2021.8.4.

Q1ANA/JAL決算 簡易比較

     ~ JALは赤字幅、資金流出ともに大 ~

ANAとJALの2021年度第1四半期決算を簡易比較しました。

 ・夫々の決算については、7/30と8/3のレポートをご参照下さい。

 ・内容には筆者所感を含みます。

 

1. 収支状況;

 

   (税前損益)ANA638億円、JAL839億円

 

収益性は、2019,2020JALがやや上回っていたが、今期はJALの赤字規模が大きかった。

2.財務・資金状況;

 

(今期の資金流出)ANA600億円、JAL1000億円規模

         JALは設備投資(A350等)、赤字幅ともに大きかったことによる。

 

ANA)今期末の借入金残高は1.65兆円で、手元資金は9000億円。

 

    ・ 2020年度は1.16億円の資金調達(借入金、増資、資産売却)で、
約▲4400億円の流出(設備投資、赤字等)。

 

・ 今期は設備投資、赤字等で計▲600億円の資金流出。

 

JAL)今期末の借入金残高は約5700億円で、手元資金は3570億円。

 

    ・ 2020年度は約4200億円の資金調達(借入金、増資、資産売却)で、

      約▲3400億円の流出(設備投資、赤字等)。

 

・ 今期は設備投資、赤字等で▲1000億円規模の資金流出。

 

  設備投資(A350等)、赤字幅ともに大きかったことによる。

3.機材の状況;2020年度期首→2021.6月末の推移

 

・ ANA/JALともに大型B777と旧式の中型B767/小型B737の退役を促進した。

 

・ ANAは新鋭小型機(A320/321neo)の導入に促進したのに対し、
JAL
は大型のA350B777との入替)の導入が目立った。

 

 

・ ANAは超大型機A380の今後の扱いが課題と思われる。

                                   

                                   以上(赤井)

6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ