 以降、ヤマト王権(天皇家)は出雲系神社/大神神社を国家守護神として篤く祀るようになりました。

 不思議な伝承です。

 

大神神社 拝殿

 

狭井神社本殿


 

 

近くには卑弥呼の墓と目される箸墓古墳があります。
 この地は、邪馬台国/卑弥呼⇒出雲国/大国主命⇒ヤマト王権と続く、日本古代王権のルーツです。
 大和三山が美しく心が和む地です。

大神神社から見る大和三山 左から、天香久山 畝傍山 耳成山


注目した記事6.2

欧州委員会の付帯条件に難色を示していたルフトハンザ監査役会は、その条件がより有利な形で受け入れられたとして、独政府の90億ユーロ救済策を承認。再建プロセスが一歩進んだ。

 

「独ルフトハンザ監査役会、独政府と合意の救済案を承認」2020.6.2 ロイター)

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-lufthansa-rescue-idJPKBN23831Q

注目した記事6.2

日経新聞は、コロナ禍の終息が見とおせない中で正常化に向けて動き出すLCCについて、JALが新設したZIPAIR Tokyoを中心にとりあげている。 

(全文を読むためには会員登録が必要です)

 

LCC、正常化遠く苦渋の一手 JAL系は貨物便で参入」(日経新聞2020.6.2 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59819220R00C20A6000000/

注目した記事6.2

 国交省が、空港が感染症対策に要した費用を施設利用料に加算することを認める方針を決めた、との同じ内容のNEWSが共同通信等多くのメディアから出ている。

対象は11空港※。いずれも航空会社が運賃に加算して旅客から徴収している。 

  羽田、成田、関西、伊丹、中部、新千歳、仙台、福岡、那覇、北九州、茨城 

11空港の感染対策、乗客負担に 利用料に上乗せ、値上げの可能性(2020.6.1共同通信47NEWS)」 

https://ovo.kyodo.co.jp/flash/a-1459523 

この時期での決定、発表となった経緯等には触れられていない。 

また朝日、読売、毎日、日経の各紙にはこの情報はみあたらない。

 

注目した記事6.1

ルフトハンザ90億ユーロ救済策のその後; ルフトハンザ取締役会は、欧州委員会の条件をより有利な形で受け入れたと発表したことをロイターが報じている。(2020.6.1

 

独ルフトハンザの政府救済が前進、最大24枠放棄で条件受け入れ(ロイター6.1) 

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-lufthansa-rescue-idJPKBN2370TL

 

注目した記事5.30

2015年に経営破綻ののち1年でみごと再建、以後高い収益性と運航品質を維持してきたスカイマークも、コロナの前には大手2社同様に苦しんでいる。

 

5.29の日経ビジネス(高尾記者等)の記事は、業界再編の可能性も含め幅広い見地からよくまとめられている。(全文を読むためには会員登録が必要です)

 

(日経ビジネス2020.5.29) 「高まる再編圧力 スカイマークは生き残れるか」 

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00165/052900003/

注目した記事 5.29

深刻な経営危機にあるルフトハンザ航空に対してドイツ政府は90億ユーロ規模の救済策を示したが、ルフトハンザ監査役会はこの受入れを拒否(保留)した。 

 

これに関して「現代ビジネス(講談社)」は下記で詳しく述べている。

 

倒産危機のルフトハンザが「ドイツ政府の救済案」を拒否した理由(2020.5.29 

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72923

 

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座