京都ミステリ-スポット 第16回「西陣ミステリースポット散歩」    (2014年~2015年)

 2016年8月29日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

①「岩上神社(岩上祠)」

 

 西陣の表通りから一歩入った住宅街の街角に、突然、謂われのありそうな“巨石”が現れます。
 伝えによると、二条堀川にあった“霊石”を、御所内の中和門院(後水尾天皇の母)の邸の池の畦に移した所、怪異が起きたそうです、吠え出したり、すすり泣いたり、子供に化けたという。
持て余した女官たちが真言宗の僧に相談、僧はその石を貰い受け、現在の地に「有乳山岩上寺」と称して祀った結果、怪異はおさまったという。 以降、“授乳”“子育て”の信仰を集め「岩上さん」と親しみをこめて呼ばれています。
 享保と天明の火事でお堂は消失、明治初めには廃寺となり荒廃を極めましたが、大正時代に繊維業の「千切屋」が“邸内に祠を構え、“巨石”だけが今に伝わりました。

 

伝説が今も同居する街・・・京都です。


② 本隆寺 「夜泣止の松」

 

 本隆寺は、西陣にある法華宗真門流の総本山で格式を感じさせるお寺です。
 享保と天明の大火の際、周囲の西陣一帯が焼け野原となるなか、本隆寺の本堂と祖師堂は、お祀りする“鬼子母神”の霊験で消失を免れたと言われ、以来、“不焼寺(ふしょうじ)”と呼ばれています。

 

 「夜泣止の松」の伝承:

 天文元年(1532)、第5世/日諦上人は赤ん坊の養育を頼まれたが、毎夜母を慕って泣く赤ん坊に困っていた所、この松を廻ると何故か夜泣きが止まった。この赤ん坊は、長じて名僧日修となりました。
 以来、人々はこの松を「夜泣止の松」と呼び、子供の夜泣きに悩む母親は、この松の葉を待ち帰り、枕の下に敷いて子供の夜泣きを治したと伝えられています。

本隆寺 本堂

 

 

 

「夜泣止の松」と石碑


④ 雨宝院(西陣聖天)

 

 雨宝院は、空海の造った歓喜天像(聖天)が本尊で、西陣の人からは「聖天(しょうてん)さん」と親しまれている。
 提灯と境内の緑の風情の素敵なお寺です。

 

③ 西陣の5名水

 

①「染殿井」
  雨宝院にあり、今も涸れることなく涌いている。この水を染色に使うとよく染まるとされ、以前は西陣の染物関係者が水を汲みに来ていましたが、現在は清めの手水に使われています。

②「千代井」
  本隆寺の本堂前に残る、今は涸れています。

③「桜井」
  首途八幡宮社務所辺りにあったと伝わります。

④「安居井」、⑤「鹿子井」は、西陣の一般民家内にあると伝わりますが、一般公開されていません。

⑤ 首途(かどで)八幡宮・・・義経ゆかりの神社

  かつて、この辺りに「金売吉次」の屋敷があったと伝わる。
 源義経は奥州平泉に赴く際、この八幡宮に途中の安全を祈願して出立したと言われる。「首途」は「出発」の意味で、かつて「内野八幡宮」と言った当宮は、「首途八幡宮」となった。


雨宝院/染殿井

本法寺「千代井」

首途(かどで)八幡宮


海外事情

 

84~16日の主要ニュース19本のうち、いつもはPhocusWire Dailyにはほとんど表れない法人旅行に関する記事が7本(目次の下線箇所)もあった。取扱高ベースで米国市場のおよそ3割が法人旅行市場にあたり、そしてそれに加えておよそ2割程度のunmanaged business 旅行市場が存在すると言われている。つまり米旅行市場のほぼ半分あるいはそれ以上が、法人旅行で構成されていることになる。それだけ大きな市場にもかかわらず、業界ニュースが少ないのに驚かされる。(尤もこれにはPhocuswrightの親会社であるNorthstar Travel Mediaが、法人旅行市場専門誌であるBTN=Business Travel Newsを編集していることも影響している。)

 

7本の記事を読むと、この市場のセルフ予約ツールの使い勝手が極めて劣悪で、法人旅行管理会社(TMC)のサービスに対しても出張者の不満が多く、その上企業の出張規定のかなり厳しい遵守の要求のために、出張者のモラルと生産性の低下が発生している可能性がある、という何やら暗い話が連続する。要するに観光旅行市場の方が法人旅行市場よりも、旅行の計画や手配のプロセスで、テックを含めてずーっと先進洗練先行しているというのだ。

 

しかし、最近になって、この遅れた法人旅行市場に目をつけた新規参入者たちが参入しつつある。そして彼らは、企業のコスト削減最優先に変えて出張者ファースト、出張者セントリックの戦略を敷いている・・・というようなことが、これらの記事に書かれている。観光旅行のベストプラクティスを法人旅行が真似ようとしている。これはFSCLCCを真似て、FSCLCCの境界線がぼやけ始めている話と似ている。出張先で仕事の前後に休暇旅行までしてしまうブレイジャーの拡大も、法人旅行のセルフインベンションの一つのきっかけとなっているのだろうか。

 

11. OTA4つの神話」は、“高い手数料をふんだくっている悪者OTA”の評判(風評?)に対するOTA の恨み節が書いてあって面白い。(編集人)

 

 

海外事情 916日号B 

 

81923日のニュースに加え、法人旅行に関する特集シリーズ3部作の第1部を掲載する。(お盆休みのために、1週間のニュース配信となります。)

 

前々号の楽天キャピタルの都市エクスペリエンスプラットフォームFever(ロンドンとマドリッドベース)出資に引き続き、「3. 楽天、東南アジアのバジェットホテルに投資」した。

 

2. 電子IDと旅行」は、プライバシーの問題について何も触れていない。生体情報は、整形手術をしない限り究極的個人情報なのでプライバシー保護には細心の、最善の、最大限の注意が必要だ。

 

6. 米司法省、セーバーのフェアロジックス買収を否認」は、この買収が実現しない場合は、SabreNDC開発に遅れが生じる可能性がある。これは、FarelogixGDS代替システムの能力に、DOJが“お墨付き”を与えたということか。(編集人)