京都ミステリ-スポット 第13回 「「天使の宮」と「天使突抜通り」(2015年3月)

 2016年5月2日

 

(写真・文、 光岡主席研究員)

 

   「天使の宮」五條天神宮の別名で、京都の真ん中、“五条通”に近いビルの谷間にあります。 

 神社なのに、「天使(てん-エンジェル?)の宮?」・・・何とも不思議な名前のお宮です!

 更に、近くには「天使突抜」と、突飛な名前の通りが・・・謎は深まるばかりです!

 

 社伝によれば、このお宮は、平安遷都の際、大和国宇陀郡から「天神(あまつかみ)」を勧請たのが始まりで「天使の宮(てんしのみや)」と呼ばれていました。後鳥羽天皇の時代に「五條天神宮(ごじょうてんしんぐう)」と改められました。

 この不思議な名前は、どうも「天神(てんしん)」が訛って「てんし」⇒「天使」となったようです。

 「天神」と書くものの、菅原道真を祀る「天神(てんじん)」(天満宮)とは無関係です。

 

 祭神は、大己貴命(大国主命の別名)、少彦名命(大国主命と一緒に日本を作った神)、天照大神の珍しい組み合わせの3神です。 天照大神は(天神(あまつかみ)」ですが、大己貴命と少彦名命の2神は「国神(くにつかみ)」です。  不思議で謎だらけのお宮です。

 

五條天神宮(ごじょうてんしんのみや)

(“天使の宮”)

五條天神

 

(ごじょうてんしん)

天神宮

 

(てんしんのみや)


 

“天使突抜(てんしつきぬけ)”

 ・・・この不思議な通りの名前の由来は、

 かつて五條天神宮は“天使の杜(てんしのもり)”呼ばれた広大な神領を持っていました。天下統一を果たした秀吉が戦乱で荒れた都の再建の中で、“天使の杜”の中を突き抜ける道を作りました・・・以来、“天使突抜”と呼ばれるようになりました。

 

 “天使突抜”は、京都のど真ん中「五条通を挟んで南北に突き抜ける道、一本西側は、やはり京都の目抜き通り「堀川通」が走っています。

 そんな都心にも関わらず、京町家がひっそりと並ぶ静かな風情の素敵な通りです。

 

 


天使突抜二丁目界隈(五条通北側)

天使突抜三丁目界隈(五条通南側)


 

若丸と弁慶の伝説(五條天神宮)

 

 

五條天神宮”は鴨川に架かる「松原橋」の西詰近くにあります。

 そして、この松原通は、古の「五条大路」、即ち現在の「松原橋」は古の「五条大橋」だったのです。

 

 童謡「五条橋」は、この橋の上での義経と弁慶の闘いを伝えていますが、「義経記」や謡曲「橋弁慶」では、五條天神宮」に千本の太刀を奪う祈願を立てた弁慶が、五条の杜(天使の杜)で義経に出会い闘ったと伝えています。  

 

 更に別の伝承では、五條天神宮の東側を流れていた“西洞院川の橋の上”が、二人の闘いの場であったと伝えています。


天使の宮”(五條天神宮)本殿

牛若丸と弁慶像(京都四広報写真)

“義経・弁慶出会いの場所”立札


海外事情

海外事情 120日号

 

「アメニティ」という言葉が目立った。

 

1.(TJ) シェアアメニティー増加」「2.(TJ)宿泊サイトもアメニティー強化」

 

3.(TJ) 新興ガイドツアーに1.3億円」の3 つのニュースだ。1.のニュースでは、ゴルフやビーチなどのホストの会員権のシェアリングが開始すると予測。2.では、HotelByDayが、稼働率が40%と低く、余り使われていないホテルのアメニティ(スパ・プール・キャバナ、ジム・フィットネスルーム)を販売する。

 

3.の記事は、新興企業のDomioがアメニティーそのものを専門に販売する。ここでのアメニティーは、アパートのリビングルームにおける、ミレニアルやグループ旅行者向けにアピールするアメニティー(娯楽)が販売対象となる。E2E(エンドツーエンド)の様々な旅行パーツをシームレスに繋いで、トラベルジャーニーの全てのタッチポイントで、パーソナル旅行の提案をするわけなので、当然、アメニティー販売も強化されるというわけだ。

 

 

 

今週号では、年の変わり目にあたるのか、2020年のトラベルの予想や期待の記事が多かった。「1.(TJ) シェアアメニティー増加」、「6. 2020年の旅行マーケティング進化」、「11. 2020年、エアビーの年」、「14. 2020年の空港」がそれらだ。いずれの記事も、トラベルテックのイノベーションの進化や進展に加え、新ビジネスモデルの誕生を予測している。旅行は、右肩上がりの持続的成長が約束されている数少ない産業の一つであるので、どの記事を読んでも将来の明るい展望と新たなイノベーションに期待をかけている。特に世界の人口の半分以上が集中するAPAC市場の期待は大きい。(編集人)

 

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500