全国一宮 第21回「下総国一宮 香取神宮」(2017年 1月)

2017年7月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 下総国の一宮は、「香取神宮」で、平安初期、“神宮”と呼ばれたのは、「伊勢神宮」「鹿島神宮」と「香取神宮」の3つしかなく、格式の高い古社です。
 祭神は「経津主大神(フツヌシノオオカミ)」で、「出雲風土記」は「天照大御神」から出雲に派遣され、「大国主命」に国譲りをさせた神と伝えます。 古代、物部氏と深い関係があったようです。
 一方、この国譲りは「古事記」では「鹿島神宮の武甕槌大神(タケミカズチノオオカミ」となっています。
これは、元来、「香取神宮の経津主大神」であったものを、「古事記」編纂の際、隆盛となった藤原氏(中臣氏)への政治的配慮から、没落した物部氏系の「香取神宮・経津主大神」ではなく、藤原氏(中臣氏)の氏神の「鹿島神宮・武甕槌大神」に替えたようです。

 

 一方、古来から、「香取神宮」「鹿島神宮」は共に“軍神”として崇められ、1対で、朝廷の厚い信仰を集めてきました。これは、“ヤマト王権”の東北地方進出のための“対蝦夷前線基地”の役割と守護神でした。

香取神宮・参道

香取神宮・拝殿

 

 古代から、太平洋岸に“内海”をはさみ向いあって隣接してきた「香取神宮」「鹿島神宮」の意味は何だったのでしょうか?
 大きな謎を持つ古社です。

 

 香取・鹿島の地は、地震が多い。
その地震を起す地中深くに住みつく”大鯰(ナマズ)”を抑える為、地中深く”石棒(要石)“を差し込み、鯰の頭を刺し通し、地震を抑えている。

要(かなめ)石

「要石」周辺

香取神宮・二の鳥居

香取神宮・総門

楼門、鹿島神宮と共に楼門(お寺の山門)を持つ珍しい神宮

香取神宮・祈祷殿(旧拝殿)


■4月5日

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

海外事情

 

513日〜24日の主要ニュースを集めたこの号で目立った記事は、3.「アマゾンと旅行」、6.「アマゾンがインドで航空便予約開始」の2つです。前号3.の「アマゾン、異なる方法で旅行に参入?」の記事と合わせて、アマゾンの旅行領域への参入が何やら本格化している気配が感じられます。

 

世界の旅行業界が恐れているように、アマゾンが旅行業界に参入すれば、とてつもない大きな影響を既存のインターメディアリー(仲介業者)、特にOTAに与えることになるのでしょう。Googleが本格的にメタサーチに手をだして、今度はアマゾンが参入して来るようなことにでもなれば、GAFAの2強が入ってくるのですから大変なことなりそうです。

 

Googleは、あくまでオンライン広告ビジネスの一環としての旅行領域への間接的参入ですが、アマゾンの場合はどのようになるのでしょうか?Amazon Payのメニューを拡大するためなのか? 前号3.の記事に書いてあった通り、クラウドのAWSAmazon Web Services)の販売先として旅行業界を取り入れようとしているのか?はたまたパーソナルアシスタントAlexaのスキルの対象として旅行を取れて行くのか?は良くは分かりませんが、何れにしてもアマゾンのことなので間接的であれ直接的であれ、どのような方法であっても対応する能力を備えている、と考えるのが妥当なのでしょう。今後の動きから目が離せません。(編集人)