京都ミステリ-スポット 第25回 「病気平癒にご利益のある寺社」  (2017年 12月)

 2018年3月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 京都には“病気平癒”にご利益があると伝わる寺社がたくさんあります。 今日は、その内、伝説の残っている2つの寺社を紹介します。

 

1. 護王神社

 

 「宇佐八幡宮神託事件」に功のあった奈良時代の貴族「和気清麻呂」を祀っています。京都の目抜き通り「烏丸通り」に面し、向かいは京都御所です、京都の一等地です。 この事件とは、日本書記によれば概略は以下です。

 

 769年、称徳女帝の寵愛を受けた「道鏡を皇位につければ国は平安になる」との宇佐八幡宮の不可解な託宣が都に伝えられた際、その真偽を確かめるため“和気清麻呂”が宇佐八幡宮に派遣され、「日本は臣下が君主となった例はない。皇位には皇族をたてるべし。」との神託を持ち帰り朝廷に上奏しました。これにより“和気清麻呂”は道鏡の怒りに触れ大隅国へ流罪となりましたが、“道鏡”が帝位につくことは阻止されました。称徳女帝の崩御後、道鏡は失脚、和気清麻呂は流罪を許され、平城京に復帰、その後、「平安京遷都」にも尽力しました。

護王神社 鳥居

護王神社 拝殿


和気清麻呂像

護王神社本殿


 和気清麻呂が流罪地/大隅国へ向かう途中、道鏡の討手に襲われ足を怪我しましたが、どこからともなく現れた“300頭の猪”が和気清麻呂を途中の宇佐八幡宮に守り届け、その地で足の怪我を治癒させた・・・という伝説があります。

 

 この故事から、護王神社は「いのしし神社」とも言われ、“狛犬”の代わりに“霊猪”が神社を守っています。

また、「足腰の治癒」にご利益があると篤く信仰されています。

祈祷殿(足腰守神)

狛犬役の霊猪像


 

2. 仲源寺「目疾(めやみ)地蔵」

 

 「仲源寺(めやみ地蔵)」は、賑やかな祇園の中、目抜き通りの四条通に面し鴨川からも近い地にあります。

 

 黒光りした木造のお地蔵様の右目は少し潤んで充血しているように見え、そのため、眼病で苦しんでいる人の身代わりになっておられるとして、“目の病気にご利益があるお地蔵様”として信仰を集めるようになりました。

仲源寺(めやみ地蔵)

めやみ地蔵尊

・・・祇園商店街振興組合より

めやみ地蔵尊石碑


めやみ地蔵尊 本堂

「目疾地蔵尊」額

 しかしながら、安置された当時は全く別の目的のお地蔵様でした。

 

 鎌倉時代の1288年、続く大雨から鴨川が氾濫した際、防鴨河使であった勢多判官為兼がお地蔵菩薩のお告げに従い、雨が止むように祈祷を行った所、大きな洪水を防ぐことができたと伝わります。

 お告げに感謝した為兼は、この地に「雨やみ地蔵」と名付けたお地蔵様を安置しました。

 

 これが、後に転訛して「目やみ地蔵」となり、江戸期には“眼病に霊験のある名地蔵”と数えられるようになりました。


海外事情

 

84~16日の主要ニュース19本のうち、いつもはPhocusWire Dailyにはほとんど表れない法人旅行に関する記事が7本(目次の下線箇所)もあった。取扱高ベースで米国市場のおよそ3割が法人旅行市場にあたり、そしてそれに加えておよそ2割程度のunmanaged business 旅行市場が存在すると言われている。つまり米旅行市場のほぼ半分あるいはそれ以上が、法人旅行で構成されていることになる。それだけ大きな市場にもかかわらず、業界ニュースが少ないのに驚かされる。(尤もこれにはPhocuswrightの親会社であるNorthstar Travel Mediaが、法人旅行市場専門誌であるBTN=Business Travel Newsを編集していることも影響している。)

 

7本の記事を読むと、この市場のセルフ予約ツールの使い勝手が極めて劣悪で、法人旅行管理会社(TMC)のサービスに対しても出張者の不満が多く、その上企業の出張規定のかなり厳しい遵守の要求のために、出張者のモラルと生産性の低下が発生している可能性がある、という何やら暗い話が連続する。要するに観光旅行市場の方が法人旅行市場よりも、旅行の計画や手配のプロセスで、テックを含めてずーっと先進洗練先行しているというのだ。

 

しかし、最近になって、この遅れた法人旅行市場に目をつけた新規参入者たちが参入しつつある。そして彼らは、企業のコスト削減最優先に変えて出張者ファースト、出張者セントリックの戦略を敷いている・・・というようなことが、これらの記事に書かれている。観光旅行のベストプラクティスを法人旅行が真似ようとしている。これはFSCLCCを真似て、FSCLCCの境界線がぼやけ始めている話と似ている。出張先で仕事の前後に休暇旅行までしてしまうブレイジャーの拡大も、法人旅行のセルフインベンションの一つのきっかけとなっているのだろうか。

 

11. OTA4つの神話」は、“高い手数料をふんだくっている悪者OTA”の評判(風評?)に対するOTA の恨み節が書いてあって面白い。(編集人)

 

 

海外事情 916日号B 

 

81923日のニュースに加え、法人旅行に関する特集シリーズ3部作の第1部を掲載する。(お盆休みのために、1週間のニュース配信となります。)

 

前々号の楽天キャピタルの都市エクスペリエンスプラットフォームFever(ロンドンとマドリッドベース)出資に引き続き、「3. 楽天、東南アジアのバジェットホテルに投資」した。

 

2. 電子IDと旅行」は、プライバシーの問題について何も触れていない。生体情報は、整形手術をしない限り究極的個人情報なのでプライバシー保護には細心の、最善の、最大限の注意が必要だ。

 

6. 米司法省、セーバーのフェアロジックス買収を否認」は、この買収が実現しない場合は、SabreNDC開発に遅れが生じる可能性がある。これは、FarelogixGDS代替システムの能力に、DOJが“お墨付き”を与えたということか。(編集人)