京都ミステリ-スポット 第3回 「閻魔王庁で裁判の手伝いをしていた平安貴族/小野篁(たかむら)」(2013年 夏)

 2015年7月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 小野篁(802年~853年)は平安初期を生きた文人・歌人としても名高く、参議(現在の国務大臣)まで上り詰めた上級貴族で、小野小町の祖父とも言われています。


 先に紹介した「幽霊飴」の近所、平安京のかつての葬送地だった「鳥辺野」の入口「六道の辻」にある「六道珍皇寺」に、


 小野篁が昼間の御所・朝堂での仕事を終えた後、夜、冥府・閻魔王庁へ通ったという井戸が現存しています。 2頁目の写真です。


 西三条大臣/藤原良相は重病となり閻魔王庁に呼ばれた際、閻魔大王のかたわらにいた篁のとりなしで生き返りました。 後日内裏で閻魔王庁でのことを尋ねたら、篁は「昔助けてもらったお礼です、他言無用に」と答えたと言う。

六道珍皇寺 山門
 「六道の辻」の石碑



この井戸は、年に2回ほど特別公開されます

冥府に通った井戸、遠景

冥府へ通った井戸



 京都には篁にまつわる多くの旧跡・伝説があります、千本閻魔堂などもそうです、“神秘度”では平安京時代随一の人物です、武術にも優れ身長は188cmもあった偉丈夫、政治的にも遣唐副使を拒否し隠岐に流されたものの復権、参議まで上り詰めた硬派でした。  篁探しの京都巡り面白いですよ!!

 

 「六道珍皇寺」はお盆の「六道参り」でも有名です、ここの鐘はお堂に覆われていて引き綱だけが外に出ています、
 お盆には、家族が引く「迎え鐘」の音を頼りに、精霊は帰ってくると言われています。 
 また「六道珍皇寺の閻魔堂」には篁作と言われる「閻魔大王像」があります。

お盆「六道まいり」

閻魔王宮の臣「小野篁 卿」

迎え鐘(引き綱)


 篁は閻魔王庁での仕事を終えた後、朝は明治初期まであった嵯峨/福正寺の井戸から帰って来たと言われています。
福正寺にあった「六道地蔵菩薩」と「篁像」は今も近くの薬師寺(嵯峨清凉寺の隣)に引き継がれ、安置されています。


元の福正寺のあった辺りは、今も地名は「嵯峨六道町」です(かつての平安京の葬送地「化野」のそば)。 この井戸は昭和35年、一旦再発見されましたが、高度成長期の土地造成の中で埋められたそうです。 残念なことです。

生の六道


嵯峨 薬師寺

六道 地蔵菩薩


■4月5日

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

海外事情

 

513日〜24日の主要ニュースを集めたこの号で目立った記事は、3.「アマゾンと旅行」、6.「アマゾンがインドで航空便予約開始」の2つです。前号3.の「アマゾン、異なる方法で旅行に参入?」の記事と合わせて、アマゾンの旅行領域への参入が何やら本格化している気配が感じられます。

 

世界の旅行業界が恐れているように、アマゾンが旅行業界に参入すれば、とてつもない大きな影響を既存のインターメディアリー(仲介業者)、特にOTAに与えることになるのでしょう。Googleが本格的にメタサーチに手をだして、今度はアマゾンが参入して来るようなことにでもなれば、GAFAの2強が入ってくるのですから大変なことなりそうです。

 

Googleは、あくまでオンライン広告ビジネスの一環としての旅行領域への間接的参入ですが、アマゾンの場合はどのようになるのでしょうか?Amazon Payのメニューを拡大するためなのか? 前号3.の記事に書いてあった通り、クラウドのAWSAmazon Web Services)の販売先として旅行業界を取り入れようとしているのか?はたまたパーソナルアシスタントAlexaのスキルの対象として旅行を取れて行くのか?は良くは分かりませんが、何れにしてもアマゾンのことなので間接的であれ直接的であれ、どのような方法であっても対応する能力を備えている、と考えるのが妥当なのでしょう。今後の動きから目が離せません。(編集人)