全国一宮 第18回「山城国一宮 上賀茂神社・下鴨」                           後編「下鴨神社」(2014年~2016年)

2016年11月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 正式名称を「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」という「下鴨神社」は、鴨川と高野川が合流する三角地帯にあります。
 古代のままの鬱蒼とした“糺の森”の長い参道を進むと“二の鳥居”、そして、丹色が鮮やかな“楼門”を入ると、ここが山城国一宮「下鴨神社」です。
 祭神は、上賀茂神社の祭神/賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)の祖父/「賀茂建角命(かもたけつぬみのみこと)」と母/「玉依媛命(たまよりひめのみこと)」を祀っています。
 創建は、2000年以上も前、神武天皇の時代に祭神が“御蔭山” に降臨されたと社伝は伝え、古代からこの地に住む鴨氏が氏神を祀ってきました。
 平安遷都に際しては、桓武天皇より“王城守護/国家鎮護”の役割を与えられ、伊勢神宮と並ぶ神格の神社となりました。
 更に朝廷の厚い帰依から嵯峨天皇の御代810年以降400年に渡り伊勢神宮の「斎宮」と並び賀茂社にも「斎院」が置かれました。
 王朝絵巻で有名な「葵祭」は下鴨神社/上賀茂神社の「例祭」で、且つ古来は朝廷による国家行事でした。

糺の森(ただすのもり)

中門 この門をくぐると拝殿/本殿です。

楼門

 

 “楼門”の手前に「相生社(あいおいしゃ)」と言うお社があり“縁結びの神様”として有名です。いつも若い男女でいっぱいです。
 相生社の側には「連理の榊(れんりのさかき)」という2本の木が途中から1本になった不思議なご神木があります。縁結びの神の力で結ばれたと言い伝えられています。

左「連理の榊」 右「相生社」

二の鳥居

舞殿 “葵祭”の時、天皇の勅使がご祭文を奏上します。

橋殿 “御蔭祭”では御神宝を安置、9月のお月見では“名月管絃祭”が、正月には“神事芸能”が開催。

 

 

 「御手洗社(みたらいしゃ)」は、井戸の上に建てられているため「井上社(いのうえしゃ)」とも言います。
 
 「御手洗祭」・・土用の丑の日の「足付け行事」はこの川で行われます。
 
 「葵祭」では、祭りに先立って“斎王代”が“御手洗池”で禊を行ないます。

 御手洗池から湧き出る泡を形どったのが
「みたらし団子」・・・ここが発祥の地です。

御手洗社(井上社)/御手洗川/御手洗池


「賀茂社の謎」
 平安京には“皇祖神「天照大神」”を祭神とする大きな神社はありません。八坂神社(祇園社)は素戔嗚尊、松尾大社と伏見稲荷大社は“秦氏の氏神”、上賀茂/下鴨神社は“鴨氏の氏神”を祀っています。
 祇園社が“出雲系”であることは言うまでもありませんが、松尾大社/伏見稲荷大社/賀茂社も恐らくは“出雲系”と思われます、いずれも“後背の山”を“神山”としており、このような“神奈備山信仰”は“出雲系”の特徴だからです。
 更に、下鴨神社の拝殿前には“十二支”を祀る“言社”があり、その祭神は大国主命です。
 奈良時代には、朝廷は“賀茂社”の隆盛を懸念し“下鴨神社”を“上賀茂神社”から分離独立させ力を削ぎました。

 

 なのに、何故、朝廷は、かつて敵対した出雲系の流れをくむ“賀茂社”に“王城守護/国家鎮護”の役割を与えたのか・・・大きな謎です。

 

 また、古代の山城国では、鴨氏の居住地に隣接して“山城出雲氏”も優勢を誇っていましたが、“鴨氏”が平安遷都の中で朝廷の庇護を得ていく一方、山城出雲氏は没落、現在では、下鴨神社の中に、摂社“出雲井於神社”として“山城出雲氏の氏神”の名残を留めているに過ぎません。
 この神社の周囲に植えられた木は、どのような葉も柊のようにギザギザになることから“比良木社(柊社)とも呼ばれます。 不思議です。

ギザギザの葉の柊


末社/十二支を祀る“言社”

 

下鴨神社第一摂社 「河合神社」

 

 賀茂川と高野川が合流する(“河が合う”)が神社名の由来です。

 

 祭神は、神武天皇の母“玉依姫命(たまよりひめのみこと)”です。
 古くから、“女性の美の神様”として厚く信仰されており、今も多くの女性参拝者の“美人祈願”の“鏡絵馬”奉納でいっぱいです。

 社殿は下鴨神社の1679年式年遷宮の際の古殿を修理建造した
もので、摂社と思えない風格のある古社です。

下鴨神社第一摂社/河合神社の鳥居

摂社/出雲井於神社(比良木社/柊社)

 

鏡絵馬 (奉納者自身で顔を描きます)

 

河合神社総門


 本殿左手には、任部社(とうべのやしろ)と言う小さなお社があり、その祭神は、神武天皇が東征のした際、道案内をした「八咫烏命(やたがらすのみこと)です。
 
 何故、出雲系“賀茂社”の第一摂社として、“皇祖神系”の“河合神社”が存在するのか、これも不思議です。
 
 河合神社は、鴨長明ゆかりの神社としても有名です。
 長明は、宮廷歌人としては高名でしたが、もともとは下鴨神社の禰宜の家に生まれ、父がかつて勤めた河合神社の禰宜になることを夢みていましたが、その河合神社禰宜の職を巡る親族との競争に敗れ、神職を辞し隠遁、失意の晩年を過ごす中、「方丈記」を著しました。

任部社(とうべのやしろ)
祭神は“八咫烏(やたがらす)”

河合神社境内でのコンサート

 

訪れた秋の土曜日、境内の“舞殿”では、“チェロ4重奏”のコンサートが行われていました。とっても優雅で風流です。

 

“音の森”コンサート看板


海外事情

 

6 10 日から 21 日までの 2 週間のオンライン旅行流通に関係する海外主要記 事です。
この号では、「3. OTA エアビーとレートパリティー」に注目したいと思います。 Airbnb がホームシェアに加えてホテルまで販売するとなると、
泊とホテルが 一つのプラットフォーム上で横並びにリストされることになり、タイプの異な る施設同士の価格比較が難しくなって、レートパリティーの維持が困難になる と言っている・・・と理解しました。しかし「(Airbnb では)、ゲストが施設の 真のコストを判断できない不明瞭なプライシングの環境が存在する」とはイマ イチ良く理解できませんでした。Airbnb が最近導入したホストオンリーのコミ ッションモデルであれば、OTA のモデルと近似するのですから、そんなことに はならない、のではないでしょうか?
 

 

Airbnb が上場して・・・顧客獲得コストが上昇・・・ホテルの直販志向を強 くさせることになるが・・・一方でパリティー破りの悪役である格安販売のホテ ルオンリーの業者が増加するデメリットも存在する」とも言っています。しか し、ホテルにとっては、Airbnb のホテル販売開始によってチャネルがそれだけ 増えるので(OTA の中抜きのチャンスが生じるので)良いことである、と考え るのは間違っているのでしょうか?ホテルオンリーのパリティー破りは、 Airbnb とは関係のない別の次元の話では。「Airbnb のコミッションが、将来値 上げされる可能性もある」と言っていますが、EXPEBKNG との対抗上、こ の大手 OTA2社を上回ることにはならないのではないでしょうか。Airbnb の 多角化戦略は、「焦点が合っておらず・・・会社(Airbnb)は衰退する可能性が ある」とも言っていますが、ホームシェアからホテル販売を開始して、OTAHotelTonight を買収し、OYO に投資し、そしてタビナカの Experiences プロダ クトを開発して EXPEBKNG に競争を挑むのは、まさに Airbnb総合旅行 会社になるという大いなる経営ビジョンであると考えるべきだと思います。 この記事の著者(OTA Insight, Chief Commercial Officer)は、Airbnb に対して かなり否定的であるようです。中小の独立ホテルにとっては、そもそもパリティ ーに縛られたくない筈ですから、Airbnb がパリティー維持を困難にしてくれる というのであれば、これは歓迎すべきことではないのでしょうか。最後に「ホテ ルは、ますます複雑化する流通を制御することができない。ゲストが他では取得 できない並外れたエクスペリエンスを提供することに最善を尽くし続ける必要 がある」については全く同感です。 

 

恒例のメアリー・ミーカーの「インターネット・トレンド 2019」が発表されま した。「12. メアリー・ミーカー、インターネット・トレンド発表」
この 333 枚のスライドでは、日本の企業は Sumitomo MitsuiLINEMIXI の たったの3社が言及されているに過ぎません。中国は独立した章(11China) で 30 ページ以上が割かれています。日本のインターネットテクノロジーの弱さ が見て取れて、とっても悲しいことです。(編集人)