全国一宮 第21回「下総国一宮 香取神宮」(2017年 1月)

2017年7月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 下総国の一宮は、「香取神宮」で、平安初期、“神宮”と呼ばれたのは、「伊勢神宮」「鹿島神宮」と「香取神宮」の3つしかなく、格式の高い古社です。
 祭神は「経津主大神(フツヌシノオオカミ)」で、「出雲風土記」は「天照大御神」から出雲に派遣され、「大国主命」に国譲りをさせた神と伝えます。 古代、物部氏と深い関係があったようです。
 一方、この国譲りは「古事記」では「鹿島神宮の武甕槌大神(タケミカズチノオオカミ」となっています。
これは、元来、「香取神宮の経津主大神」であったものを、「古事記」編纂の際、隆盛となった藤原氏(中臣氏)への政治的配慮から、没落した物部氏系の「香取神宮・経津主大神」ではなく、藤原氏(中臣氏)の氏神の「鹿島神宮・武甕槌大神」に替えたようです。

 

 一方、古来から、「香取神宮」「鹿島神宮」は共に“軍神”として崇められ、1対で、朝廷の厚い信仰を集めてきました。これは、“ヤマト王権”の東北地方進出のための“対蝦夷前線基地”の役割と守護神でした。

香取神宮・参道

香取神宮・拝殿

 

 古代から、太平洋岸に“内海”をはさみ向いあって隣接してきた「香取神宮」「鹿島神宮」の意味は何だったのでしょうか?
 大きな謎を持つ古社です。

 

 香取・鹿島の地は、地震が多い。
その地震を起す地中深くに住みつく”大鯰(ナマズ)”を抑える為、地中深く”石棒(要石)“を差し込み、鯰の頭を刺し通し、地震を抑えている。

要(かなめ)石

「要石」周辺

香取神宮・二の鳥居

香取神宮・総門

楼門、鹿島神宮と共に楼門(お寺の山門)を持つ珍しい神宮

香取神宮・祈祷殿(旧拝殿)


出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税

 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500