全国一宮 第6回 「三河国一の宮 砥鹿(とが)神社」(2014年 初夏)

2015年10月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)


 砥鹿神社のある「三河一宮駅」は、年中、参拝客で賑あう”豊川稲荷”(豊川駅)の隣駅なのに、何と無人駅でした。
 5分ほど歩くと、厳粛で清々しさの漂う三河一宮「砥鹿神社」です。
 ここには不思議な伝承があります。「羽衣伝説」は日本各地にありますが、ここ砥鹿神社には、現在でも天皇が即位する際に羽織る「天の羽衣」を作っているという伝承です。
 砥鹿神社の祭神は国ツ神「オオナムチ」(出雲のオオクニヌシのこと)、すなわち天ツ神(天孫族・天皇家)への従属の証に今も「天の羽衣」を作る役目を負っているらしいのです。 
 神社の巫女さんはどこか妖しい雰囲気です。

三河一宮駅(無人駅)


砥鹿神社本殿

砥鹿神社茅の輪



豊川稲荷(妙嚴寺)

霊狐塚

豊川稲荷鳥居

 「豊川稲荷」は中部圏で有数の参拝客を誇る”お稲荷さん”、でも神社ではありません、600年の歴史を誇る曹洞宗の寺院妙嚴寺です、なのに、鳥居もある摩訶不思議なお寺です。
 参道は「うなぎ」「いなり寿司」で溢れ賑やかで楽しい門前町です。

豊川稲荷参道



岡崎・岡崎城

城址公園・からくり人形の舞

岡崎城

 家康の本拠地「岡崎城」は、”お堀”も残り綺麗に整備された気持ちの良い城址公園です。
 八丁味噌の発祥地にも行ってみました。
 有名なゆるキャラ「オカザえもん」のクッキーもとっても美味です。

オカザえもん

八丁味噌会社


■4月5日

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

海外事情

 

513日〜24日の主要ニュースを集めたこの号で目立った記事は、3.「アマゾンと旅行」、6.「アマゾンがインドで航空便予約開始」の2つです。前号3.の「アマゾン、異なる方法で旅行に参入?」の記事と合わせて、アマゾンの旅行領域への参入が何やら本格化している気配が感じられます。

 

世界の旅行業界が恐れているように、アマゾンが旅行業界に参入すれば、とてつもない大きな影響を既存のインターメディアリー(仲介業者)、特にOTAに与えることになるのでしょう。Googleが本格的にメタサーチに手をだして、今度はアマゾンが参入して来るようなことにでもなれば、GAFAの2強が入ってくるのですから大変なことなりそうです。

 

Googleは、あくまでオンライン広告ビジネスの一環としての旅行領域への間接的参入ですが、アマゾンの場合はどのようになるのでしょうか?Amazon Payのメニューを拡大するためなのか? 前号3.の記事に書いてあった通り、クラウドのAWSAmazon Web Services)の販売先として旅行業界を取り入れようとしているのか?はたまたパーソナルアシスタントAlexaのスキルの対象として旅行を取れて行くのか?は良くは分かりませんが、何れにしてもアマゾンのことなので間接的であれ直接的であれ、どのような方法であっても対応する能力を備えている、と考えるのが妥当なのでしょう。今後の動きから目が離せません。(編集人)