京都ミステリ-スポット 第9回 「蚕の社」(2014年春)                       「大豊神社」(2013年晩秋)

 2016年1月3日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 「蚕の社」(カイコノヤシロ)の正式名称は「木島坐天照御魂神社(コノシマニマスアマテラミムスビノヤシロ)と言い、平安以前の遥か昔に創建された古社で、皇祖神「天照大神」ではない、太陽神「天照御魂神」を祀る自然信仰を伝える、全てが神秘のお社です。
 境内社に「蚕養(コカイ)神社」を祀ることから、「蚕の社」と呼ばれています。養蚕などこの地(現在の京都市一帯)を開発した渡来人/秦氏ゆかりのお社です。
 最大の神秘は、拝殿左奥の「元糺すの森」の、今は枯れた「元糺すの池」の中にある正三角形の「三柱鳥居」です。

拝殿 左奥の鳥居をくぐると、「三柱鳥居」です

謎の「三柱鳥居」


 

 「三柱鳥居」の東南方向には「稲荷大社」が、
西南方向には「松尾大社」があり、共に秦氏ゆかりの神社です。そして、冬至には朝日が稲荷山から昇り、愛宕山に沈み、夏至には比叡山から昇り、松尾山に沈むため、特定の日の太陽を遥拝する「日読みの聖地」であったと推測されています。

 

遥拝所

枯れた「元糺すの池」と「三柱鳥居」遠景


 

 

 

 薄暗い森の中の「三柱鳥居」の前に立つと、歴史時代以前の遥か昔の宇宙の神秘がひしひしと伝わってきます。

 

 他にも、景教(キリスト教ネストリウス派)の遺跡であるとか、三柱鳥居を二つ重ねるとユダヤのダビデの星(六芒星)になるとか、諸説が伝えられています。

境内の「椿丘大明神」


蚕の社 鳥居

鬱蒼とした「蚕の社」境内


「大豊神社」(2013年晩秋)

 「永観堂」から「銀閣寺」に抜ける「哲学の道」の途中に、観光客があまり訪れることのない「大豊神社」があります。
 鹿ケ谷・南禅寺一帯の氏神様で、小彦名命(スクナヒコノミコト)他を祭神とする
平安前期887年の創建の古いお社で、東山の山麓にひっそりと、とても風情が
あります。
 椿・枝垂れ梅・紫陽花が綺麗なお社です。

大豊神社 参道

大豊神社 本殿


 

大国社 神使

 

  狛鼠

愛宕社 神使 狛鳶

日吉社 神使 狛猿


 

 

愛宕山の愛宕神社は、陰陽道から、都の北西を守護しています。

 

「日吉神社」は、比叡山延暦寺を守る神社です。
 また、都の表鬼門(北東)を守護しています。


海外事情

海外事情 120日号

 

「アメニティ」という言葉が目立った。

 

1.(TJ) シェアアメニティー増加」「2.(TJ)宿泊サイトもアメニティー強化」

 

3.(TJ) 新興ガイドツアーに1.3億円」の3 つのニュースだ。1.のニュースでは、ゴルフやビーチなどのホストの会員権のシェアリングが開始すると予測。2.では、HotelByDayが、稼働率が40%と低く、余り使われていないホテルのアメニティ(スパ・プール・キャバナ、ジム・フィットネスルーム)を販売する。

 

3.の記事は、新興企業のDomioがアメニティーそのものを専門に販売する。ここでのアメニティーは、アパートのリビングルームにおける、ミレニアルやグループ旅行者向けにアピールするアメニティー(娯楽)が販売対象となる。E2E(エンドツーエンド)の様々な旅行パーツをシームレスに繋いで、トラベルジャーニーの全てのタッチポイントで、パーソナル旅行の提案をするわけなので、当然、アメニティー販売も強化されるというわけだ。

 

 

 

今週号では、年の変わり目にあたるのか、2020年のトラベルの予想や期待の記事が多かった。「1.(TJ) シェアアメニティー増加」、「6. 2020年の旅行マーケティング進化」、「11. 2020年、エアビーの年」、「14. 2020年の空港」がそれらだ。いずれの記事も、トラベルテックのイノベーションの進化や進展に加え、新ビジネスモデルの誕生を予測している。旅行は、右肩上がりの持続的成長が約束されている数少ない産業の一つであるので、どの記事を読んでも将来の明るい展望と新たなイノベーションに期待をかけている。特に世界の人口の半分以上が集中するAPAC市場の期待は大きい。(編集人)

 

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500