全国一宮 第19回「武蔵国一宮 小野神社・氷川神社」                             前編「小野神社」(2015年)

2016年11月28日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 東京都内のある唯一の“一宮”はどこかご存知ですか? 
 京王線・聖蹟桜ヶ丘駅から近い多摩市にある「武蔵国一宮・小野神社」です。
 社務所に神主も常駐しない規模の小さい“村の鎮守様”といったささやかなお宮です。
 今では、「武蔵国一宮」は、誰もがさいたま市(旧大宮市)の「氷川神社」を思い浮かべますが、実は史実をたどると、中世以前は間違いなく、「小野神社」が「武蔵一宮」でした。「氷川神社」は元来「武蔵国三宮」で、広く信仰を集め「一宮」と称するようになるのは近世以降です。
 根拠は・・・、
 古代、赴任した国司が国内の主なお宮を参拝して巡るのを簡略化するため、国府の中に主なお宮の分霊を集めた“神社”を作りました、これを“総社”と言い、現府中市(古代の国府があった)にある「大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)」がそれです。
 この神社は、古代、「六所宮(ろくしょのみや)」と呼ばれた創建以来今も「一宮を小野神社」、「三宮を氷川神社」としてお祀りをしています。

小野神社 鳥居

小野神社 拝殿


 小野神社」の祭神は、「天下春命(あめのしたはるのみこと)と「瀬織津姫命(せおりつひめのみこと)の2神。
 「天下春命」は四宮/秩父神社の「八意思兼神(やごころおもいかねのかみ)の息子と伝えられ、一説では
“秩父国造”の祖とも言われています。
そして、武蔵国小野郷に住んだ小野氏の氏神とも言われます。いずれにせよ、関東一円(武蔵、秩父)に根付いた豪族の神であったのでしょう。

 もう1神の「瀬織津姫命」は、「天下春命」が祀られる以前、このお宮の唯一の祭神であったとも言われています。
 古代、多摩川流域を開拓してきた民が、「水の神」「川の神」「治水神」「祓えの神」である「瀬織津姫命」に、洪水氾濫をもたらしてきた暴れ川「多摩川」を鎮め祀った・・・原始信仰が始まりだったのでしょう。
 今や小さなお宮ですが、歴史を感じさせてくれます。

随神門

京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」

随神門 装飾「雷神」

随神門には素敵な装飾がありました

随神門 装飾「風神」

 

番外編

 

 ジブリのアニメで、1番好きな“初恋物語”、
「耳をすませば」の舞台が、「聖蹟桜ヶ丘」です。
 武蔵一宮「小野神社」より、有名かもしれません。

 

 駅前に、
 「耳をすませば」の舞台を巡る“
 散策MAP”の看板が立ってます。


 

大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)
 
 先に書いた通り、古代、武蔵国に赴任した国司が国内の有力な“六つのお宮”の分霊を集め祀った「武蔵国総社/六所宮(ろくしょのみや)」が起源です。
 
 「大國魂神社」の祭神は、「大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)」と「一宮」から「六宮」まで“六柱の祭神”です。
 そして、「大國魂大神」は、出雲大社に祀られる「大国主命」と同一神です。
 これは古代、“武蔵国造”となった出雲族の「兄多毛比命(えたもひのみこと)」が、一族を率いてこの地に移住、出雲大社から一族の祖神を分霊迎えて氏神としたことによると伝えます。
 
 「武蔵国総社」であったため、中世以降も、源頼朝や徳川家康等代々の将軍家から信仰厚く、今も広大な境内を有し、歴史を感じさせる大きなお宮です。

 

 参拝した時も「七五三」で訪れる親子で賑わっていました。

武蔵国総社「大國魂神社」 鳥居

大國魂神社 拝殿


 

武蔵国総社 六所宮

随神門

中雀門


海外事情

 

84~16日の主要ニュース19本のうち、いつもはPhocusWire Dailyにはほとんど表れない法人旅行に関する記事が7本(目次の下線箇所)もあった。取扱高ベースで米国市場のおよそ3割が法人旅行市場にあたり、そしてそれに加えておよそ2割程度のunmanaged business 旅行市場が存在すると言われている。つまり米旅行市場のほぼ半分あるいはそれ以上が、法人旅行で構成されていることになる。それだけ大きな市場にもかかわらず、業界ニュースが少ないのに驚かされる。(尤もこれにはPhocuswrightの親会社であるNorthstar Travel Mediaが、法人旅行市場専門誌であるBTN=Business Travel Newsを編集していることも影響している。)

 

7本の記事を読むと、この市場のセルフ予約ツールの使い勝手が極めて劣悪で、法人旅行管理会社(TMC)のサービスに対しても出張者の不満が多く、その上企業の出張規定のかなり厳しい遵守の要求のために、出張者のモラルと生産性の低下が発生している可能性がある、という何やら暗い話が連続する。要するに観光旅行市場の方が法人旅行市場よりも、旅行の計画や手配のプロセスで、テックを含めてずーっと先進洗練先行しているというのだ。

 

しかし、最近になって、この遅れた法人旅行市場に目をつけた新規参入者たちが参入しつつある。そして彼らは、企業のコスト削減最優先に変えて出張者ファースト、出張者セントリックの戦略を敷いている・・・というようなことが、これらの記事に書かれている。観光旅行のベストプラクティスを法人旅行が真似ようとしている。これはFSCLCCを真似て、FSCLCCの境界線がぼやけ始めている話と似ている。出張先で仕事の前後に休暇旅行までしてしまうブレイジャーの拡大も、法人旅行のセルフインベンションの一つのきっかけとなっているのだろうか。

 

11. OTA4つの神話」は、“高い手数料をふんだくっている悪者OTA”の評判(風評?)に対するOTA の恨み節が書いてあって面白い。(編集人)

 

 

海外事情 916日号B 

 

81923日のニュースに加え、法人旅行に関する特集シリーズ3部作の第1部を掲載する。(お盆休みのために、1週間のニュース配信となります。)

 

前々号の楽天キャピタルの都市エクスペリエンスプラットフォームFever(ロンドンとマドリッドベース)出資に引き続き、「3. 楽天、東南アジアのバジェットホテルに投資」した。

 

2. 電子IDと旅行」は、プライバシーの問題について何も触れていない。生体情報は、整形手術をしない限り究極的個人情報なのでプライバシー保護には細心の、最善の、最大限の注意が必要だ。

 

6. 米司法省、セーバーのフェアロジックス買収を否認」は、この買収が実現しない場合は、SabreNDC開発に遅れが生じる可能性がある。これは、FarelogixGDS代替システムの能力に、DOJが“お墨付き”を与えたということか。(編集人)