全国一宮 第28回「美濃一宮 南宮大社」(2019年 5月)

2019年10月15日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 美濃国一宮「南宮大社」は、神武東征の際、「金鵄(金のトンビ)」を飛ばし、熊野から大和へ進軍する天皇の軍勢を道案内する「八咫烏(ヤタガラス)」を助け戦勝をもたらした功をもって、当郡府中に祀られたのを創建と伝える古社です。その後、崇神天皇の時代に現在地に奉遷、国府の南に位置したことから「南宮大社」と呼ばれるようになりました。

 

 “関ヶ原の戦い”では、近くの“南宮山”に毛利氏が布陣、安国寺恵瓊が南宮大社の社殿を焼き払いました。現在の社殿は、徳川家光によって再建されたものです。

南宮大社 大鳥居(21m)

南宮大社 楼門


 主祭神の「金山彦命(カナヤマヒコのミコト)」は、「伊邪那美命(イザナミノミコト)」が火の神「迦具土神(カグツチノカミ)」を産んだ時、火傷を負い苦しんで吐いた嘔吐物から生まれた神で、「金属・鉱山の神様」です。

 「金山彦命」を祀る全国3千社の総本社で、全国の金属加工、刃物等を扱う業者から篤い信仰を集めています。刀工で有名な“関の孫六”も南宮大社に近い美濃赤坂が発祥地です。近くに、銅・鉄を産した“金生山”があったことが関係しているのかもしれません。

 古来から、金属(鉄器・武器)を祀る当社は、軍事力の象徴となり、源氏、北条氏、土岐氏、徳川氏など有力な武将の崇敬を受けてきました。

  脇神としては、「彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)」と「見野命(ミノノミコト)」が祀られています。

 「彦火火出見尊」は、「山幸彦海幸彦」神話の「山幸彦」のことで、神武天皇の祖父にあたり、農業・稲穂の神です。何故ここに祀られているのかは不明です。

 「野見命」は、神話には出てこない不明の神ですが、「見野」は「美濃」に通じ、元来の地元の神が祀られていると思われます。

拝殿

拝殿より本殿を臨む

樹下社(大己貴命)

 

本殿廻廊内にある4摂社、

全て、重要文化財

南大神社(天火明命)

高山社(木花之佐久夜毘売・邇邇芸命)

瓦塚

 

 聖武天皇」が“大仏建立”のため、東国行脚をされた際、「南宮大社」にも立ち寄られ、「金属の神・金山彦命」を参拝された足跡が残されています。

 

 

南宮稲荷神社

 

 

 

 

南宮神社境内の外の裏山にひっそりと「稲荷神社」があります。

 

樹木に囲まれた“千本鳥居”は壮麗で、清々しい雰囲気です。

高舞殿

 

北門より拝殿を臨む

 

 

美しい椿の花が咲く神社として有名です。

 

 

 

南宮大社は、古来より、刀剣・刃物など“金属類の神様”でした。

 

 

多くの「鍬」、「鎌」等が、奉納されています

 

 

 

 

現在も、多くの金属加工メーカーから、製品の奉納、信仰を集めています。

 

 

 

 

 隼人社(火闌降命)

 

  京都に送られた平将門の首級が関東に飛

  び帰ろうとした際、南宮大社に居た“隼

  人”が神矢を放って射落とし、近くの“御

  首神社”に埋め霊を祀ったという伝承が

  あります。

 

 

 

社殿の古瓦を集めた“瓦”の供養塔です、 

 彫像が絶妙です。

荷神社本殿


荒魂社

 

由緒ある摂社・末社

 

石舟社

金敷金床神社


潮干海神社

落合神社


新宿ブックファースト店のセレンディピティを起こす150冊に選ばれました!

マラソン講座