京都ミステリ-スポット 第2回 「3匹の猿が都を守る」(2013年 夏)

 2015年6月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 3匹のやんちゃ猿兄弟が平安の昔から京都の町を守っていることご存知ですか?
 現在の御所の姿の元となるものは、光格天皇が寛政2年(1790)に平安の古制に則って造営されたものですが、その後、天明の大火で焼失、安政3年(1856)に再々建されたものが現在の御所です。

 この御所の築地塀の北東角(丑寅の“鬼門“の方角)は折れ曲がって凹んでいます、凹ますことで鬼門を失くしているのです。 ここを「猿が辻」と言います。

 よく見ると築地塀の中に烏帽子を被り、御幣を持った木彫りの1匹のお猿さんがいます、このお猿さんは比叡山延暦寺の守護神社である日吉山王神社の神使で御所の鬼門を守っているのです。

 「神の猿」⇒「マサル(勝る)」⇒「魔去る」に通じるからです。また、鬼門の方角、丑寅(北東)の反対側(南西)を「申(さる)」ということも関係しているようです。ただ、このお猿さん、通りかかる人に悪戯をするらしく、いつの日からか檻に閉じ込められています。

御所・猿が辻


猿が辻のお猿さん


 

 

 この「猿が辻」から北東に少し延長した寺町今出川近くの住宅街にひっそりたたずむ「幸神社(さいのかみのやしろ)」にも、「猿が辻」のお猿さんの双子と言われるお猿さんが本殿の北東(鬼門)の壁にいます。

左甚五郎の作と言われています。やはり「猿が辻」のお猿さんと一緒に皇城(御所)の表鬼門を守っています。

 このお社は元々「猿田彦」を祀る「出雲路道祖神」で平安京以前から存在する京都で最も古いお社の一つです。 平安京以前の京都が出雲族や渡来族(秦氏)と深くかかわっていた名残りです。 近くには「出雲路」の地名が残っています。

 外の路からは入って来る“鬼“を“サエギル”が転じて“サイ(幸)”となったと言われています。

お猿さん御札



幸神社(さいのかみのやしろ)鳥居




幸神社お猿さん



皇城鬼門石碑




 「幸神社」を更に北東に大きく延長した比叡山の山麓、修学院離宮の近くに「赤山禅院」があります。 この赤山禅院は平安京の表鬼門を守るためにおかれた比叡山延暦寺の別院で、比叡山の千日回峰行とも関わりが深く「赤山苦行」でも知られています。 本尊の赤山大明神は、陰陽道の祖神とされる中国の神「泰山府君」を勧請したものです。

 ここの本堂の屋根の上にもまた、「猿が辻」「幸神社」の兄弟のお猿さんがおり、一緒に都の表鬼門を守護しています。

 このお猿さんもやはり悪戯好きだったのか今は檻に入れられています。

 因みに、平安京の裏鬼門(南西)には、男山の「石清水八幡宮」が都を守護しています。


赤山禅院(赤山大明神)

赤山禅院のお猿さん

皇城表鬼門のお札


海外事情

海外事情 120日号

 

「アメニティ」という言葉が目立った。

 

1.(TJ) シェアアメニティー増加」「2.(TJ)宿泊サイトもアメニティー強化」

 

3.(TJ) 新興ガイドツアーに1.3億円」の3 つのニュースだ。1.のニュースでは、ゴルフやビーチなどのホストの会員権のシェアリングが開始すると予測。2.では、HotelByDayが、稼働率が40%と低く、余り使われていないホテルのアメニティ(スパ・プール・キャバナ、ジム・フィットネスルーム)を販売する。

 

3.の記事は、新興企業のDomioがアメニティーそのものを専門に販売する。ここでのアメニティーは、アパートのリビングルームにおける、ミレニアルやグループ旅行者向けにアピールするアメニティー(娯楽)が販売対象となる。E2E(エンドツーエンド)の様々な旅行パーツをシームレスに繋いで、トラベルジャーニーの全てのタッチポイントで、パーソナル旅行の提案をするわけなので、当然、アメニティー販売も強化されるというわけだ。

 

 

 

今週号では、年の変わり目にあたるのか、2020年のトラベルの予想や期待の記事が多かった。「1.(TJ) シェアアメニティー増加」、「6. 2020年の旅行マーケティング進化」、「11. 2020年、エアビーの年」、「14. 2020年の空港」がそれらだ。いずれの記事も、トラベルテックのイノベーションの進化や進展に加え、新ビジネスモデルの誕生を予測している。旅行は、右肩上がりの持続的成長が約束されている数少ない産業の一つであるので、どの記事を読んでも将来の明るい展望と新たなイノベーションに期待をかけている。特に世界の人口の半分以上が集中するAPAC市場の期待は大きい。(編集人)

 

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500