京都ミステリ-スポット 第24回 「神社の壁をトントン叩いてお詣りする、”ゑべっさん”」  (2017年 12月)

 2018年2月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 「京都ゑびす神社は、西宮神社(兵庫)・今宮戎神社(大阪)と並んで、「日本三大ゑびす」と称され、「えべっさん」の名で親しまれています。 

 その起源は、禅の祖・栄西禅師が宋からの帰国の折り、船が遭難しかかった時、海上に“蛭子(えびす)神”が現れ、その加護により難を免れたことから、栄西禅師は、1202年、“建仁寺建立”にあたり、その鎮守とし、「ゑびす神社」を建立しました、故に、建仁寺の西側に隣接しています。 

 “えびす様“と言うと、“商売繁盛の笹”をイメージしますが、この笹は”京都えびす神社の御札”から広まったもので、”笹”は、縁起物の松竹梅の竹の葉であり、「節目正しく真直に伸び」「弾力があり折れない」「葉が落ちず青々と繁る」といった特徴から、商売繁盛の象徴となりました。

 ご祭神の「えびす様」は、大国主大神(おおくにぬし)の長男「事代主大神(ことしろぬし)」で、七福神唯一の日本の神様です。

(鳥居の中央に“えびすさんの顔”の下に“賽銭受けの熊手”があります)

京都ゑびす神社の一の鳥居

京都ゑびす神社の二の鳥居


 この神社では、本殿正面でお参りした後、

 本殿左側に廻り、再度、お参りします。

 “えびす様”の誕生日の1月10日を前後して「10日えびすの大祭」が催され、大変賑わいます。

 

 東映太秦映画村から女優さんが、松竹梅と紅白に飾ったかごに乗り込み“えびす囃子”の「商売繁盛でささもってこい」のかけ声と共に参拝し、その後、都心のデパート・銀行・商店に“吉兆笹”を配り、京の新春を祝います。

ゑびす神社・本殿


 

「“ゑびす様”のお肩をたたくお詣りです」

「優しくトントンと叩いてください」

 

“叩いてお知らせし、お参りする”・・・大変、変わったお参り方法の神社です。

 

実は、ここの神社の“えびす様”は大変高齢でお耳が遠いため、「もしもし、お参りに来ましたよ!」と肩を叩いてお知らせしてからお参りをするのだそうです。

 

ご本殿の横側に、そのお参り場所があります、訪れた日も、写真のように、「トントンと叩き、お参りする家族がありました」



 “二の鳥居”の中央に“えびす様”のお顔があり、

その下に“賽銭受けの熊手”があります、商売繁盛を願い、下から賽銭を投げ込みます。


境内に、いらっしゃる「えびす様」の石像です。

どちらも微笑ましい“えびす顔”で、心が和みます。

 

 

 

 

 

 

「えびす神社」の裏門を出ると、もうそこは

「祇園・宮川町」・・・花街です。


海外事情

海外事情 120日号

 

「アメニティ」という言葉が目立った。

 

1.(TJ) シェアアメニティー増加」「2.(TJ)宿泊サイトもアメニティー強化」

 

3.(TJ) 新興ガイドツアーに1.3億円」の3 つのニュースだ。1.のニュースでは、ゴルフやビーチなどのホストの会員権のシェアリングが開始すると予測。2.では、HotelByDayが、稼働率が40%と低く、余り使われていないホテルのアメニティ(スパ・プール・キャバナ、ジム・フィットネスルーム)を販売する。

 

3.の記事は、新興企業のDomioがアメニティーそのものを専門に販売する。ここでのアメニティーは、アパートのリビングルームにおける、ミレニアルやグループ旅行者向けにアピールするアメニティー(娯楽)が販売対象となる。E2E(エンドツーエンド)の様々な旅行パーツをシームレスに繋いで、トラベルジャーニーの全てのタッチポイントで、パーソナル旅行の提案をするわけなので、当然、アメニティー販売も強化されるというわけだ。

 

 

 

今週号では、年の変わり目にあたるのか、2020年のトラベルの予想や期待の記事が多かった。「1.(TJ) シェアアメニティー増加」、「6. 2020年の旅行マーケティング進化」、「11. 2020年、エアビーの年」、「14. 2020年の空港」がそれらだ。いずれの記事も、トラベルテックのイノベーションの進化や進展に加え、新ビジネスモデルの誕生を予測している。旅行は、右肩上がりの持続的成長が約束されている数少ない産業の一つであるので、どの記事を読んでも将来の明るい展望と新たなイノベーションに期待をかけている。特に世界の人口の半分以上が集中するAPAC市場の期待は大きい。(編集人)

 

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500