全国一宮 第6回 「三河国一の宮 砥鹿(とが)神社」(2014年 初夏)

2015年10月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)


 砥鹿神社のある「三河一宮駅」は、年中、参拝客で賑あう”豊川稲荷”(豊川駅)の隣駅なのに、何と無人駅でした。
 5分ほど歩くと、厳粛で清々しさの漂う三河一宮「砥鹿神社」です。
 ここには不思議な伝承があります。「羽衣伝説」は日本各地にありますが、ここ砥鹿神社には、現在でも天皇が即位する際に羽織る「天の羽衣」を作っているという伝承です。
 砥鹿神社の祭神は国ツ神「オオナムチ」(出雲のオオクニヌシのこと)、すなわち天ツ神(天孫族・天皇家)への従属の証に今も「天の羽衣」を作る役目を負っているらしいのです。 
 神社の巫女さんはどこか妖しい雰囲気です。

三河一宮駅(無人駅)


砥鹿神社本殿

砥鹿神社茅の輪



豊川稲荷(妙嚴寺)

霊狐塚

豊川稲荷鳥居

 「豊川稲荷」は中部圏で有数の参拝客を誇る”お稲荷さん”、でも神社ではありません、600年の歴史を誇る曹洞宗の寺院妙嚴寺です、なのに、鳥居もある摩訶不思議なお寺です。
 参道は「うなぎ」「いなり寿司」で溢れ賑やかで楽しい門前町です。

豊川稲荷参道



岡崎・岡崎城

城址公園・からくり人形の舞

岡崎城

 家康の本拠地「岡崎城」は、”お堀”も残り綺麗に整備された気持ちの良い城址公園です。
 八丁味噌の発祥地にも行ってみました。
 有名なゆるキャラ「オカザえもん」のクッキーもとっても美味です。

オカザえもん

八丁味噌会社


海外事情

毎日、外国の旅行流通ニュースを読んでいると、トラベルテックの急速な変化 に驚かせられると同時に、それが達成する能力や機能のレベルの高さにワクワ クする高揚感を禁じ得ない。 OTA の市場における勢力が勢いを増し始めた 2010 年頃に、伝統的オフライン の旅行会社は無くなってしまうと喧伝されたが、それから20 年近くたった今で もそうなっていない。TTA のヒューマンタッチのサービスは、オンライン専業 のOTA には真似られないというのがその理由だ。しかし近のトラベルテック の凄まじい進化と発展を見ると、この理由は根拠を失いつつあるようだ。旅行 ではパーソナルなエクスペリエンスを提供できた者が勝利者となる。AI(人工 知能)を駆使してビッグデータを分析すれば、パーソナルなエクスペリエンス の提供が可能なると想像するのは間違いではないかもしれない。 すでに、「もの」の世界で Amazon がこれを実現して大きな成功を収めている。 「こと」の世界でも同じようなことが起きるだろう。事実、旅行者のポケット に収まる24/7のパーソナルアシスタントが実用化し始めている。こんなことを、 「12. ホスピタリティー教祖Dave Berks とのQ&A」を読んで考えた。(編集人)