京都ミステリ-スポット 第8回 「千本閻魔堂」「釘抜き地蔵」   (2014年 冬)

 2015年12月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 都を南北に走る「千本通り」の北端に「千本閻魔堂」はあり、古義真言宗「引接寺」が正式名称です。ここは平安の昔の葬送地「蓮台野」の入口、あの世に旅立つ人々に「閻魔様」が引導(引接)を渡したと言われています。

 
 伝えでは、あの平安貴族/小野篁卿(800年代前半)が「精霊迎えの法」を閻魔大王から授かり、この地に「お堂」を建てたのを始まりとしています。
 お堂に入り、「閻魔様」の前に立つと、その迫力に圧倒され、”引き立てられた”気分になります。思わず社務所で「お目こぼし」を買ってしまいます。

 嘘が嫌いな閻魔様は表裏の無い”コンニャク”が好物、節分には”コンニャク炊き”参拝者に振舞われます。

 春に行われる「閻魔堂狂言」も京都三大念仏狂言の一つとして有名です。


お目こぼし


ご本尊「閻魔法王」(2.4m、日本一の大きさの閻魔様)

千本閻魔堂



 盂蘭盆会には、お精霊(おしょらい)さんを迎えるため、迎え鐘が終日鳴り続けます。


 「千本通り」の由来は、葬送地「蓮台野」への道に、無数(千本)の卒塔婆や石仏があったことによると言われています。


 境内には、紫式部の供養塔もあります。

鐘つき堂(鐘は南北朝時代1379年の物です)


 古来より、千本通周辺の散乱した石仏、掘り出された石仏をお集めし、お弔いしています。

精霊流しの池



「釘抜き地蔵」


 「千本閻魔堂」から徒歩5分ほどの所にある「石像寺(しゃくぞうじ)」は弘法大師の開基で、通称「釘抜き地蔵」と呼ばれ親しまれています、現在は浄土宗のお寺です。
 苦しみを抜き取るお地蔵様と言うことから、「苦抜(くぬき)地蔵」がなまり「釘抜き(くぎぬき)地蔵」となりました。
 寺伝では、戦国末期の京都の豪商/紀伊国屋道林が両手の痛みをこのお地蔵様に願をかけた所、夢にお地蔵様が現れ、「汝は、前世で人を怨み、人形の両手に八寸の釘を打って呪ったため、その罪で、今、両手が痛いのだ、が、汝が祈り救いを求めたので、昔の怨みの釘を抜いてしんぜよう」と。目が覚めると痛みはなく、急ぎお地蔵様に参ると、2本の八寸釘があったそうです。 その日から、道林は100日間お参りを続けお地蔵様に奉謝しました。
 以来、「釘抜き地蔵」が定着し、多くの苦しみを持つ人がお参りし、願が叶ったお礼に「釘と釘抜き」を奉納するようになりました。 今も多くの方が「お百度参り」をされています。

本堂(釘抜き地蔵菩薩)

石像弥陀三尊像


 本堂の壁は、お礼の「釘抜き・釘」でいっぱいです。
 お堂の上にも、古い昔のお礼の「釘抜き・釘」と「額絵馬」がたくさん奉納されています。

 境内で見つけた大きな「釘抜き」には、衣が掛けられており、庶民から親しまれています。



 一説では、藤原定家がこの地に住んでいた・・・とか。
 寺の墓地にお墓があります。


■4月5日

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

海外事情

 

513日〜24日の主要ニュースを集めたこの号で目立った記事は、3.「アマゾンと旅行」、6.「アマゾンがインドで航空便予約開始」の2つです。前号3.の「アマゾン、異なる方法で旅行に参入?」の記事と合わせて、アマゾンの旅行領域への参入が何やら本格化している気配が感じられます。

 

世界の旅行業界が恐れているように、アマゾンが旅行業界に参入すれば、とてつもない大きな影響を既存のインターメディアリー(仲介業者)、特にOTAに与えることになるのでしょう。Googleが本格的にメタサーチに手をだして、今度はアマゾンが参入して来るようなことにでもなれば、GAFAの2強が入ってくるのですから大変なことなりそうです。

 

Googleは、あくまでオンライン広告ビジネスの一環としての旅行領域への間接的参入ですが、アマゾンの場合はどのようになるのでしょうか?Amazon Payのメニューを拡大するためなのか? 前号3.の記事に書いてあった通り、クラウドのAWSAmazon Web Services)の販売先として旅行業界を取り入れようとしているのか?はたまたパーソナルアシスタントAlexaのスキルの対象として旅行を取れて行くのか?は良くは分かりませんが、何れにしてもアマゾンのことなので間接的であれ直接的であれ、どのような方法であっても対応する能力を備えている、と考えるのが妥当なのでしょう。今後の動きから目が離せません。(編集人)