全国一宮 第10回「遠江国一宮 小国(おくに)神社」(2016年 正月)

2016年1月26日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 2016年正月、静岡へ小旅行した際、遠江国一宮「小国神社」に詣でました。
 この一宮は、天竜川中流域の奥深い山の中、地名をみると「森町」・・・あの“遠州森の石松”の故郷です。
 御神体は裏手の本宮山、格式の高い“鎮守様”といった雰囲気です。
 大己貴命(オオナムチノミコト)を祀っています。大己貴命は大国主命(オオクニヌシノミコト)の別名、小国神社の「オクニ」は大国主命の「オオクニ」が訛ったとも。
 鎮座は古く古墳時代(6世紀半ば)、1450年の歴史ある古社で、文武天皇(700年頃)時代からの「十二段舞楽」を今に伝えます。 

一の鳥居

 

 杉の高い古木が並ぶ風格ある参道です。
  お正月で屋台がたくさん出ています。

参道

拝殿

 平安時代には「事任(コトノママ)神社」と呼ばれ、“願い事がそのまま叶う”と民衆の信仰は厚かったようです。
 願い事が叶うとお礼に鯉を放つという「事待ち池」が今も残ります。
 また、何故か、この池の水をつけると“いぼ”が取れると言われています。

事待ち池(奥は、八王子社)


 

 

 

 昭和47年の台風で倒れた樹齢千年の元御神木の“大杉の根株”が境内に祀られています。

 

 

樹齢千年の元御神木の根株

二の鳥居

氏子さんが製作した
今年の干支のお猿さん

 

 徳川家康が苦境の時代、
二度、開運を願い参拝した際に座った石、
 以降、家康の開運にあやかりたいと信仰が厚い。

家康公「立ち上がり石」


注目した記事7.9

 

国際協力銀、JALANAの航空機向け融資保証

Aviation Wire 7/8
https://www.aviationwire.jp/archives/206199

注目した記事7.8

 エアアジア株が売買停止に 

マレーシアのLCCエアアジア・グループの2019年決算に、監査法人が起業継続の 

疑念を指摘(7日夜)したことから、8日に株式の売買が停止となった。 

但し午後2時半には解除される予定。 

78日ロイターhttps://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20200708-00000090-reut-bus_all

 

  

米航空10社は総額250億㌦規模の政府融資を受けるが、この都度UA5社はその主意書に署名した。 

77日ロイター 

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-usa-airlines-idJPL4N2EE39Q 

 

LHは有料PCR検査施設を空港運営会社

と共同で開設した。3時間以内の結果

通知で139ユーロ

77Traicy https://www.traicy.com/posts/20200707174841/

 

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座