全国一宮 第21回「下総国一宮 香取神宮」(2017年 1月)

2017年7月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 下総国の一宮は、「香取神宮」で、平安初期、“神宮”と呼ばれたのは、「伊勢神宮」「鹿島神宮」と「香取神宮」の3つしかなく、格式の高い古社です。
 祭神は「経津主大神(フツヌシノオオカミ)」で、「出雲風土記」は「天照大御神」から出雲に派遣され、「大国主命」に国譲りをさせた神と伝えます。 古代、物部氏と深い関係があったようです。
 一方、この国譲りは「古事記」では「鹿島神宮の武甕槌大神(タケミカズチノオオカミ」となっています。
これは、元来、「香取神宮の経津主大神」であったものを、「古事記」編纂の際、隆盛となった藤原氏(中臣氏)への政治的配慮から、没落した物部氏系の「香取神宮・経津主大神」ではなく、藤原氏(中臣氏)の氏神の「鹿島神宮・武甕槌大神」に替えたようです。

 

 一方、古来から、「香取神宮」「鹿島神宮」は共に“軍神”として崇められ、1対で、朝廷の厚い信仰を集めてきました。これは、“ヤマト王権”の東北地方進出のための“対蝦夷前線基地”の役割と守護神でした。

香取神宮・参道

香取神宮・拝殿

 

 古代から、太平洋岸に“内海”をはさみ向いあって隣接してきた「香取神宮」「鹿島神宮」の意味は何だったのでしょうか?
 大きな謎を持つ古社です。

 

 香取・鹿島の地は、地震が多い。
その地震を起す地中深くに住みつく”大鯰(ナマズ)”を抑える為、地中深く”石棒(要石)“を差し込み、鯰の頭を刺し通し、地震を抑えている。

要(かなめ)石

「要石」周辺

香取神宮・二の鳥居

香取神宮・総門

楼門、鹿島神宮と共に楼門(お寺の山門)を持つ珍しい神宮

香取神宮・祈祷殿(旧拝殿)


注目した記事7.9

 

国際協力銀、JALANAの航空機向け融資保証

Aviation Wire 7/8
https://www.aviationwire.jp/archives/206199

注目した記事7.8

 エアアジア株が売買停止に 

マレーシアのLCCエアアジア・グループの2019年決算に、監査法人が起業継続の 

疑念を指摘(7日夜)したことから、8日に株式の売買が停止となった。 

但し午後2時半には解除される予定。 

78日ロイターhttps://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20200708-00000090-reut-bus_all

 

  

米航空10社は総額250億㌦規模の政府融資を受けるが、この都度UA5社はその主意書に署名した。 

77日ロイター 

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-usa-airlines-idJPL4N2EE39Q 

 

LHは有料PCR検査施設を空港運営会社

と共同で開設した。3時間以内の結果

通知で139ユーロ

77Traicy https://www.traicy.com/posts/20200707174841/

 

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座