全国一宮 第21回「下総国一宮 香取神宮」(2017年 1月)

2017年7月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 下総国の一宮は、「香取神宮」で、平安初期、“神宮”と呼ばれたのは、「伊勢神宮」「鹿島神宮」と「香取神宮」の3つしかなく、格式の高い古社です。
 祭神は「経津主大神(フツヌシノオオカミ)」で、「出雲風土記」は「天照大御神」から出雲に派遣され、「大国主命」に国譲りをさせた神と伝えます。 古代、物部氏と深い関係があったようです。
 一方、この国譲りは「古事記」では「鹿島神宮の武甕槌大神(タケミカズチノオオカミ」となっています。
これは、元来、「香取神宮の経津主大神」であったものを、「古事記」編纂の際、隆盛となった藤原氏(中臣氏)への政治的配慮から、没落した物部氏系の「香取神宮・経津主大神」ではなく、藤原氏(中臣氏)の氏神の「鹿島神宮・武甕槌大神」に替えたようです。

 

 一方、古来から、「香取神宮」「鹿島神宮」は共に“軍神”として崇められ、1対で、朝廷の厚い信仰を集めてきました。これは、“ヤマト王権”の東北地方進出のための“対蝦夷前線基地”の役割と守護神でした。

香取神宮・参道

香取神宮・拝殿

 

 古代から、太平洋岸に“内海”をはさみ向いあって隣接してきた「香取神宮」「鹿島神宮」の意味は何だったのでしょうか?
 大きな謎を持つ古社です。

 

 香取・鹿島の地は、地震が多い。
その地震を起す地中深くに住みつく”大鯰(ナマズ)”を抑える為、地中深く”石棒(要石)“を差し込み、鯰の頭を刺し通し、地震を抑えている。

要(かなめ)石

「要石」周辺

香取神宮・二の鳥居

香取神宮・総門

楼門、鹿島神宮と共に楼門(お寺の山門)を持つ珍しい神宮

香取神宮・祈祷殿(旧拝殿)


■4月5日 NEW!

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

TD(旅行流通)勉強会

旅行流通に関する世界のニュース

 

■4月16日  NEW!

 

 

「オフラインの世界に戻る Part 4(最終回)ハイテック対ハイタッチ ホテル」が、H.I.S.の「変なホテル」とForbes 5つ「Boston Harbor Hotel」の極端な2つのケースを比較していて面白い。宿泊業界は、ハイテックで割安なホテルと、高価であるがそれに見合う人的サービスを提供するホテルの2つのセグメントに別れるのだろう。航空業界におけるLCCFSAの違いと似通った話なのかもしれない。それにしても、Boston Harborの徹底したCRMは物凄い。

 

しかし宿泊施設では、これにホームシェアー(private lodgingとかalternative lodging facilityとも呼ばれている)の新経済が加わる。

 

 

Google 民泊拡大」は、GoogleHotel Searchにバケーションレンタル施設を加えたと報じている。

 

Expedia Groupなどの提携サイトの掲載施設をリストすると言う。これはバケーションレンタルのメタサーチ?Googleの旅行市場への参入はとどまるところを知らない。そのGoogleが、先々週、欧州委員会から独禁違反で14.9億ユーロの制裁金支払いを命じられた。これでGoogleの独禁違反は3回目となる。中核事業(特に個人情報集約)の先行きを案じて旅行業を含む事業の多角化を目指していると勘ぐる。

 

 

「エアビー5億人利用」によれば、民泊本家のAirbnbが累計で5億人の利用者獲得を達成し、600万軒の代替宿泊施設をリストしている。Booking.com570万軒を上回ったと言っているが、即予約(インスタント・ブッキング)できる施設数ではBooking.comが追い抜いていると理解している。Airbnbは、OTAHotelTonightを買収したと思ったら、今度はインドのOYO$150M~$200Mを投資したらしい。年内上場を睨んで、Airbnbの事業拡大戦略が継続している。

            (編集人)