京都ミステリ-スポット 第3回 「閻魔王庁で裁判の手伝いをしていた平安貴族/小野篁(たかむら)」(2013年 夏)

 2015年7月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 小野篁(802年~853年)は平安初期を生きた文人・歌人としても名高く、参議(現在の国務大臣)まで上り詰めた上級貴族で、小野小町の祖父とも言われています。


 先に紹介した「幽霊飴」の近所、平安京のかつての葬送地だった「鳥辺野」の入口「六道の辻」にある「六道珍皇寺」に、


 小野篁が昼間の御所・朝堂での仕事を終えた後、夜、冥府・閻魔王庁へ通ったという井戸が現存しています。 2頁目の写真です。


 西三条大臣/藤原良相は重病となり閻魔王庁に呼ばれた際、閻魔大王のかたわらにいた篁のとりなしで生き返りました。 後日内裏で閻魔王庁でのことを尋ねたら、篁は「昔助けてもらったお礼です、他言無用に」と答えたと言う。

六道珍皇寺 山門
 「六道の辻」の石碑



この井戸は、年に2回ほど特別公開されます

冥府に通った井戸、遠景

冥府へ通った井戸



 京都には篁にまつわる多くの旧跡・伝説があります、千本閻魔堂などもそうです、“神秘度”では平安京時代随一の人物です、武術にも優れ身長は188cmもあった偉丈夫、政治的にも遣唐副使を拒否し隠岐に流されたものの復権、参議まで上り詰めた硬派でした。  篁探しの京都巡り面白いですよ!!

 

 「六道珍皇寺」はお盆の「六道参り」でも有名です、ここの鐘はお堂に覆われていて引き綱だけが外に出ています、
 お盆には、家族が引く「迎え鐘」の音を頼りに、精霊は帰ってくると言われています。 
 また「六道珍皇寺の閻魔堂」には篁作と言われる「閻魔大王像」があります。

お盆「六道まいり」

閻魔王宮の臣「小野篁 卿」

迎え鐘(引き綱)


 篁は閻魔王庁での仕事を終えた後、朝は明治初期まであった嵯峨/福正寺の井戸から帰って来たと言われています。
福正寺にあった「六道地蔵菩薩」と「篁像」は今も近くの薬師寺(嵯峨清凉寺の隣)に引き継がれ、安置されています。


元の福正寺のあった辺りは、今も地名は「嵯峨六道町」です(かつての平安京の葬送地「化野」のそば)。 この井戸は昭和35年、一旦再発見されましたが、高度成長期の土地造成の中で埋められたそうです。 残念なことです。

生の六道


嵯峨 薬師寺

六道 地蔵菩薩


海外事情

毎日、外国の旅行流通ニュースを読んでいると、トラベルテックの急速な変化 に驚かせられると同時に、それが達成する能力や機能のレベルの高さにワクワ クする高揚感を禁じ得ない。 OTA の市場における勢力が勢いを増し始めた 2010 年頃に、伝統的オフライン の旅行会社は無くなってしまうと喧伝されたが、それから20 年近くたった今で もそうなっていない。TTA のヒューマンタッチのサービスは、オンライン専業 のOTA には真似られないというのがその理由だ。しかし近のトラベルテック の凄まじい進化と発展を見ると、この理由は根拠を失いつつあるようだ。旅行 ではパーソナルなエクスペリエンスを提供できた者が勝利者となる。AI(人工 知能)を駆使してビッグデータを分析すれば、パーソナルなエクスペリエンス の提供が可能なると想像するのは間違いではないかもしれない。 すでに、「もの」の世界で Amazon がこれを実現して大きな成功を収めている。 「こと」の世界でも同じようなことが起きるだろう。事実、旅行者のポケット に収まる24/7のパーソナルアシスタントが実用化し始めている。こんなことを、 「12. ホスピタリティー教祖Dave Berks とのQ&A」を読んで考えた。(編集人)