全国一宮 第17回「山城国一宮 上賀茂神社・下鴨神社」               前編「上賀茂神社」(2014年~2016年)

2016年10月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 山城国一宮は、桓武天皇の平安京遷都において、朝廷より“王都守護”“国家鎮護”の役割を任された「上賀茂神社」「下鴨神社」の2社です。
  「上賀茂神社」の正式名称は「賀茂別雷神神社(かもわけいかづち)」、祭神は「賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)」、「下鴨神社」は「賀茂御粗神社(かもみおや)」、祭神は「「賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)」と「玉依比売命(たまよりひめのみこと)」です。 上賀茂神社の祭神の母と祖父が下鴨神社の祭神です。

 

 21年毎の「式年遷宮」が2015年行われました。(上賀茂神社は第42回目、下鴨神社が第34回目でした。)
 1994年にユネスコ世界文化遺産に登録された「京都文化遺産16社」の一つです。

 

 前編では「上賀茂神社」をご紹介します。
 賀茂川の上流、北山の麓に「上賀茂神社」はあり、都心より1~2度温度は低く、空気も水も美味しい清々しい地です。
 ”一の鳥居”を過ぎると広大な開放感ある芝生の馬場が広がります。 日本で一番古い“競べ馬”が行われます。

上賀茂神社 二の鳥居

 

 ”二の鳥居”を越えると、「細殿(拝殿)」、その前には”神の寄り代”となる白砂の円錐形の「立砂」が置かれ・・ぴりっとした神々しさと共に、白い砂、緑の木々、青い空、丹塗色の建物の色合いが・・明るくモダーンな雰囲気を醸し出します。
 清らかな御手洗川を渡り、丹塗色が目にも鮮やかな「楼門」を越えると、国宝の「本殿・権殿」です。
 
 由緒は、2000年以上前、古代からこの地に住んだ鴨氏の氏神を祀ったのを発祥とし、飛鳥時代の678年に現在の社殿の基が造営されました。
 社伝では“賀茂別雷大神”は神武天皇の時代に神社の北にある「神山(こうやま)」に降臨されたと言われ、今も、御神体はこの「神山」です。
 「山城国風土記」逸文では、玉依媛命が賀茂川で流れて来た丹塗矢(天つ神、雷神を意味)を拾ったところ懐妊し、生まれたのが賀茂別雷大神と伝えます。

 「細殿」(重要文化財)は、結婚式場として利用されており、近年、外国人の利用が急増しています。

緑の木漏れ日が綺麗な境内を流れる“ならの小川”

上賀茂神社 馬場

 

 

 

楼門と玉橋

細殿(拝殿)と前の「立砂」

 

 

春は馬場にある“しだれ桜”(御所桜)が綺麗です


 朝廷の厚い帰依から、嵯峨天皇の御代810年以降400年に渡り、伊勢神宮の「斎宮」と並び、賀茂神社にも「斎院」が置かれました。
 源氏物語、徒然草などに引用される5月15日に行われる王朝絵巻の「葵祭」は、朝廷が国家行事として「五穀豊穣」を賀茂社に祈念する勅使の祭礼です。

 

北山山麓の開放的で明るい「上賀茂神社」、古代のままの原生林「糺の森」の中におごそかに佇む「下鴨神社」、是非、訪れてください。

片岡社

(祭神の母、玉依比売命を祀る)

舞殿(小川の上に建っているので「橋殿」という)


 “一の鳥居”から東に歩くと境内の“御物忌川”と“御手洗川”が合流した“ならの小川(明神川)”沿いに、神官が住んだ社家の家々が立ち並びます、道から家へは川にかかった石橋を渡る独特の様式、典雅な景色です。

 

 更に道を東に歩くと、“杜若”の群生で有名な境外摂社の「大田神社」にたどり着きます。緑の木々に囲まれて綺麗です。祭神は,天鈿女命(あまのうずめのみこと)・・・あの天岩戸の前で踊った女神です。
 5月下旬に咲く2万5千本の紫色の“杜若”は見事です。

境外摂社・大田神社

神社に隣接する明神川沿いに神官の住んだ“社家町”

大田神社入口にある杜若群落の池(5月末開花)


海外事情

 

84~16日の主要ニュース19本のうち、いつもはPhocusWire Dailyにはほとんど表れない法人旅行に関する記事が7本(目次の下線箇所)もあった。取扱高ベースで米国市場のおよそ3割が法人旅行市場にあたり、そしてそれに加えておよそ2割程度のunmanaged business 旅行市場が存在すると言われている。つまり米旅行市場のほぼ半分あるいはそれ以上が、法人旅行で構成されていることになる。それだけ大きな市場にもかかわらず、業界ニュースが少ないのに驚かされる。(尤もこれにはPhocuswrightの親会社であるNorthstar Travel Mediaが、法人旅行市場専門誌であるBTN=Business Travel Newsを編集していることも影響している。)

 

7本の記事を読むと、この市場のセルフ予約ツールの使い勝手が極めて劣悪で、法人旅行管理会社(TMC)のサービスに対しても出張者の不満が多く、その上企業の出張規定のかなり厳しい遵守の要求のために、出張者のモラルと生産性の低下が発生している可能性がある、という何やら暗い話が連続する。要するに観光旅行市場の方が法人旅行市場よりも、旅行の計画や手配のプロセスで、テックを含めてずーっと先進洗練先行しているというのだ。

 

しかし、最近になって、この遅れた法人旅行市場に目をつけた新規参入者たちが参入しつつある。そして彼らは、企業のコスト削減最優先に変えて出張者ファースト、出張者セントリックの戦略を敷いている・・・というようなことが、これらの記事に書かれている。観光旅行のベストプラクティスを法人旅行が真似ようとしている。これはFSCLCCを真似て、FSCLCCの境界線がぼやけ始めている話と似ている。出張先で仕事の前後に休暇旅行までしてしまうブレイジャーの拡大も、法人旅行のセルフインベンションの一つのきっかけとなっているのだろうか。

 

11. OTA4つの神話」は、“高い手数料をふんだくっている悪者OTA”の評判(風評?)に対するOTA の恨み節が書いてあって面白い。(編集人)

 

 

海外事情 916日号B 

 

81923日のニュースに加え、法人旅行に関する特集シリーズ3部作の第1部を掲載する。(お盆休みのために、1週間のニュース配信となります。)

 

前々号の楽天キャピタルの都市エクスペリエンスプラットフォームFever(ロンドンとマドリッドベース)出資に引き続き、「3. 楽天、東南アジアのバジェットホテルに投資」した。

 

2. 電子IDと旅行」は、プライバシーの問題について何も触れていない。生体情報は、整形手術をしない限り究極的個人情報なのでプライバシー保護には細心の、最善の、最大限の注意が必要だ。

 

6. 米司法省、セーバーのフェアロジックス買収を否認」は、この買収が実現しない場合は、SabreNDC開発に遅れが生じる可能性がある。これは、FarelogixGDS代替システムの能力に、DOJが“お墨付き”を与えたということか。(編集人)