京都ミステリ-スポット 第18回 「源頼光と土蜘蛛退治」(2016年)

 2016年11月1日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

 「平家物語」や謡曲「土蜘蛛」によると、

 

 平安時代中期、酒呑童子退治で知られた源頼光が病に伏せっていた時、見知らぬ僧が訪ねてきた。 
 僧の正体は”土蜘蛛”で細い糸を繰り出して襲ってきたが頼光は名刀「膝丸」で切り伏せた。逃げ出した妖怪を追ってたどり着いた塚を掘り返すと”土蜘蛛の精”が現れたので再び切り殺したという。
 以後「膝丸」は「蜘蛛切丸」と呼ばれるようになったと言う。
 
 この伝説の「蜘蛛塚」と言われる場所が今も二つ現存します。
 
 一つは、北野天満宮の大鳥居を越えたすぐ左手にある「東向観音寺(ひがしむきかんのんじ」の墓地に残る「土蜘蛛塚」。

北野天満宮 大鳥居

東向観音寺 山門


 

 元々は、「一条通り七本松北西側」にあって「山伏塚」と呼ばれていたが、明治時代の都市開発の中で掘り返された。
 ある人が掘り出された「灯篭」を貰い受け庭に飾ったが、たちまち家運が傾いたので、「土蜘蛛の祟り」と恐れ、東向観音寺に奉納したと言う。
 
朽ちた祠の中に“土蜘蛛灯篭”が見えます。不気味です。

“土蜘蛛塚”と“土蜘蛛灯篭”

 

 

 

 

 

 

(東向観音寺にはかつては北野天満宮の神宮寺

であったため、菅原道真の母堂の廟があります)

伴氏廟


 二つ目は、千本閻魔堂に近い「上品蓮台寺(じょうほんれんだいじ)」の墓地の大きな椋の老木の根元にある「頼光塚」(土蜘蛛塚)。
 元々は、北区の船岡山の南西にあって「頼光塚」と呼ばれていたが、昭和の初め頃、現在の千本通りに面した上品蓮台寺に移されたようです。

 

かつてこの老木を切り倒そうとした植木屋さんが原因不明の病にかかって亡くなったそうです。

 

 

 平安時代からの古刹「上品蓮台寺」の整然と雰囲気のある境内で「頼光塚」を探すも見つかりません。
 境内で仕事中の植木屋さんに尋ねると、「あ~、あの“蜘蛛塚”ね、案内しましょう」と、

 

 境内のはずれに行くと広い墓地が、・・・、
                  「あの大きい木の下の“塚”がありますよ」と。

 

 見ると、墓地の端に周囲を圧倒するような巨大な椋の老木が・・・。

 

 

「頼光塚」のある椋の木


上品蓮台寺 山門

上品蓮台寺 本堂


 

 ここから不気味な体験をしました。

 

 椋の木の所に行こうと墓地の小道を歩くと、何と、僕の歩く場所の墓の卒塔婆だけが“ガサガサ”と音を立て
揺れ動くのです。
 同行していた妻も叫びます「変よ!あなたの歩いている所だけ卒塔婆が音を立ててる!」
 
 椋の木にたどり着くと、根元に「源頼光朝臣塚」と彫られた朽ちた石の塚がポツンとありました。 

「頼光塚」遠景

「頼光塚」(土蜘蛛塚)

「頼光塚」への墓地の小道


 ここ船岡山や上品蓮台寺の周辺は、平安京の時代、京に3つあった葬送地の1つ「蓮台野」の跡地です。

 

 上品蓮台寺の墓地にも、かつての葬送地「蓮台野」から掘り出されたであろう“無縁仏”“石佛”が多数並んでいました。

 

 また「千本通り」の名前は、葬送地「蓮台野」への道に“千本の卒塔婆”の立てて供養したことに由来するといます。
 
京都は今も伝説と共に生きています。

頼光塚の側にあった朽ちた石佛

上品蓮台寺墓地の無縁仏・石佛


海外事情

 

84~16日の主要ニュース19本のうち、いつもはPhocusWire Dailyにはほとんど表れない法人旅行に関する記事が7本(目次の下線箇所)もあった。取扱高ベースで米国市場のおよそ3割が法人旅行市場にあたり、そしてそれに加えておよそ2割程度のunmanaged business 旅行市場が存在すると言われている。つまり米旅行市場のほぼ半分あるいはそれ以上が、法人旅行で構成されていることになる。それだけ大きな市場にもかかわらず、業界ニュースが少ないのに驚かされる。(尤もこれにはPhocuswrightの親会社であるNorthstar Travel Mediaが、法人旅行市場専門誌であるBTN=Business Travel Newsを編集していることも影響している。)

 

7本の記事を読むと、この市場のセルフ予約ツールの使い勝手が極めて劣悪で、法人旅行管理会社(TMC)のサービスに対しても出張者の不満が多く、その上企業の出張規定のかなり厳しい遵守の要求のために、出張者のモラルと生産性の低下が発生している可能性がある、という何やら暗い話が連続する。要するに観光旅行市場の方が法人旅行市場よりも、旅行の計画や手配のプロセスで、テックを含めてずーっと先進洗練先行しているというのだ。

 

しかし、最近になって、この遅れた法人旅行市場に目をつけた新規参入者たちが参入しつつある。そして彼らは、企業のコスト削減最優先に変えて出張者ファースト、出張者セントリックの戦略を敷いている・・・というようなことが、これらの記事に書かれている。観光旅行のベストプラクティスを法人旅行が真似ようとしている。これはFSCLCCを真似て、FSCLCCの境界線がぼやけ始めている話と似ている。出張先で仕事の前後に休暇旅行までしてしまうブレイジャーの拡大も、法人旅行のセルフインベンションの一つのきっかけとなっているのだろうか。

 

11. OTA4つの神話」は、“高い手数料をふんだくっている悪者OTA”の評判(風評?)に対するOTA の恨み節が書いてあって面白い。(編集人)

 

 

海外事情 916日号B 

 

81923日のニュースに加え、法人旅行に関する特集シリーズ3部作の第1部を掲載する。(お盆休みのために、1週間のニュース配信となります。)

 

前々号の楽天キャピタルの都市エクスペリエンスプラットフォームFever(ロンドンとマドリッドベース)出資に引き続き、「3. 楽天、東南アジアのバジェットホテルに投資」した。

 

2. 電子IDと旅行」は、プライバシーの問題について何も触れていない。生体情報は、整形手術をしない限り究極的個人情報なのでプライバシー保護には細心の、最善の、最大限の注意が必要だ。

 

6. 米司法省、セーバーのフェアロジックス買収を否認」は、この買収が実現しない場合は、SabreNDC開発に遅れが生じる可能性がある。これは、FarelogixGDS代替システムの能力に、DOJが“お墨付き”を与えたということか。(編集人)