京都ミステリ-スポット 第3回 「閻魔王庁で裁判の手伝いをしていた平安貴族/小野篁(たかむら)」(2013年 夏)

 2015年7月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 小野篁(802年~853年)は平安初期を生きた文人・歌人としても名高く、参議(現在の国務大臣)まで上り詰めた上級貴族で、小野小町の祖父とも言われています。


 先に紹介した「幽霊飴」の近所、平安京のかつての葬送地だった「鳥辺野」の入口「六道の辻」にある「六道珍皇寺」に、


 小野篁が昼間の御所・朝堂での仕事を終えた後、夜、冥府・閻魔王庁へ通ったという井戸が現存しています。 2頁目の写真です。


 西三条大臣/藤原良相は重病となり閻魔王庁に呼ばれた際、閻魔大王のかたわらにいた篁のとりなしで生き返りました。 後日内裏で閻魔王庁でのことを尋ねたら、篁は「昔助けてもらったお礼です、他言無用に」と答えたと言う。

六道珍皇寺 山門
 「六道の辻」の石碑



この井戸は、年に2回ほど特別公開されます

冥府に通った井戸、遠景

冥府へ通った井戸



 京都には篁にまつわる多くの旧跡・伝説があります、千本閻魔堂などもそうです、“神秘度”では平安京時代随一の人物です、武術にも優れ身長は188cmもあった偉丈夫、政治的にも遣唐副使を拒否し隠岐に流されたものの復権、参議まで上り詰めた硬派でした。  篁探しの京都巡り面白いですよ!!

 

 「六道珍皇寺」はお盆の「六道参り」でも有名です、ここの鐘はお堂に覆われていて引き綱だけが外に出ています、
 お盆には、家族が引く「迎え鐘」の音を頼りに、精霊は帰ってくると言われています。 
 また「六道珍皇寺の閻魔堂」には篁作と言われる「閻魔大王像」があります。

お盆「六道まいり」

閻魔王宮の臣「小野篁 卿」

迎え鐘(引き綱)


 篁は閻魔王庁での仕事を終えた後、朝は明治初期まであった嵯峨/福正寺の井戸から帰って来たと言われています。
福正寺にあった「六道地蔵菩薩」と「篁像」は今も近くの薬師寺(嵯峨清凉寺の隣)に引き継がれ、安置されています。


元の福正寺のあった辺りは、今も地名は「嵯峨六道町」です(かつての平安京の葬送地「化野」のそば)。 この井戸は昭和35年、一旦再発見されましたが、高度成長期の土地造成の中で埋められたそうです。 残念なことです。

生の六道


嵯峨 薬師寺

六道 地蔵菩薩


海外事情

 

エアビーが上場を延期した「14. エアビー上場延期」。オフイスシェアの米デカコーンであるWeWorkの上場延期の直後の出来事である。918日付の日経は「事業モデルや企業統治への懸念が払拭できず、投資家からの評価が高まらなかった」と書いてある。1月には470億ドル(約5兆円)の想定時価総額を半値に落としたが投資家の懸念は払拭できなかったと言う。

 

5月に上場したカーシェアのUberの株価も何とか$40台をキープしていたが、最近では $30台前半におよそ▲25%も下がっている。3月上場のLyftの株価も冴えない。上場初値 $78は、920$4659%も値を下げた。加州ではUberの運転手のようなギグワーカーを従業員として雇用することを義務付ける法案が準備されている。この法案が施行されれば、Uberのコストは20%も増加すると言われているのだから、ここでも事業モデルそのものが懸念されてしまうことになる。エアビーの事業モデルに懸念はないのだろうか・・・。この会社は、WeWorkUberとは違って、少なくとも2017年と2018年にはEBITDA利益をちゃんと計上している。

 

5. トラベル マーケティング、ミッドファンネルへの注力必要」は、アトリビューションマーケティングが重要だと言っている。旅行流通モデルの進化と共に、新たなマーケティング手法が生まれている。そういえば、カンバセーションマーケティングも登場していたっけ。

 

8. 旅行計画 3.0」は、タビマエ → タビナカ → タビアトの全てをシムレスにカバーするソリューションが必要だと問うている。タビナカにおけるイレギュラリティー発生時には、ライブの自動旅程再予約が必要だと言っている。旅行流通モデルの進化が進んでいる。(編集人)

 

海外事情 中国特集

海外事情 中国特集

 

これは、PhocusWire Daily が今年の2月、中国正月である春節のタイミングで編集した4つの記事にまたがる中国特集である。中国市場は、その巨大な人口をバックに2019年に1,900万人が国際旅行すると予測している。その49%が中華圏の香港・マカオ・台湾行きの旅行で、残りの51%がその他の海外旅行となる。最近の香港の社会的混乱と台湾への個人観光旅行の実質的全面禁止により中国人の海外旅行比率はますます高まるだろう。海外旅行では、韓国への旅行が韓国THAAD配備による影響で減少を余儀なくされており、日本旅行が漁夫の利を得る形で大きく中国人の訪日需要を伸ばしている(1月〜8月前年同月比 13.6%増)。

 

中国は、巨大なアウトバウンドを外交上のカードに使い始めている。日本だって、日中関係が何らかの影響でこじれたりすれば、あっという間に中国人の日本旅行が減少することになるだろう。事実、日韓関係悪化で訪日韓国人需要は8月に48%減少した(1月〜8月前年同月比 9.3%減)。

 

訪日4,000万人への道のりは国際政治の問題も介在して厳しいものがある。

(編集人)

旅の写真カフェ

 

10月15日 NEW!

 

全国一宮 第28回 「美濃一宮 南宮大社」