京都ミステリ-スポット 第4回 「一条戻橋」(2014年 夏)

 2015年8月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)


 今回は、多くの伝承の残る「一条戻橋」です。 京都で一番怖い“橋”です。

 ご覧の通り今は堀川通に面し一条通が堀川にかかる何の変哲もない橋ですが、当時の平安京では裏鬼門の北西の角、洛中と洛外(百鬼夜行魑魅魍魎の世界)を分ける接点の地でした。


 平安中期の918年中級貴族の三善清行の葬列がこの橋にさしかかった際、父の死を聞き急ぎ帰ってきた熊野権現で修業中の子/浄蔵が棺にすがって祈った所、雷鳴と共に清行は一時的に生き返り父子は抱き合って喜んだと言う。 以降、死者を蘇らせる橋として「戻橋」と呼ばれています。

一条戻橋 全景

戻橋(洛外から洛中を見る)

戻橋
(洛中から洛外を見る)



 この橋のすぐ北西側に「清明神社」があります、陰陽師/安倍晴明の屋敷跡です。

平安当時、安倍晴明は「式神」をこの橋の下に隠していました。

 同じ頃、源頼光四天王筆頭の渡辺綱が美女に化けた鬼と出会い、腕を切り落としたのもこの橋です。

時代が下って、秀吉より切腹を賜った千利休の首はこの橋にさらされました。


 今でも京都では、未婚女性は「出戻らない」ようにこの橋を渡りません。

 逆に戦時中の応召兵は生還できるようにとこの橋を渡って戦地に赴きました。


この橋は千年以上もおどろおどろしい歴史を見つめて来ました。 貴女は知らずに渡っていませんか?

一条戻橋と堀川通り

一条戻橋の下


晴明神社鳥居(五芒星)

晴明神社本殿


 大正時代の「戻り橋」の一部が、晴明神社に保管されています。(右下)


 橋の左の像は、「式神」です。
晴明の奥方が「式神」を怖がったため、晴明は「戻り橋」の下に隠していました。

大正時代の戻り橋と式神像


海外事情

海外事情 120日号

 

「アメニティ」という言葉が目立った。

 

1.(TJ) シェアアメニティー増加」「2.(TJ)宿泊サイトもアメニティー強化」

 

3.(TJ) 新興ガイドツアーに1.3億円」の3 つのニュースだ。1.のニュースでは、ゴルフやビーチなどのホストの会員権のシェアリングが開始すると予測。2.では、HotelByDayが、稼働率が40%と低く、余り使われていないホテルのアメニティ(スパ・プール・キャバナ、ジム・フィットネスルーム)を販売する。

 

3.の記事は、新興企業のDomioがアメニティーそのものを専門に販売する。ここでのアメニティーは、アパートのリビングルームにおける、ミレニアルやグループ旅行者向けにアピールするアメニティー(娯楽)が販売対象となる。E2E(エンドツーエンド)の様々な旅行パーツをシームレスに繋いで、トラベルジャーニーの全てのタッチポイントで、パーソナル旅行の提案をするわけなので、当然、アメニティー販売も強化されるというわけだ。

 

 

 

今週号では、年の変わり目にあたるのか、2020年のトラベルの予想や期待の記事が多かった。「1.(TJ) シェアアメニティー増加」、「6. 2020年の旅行マーケティング進化」、「11. 2020年、エアビーの年」、「14. 2020年の空港」がそれらだ。いずれの記事も、トラベルテックのイノベーションの進化や進展に加え、新ビジネスモデルの誕生を予測している。旅行は、右肩上がりの持続的成長が約束されている数少ない産業の一つであるので、どの記事を読んでも将来の明るい展望と新たなイノベーションに期待をかけている。特に世界の人口の半分以上が集中するAPAC市場の期待は大きい。(編集人)

 

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500